アベノ橋魔法☆商店街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アベノ橋魔法☆商店街
アニメ
原作 GAINAX
監督 山賀博之
シリーズ構成 あかほりさとる
山賀博之
脚本 山賀博之
あかほりさとる
花田十輝
キャラクターデザイン 平松禎史
音楽 鷺巣詩郎
アニメーション制作 マッドハウス
GAINAX
製作 アベノ橋製作委員会
放送局 キッズステーション、他
放送期間 2002年4月 - 6月
話数 全13話
漫画
原作・原案など GAINAX、あかほりさとる
作画 出口竜正
出版社 講談社
掲載誌 月刊マガジンZ
レーベル マガジンZコミックス
発表号 2001年9月号 - 2002年8月号
巻数 全2巻
漫画:まんがアベノ橋魔法☆商店街
- アベノの街に祈りを込めて
原作・原案など GAINAX、あかほりさとる
作画 鶴田謙二
出版社 講談社
掲載誌 月刊アフタヌーン
レーベル アフタヌーンKCデラックス
発売日 2002年4月23日
発表号 2001年9月号 - 2003年4月号
巻数 単巻
小説
著者 あかほりさとる、GAINAX
イラスト 鶴田謙二、竹浪秀行
出版社 角川書店
レーベル 角川スニーカー文庫
発売日 2002年11月
巻数 単巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

アベノ橋魔法☆商店街』(アベノばし まほうしょうてんがい)は、ガイナックスが制作した日本テレビアニメ作品。2002年4月よりCS放送キッズステーション、他で放送。全13話。再放送も行われた。2002年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞。

ラジオ大阪ラジオ日本などで、『ラジオアベノ橋魔法☆商店街』を放送。漫画作品は、『月刊アフタヌーン』にて鶴田謙二が、『月刊マガジンZ』にて出口竜正が連載した。また、角川スニーカー文庫から、あかほりさとるによる小説版が発行された。

あらすじ[編集]

夏休みのある日、大阪下町アベノ橋商店街の風呂屋を営んでいたサッシの家は再開発[1]で取り壊され、幼馴染のあるみ一家も北海道に引っ越すことを検討していた。そんな中、二人はお互いの店に商店街の四方を護る四神獣が奉られていることを知ったが、四神獣の最後の1つであるみの店のシンボルだった「ペリカン」が事故で壊れてしまう。いよいよ立ち退きが決まったその夜、奇怪な出来事が起こりはじめた。

登場人物[編集]

今宮聖志
- サエキトモ
本作の主人公。愛称:サッシ。小学6年生。年齢の割に、映画やアニメなどに通じたオタクであり、ボケをかましては、あるみに突っ込まれる。大阪近鉄バファローズのユニフォームをいつも着ている。
朝比奈あるみ
声 - 松岡由貴
本作のヒロイン。サッシの同級生。陽気で勝気な性格。サッシに対してキツイ突っ込みを入れる。怒りや恥ずかしさで暴走すると手がつけられなくなる。
ムネムネ
声 - 久川綾
物語のキーパーソン。パラレル・アベノ橋商店街の住人。巨乳で眼鏡をかけたコスプレ美女。
ユータス
声 - 小山力也
物語のキーパーソン。パラレル・アベノ商店街に出没する謎の中年男性。「おじさん」と呼ばれるとすぐに拗ねる。
雅ジイ
声 - 青野武
あるみの祖父。小料理屋「ペリカン」を経営している。頑固者で、息子の徹とは不仲。
パパン
声 - 藤原啓治
あるみの父。「ペリカン」のコック。自らのことを「パパン」と呼ばせ、おかしなフランス語を話す。
朝比奈文子
声 - 金月真美
あるみの母。
今宮太郎
声 - 渡部猛
サッシの祖父。商店街で、風呂屋「亀の湯」を経営したが、再開発の為にマンションへ引っ越す事を機に、立退き廃業した。
今宮新・アバンナレーション
声 - 龍田直樹
サッシの父親。大阪市内の会社に勤めている。
今宮満代
声 - 氷上恭子
サッシの母。
今宮沙也香
声 - 岡村明美
サッシの姉。中学2年生。気ままな性格。東京に憧れており、努めて標準語を話す。
アキ姉
声 - 石井康嗣
アベノ橋商店街のスナックにいるオカマ。おねえ言葉を話す。サッシやあるみと仲が良い。
幸平さん
声 - 小西克幸
アベノ橋商店街で八百屋を経営している。サッシやあるみと仲が良い。

製作[編集]

次回予告は、吉本興業で台本作家を務めた経験を持ち、本作品で大阪弁およびコメディ部分の監修を担当した作家、田中哲弥がシナリオを執筆した。最終回は地上波版(後番組『魔法遊戯 飛び出す!!ハナマル大冒険』の映像を使用)と、キッズステーション版(1話からリピート再放送することを前提に第1話の映像を使用)の2種類が制作された。

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Treat or Goblins」(第2話 - 第12話)
歌 - 林原めぐみ
  • 第1話と第13話はOPなし。
エンディングテーマ「あなたの心に
歌 - 林原めぐみ

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 不思議! アベノ橋☆商店街 山賀博之 平松禎史 大塚雅彦 平松禎史
2 冒険! アベノ橋☆剣と魔法商店街 あかほりさとる
山賀博之
小島正幸
樋口真嗣[2]
小島正幸 清水洋
3 合体! アベノ橋☆大銀河商店街 あかほりさとる 今石洋之
樋口真嗣[2]
今石洋之
4 燃えよ! アベノ橋☆香港格闘商店街 花田十輝 大畑清隆
樋口真嗣[2]
恵比須士郎 桜井正明
5 絶滅! アベノ橋☆古代恐竜商店街 あかほりさとる 佐藤竜雄
樋口真嗣[2]
高橋敦史 清水洋
6 夜霧の! アベノ橋☆ハードボイルド商店街 花田十輝 片渕須直
樋口真嗣[2]
越智博之 加瀬流
7 回想! 魔法商店街☆誕生 山賀博之 平松禎史 大塚雅彦 平松禎史
8 ときめけ! アベノ橋☆学園商店街 花田十輝 増原光幸
樋口真嗣[2]
増原光幸 KIM GI-DU
9 泣くよ! うぐいす☆平安京 山賀博之 高橋敦史 室井ふみえ
10 ぽわぽわ♡アベノ橋☆メルヘン商店街 花田十輝 小島正幸
樋口真嗣[2]
中村賢太郎 福田のりゆき
11 決断!! アベノ橋☆戦場商店街 あかほりさとる 山本沙代 越智博之 越智博之
竹内進二
加瀬流
12 大逆転!? アベノ橋☆ハリウッド商店街 花田十輝 今石洋之
樋口真嗣[2]
増原光幸 今石洋之
13 甦れ! まぼろしの陰陽師☆ 山賀博之 庵野秀明
樋口真嗣[2]
平松禎史 平松禎史
庵野秀明[3]

作品の成り立ちとパロディ要素[編集]

本作品は、1990年前後にゲームクリエーターの赤井孝美が企画したデジタルノベル向けの原作として、北欧ノルウェーを舞台に、少年魔法使いの成長をテーマに山賀博之が執筆した未発表の脚本『ウィザード』が下敷きとなっている[4]。脚本は作品化されないままお蔵入りとなっていたが、赤井によれば、本作品の制作にあたって山賀が赤井の許諾を得てテレビアニメの企画に転用。あかほりさとるを招いて脚本の再構成を行った結果、物語の舞台も内容も大きく姿を変えて作品となった[5]

一応のストーリーは存在するが、明確にストーリー性が表に出るのは第1話や最終話など一部にとどまり、多くは主要キャラクターの配置を固定して各話ごとに異なる世界を用意する手法でスラップスティック劇が展開され、過去の著名なアニメや映画、ゲームなど、さまざまなジャンルの作品のパロディが大量に取り込まれた。

ガイナックスで同時期に制作していた『まほろまてぃっく』のプロデューサー、佐藤裕紀(ガイナックス取締役)によれば、監督の山賀らが決めた「キャラクター固定」のコンセプトを元に、各話ごとに作画監督が自由に演出し、製作者(アニメーター)のそれぞれの技量を前面に出す考えで制作した[6]

劇中に取り込まれたパロディの質と量は過剰といえるほど激しく、制作段階から内部で議論を呼んだ。特に恋愛シミュレーションゲームを題材にした8話「ときめけ! アベノ橋☆学園商店街」の台本では、金月真美(『ときめきメモリアル』藤崎詩織役)が演じるゲストヒロインのキャラクター名を「しおりん」(放送時には「しおたん」に修正)とするなど、モチーフとした作品との類似性が極めて高かった。

主演のサエキトモと松岡由貴によると、アフレコ時になってキングレコード側がこうした内容を問題視したため、作業を中断して長時間の協議を行った上で、キャラクター名を修正して収録し直すことになった[7]。金月はレギュラーとしてあるみの母親(朝比奈文子)役でも出演しているが、あるみ役の松岡によれば、キャスティングの段階で藤崎詩織をモチーフとしたゲストヒロインとして金月を登場させることを前提として決められた[7]

ラジオ番組[編集]

『ラジオアベノ橋魔法☆商店街』と題してラジオ大阪アール・エフ・ラジオ日本2002年10月から2005年3月まで放送された。スポンサーはガイナックス。2002年10月にラジオ大阪で放送を開始し、翌2003年4月からラジオ日本でも放送を開始した。

収録自体は東京で行われたが、ラジオ大阪のイベントなどにあわせてラジオ大阪本社でたびたび生放送を行った。2003年元日未明には、生駒山上遊園地で公開録音による年越しイベントを行った。

アニメ関連番組としては珍しく本放送終了後に始まったが、パーソナリティであるサエキと松岡の下ネタ満載の絶妙なトークで、3年近くにわたって放送された。サエキが病気療養に専念するため2005年2月限りで降板したことから同年3月に終止符を打ったが、2010年放送開始の『ガイナックス電波』で出演者が再集結した。

パチスロ[編集]

2010年8月よりビスティからパチスロ機が導入。ペンタグラムシステムを搭載。なおエヴァンゲリオンシリーズ(パチスロ)と同様の演出が発生することがある。

脚注[編集]

  1. ^ 実際に舞台となる阿倍野区この地域では阿倍野再開発事業が実施され、大型商業施設や高層住宅などが建設されている。
  2. ^ a b c d e f g h i 魔法陣シークエンス絵コンテ
  3. ^ メカ作監
  4. ^ ラジオ大阪『ラジオ・アベノ橋魔法☆商店街』第1回"語れ!アベノ橋"(2002年10月13日放送)
  5. ^ ラジオ大阪『ラジオ・アベノ橋魔法☆商店街』第10回"語れ!アベノ橋"(2002年12月15日放送)
  6. ^ WEBアニメスタイル『アニメの作画を語ろう・ガイナックス若手アニメーター紹介(3)』小黒祐一郎・スタジオ雄、2003年2月15日付)
  7. ^ a b ラジオ大阪『ラジオ・アベノ橋魔法☆商店街』第12回"語れ!アベノ橋"(2002年12月29日放送)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]