プロット (物語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロット (英語: plot) とは、ストーリーの要約である。プロットは、出来事を原因と結果の順序で並べた文章である。原因と結果の順序とは、「X によって Y が起こり、Y によって Z が起こる」という並びである。このとき、因果関係にない出来事は省略されるため、プロットは出来事の要約になる。「王女は雪山に逃げた女王を追う。だから、王女は雪山で女王を見つける」[1]はプロットである。一方で、ストーリーは、出来事を起こる時間の順序どおり、省略せずに並べた文章であり、プロットとは区別される。「王女は雪山に逃げた女王を追う。それから、女王は魔法で氷の城を造る」[2]はストーリーである。このように、「だから」で出来事のつながるものがプロットであり、ただ単に「それから」でつながるものがストーリーである。すなわち、プロットは論理であり、ストーリーは時間である。プロットは時間ではないが、「始まり」「中間」「終わり」があり、それら3つの部分は、原因と結果の関係で結びついている[3][4][5][6]

通常、映画の脚本は、そのような「三幕構成」とプロットに基づいて書かれる。構成とプロットをまとめた文書が「トリートメント」である[7]。トリートメント (日本でいう「プロット」) と脚本との違いは、トリートメントが非常に短い短編小説の形で書かれ[8]、また、まだシーンに分けられていない点にある[7]。一方、日本では、あらすじの書かれた文書それ自体も〈プロット〉と呼ばれている (後述)。

プロットとストーリー。プロットは因果関係である。

概要[編集]

プロットによって、ストーリーが要約され、その全体像を把握することが可能になる[9]。このため、プロットはストーリーライン (Storyline) とも呼ばれる[10][11]。プロットは、時間軸にしたがっているとは限らないが、出来事の原因と結果、すなわち因果関係で最初から最後までつながっている。A⇢B⇢C までがストーリーとすれば、A によって C が起こり、かつ、B が C とは直接に関係がないとき、 B を省いた A→C がプロットである。例えば、「王子が靴を手がかりにシンデレラを探す」「靴はシンデレラの意地悪な姉たちの足には合わない」「靴が足に合ったのは王国でシンデレラだけである」というストーリーのうち、靴が姉たちの足に合わないという出来事は、プロットでは省略される。また、映画『タイタニック』('97) では、ストーリーの上で、主人公が船首で両腕を広げる場面や、楽団が船の沈むまで演奏を続ける場面といった有名なシーンがあるが、それらは以後の出来事に影響しないため、プロットでは重視されない。このように、プロットは原因と結果の連鎖である[12][13][14][15][16]。プロットとストーリーについては、イギリスの作家E・M・フォースター1927年に発表した『小説の諸相』での解説が有名である[17]

フィクション・ライティングについて複数の著作のあるスティーブ・アルコーンによれば、映画『オズの魔法使』(1939) のプロットは、究極的にはこれだけである。

家が竜巻に巻き込まれて、少女は魔女のところに落ちる。面白い旅の仲間と出会う。一人の魔法使いがあるミッションを出す。バケツの水をかけて魔女を溶かす。

ここでは、主人公のドロシーがストーリーの過程で感じる感情は省略されている。プロットのみでは読者や観客の感情的な共感は得られないが、プロットが無ければストーリーを前に進められない。プロットに感情を肉付けしたものがストーリーである。その肉付けの程度を変えることによって、物語のペースは適度の速さにコントロールできる。物語の進行が速すぎる場合には、心情描写を増やせば物語は減速し、 逆に遅すぎる場合には、出来事を増やせば物語は加速する[18]

20世紀初頭、ロシア・フォルマリズムの文学理論は、物語を構成する要素をファーブラとシュジェート英語版に分けた。それ以降、物語論においては、ロシア語ファーブラ (Fabula) が「ストーリー」として、同じくシュジェート (Syuzhet) が「プロット」として、それぞれ置き換えられる場合がある[19]。ファーブラは、出来事を起こった時間の順に並べたものであるのに対して、シュジェートは、それらの出来事を語られる順に並べ直したものである[20]ボリス・トマシェフスキーは、「要するに、ファーブラというのは実際に起こったことであり、シュジェートとは読者がその内容を知った仕方である」と説明している[21][22]

日本におけるプロット[編集]

日本の映像および漫画産業では、本来の意味から転じて、〈プロット〉が「あらすじの文書」を指す表現としても用いられている[23][24]。一方で、映画の "plot" は本来、ストーリーライン英語版のことである。すなわち、その場合のプロットは、映画の始まりから終わりまでを通したアクション (行動) であり、論理的に一続きの出来事を意味する。そこでは、プロットは特定の文書のことではない[25][26]

日本の映像産業では、脚本などを執筆する前に、ストーリーの大まかな構成を理解するために書かれる文書も〈プロット〉と呼ばれている。それは、脚本家自らの執筆のためだけのものではなく、企画書に添付してプロデューサーに提出される。この場合の〈プロット〉は、製作者が読むことを前提としたビジネス文書である。そのとき、〈プロット〉の枚数は、ワープロで1枚ほどの梗概 (シノプシス) から、同30枚以上まで様々である。脚本家の斉藤ひろしは、日本では、コンクールに応募するときにはワープロで1-2枚程度、新人がプロデューサーに企画を持ち込むときには同5-10枚程度が望ましいとしている。このように、日本の映像産業においては、脚本の前段階の文書が〈プロット〉と呼称されている[23]。一方で、脚本の前段階は、英語では一般的に「トリートメント英語版」(treatment) と呼ばれており、そのような用法での〈プロット〉は和製英語である。トリートメントは、ストーリーラインという本来の意味でのプロットを含むが、「プロット」とは呼ばれない[27][28]

また、日本の漫画制作での〈プロット〉は、ネーム (絵コンテ) の前段階のメモ書きを意味する和製英語である。日本の漫画の〈プロット〉は、あらすじ、もしくはハコ書き、または脚本そのままの形などで書かれるが、いずれにしても、演出の指定を含めた簡単な小説体のものが一般的である。日本の漫画における〈プロット〉は、日本の映像産業の場合と同じく、ストーリーの構成を事前に把握するための文書である[29]。漫画家で京都精華大学マンガ学部長 (当時、後に学長) の竹宮惠子によれば、〈プロット〉は A4用紙2枚程度まで (多くとも3枚) に収めなければ、自分自身や編集者がそれを〈プロット〉として読むことは困難である[30]

形式[編集]

フィールドの分類[編集]

三幕構成を理論化した脚本家、脚本指導者のシド・フィールド[31]によれば、あらすじには、「要約」と「再現」の2種類がある。要約は、大まかに出来事の流れをまとめたものである〔編者注: これがプロットにあたる〕。

女王は生まれ持った魔法の力をコントロールできなくなる。秘密にしていた魔法の力が公になる。女王は山に逃れ、そこで孤独に暮らそうとする[32]

再現は、出来事をありのまま具体的に描写することである〔編者注: これがストーリーにあたる〕。

夜。切り立った雪山の峰を1人で登る若い女王。小雪が降っている。女王は手袋を捨てて氷の魔法を使い始める。雪だるまが作られる。女王がマントを脱ぐ。魔法によって崖に氷の橋がかかる。女王はその橋を渡った後、氷の城を造り始める。女王を中心にして氷の柱と床がせり上がってくる。氷の天井とシャンデリラが出来る。女王は冠を外し、青白色のドレスの姿に変身する。女王は城のバルコニーに出て朝日の光を浴びる[33]

このように、要約と再現は対照をなすものである〔以上、出典の例を改変〕[34]

フィールドは、あらすじを4ページで書くように指導していた。そのうち、ストーリーを連結する4つの重要ポイントでは「再現」、それ以外の部分では「要約」が用いられる。4つの重要ポイントとは、オープニング、プロットポイント I, II、およびエンディングの4つである[35][注釈 1]。プロットポイント (ターニング・ポイント) とは、幕と幕の境目にあり、「アクションを起こさせ、物語を違う方向性に向かわせる事件やエピソードなど」を指している[36]

シガーの分類[編集]

著名なスクリプト・ドクター英語版であるリンダ・シガー (シーガー)英語版[37]は、アイディアを整理する方法として、トリートメント、アウトライン、およびジャーナルを挙げている[38]

トリートメント[編集]

トリートメントは、 ストーリーがどのように始まり、どのような対立、衝突があり、どのように終わるのかを要約した文書である〔編者注: 日本で〈プロット〉と呼ばれている文書に近いものを指す〕。トリートメントは、プロット (ストーリーライン) の流れを論理的に書くものである。そのため、トリートメントによって、ストーリーの問題点が明確になる。一方で、脚本家は、満足するまでプロットを自由にリライト (書き直し) できる。トリートメントには、ストーリーの短いあらすじ (シノプシス) との大きな違いはない。トリートメントの枚数は通常、8-15ページである。アメリカにおいても、製作者の依頼により、脚本の要約としてトリートメントを求められる場合がある。その場合の枚数は、通常、5-12ページである[39]。トリートメントはシーンに分割されておらず[40]、シーンに分けられるのは次のアウトラインである (後述)。

アウトライン[編集]

アウトラインは、それぞれのシーンを数行で書き出したものである。これは実際の脚本に最も近い段階であり、シガーによれば、アウトラインの情報だけで脚本を書き始めることが出来る。以下は『アナと雪の女王』('13) の冒頭の例[41]である〔出典の例を改変〕[42]

  1. 魔法の雪遊び。ここでアナとエルサを設定する。
  2. アナとエルサの関係を固める。
  3. アナがエルサの氷の魔法を頭に受ける。
  4. トロールの長老の忠告。アナは記憶を消される。
  5. 国王は姉妹を引き離す。エルサは部屋に隠される。

ジャーナル[編集]

ジャーナル[注釈 2]は、キャラクターの掘り下げを行うための手記である。ジャーナルは、キャラクターの内面を描写し、それにより、キャラクターの言動を理解するツールになる。ジャーナルでは、キャラクターの人物描写、行動、人間関係、収入、家族構成、および学歴/学校歴などといった種々の情報が明確にされる。書き手の知人の中に、キャラクターと似ている点を見出すことも方法の一つである。また、ジャーナルによって作品のテーマを考察することも出来る (テーマがキャラクターに与える影響など)。前述のトリートメントは、主にストーリーの把握に用いられる。それに対して、ジャーナルは、キャラクター (およびテーマ) を理解することが主な目的である[43]

カード[編集]

シド・フィールドによれば、カードを用いることにより、プロット (ストーリーライン) は容易かつ効率的に組み立てられる。フィールドの指導法では、情報カード[注釈 3]1枚につき、1つのシーンの簡潔な説明が書かれる。また、フィールドは、数千人の生徒を指導してきた経験則として、脚本30ページにつき、必要なカードの枚数を14枚としている。それを2時間映画 (120ページ) に当てはめた場合、カードは合計56枚である[44]

フィールドは、カード方式のメリットとして、カードの並べ替え、足し引き、および色分けなどが自由であることを挙げている。パソコンによるハコ書き (後述) のような形式は、シーンの並べ替えが不自由になるとして推奨していない[45]。リンダ・シガーによると、そのようなカード方式を用いる脚本家は、まず複数の色の情報カードを購入し、例えば、白のカードは冒険、赤は恋愛、青はキャラクターの設定、および緑は舞台の情報などといったように、色ごとに使い分けている[46]

脚本家のブレイク・スナイダー英語版によれば、ハリウッドでは、そうした複数のカードをコルクボードにピンで留めるなどしたものは、「ボード」と呼ばれている。スナイダー自身は40枚のカードを使用していた。スナイダーによると、ボードは、書く前の準備として、脚本を目で見えるようにし、修正するためのツールである[47]

サウンド・オブ・ミュージック』('65)『北北西に進路を取れ』('59) の脚本家アーネスト・レーマン英語版は、およそ50から100枚のカードを使用していた。他にも、著名な脚本家が、52枚、56枚、または12枚など、さまざまな枚数のカードによってプロットを組み立てていた。フィールドは、自らの師であるジャン・ルノワールもカード方式を活用していたと証言している[48]

ハコ書き[編集]

日本の脚本家は、前述のようなカードシステムと同様の目的のために、ハコ書き (構成表) を用いる場合があり、日本人の著した脚本の教則本において触れられることがある。ハコ書きは「ハコ」[49]とも略される。ハコ書きは、脚本の執筆を始める前の段階のテーブル (表) である。ハコ書きは以下の三段階から構成される。大バコは、〈プロット〉をチャプター (章) によって大きく分割したものである。中バコは、その大バコをシークエンスによって分けたものを指す。小バコは、その中バコをシーンによって分割したものであり、最も細かな部分である。それぞれのハコには短い要約のみを書き込む[50]

そこでは、〈プロット〉から始まって、それを大バコ (チャプター) に分けることにより、これから描こうとしていることが明確にされる。さらに、それらは中バコ (シークエンス) に区切られ、より具体的な展開に落としこまれる。最後に、それらは小バコ (シーン) にまで細分化される。斉藤ひろしは、小バコ (シーン) から書き始めることを推奨していないが、それは全体の流れが分からなくなるためであるという[50]

歴史[編集]

フライタークのピラミッド (三角形)。
三幕構成の見取り図。

紀元前4世紀古代ギリシア哲学者アリストテレスが『詩学』の中で既に、「始まり」「中間」「終わり」の3つの部分にドラマを「分割」し、それをドラマに共通の構造として述べている (1450b)[51]

1863年、ドイツの作家グスタフ・フライタークは、 "Die Technik des Dramas" (戯曲の技法) で、アリストテレスの悲劇論をベースにしながら、画期的な理論を打ち出した (フライタークのピラミッド)。フライタークは、ドラマを5つの部分に「分割」し、なおかつ、それぞれの部分の「機能」を定義した。すなわち、「序幕」「上昇」「クライマックス」「下降」「破局」がその5段階である。フライタークによれば、悲劇はクライマックスを頂点とする三角形の構造を持つ。そのストーリーはクライマックスで上昇から下降へと反転し、結末の破局に向かう。フライタークの分析は、そのまま5幕の演劇に対応している[52]。映画においてミッドポイント (中間点) から始まる主人公の転落は、フライタークのピラミッド (三角形) に代表される古典劇の構成を継承したものである[53]

1979年、アメリカの脚本家シド・フィールドは、映画のストーリーを3つの部分に「分割」し、また、その3つの部分の「機能」を分類した。これは映画に共通する基礎を分析したものであり、三幕構成 (Three-act structure) と呼ばれる[54][55]。映画における三幕構成では、映画は3つの幕 (act) に分けられ、それぞれの幕は「設定」「対立」[56]「解決」の役割を持っている[57]。幕と幕はプロットポイント (転換点) でつながっている[58]。このモデルは分析のツールとしての有効性が認められ、映画の制作においては、三幕構成に基づいて脚本を作成することが一般的になっている[59][60]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一方で、脚本家で俳優のウェンデル・ウェルマンは、プロットを作成する段階において、プロットポイント I、ミッドポイント (中間点)、およびプロットポイント II という中間部の三大転換シーンからまず決めることを提案している。その結果、残りのプロット作成は、楽しく容易なものになるという (ウェンデル・ウェルマン 『映画ライターズ・ロードマップ: “プロット構築”最前線の歩き方』 フィルムアート社、2005年、144頁。)。
  2. ^ この箇所は、日本語版では「ライターズ・ノート」となっているが、原文では「ジャーナル」 (journal) である (Linda Seger, Making a Good Script Great, 3rd Ed, Silman-James Press, 2010.)。
  3. ^ 原文では、5×3 インチ、12.5×7.5 cm (ほぼB7サイズに等しい) のカードとなっている。

出典[編集]

  1. ^ Lee, Jennifer (2013-09-23) (English) (PDF). FROZEN. the Walt Disney Animation Studios. pp. 35-65.. http://waltdisneystudiosawards.com/downloads/frozen-screenplay.pdf 2014年6月23日閲覧。. 
  2. ^ Lee, Jennifer (2013-09-23) (English) (PDF). FROZEN. the Walt Disney Animation Studios. pp. 35-38.. http://waltdisneystudiosawards.com/downloads/frozen-screenplay.pdf 2014年6月23日閲覧。. 
  3. ^ ここまで。井上健. “ストーリー 【すとーりー】” (Japanese). 知恵蔵2007. 朝日新聞出版. 2014年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月24日閲覧。
  4. ^ ここまで。ジェラルド・プリンス 『物語論辞典』 松柏社〈松柏社叢書〉、1997年7月、増補版(Japanese)。ISBN 978-4881988763
  5. ^ ここまで。Ansen Dibell, Ph.D. (1999-07-15) (English). Plot. Elements of Fiction Writing. Writer's Digest Books. p. 6.. ISBN 978-0898799460. 
  6. ^ ここまで。Joan Vinall-Cox, Ph.D.. “Story Includes Plot” (English). 2014年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月12日閲覧。
  7. ^ a b ここまで。トリートメント” (Japanese). シネマセンス. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月11日閲覧。
  8. ^ #シガー p. 26.
  9. ^ Jenna Blum, 2013, The Modern Scholar published by Recorded Books, The Author at Work: The Art of Writing Fiction, Disk 1, Track 10, ISBN 978-1-4703-8437-1
  10. ^ Random House Dictionary. "plot."
  11. ^ Oxford Dictionaries. "storyline."
  12. ^ ここまで。井上健. “ストーリー 【すとーりー】” (Japanese). 知恵蔵2007. 朝日新聞出版. 2014年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月24日閲覧。
  13. ^ ここまで。ジェラルド・プリンス 『物語論辞典』 松柏社〈松柏社叢書〉、1997年7月、増補版(Japanese)。ISBN 978-4881988763
  14. ^ ここまで。Ansen Dibell, Ph.D. (1999-08) (English). Plot. Elements of Fiction Writing. Writer's Digest Books. p. 6.. ISBN 978-0898799460. 
  15. ^ ここまで。Joan Vinall-Cox, Ph.D.. “Story Includes Plot” (English). 2014年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月12日閲覧。
  16. ^ ここまで。Chapman, Harvey. “What Is a Plot In a Novel?” (English). Novel Writing Help. Novel-Writing-Help.com. 2014年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月11日閲覧。
  17. ^ ブリタニカ国際大百科事典』 「小項目事典」 Britannica Japan Co., Ltd. 「プロット plot」の頁。
  18. ^ ここまで。Alcorn, Steve. “小説を書く際のヒント:「プロット(筋書き)」と「ストーリー」の違いを理解する” (Japanese). Tejix. 2014年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  19. ^ ここまで。小方孝 (2011-10). “「物語論の情報学」の実践としての物語生成システム” (Japanese). 知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌) (日本知能情報ファジィ学会) 23 (5): 14-24.. http://www.ogata.soft.iwate-pu.ac.jp/LCC2_Web/Proceedings/Proceedings(26)/26W-02ogata.pdf 2014年7月23日閲覧。. 
  20. ^ 廣野由美子 『批評理論入門: "フランケンシュタイン" 解剖講義』 中央公論新社中公新書〉、2005年3月、9頁(Japanese)。ISBN 978-4121017901
  21. ^ 『ロシア・フォルマリズム文学論集』2、水野忠夫、せりか書房1995年9月、64 f.(Japanese)。ISBN 978-4796701327
  22. ^ 後藤尚人 (1994). “読解理論のレトリック(4)” (Japanese). Artes Liberales (岩手大学人文社会科学部紀要) (岩手大学人文社会科学部) 54: 100.. http://hdl.handle.net/10140/2555 2014年7月24日閲覧。. 
  23. ^ a b ここまで。斉藤ひろし 『斉藤ひろしのシナリオ教室: 1週間でマスター』 雷鳥社、2006年3月15日、42, 82 f.(Japanese)。ISBN 978-4844134480
  24. ^ 竹宮惠子 『マンガの脚本概論』 角川学芸出版、2010年4月8日、114頁(Japanese)。ISBN 978-4046538017
  25. ^ ここまで。プロット(筋)” (Japanese). シネマセンス. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2011年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月13日閲覧。
  26. ^ ここまで。Plot” (English). CinemaSense. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2007年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月14日閲覧。
  27. ^ ここまで。トリートメント” (Japanese). シネマセンス. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月11日閲覧。
  28. ^ ここまで。#シガー pp. 26 f.
  29. ^ ここまで。竹宮惠子 『マンガの脚本概論』 角川学芸出版、2010年4月8日、114-118, 186 f.(Japanese)。ISBN 978-4046538017
  30. ^ 竹宮惠子 『マンガの脚本概論』 角川学芸出版、2010年4月8日、125頁(Japanese)。ISBN 978-4046538017
  31. ^ 「訳者あとがき」 #フィールド p. 346.
  32. ^ ここまで。Lee, Jennifer (2013-09-23) (English) (PDF). FROZEN. the Walt Disney Animation Studios. pp. 32-38.. http://waltdisneystudiosawards.com/downloads/frozen-screenplay.pdf 2014年6月23日閲覧。. 
  33. ^ ここまで。Lee, Jennifer (2013-09-23) (English) (PDF). FROZEN. the Walt Disney Animation Studios. pp. 36-38.. http://waltdisneystudiosawards.com/downloads/frozen-screenplay.pdf 2014年6月23日閲覧。. 
  34. ^ ここまで。#フィールドII pp. 70 f.
  35. ^ ここまで。#フィールドII pp. 65, 68-76.
  36. ^ #フィールド pp. 22 f.
  37. ^ #シガー 奥付。
  38. ^ #シガー pp. 25-30.
  39. ^ ここまで。#シガー pp. 26-28.
  40. ^ トリートメント” (Japanese). シネマセンス. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月11日閲覧。
  41. ^ Lee, Jennifer (2013-09-23) (English) (PDF). FROZEN. the Walt Disney Animation Studios. pp. 2-8.. http://waltdisneystudiosawards.com/downloads/frozen-screenplay.pdf 2014年6月23日閲覧。. 
  42. ^ ここまで。#シガー pp. 25 f.
  43. ^ ここまで。#シガー pp. 28-30.
  44. ^ ここまで。#フィールド pp. 236-239.
  45. ^ ここまで。#フィールド pp. 237 f.
  46. ^ #シガー pp. 23 f.
  47. ^ ここまで。<cite class="book" style="font-style:normal" id="Reference-ブレイク・スナイダー英語版-2010-10-22">ブレイク・スナイダー英語版 『SAVE THE CATの法則: 本当に売れる脚本術』 フィルムアート社、2010年10月22日、146 f., 150.(Japanese)。ISBN 978-4845910564
  48. ^ ここまで。#フィールド p. 236.
  49. ^ ここのみ。斉藤ひろし 『斉藤ひろしのシナリオ教室: 1週間でマスター』 雷鳥社、2006年3月15日、82.頁(Japanese)。ISBN 978-4844134480
  50. ^ a b ここまで。斉藤ひろし 『斉藤ひろしのシナリオ教室: 1週間でマスター』 雷鳥社、2006年3月15日、153, 156-158.(Japanese)。ISBN 978-4844134480
  51. ^ Perseus Digital Library (2006). Aristotle, Poetics
  52. ^ ここまで。松永, 知子 (1978-03). “ドラマの叙事化について” (Japanese). 文教大学紀要 (文教大学) 11: 143.. http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=BKK0001459 2014年7月11日閲覧。. 
  53. ^ 中間点” (Japanese). シネマセンス. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月11日閲覧。
  54. ^ ここまで。「訳者あとがき」 #フィールド p. 346.
  55. ^ ここまで。#フィールド pp. 15-27.
  56. ^ Field, Syd (2013年). “THE PARADIGM WORKSHEET” (English). sydfield.com. 2013年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月27日閲覧。
  57. ^ #フィールド pp. 17-22.
  58. ^ #フィールド p. 23.
  59. ^ 構造” (Japanese). シネマセンス. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2014年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月29日閲覧。
  60. ^ ” (Japanese). シネマセンス. アールト大学 (旧ヘルシンキ芸術デザイン大学). 2014年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]