絵コンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
絵コンテ

絵コンテ(えコンテ、: storyboard)は、映画アニメテレビドラマCMミュージックビデオなどの映像作品の撮影前に用意されるイラストによる表であり、映像の設計図と言えるものである。

画コンテ(えコンテ)と表記されることもある。単にコンテとも呼ぶ。イラストではなく文章による場合は字コンテ(じコンテ)と呼ぶ。

「コンテ」は、英語のコンティニュイティ (continuity) の略である。

概要[編集]

絵コンテは1つのカットがどのようなものかを説明するものである。「人物などの被写体はどのようなサイズ、構図になるか」「それらはどのような動きをするのか」「カメラのどのフチから画面に入ったり出たりするのか」「カメラ自体はどのような動きをするのか、固定(フィックスと呼ぶ)なのか」「どのくらいの時間映しているのか(と呼ぶ)」などである。

絵コンテはイラストのみによって説明するものではなく、必ず簡単な文字・文章(ト書き)が付属し、そのカットの詳細を説明する。その内容は絵の動きとセリフ、芝居の意図を説明する補足などが書かれる。1カットの中で大きな変化がある場合は何コマものイラストによって1つのカットが説明されるが、変化が少ない場合には1コマで説明される。

類似する物に海外作品の「Storyboard」(ストーリーボード)やアニメ作品などにおける「イメージボード」などがある。それらは全てのカットを描いたものではなく、大体のイメージをスタッフに掴ませるためのものであり、絵コンテは全てのカットの「コンティニュイティ:連続性」について決定するものであるとして分けた考えもある。しかし、制作現場によってその定義はまちまちであり、例えば、黒澤明の作品における絵コンテは「Storyboard」(ストーリーボード)や「イメージボード」の意味合いが強いものとなっている。

コンテは映画監督ディレクター演出家が自ら書く場合も多い一方、絵コンテを書くだけのライター、コンテ・マンも存在する。映画やテレビドラマなどで脚本が存在する場合は、脚本が先に書かれた上でコンテが書かれるが、アニメ作品では絵コンテをもとにアフレコ用脚本が起こされる場合もありうる。例えば宮崎駿原恵一は脚本は作らず、イメージスケッチやシノプシスを用意したうえで、絵コンテから制作作業に取りかかる(ストーリーの流れは絵コンテを描きながら考えるわけである)。

絵コンテ作成を示す動詞は「書く」「描く」「切る」「割る」などがあり、統一されていない。

アニメーション制作において、絵コンテの段階でどこまで細部の作画・演出が決定されるかは、監督や演出家の考えによる。富野由悠季今石洋之のように絵コンテは演出の大枠を示すものととらえ、細部は原画マンの自由な解釈を許すラフな描き方をする監督もいれば、宮崎駿や今敏芝山努のように絵コンテの段階で画面の細部まで描き込み、詳細な演出指示がなされた絵コンテを切る監督までいる。

宮崎駿芝山努押井守今敏の監督作品に代表されるように、芸術性や資料性が高いものは本として出版されることがある。

SFXVFXが多用される映像制作で、作業中に“あたり”を見るため仮の映像が欲しい場合などは、事前に絵コンテに基づいてアニマティックプリビジュアライゼーションと呼ばれる)が制作される。作業が捗り、スケジュール管理上も有効である。

CMの場合、スポンサー(広告主)に企画案をプレゼンする際にもコンテは重要である。その際により企画内容を分かり易く伝える為、CGなどが一切含まれていない映像であっても絵コンテに基づいてビデオコンテ(Vコン)を制作することがある。

有名なコンテ・マン[編集]

富野由悠季は「コンテ千本切りの富野」と異名を取るほど、あらゆる作品で絵コンテを切りまくっていた時期がある。とにかく速くコンテを上げるため、助っ人的に重宝されていたという。宮崎駿監督の『未来少年コナン』の絵コンテを担当した時は、富野の名前はクレジットされたままだったもののその絵コンテは使われず、宮崎が自らコンテを切り直したと、同作品の作画監督である大塚康生が証言している。もっとも宮崎は他の作品でも、出崎統などの一部の例外を除き、ほとんどコンテを描き直していた模様である。

映画監督の黒澤明二科展に入選するほどの絵の腕前であり、絵コンテにも定評がある。資金難で映画「影武者」の製作が暗礁に乗り上げたとき、黒澤の絵コンテを見たフランシス・フォード・コッポラジョージ・ルーカスが感銘を受け、20世紀フォックスに海外版のプロデューサーを買って出たという逸話が残されている。

現状[編集]

現在、実写映画やTVドラマなどで絵コンテが切られる事は多くない。ただ、CGの導入によりコンテを切らざるを得ない状況というのも出てきている。

別の問題として、頻繁に変更や移動が行われるため、資源が乏しい製作現場の場合いろいろと問題になる。樋口真嗣はこれに対応するため『ガメラ3 邪神覚醒』でFileMakerによるコンテの管理を開始、『ローレライ』では映像編集システムであるFinal Cut Proと連動させるシステムを導入した。

画面や芝居をいちから構築し、なおかつ制作工程において多数の人間が関わるアニメーション作品においては必須のものである。特に日本の制作現場では「絵コンテの映像化」がアニメ制作そのものであると言っても良い。そのためコンテはシナリオよりもはるかに重要視されており、担当するコンテマンによるシナリオの改変などが比較的自由に行なわれている。(当然好き勝手に描き直すわけではなく、どの程度まで改変して良いかは現場の長である監督によって判断される。)

関連項目[編集]

ボードソフトウェア[編集]