撮影監督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステディカムを利用した撮影。右が監督、背中を向けているのが撮影監督

撮影監督(米国:Director of photography(DP)またはCinematographer。英国:Lighting Cameramanなど)とは、映画やテレビの照明撮影、つまり画面に映る映像全てに於いて責任を負う人物を指す。

米国と英国では制度や仕事内容、下につく技師名などが若干異なる。また、日本では歴史的に撮影監督と照明監督(照明技師)は別にクレジットされる場合が多い。この項目では、米・英国での撮影監督の一般的な説明をする。

撮影監督とは、呼び名は様々でも要は撮影者であり、フィルムに定着させる画像の芸術的な分野を含めた技術的総責任者である。各国、各スタジオ、各現場でそれぞれのシステムが機能して良い結果・良い作品を追求しているが、確立されたシステムが必ずしも良質な作品を保証するものではない。逆に効率を求めすぎるあまり、システムやスタイルが邪魔をすることもある。あくまでも得られた条件の中で作品のスタイルやシステムを設定するのが本筋であろう。

いずれにしても映画作りはチームワークの産物で、1つのパートが独立して機能することはありえず、必ずお互いに関連し合い影響しあっているものである。

欧米での撮影監督[編集]

撮影作業の中には、キャメラ(カメラ)を設置し動かす、照明を配置する、映像の構図を求める、レンズを選ぶなどの仕事がある。大規模な製作では、撮影監督の下で働く部局全体と共同で作業を行う。映画の外観に対して責任を負うという点で、撮影監督は、監督に次ぐ重要性を持つ。

撮影監督と監督の2人は、撮影の前やセットあるいはロケ地に臨んで、緊密に協同して作業することがよく行われる。

また、事前に大道具、小道具、美術や衣装担当、特殊撮影などともに綿密な打ち合わせをして、作品の意図を明確に打ち合わせして、作ろうとすべき映画の「ルック」を確実に伝えるのが不可欠である。

多くの監督は、映画の成功に果たした撮影監督の役割に対して、惜しみない賞賛を送ることが多い。

米国ではユニオンの規定があり、普通はキャメラ自体をオペレートすることはできないが、契約書にメイン・キャメラは自分がオペレートするという一項があれば問題なく行える。

また米国では照明技師は撮影監督の下に置き、「ガファー(gaffer)」または「チーフ・ライティング・テクニシャン」と呼んでおり、撮影監督が指示を出せば全部ガファーとその助手がコードを配置したり、照明を配置したり、フィルターをかけたりなどの指示を出して動かすことになる。構図を決め、キャメラの動きを考え、ライティングを指示し、メーターで計測して露光を決めるのが米国での撮影監督の仕事である(日本では計測は撮影助手にしてもらうことが多い)。

これは、ライティングを保持して、反復の多いキャメラの操作をキャメラ・オペレータに分割したと言えるだろう。いわゆる"A"キャメラをメインとすると、2台以上のキャメラを同時に回すときには"B"キャメラ、"Cキャメラ、""D"キャメラ、"E"キャメラ…という様に別々のキャメラ・オペレータがキャメラを回すことになる。

サイレント時代までは、キャメラを手回ししなければ動かなかったので、キャメラマン自体がキャメラをオペレートする時代もあったが、撮影機材が精密になり大がかりになるにつれて、撮影自体が分業化していったのである。

現代の米国の撮影監督は例外もあるが、実際にキャメラを物理的にオペレートはしない。これは完全に1人のキャメラ・オペレータの下に「ファースト・アシスタント・キャメラマン」がおり、いわゆるピント合わせ(focus-puller)を行い、「セカンド・アシスタント・キャメラマン」は、カチンコ叩き(clapper-boy)やフィルム装填(loader)などを行うのが普通である。

また、グリップ(クレーンやドリーなど)の特機のテクニシャンも必要ならばそれぞれ別に存在している。

撮影中でも撮影監督は毎日現像所と綿密な打ち合わせを行い、デイリーやラッシュを試写して毎日映像の状態を確認しなければならない。

日本での撮影監督[編集]

先にふれたように、日本の場合はキャメラ・アングルはキャメラマン、ライティングは照明技師、露出計測は撮影助手というように少なくとも3名で分担していることが多かった。これは、昔のスタジオが「照明に対して文句は言わない、言わせない」と決めたために仕事が速く進むのである。一昔前作品の量産を強いられてきた大手の撮影所は、映像をフィルムに定着する、という一人の人格から、ライティングを切り離して、照明部を丁重にもてなすことによって、仕事を早く進めようとしたからである。
現在の日本では、欧米流の撮影監督の形を取る者もいれば、従来のキャメラマンのスタイルを取る者もいるという状態になっている。あるいは、現場での作業は従来型で進めつつも、エンドロールの表示では「撮影監督」となったり、あるいはその逆、ということもある。

アニメの撮影監督[編集]

アニメーションの撮影監督も、照明と撮影の最終責任者という点は、実写の撮影監督と同じである。

セルアニメなら、動画(セル画)と背景が完成してから以降の、それらを適切な順序・位置に重ねて撮影台にセットし1コマずつフィルムに撮影する作業を監督する。透過光マルチプレーン・カメラ多重露光などの撮影時の特殊効果も、撮影監督の職域である。

現在のデジタルアニメでは、被写体をカメラで撮影するという、本来の意味での「撮影」はない。しかし、セルアニメ同様に、動画と背景を合成してひとつの映像データにする工程が撮影と呼ばれ、撮影監督が監督する。撮影前の画作りと撮影時の画作りとの境界があいまいになったため、撮影監督が監督する範囲が大きく広がることもある。

著名な撮影監督[編集]

日本国内(キャメラマンも含む)[編集]


海外[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]