今、そこにいる僕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今、そこにいる僕
アニメ
監督 大地丙太郎
シリーズ構成 倉田英之
キャラクターデザイン 大泉あつし
音楽 岩崎琢
アニメーション制作 AIC
製作 AIC、パイオニアLDC
放送局 WOWOW
放送期間 1999年10月14日 - 2000年1月20日
話数 全13話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

今、そこにいる僕』(いま、そこにいるぼく、Now and Then, Here and There)は、AICの制作、日本テレビアニメである。1999年10月14日から2000年1月20日WOWOWの毎週木曜日19時00分枠。全13話放送。ノンスクランブル放送(無料)だった。

概要[編集]

世界観[編集]

世界観に関する設定や解説などを大幅に簡略化しており、遠い未来の地球の何処かであるという、漠然とした舞台設定(物語の冒頭で「こんなにももろく~百億年の年月だから~」という台詞があるものの、定かではない)である。荒廃し切った大地、異常発達した動植物、軍事などの一部目的に特化したハイテクノロジーなど、物語の各所で垣間見える要素が、現代とは異なる環境たる所以である。

クリエーター[編集]

暴力描写の数々は、それまでの大地丙太郎作品とは全く異なる作風である。また彼の作品の多くがそうであるように本作にも高橋良輔が参加していて、狂王ハムドを演じた石井康嗣の予告編の脚本を書いている。

そして、かねてから交流のあった庵野秀明の主力スタッフである摩砂雪平松禎史大塚雅彦など、ガイナックスの有名クリエイターが多数参加している。特に、平松、大塚とはこの作品を境に大地と仕事をともにする機会が顕著に増えた。

また、長濱博史音地正行渡辺はじめ和田高明林明美といった、大地監督と交流を持つアニメーター達も本編の作画作業に度々参加している。


登場人物[編集]

シュウ
岡村明美
本作の主人公。本名は松谷修造(まつたに しゅうぞう)。剣道を習っている元気な性格の中学生の少年。元は現代の日本で暮らしていたのだが、ララ・ルゥと出会ったのをきっかけに彼女とアベリア一派の捕り物に巻き込まれてヘリウッドに連れてこられる。
ララ・ルゥ
声:名塚佳織
外見は幼い少女だが、ペンダントを用いて水を操る、人間では無い何らかの伝説的な存在。普段は寡黙に徹している。
サラ
声:仲尾あづさ
フルネームはサラ・リングワルト。元はアメリカで暮らす少女だったが、ララ・ルゥと間違われて連れ去られてきた。人違いと判明した後は子作り要員にさせられ妊娠してしまう。後に兵士一名を殺害して脱走し砂漠を放浪して、ザリ・バースの住人に救助される。自らの悲境の契機となったララ・ルゥを憎悪し、結果的に無力な気休めを言ったシュウにも非難を浴びせる。
ナブカ
声:今井由香
ヘリウッドの少年兵の一人。シュウのお守りを命じられる。ハムド王の命令に忠実に従う事こそが、自分達に残された唯一の道と認識しており、不本意ながらも非道な軍事作戦に参加し続けている。己の正義感に従って行動するシュウとは、幾度も対立を起こす。
ブゥ
声:小西寛子
ヘリウッドの少年兵の一人。ナブカを慕っているが、シュウにも理解があり、彼の逃亡に手を貸す。
タブール
声:陶山章央
ヘリウッドの少年兵の一人。ナブカとは同郷でありながらも、最近は彼との不和が目立つ。腹に一物。
ハムド
声:石井康嗣
ヘリウッドの狂王。己が権勢を取り戻すためとあらば如何な犠牲をも厭わず、敵国の民は勿論自国の兵士すらも目的のためには容赦無く殺戮する暴君。自身への暗殺計画を実行した刺客達がザリ・バース居住者と判明した後は同地の殲滅を企図する。極度の興奮状態に達して誇大妄想に陥ったり過剰な暴力を振るい、直後に人が変わったように冷静さを寄り戻す場面がしばしば見受けられる。
アベリア
声:安原麗子
ハムド王の側近で軍のトップ。主君一途の忠臣。
エランバ
声:山本密
ザリ・バースの住人で反ヘリウッドの過激派のリーダー格。目的のためなら手段を択ばない。
スーン
声:齋藤彩夏
ザリ・バースに住む女の子。シスと暮らしている。ララ・ルゥを「ラーラ」と呼ぶ。
シス
声:松本梨香
ザリ・バースの肝っ玉母さん。過激な反ヘリウッド主義に走る住民達を説得し続けている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「今、そこにいる僕」
作曲・編曲 - 増田俊郎
エンディングテーマ「子守歌...」
作詞・作曲 - 小室等 / 編曲 - 増田俊郎 / 歌 - 安原麗子
予告テーマ「DECADANCE」
作曲・編曲 - 岩崎琢

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 黄昏を見つめる少女 平松禎史 大塚雅彦 西野理惠 1999年
10月14日
2 少年と狂王と 長濱博史 関口雅浩 10月21日
3 闇の中の宴 大橋誉志光 五月女浩一郎 10月28日
4 不協和音 佐山聖子 音地正行 追崎史敏 11月4日
5 ひとごろし 井硲清高 安田賢司 をがわいちろを 11月11日
6 砂嵐に消える 平松禎史 平松禎史
大塚雅彦
西野理恵 11月18日
7 逃れの夜 長濱博史 関口雅浩 11月25日
8 ひとりぼっちのふたり 大橋誉志光 五月女浩一郎 12月2日
9 狭間にて 鈴木行
大地丙太郎
佐山聖子
林宏樹 楠本祐子大泉あつし
追崎史敏、長濱博史
12月9日
10 混沌への助走 佐山聖子
山崎健志
岡嶋国敏 関口雅浩、大泉あつし
追崎史敏、長濱博史
鈴木輪流郎、山﨑健志
12月16日
11 崩壊前夜 佐山聖子 六反田等 加々美高浩 2000年
1月6日
12 殺戮の大地 大橋誉志光
鈴木輪流郎
平松禎史
大橋誉志光 五月女浩一朗 1月13日
13 今、そこにいる僕 平松禎史 宮﨑なぎさ
六反田等
関口雅浩、西野理恵
大泉あつし、音地正行
1月20日

関連商品[編集]

CD[編集]

  • 「今、そこにいる僕 サントラ」(1999年11月20日

DVD[編集]

  • 「今、そこにいる僕 Vol.1」(1999年12月22日
  • 「今、そこにいる僕 Vol.2」(2000年1月25日
  • 「今、そこにいる僕 Vol.3」(2000年2月25日
  • 「今、そこにいる僕 Vol.4」(2000年3月24日
  • 「今、そこにいる僕 Vol.5」(2000年4月25日
  • 「今、そこにいる僕 TV-BOX」(2005年9月22日

外部リンク[編集]

WOWOW 木曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
今、そこにいる僕