妄想代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
妄想代理人
アニメ
原作 今敏
総監督 今敏
シリーズ構成 水上清資
キャラクターデザイン 安藤雅司
音楽 平沢進
アニメーション制作 マッドハウス
製作 「妄想代理人」製作委員会
放送局 WOWOW
放送期間 2004年2月2日 - 5月17日
話数 全13話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

妄想代理人』(もうそうだいりにん、Paranoia Agent)は、マッドハウス製作の今敏によるアニメ作品。全13話構成で2004年2月2日からWOWOWにてスクランブル放送された。今が初めて手掛けたテレビアニメ作品である。

ストーリー[編集]

疲れた現代社会を癒す人気マスコットキャラクター「マロミ」をデザインした鷺月子は、ある夜、通り魔少年バットに襲われた。突如世間に現れた少年バットは次々と人々を襲いはじめ、市井の人々を恐怖へと陥れていく。しかし、幾人も被害者が出、多くの目撃者がいるにも関わらず、少年バットは一向に捕まりそうになかった。猪狩慶一と馬庭光弘は捜査を進める中、被害者の持つ不思議な共通項に辿り着く。

登場人物[編集]

メインキャスト[編集]

鷺 月子(さぎ つきこ)
声 - 能登麻美子
本作の主人公。M&F(エムアンドエフ)のOL。アニメキャラデザイナー。「マロミ」というキャラクターの作者。童顔が特徴。思わぬ成功と名声を得て、周囲の嫉妬と期待に押し潰されそうな生活を送っていた。「少年バット」による最初の被害者。
少年バット事件に似た10年前(当時12歳)にも通り魔に襲われている。しかし実は彼女の狂言で、自分の不注意から当時の愛犬マロミの手綱を放してしまったため通りかかった車に撥ねられマロミを死なせてしまう。その事を父親に言えず怖かったため架空の通り魔をでっちあげ自分も被害者である事を装った。その負の感情が現代に少年バットを蘇らせてしまう。
マロミ
声 - 桃井はるこ
月子が考案したキャラクター。物語の中で社会現象になる程の人気を獲得する。月子が所有する人形は彼女の前でのみ話を交わし、様々な助言を与える。月子が昔飼っていたの名と同じ名前を持つ。
猪狩 慶一(いかり けいいち)
声 - 飯塚昭三
少年バット事件を担当する刑事で巡査長(係長)。硬派な中年。病弱ながらも心優しい妻の美佐江がいる。少年バットの事件に翻弄されていき、狐塚誠の一件で職を追われ工事現場の警備員へ転職した後、少年バットの事件から手を引いた。
馬庭 光弘(まにわ みつひろ)
声 - 関俊彦
猪狩と供に事件を担当する刑事。今時な性格をした猪狩の相棒。聖戦士に詳しく狐塚誠との会話が合う。猪狩と共に少年バット事件に翻弄されながらも、少年バットに立ち向かうが、狐塚誠の一件で職を追われる。実は無線マニアで、自宅の部屋には数台の無線が置かれており、退職後も無線で情報を集め少年バットを追い続けている。退職後は赤いマントと帽子を羽織るようになる。また妄想の世界では、丸型の眼鏡を裏から掛ける事で、「レーダーマン」に変身する。武器は月子の実家で手に入れたバットを剣に変え戦う。事件解決後は総白髪の老人と同じ状態になってしまう。なお、終盤では月子と少年バットに関わる謎を突き止める重要な役割を持つ。
謎の老人
声 - 槐柳二
病院入院している総白髪の老人で、いつも一心に数式のようなものをアスファルトや壁に描き続けている。第一話では510(月子の住むマンションは510号室)の数字を書き残した。物語の重要な役割を持つ。毎回の夢告(この番組における次回予告)では、一見意味不明だが次回の話の内容を暗示しているともとれるセリフを語る。最後は馬庭に見守られ息を引取る。終盤から馬庭が「老師」と呼ぶようになる。
謎の老婆
声 - 京田尚子
事件現場の近くでゴミを物色していたホームレス。月子が襲われた事件の重要参考人で、また目撃者でもある。てて親の務める会社が潰れ家族がバラバラになり、帰る家がなくホームレス生活を余儀無くしていた。また孫の方は叔母に預けられたが、直に家出したらしい。その後、台風により住処が大破し歩いていたところで川に流されてしまうも、救助され病院に運ばれ入院となり、孫娘の柴崎みどりと再会する。
少年バット
声 - 阪口大助
謎の通り魔。金色のローラーブレードを履いて野球帽を被った小学6年生の少年で、くの字に折れ曲がった金属バットを片手にニヤニヤと笑いながら相手に襲いかかる。精神的な悩みや追い詰められた者に現れる。壁や空間を通り抜ける事ができ、彼から逃げる事は出来ないが、猪狩美佐江にだけは精神的に敗れている。成長すると体が大きくなり顔も化け物に変貌を遂げる。最終的にはマロミにすがれなくなった人々の心が少年バットを無限に増長させてしまった事で、黒い固まりとなり大勢の人々を飲み込む。
正体は鷺月子が10年前に生み出した妄想の産物で、それが現代に蘇ったもの。愛犬マロミが通りかかった車に撥ねられ死んだ事を月子が真っ直ぐに向き合った事で、少年バットの存在は消滅した。

少年バットによる被害者[編集]

偽少年バットによる被害者も含む。

川津 明雄(かわづ あきお)
声 - 内海賢二
第1話から登場。少年バットによる通り魔事件を追うルポライター(週間噂マガジン)の男性。交通事故を起こし、相手(老人)の息子(声:家中宏)に入院費と慰謝料を払うのに切羽詰っていた。通り魔事件の事を嗅ぎ付け、最初の犠牲者となった月子を記事のネタとして付き纏うが、途中で少年バットに襲われ2人目の被害者となった。
鯛良 優一(たいら ゆういち)
声 - 山口眞弓
第2話から登場。武蔵野南小学校に通う生徒。事件発生現場の近くに住む小学生。まだ子供の割にクールナルシスト。家庭教師・晴美に想いを寄せる。勉強、スポーツ、人気、全てにおいて完璧であり、何をやっても一番なことからクラスでは「イッチー」と呼ばれる人気者であった。児童会会長の選挙にも立候補し自らも当選確実だと思っていたが、その矢先に金色のローラーブレードや野球帽などの外見的特徴から少年バットの疑いをかけられた事で一転、いじめの対象にされてしまう。それによりかねてから嫌悪していた牛山がクラスの人気者に成り上がり、全ては牛山のせいだと逆恨みする。そんな中で牛山と一緒に下校した際に彼が少年バットの被害に合い、周囲の自分への疑いが増す事を予測して翌朝から自身の部屋にひきこもる。そして疑われる恐怖に脅えていたところを妄想の世界から少年バットに襲われ4人目の被害者となるが、それにより疑いから開放された事で被害に合った事を喜ぶ。
牛山 尚吾(うしやま しょうご)
声 - 津村まこと
第2話から登場。武蔵野南小学校に通う生徒。いじめが理由で優一の通う小学校に転校してきた小学生。前の学校のスクールカウンセラーに「何事にも積極的に挑戦する」ように言われた事から、児童会会長に立候補するなど積極的に行動したことが功を奏し、「ウッシー」と呼ばれ人気者になる。それにより優一に嫌われるが、本人にはその自覚がない。鯛良優一と一緒に下校していたところで少年バットに襲われ3人目の被害者となるが、後に狐塚誠による犯行だった事が判明する。
蝶野 晴美(ちょうの はるみ)
声 - 三石琴乃
第2話から登場。控えめで大人しい性格。眼鏡を掛けている。慈愛大学で笠秋彦の大学研究室の助手を務めながら、優一の家庭教師をしている(優一の事件後は見舞いをしている)。解離性同一性障害者であり、ホテトル嬢のもう一つの人格「まりあ」が存在する。まりあの時の記憶はなく留守電話を介して会話をしている。秋彦にプロポーズを受け夫婦になるが、入籍はしていない。秋彦は自身が解離性同一性障害を抱えていることや裏の顔を知らず、彼に正直に告白すべきかを悩んでいる。まりあとの争いの最中、少年バットに襲われ5人目の被害者となる。
まりあ
蝶野晴美のもう一つの人格であるホテトル嬢。晴美の時の記憶はなく留守電話を利用して会話をしている。晴美とは対照的に自由奔放で気性の激しい性格。濃い化粧に付け黒子やかつらを被る事が多く、眼鏡はかけない。また、服やカバンも晴美が使うものとは別のものを使う。晴美がプロポーズされたことで彼女の幸せに嫉妬し、逆恨みをする。
蛭川 雅美(ひるかわ まさみ)
声 - 中嶋聡彦
第3話から登場。どこか飄々とした中年の警察官(班長)。猪狩刑事とは昔からの友人。まりあの常連客でもあり、まりあや他のホテトル嬢には必ず自分のことを「お父さん」と呼ばせている。一見家族思いの男性だが、影では金を見返りに暴力団に情報を流したり、新居では娘の妙子の部屋に監視カメラを仕込み、着替えや裸を盗撮していた。そのため、監視カメラの存在に気付いた妙子は家出してしまう。さらに家族の為にマイホームを建てるのが夢だったが、真壁に脅され、資金集めのために覆面を被りひったくりを繰り返す。自分の悪行を止めてほしいと強く願っていたときに偶然にも少年バットに扮した誠に襲われるが、反撃して誠を逮捕した。その後、台風の土砂崩れによりマイホームは無残にも倒壊し、住む家を失った上に妙子は記憶喪失状態となってしまう。少年バットによる6人目の被害者。
狐塚 誠 (こづか まこと)
声 - 阪口大助
第5話から登場。自分が聖戦士だと思い込む南中学の2年生。本物の少年バットと違い、上歯に矯正器具をつけている。現実と妄想の区別ができていない所があり、自らの少年バットとしての犯行は聖戦士としての使命と本気で考えていた。少年バットとして雅美に現行犯逮捕されるが、彼自信もまた心身を追い詰められていき、留置場内で本物の少年バットに殺害される。しかし少年バットの存在が実証できず、公には自殺とされ、この件によって猪狩刑事と馬庭刑事は職を追われてしまう。少年バットによる8人目の被害者。
蛭川 妙子(ひるかわ たえこ)
声 - 水樹奈々
第6話から登場。雅美の一人娘。小さい頃から父を敬愛し慕っていたが、ふとした事から父親の愚行を知り、父親と自身を嫌悪し家を飛び出す。その後も情調不安定が続いていき、台風の日に少年バットに襲われ記憶喪失になってしまう。少年バットによる7人目の被害者。

その他の登場人物[編集]

第1話
亀井 正志(かめい まさし)
声 - 陶山章央
月子が少年バットに襲われた現場の近くに住むオタク。部屋にはたくさんの美少女フィギュアがあり、後にそのフィギュアが馬庭を事件解決へと導く手掛かりとなる。マロミに心酔しているような描写がある。まりあの客としても登場し、プレイの際にはベットの周りに沢山のフィギュアを置く。フィギュア作りが得意。3話、12話にも登場。
老人の息子
声 - 家中宏
事故を起こした川津を病院で激しく責め立て、治療費や慰謝料を要求する。なお彼の親父は、謎の老人と風貌が似ているが別人である。
鳩村 真裕(はとむら まさひろ)
声 - 鈴木清信
月子の上司であるM&F(エムアンドエフ)の社員。その仕草やしゃべり方はオネエそのものである。月子をヨイショしながらも新作を納期までに間に合わせるべく月子に発破をかけるが、一向に月子が新作を作らない事から彼自身も追い詰められていく。最後は月子を自宅に送り届けた直後に事故を起し死亡。10話、11話、12話にも登場。:
第2話
優一の母
声 - 紗ゆり
優一の家庭教師として晴美を自宅に招く。
担任の先生
声 - 金月真美
武蔵野南小学校の教員。鯛良優一と牛山尚吾の担任。事情聴取に来た猪狩と馬庭に、事件のせいでいじめを受けている優一のためにも事件の早急な解決を訴える。
第3話
笠 秋彦(かさ あきひこ)
声 - 小林俊夫
蝶野晴美の上司で慈愛大学の研究員。助手の晴美にプロポーズして夫婦となったが、入籍はしていない。晴美の解離性同一性障害には気づいてない。結婚式を行わずに記念撮影で済ますなど、派手なことを好まず質素な暮らしを望む穏やかな男性。13話にも登場し、マロミに心酔するようになる。
精神科医
声 - 仲野裕
蝶野晴美の主治医。晴美がプロポーズを受けたことを聞き、相手に解離性同一障害を隠していくことは困難だと告げる。
ダブルリップのボーイ
声 - 大倉正章
マリアが務める風俗店「ダブルリップ」の店員。劇中では姿は見せず、マリアに電話をかけてくる。非常に明るく軽い口調。
第4話
半田 順次(はんだ じゅんじ)
声 - 郷里大輔
蛭川雅美から情報を得ているヤクザ。蛭川からは金だけでなく、風俗遊びまでせがまれ辟易している様子。
真壁 俊介(まかべ しゅんすけ)
声 - 藤原啓治
半田順次が所属するグループの幹部。蛭川を脅して大金を巻き上げる。相手に一切容赦はしない残虐な性格。13話にも登場。
司会者
声 - 渡部猛
劇中に登場する少年バットに関するニュースの司会者。
主人公 / ヒロイン
声 - 小山力也 / 声 - 川上とも子
劇中に登場する漫画「男道」の主人公とヒロイン。
第5話
主婦
声 - 西山久美茶木珠美小田切こずえ
少年バットの話をする主婦たち。
第6話
妙子の母
声 - 笠原留美
台風の土砂崩れにより家が倒壊し、住む家を失った事により半狂乱になる。
柴崎 みどり(しばざき みどり)
声 - 不明
謎の老婆の孫娘。
ニュースNA
声 - 堀川仁
台風情報のニュースの声。
妙子をいじめる少年
声 - 細野雅世林智子
小学生の頃に妙子をいじめた少年2人。妙子の体に痛めつける行為は行わないが、口の暴力を浴びせていた。
妙子の友人
声 - 日笠山亜美小平有希
妙子が家を出る以前に親友だった2人。
第7話
尚吾の母
映像のみ登場。
ニュースNA
声 - 林田尚親
狐塚誠自殺関連のニュースの声。
ウェイター
声 - 園部好徳
馬庭の夢(?)に登場したウェイター。
署員
声 - 小原雅一
声のみ登場。
刑事
声 - 亀井俊彦吉田浩二
声のみ登場。
第8話
本編とは直接関係のない少年バットにまつわるサイドストーリー。自殺志願者の三人が集団自殺を試みるがなかなかうまくいかない。そこに少年バットが現れる。
かもめ
声 - 冨永みーな
自殺志願者サイトの常連の一人。「かもめ」はハンドルネーム。幼い子供で純粋無垢でわがまま。その上落ち着きがなく、常に元気で他の二人の調子を狂わす。
冬蜂
声 - 川久保潔
自殺志願者サイトの常連の一人。「冬蜂」はハンドルネーム。眼鏡をかけた老人。なぜか千歳飴の袋を持ち歩いてる。かもめはまだ幼い子供なので、かもめを捲いてゼブラと二人だけで自殺を試みるがことごとく失敗する。
ゼブラ
声 - 松本保典
自殺志願者サイトの常連の一人。「ゼブラ」はハンドルネーム。大柄な青年。ペンダントから男性の恋人がいる(あるいはいた)ことがうかがえる。
声 - 藤井啓輔早瀬俊行
電車の飛び込み自殺者(後にゼブラが彼〈霊?〉を目撃する)と少年バット(偽者?)の被害者。
女子高生
声 - 桃森すもも秋葉好美渡邉由紀仲西環
かもめ達が既にになっているようなセリフがある。
第9話
鴨原を含む4人の主婦達が、少年バットにまつわる小話を披露していく番外編的なストーリー。
鴨原 美栄子(かもはら みえこ)
声 - 能登麻美子
引越して間もない新妻。大人しい性格で、左目付近に泣きボクロがある。夫は脚本家で、後に少年バットに襲われ被害者の一人となる。相手が強気に出ると引込み思案気味になる弱い一面がある。
第10話
マロミのアニメ化作品「マロミまどろみ」の制作過程を描いたストーリー。鳴り物入りで制作されることになった「マロミまどろみ」だが、そのスケジュールは切羽詰まりスタッフは皆追い込まれていた。そのさなか、制作スタッフは一人、また一人と少年バットの餌食となっていく。本編中の表記から脚本を担当したのは9話に登場した鴨原美栄子の夫だということがわかる。
少年
声 - くまいもとこ
「マロミまどろみ」の登場人物。ユニフォームを着た野球少年。
猿田 直行(さるた なおゆき)
声 - 吉野裕行
「マロミまどろみ」の制作進行。非常に要領が悪く無能なので、よく織田や他のスタッフに激怒され恨みを買っていく。しかしながら自分の非は一切認めず、反省をしないどころか彼らを逆恨みをする。完成した「マロミまどろみ」のテープをテレビ局へと運ぶ最中、眠気と少年バットの影に襲われ、現実と夢と妄想の狭間で揺れながら運転を続ける。
高峰 明弘(たかみね あきひろ)
声 - 広瀬正志
「マロミまどろみ」の音響監督。声撮りの時点であまりに動画が完成しておらず、プロデューサーの平沼に苦言を呈する。
平沼 芳雄(ひらぬま よしお)
声 - 西村知道
「マロミまどろみ」のプロデューサー。制作スケジュールの遅れにより気苦労が絶えない。
龍田 慎一郎(たつた しんいちろう)
声 - 堀川仁
「マロミまどろみ」の撮影監督。
織田 伸長(おだ のぶなが)
声 - 中村大樹
「マロミまどろみ」の制作デスク。スケジュールを取り仕切る仕事柄、劇中何度も猿田に激怒し最終的には「死んでくれ」とまで言い放つ。
鰐淵 良宏(わにぶち よしひろ)
声 - 江川央生
「マロミまどろみ」の演出。ちなみに本編2話の絵コンテを担当した鰐淵良宏という名は監督・今のペンネームである。
鹿山 里子(しかやま さとこ)
声 - 松倉羽鶴
「マロミまどろみ」の色彩設計。制作現場では数少ない女性。
蟹江 瞳(かにえ ひとみ)
声 - 沢海陽子
「マロミまどろみ」の作画監督。
熊倉 武則(くまくら たけのり)
声 - 朝倉栄介
「マロミまどろみ」の美術監督。猿田によって自分の仕事の成果を台無しにされ、号泣してしまう。
佐藤 道子(さとう みちこ)
声 - 沢海陽子
「マロミまどろみ」を放送するテレビ局NBN(NIPPON BROADCASTING NETWORK)の社員。
第11話
猪狩 美佐江(いかり みさえ)
声 - 小宮和枝
慶一の妻。生まれつき体が弱く、子供の頃から長くは生きられないと医者から言われてきた。また子供の産めない体(母体が出産に耐えられないため)であり子供はいない。医師から手術を進められているが、手術費用がないため通院を余儀なくしている。自宅で少年バットに狙われるが、逆に彼を精神的に追い詰め、退けることができた。最後は夫・慶一の妄想世界で、彼に再会し別れを告げた後、息を引取る。彼女の最期の行動が、慶一が正気を取り戻す大きな要因となる。
犬飼 悟郎(いぬかい ごろう)
声 - 大竹宏
工事現場の警備員となった猪狩の同僚。昔は窃盗の常習犯で、昔ながらの唐草模様の風呂敷をかぶった泥棒であり、猪狩に逮捕されたこともある。現在では窃盗業から完全に足を洗い、出所して警備員として真面目に働いている。
第12話
月子の父
声 - 加藤精三
男手一つで月子を育てた。非常に厳格な性格で月子には恐れられていた。月子の過去の秘密を知る人物。
バーニーちゃん
声 - 渡辺明乃
亀井の部屋にあるフィギュアのひとつ。馬庭の捜査に協力し、結果として彼を解決へのヒントに導く。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「夢の島思念公園」
作詞・作曲・編曲 - 平沢進
  • 同作のサウンドトラックに収録されたものとはアレンジ、ボーカルテイクなどが多少異なる。
エンディングテーマ「白ヶ丘-マロミのテーマ」
作曲・編曲 - 平沢進

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 美術監督
第1話 少年バット参上 水上清資 今敏 平尾隆之 鈴木美千代 池信孝
第2話 金の靴 鰐淵良宏 遠藤卓司
第3話 ダブルリップ 高橋敦史 赤堀重雄 河野羚
第4話 男道 高橋敦史 三原三千夫 池信孝
第5話 聖戦士 吉野智美 佐々木守
島崎奈々子
島崎奈々子 佐々木守 猪田薫
第6話 直撃の不安 水上清資 鶴岡耕次郎 江口寿志
第7話 MHz 浜崎博嗣 朝来昭子 河野羚
第8話 明るい家族計画 うつのみや理 池信孝
第9話 IQ 今敏
高橋敦史
高橋敦史 井上俊之
浜崎博嗣
桐山成代
LDK 板津匡覧 岡田昌子
EBM 今敏 遠藤卓司 川名久美子 河野羚
OH 鈴木美千代
HR 三原三千夫 高橋敦史 三原三千夫 池信孝
TKO 今敏 遠藤卓司 井上俊之
鈴木美千代
濱洲英喜
羽山淳一
上原伸一
UMA 高橋敦史 安藤雅司 河野羚
SOS 三原三千夫 -
HH 今敏 遠藤卓司 安藤雅司 河野羚
ETC りんたろう 板津匡覧 池信孝
第10話 マロミまどろみ 吉野智美 佐藤竜雄 阿部純子
安藤雅司
山田勝哉
河野羚
第11話 進入禁止 水上清資 佐々木守
島崎奈々子
島崎奈々子 佐々木守 池信孝
第12話 レーダーマン 高橋敦史 三原三千夫
第13話 最終回。 今敏 遠藤卓司 鈴木美千代

第8話から第10話は本筋とは交わらない少年バットにまつわるストーリー。

その他[編集]

  • 2006年10月21日TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン1にて、全13話を翌朝まで一挙上映(途中に3回の休憩をはさむ)。第19回東京国際映画祭の特集上映であるアニメ上映企画 「animecs TIFF 2006」の一環で行われた、今の特集によるものである。なお、この特集で『パプリカ』の日本初上映が行われた。[1]
  • 2話の絵コンテ担当の鰐淵良宏は実在の人物ではなく、10話「マロミまどろみ」に登場する架空のアニメスタッフの名前。実際は今が担当していた(DVD6巻収録コメンタリー「妄想ラジオ」より)。

小説[編集]

アニメのスピンオフ小説。原作は今、文は梅津裕一角川ホラー文庫刊。ノベライズではなく、本編と繋がったオリジナルストーリーである。

登場人物(小説)[編集]

海老沢 和生
海老沢家の長男。ある過去をきっかけに、殺人衝動に悩むようになる。19歳
海老沢 若菜
海老沢家の長女でマロミの大ファン。退屈な現実から逃れる為、麻薬を使用していた。14歳
海老沢 波男
生活安全課の刑事。40 - 50歳代
海老沢 船子
波男の妻。
烏山
和生の友人。鯨岡波男の後輩で体は大柄。所属は波男と同じく、生活安全課の刑事。
鷹野 洋子
若菜のクラスメート。
犀川
若菜のクラスメートで、肥満にきびができているのが特徴。
蛇崎均
麻薬の売人。若菜に麻薬を売っていた。

外部リンク[編集]