内海賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うつみ けんじ
内海 賢二
プロフィール
本名 内海 健司
(うつみ けんじ)
性別 男性
出生地 日本の旗 日本福岡県北九州市
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区
生年月日 1937年8月26日
没年月日 2013年6月13日(75歳没)
血液型 A型
身長 162 cm
職業 声優俳優
事務所 賢プロダクション(最終所属)
配偶者 野村道子
著名な家族 内海賢太郎(長男)
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1955年 - 2013年
ジャンル 舞台テレビドラマ
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

内海 賢二(うつみ けんじ、本名:内海 健司〈うつみ けんじ〉[1]1937年8月26日[2] - 2013年6月13日)は、日本声優俳優ナレーター賢プロダクション会長。

福岡県北九州市生まれ。テレビアニメ洋画吹き替えに数多く出演し、渋い役柄からひょうきんな役、悪役まで幅広く演じた。テレビ番組CMのナレーションでも活躍し、1980年代には長者番付に名を連ねた。血液型はA型。

来歴[編集]

5人兄弟の末っ子として生まれるが、幼い頃に両親を亡くし、兄弟とは別れて育つ。中学・高校には仕出し弁当店で住み込みで働き、夜間で通った高校では演劇部に所属した。1955年、高校3年のときにNHK小倉放送局の専属劇団に応募して合格。ラジオドラマや朗読の仕事を始めるようになる。やがて福岡県に開局したばかりの九州朝日放送に移籍してKBCラジオの専属声優になった。

地方での仕事に限界を感じていた内海は、先に上京していた広告代理店の電通でテレビ映画制作の仕事をしていた友人を頼って1958年に上京。その友人の紹介で、『熱血カクタス』(柴田秀勝主演の子供向けドラマ)の端役をもらい、続けて『海賊バイキング』ではナレーターを担当し、中央でのデビューを果たした。アニメデビュー作は1963年の『狼少年ケン』。東映動画初のテレビアニメであり、アニメ声優でも草分け的存在になる。舞台俳優としても里吉しげみ主宰の劇団未来劇場の公演などに出演。また1960年代から1970年代にかけ、時代劇をはじめとしたさまざまなジャンルのテレビドラマに出演している。

かつては、九州NHK放送劇団、未来劇場、東京アーティストプロダクション、楡プロダクションに在籍した。以前は本名の内海健司や内海賢治の名前で活動していた。

妻は、テレビアニメ『宇宙エース』での共演をきっかけに知り合った、声優の野村道子1984年に設立した声優事務所、賢プロダクションを共同で経営し、会長に就いた。息子は同プロダクション社長の内海賢太郎[3]である。賢プロダクションは元々、内海個人が中心となって自身その他のマネージメントを行っていたが、役者一本でやってきたため、経営に不慣れな内海は次第に過労のため、誰の目にも明らかなほどに憔悴した。それを見かねた役者仲間が野村に「賢坊だけじゃ無理だよ。助けてやりなよ」との助言をし、野村は移籍を決意。公私共に内海を支える片腕となった。なお、かつて野沢雅子らと共に、アニメがビデオ・DVD化された際の使用料の支払いを求める訴訟を起こし、勝訴している。

テレビアニメ『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』に出演していたことから、音泉の『ラジリスク〜甲賀忍放送〜』(第28回・2005年7月19日配信分)にゲストで登場。アニメの連動ラジオ番組にゲスト出演したのは初めて。

2009年第3回声優アワード功労賞を受賞。同年に、ファミリー劇場の特番でテレビドラマ草創期の回想をしている。また『けんぷファー』第11話で、ヒアブリライオンの声で出演し、ハラキリトラの声を担当した野村と夫婦共演した。同作品の連動ラジオ番組『ラジオ けんぷファー 賢二と愛のわくわく臓物ランド』(2009年9月4日 - 12月25日)では、中島愛と共にパーソナリティを務めている。アニメ関連のラジオ番組でパーソナリティを務めるのはこれが初であった。

2013年6月13日午後3時1分、がん性腹膜炎のため東京都新宿区の病院で死去[4]。75歳没。生前最後の出演は2013年7月にスタートしたテレビアニメ『銀の匙 Silver Spoon』の轟先生役であり[5]、遺作は生前収録した2014年放送のアニメ『パックワールド』のオブテュース役。

2014年、第8回声優アワード「特別功労賞」を受賞[6]

人物像[編集]

声・演技[編集]

普段から声量が凄いらしく、ある雑誌[要出典]のインタビューで井上和彦は「内海さんのセリフは太字にして下さい」と言っていた。内海の独特の声を、羽佐間道夫は「のどちんこをぶるぶる震わせるような声」と表現している[7]

スティーヴ・マックィーンは声を演じてきた中で唯一の二枚目であり、自身のアテレコ史の頂点であると語った[8]、またそれが縁でクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズではスティーヴ・マックィーンがモデルの役を1分に満たない出演ながらもOKしている 。もし年齢が20歳若ければ、ジョニー・デップの吹き替えを担当してみたいと語ったことがある[9]

交友関係[編集]

声優の八奈見乗児は九州時代の先輩であり、上京した内海は住むところがなく、新婚だった八奈見のアパートに転がり込んだ。『熱血カクタス』の主演だった柴田秀勝は自身の経営するバーの2階を内海の下宿に提供し、その上アルバイトのバーテンとして内海を雇った。内海は声優として駆け出しの頃に面倒を看たこの2人の先輩への感謝を忘れないと言う。

妻の野村道子とは劇場版ドラえもんで4度共演を果たしているが四作とも悪役である。

少年隊錦織一清とは、ミュージカル『ゴールデンボーイ』で共演したことがきっかけとなり交遊があった。ラジオ[要出典]水樹奈々のファンだと公言しており、コンサートにペンライトを持って観に行ったこともある。2010年12月4日『中野サンプラザ座長公演 水樹奈々大いに唄う 弐』ではナレーションを担当した。

内海が病死した際、神谷明は自身のブログで、小山茉美は自身が演じる『Dr.スランプ アラレちゃん』の主人公、則巻アラレの口調で、「博士 また会おうね」「行ってらっしゃい バイチャ」と追悼メッセージを寄せている。野沢雅子も自身が演じる『ドラゴンボール』の主人公、孫悟空の口調で追悼メッセージを寄せている。また、小山は内海の葬式で弔辞を読み上げた。その他、『キャッツ♥アイ』や『それいけ!アンパンマン』、『きかんしゃトーマス』で共演の戸田恵子、はじめの一歩で共演の小山力也、声優の井上和彦などもブログ等でコメントを発表した。 

後任[編集]

内海の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1963年

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1973年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

  • 美味しんぼ(大河犬太)
  • それいけ!アンパンマン(くらやみまん)

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1997年

1998年

1999年

2000年

2003年

2010年

2011年

  • 魚介類 山岡マイコの友 茹田蟹幸(山葵山蛸八[13]

劇場アニメ[編集]

1966年

1967年

  • サイボーグ009 怪獣戦争(008 / ピュンマ)

1969年

1970年

1971年

1974年

1975年

1979年

1980年

  • がんばれ!! タブチくん!! 第2弾 激闘ペナントレース!!(ネモト監督)
  • がんばれ!! タブチくん!! 初笑い第3弾 あゝツッパリ人生!!(ネモト監督)

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1993年

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

ゲーム[編集]

1991年

1992年

  • スタートリング・オデッセイ(ナレーション)
  • 天外魔境II 卍MARU(ベーロン、地獄釜の肉助、剛天明王、弁慶)

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

パチンコ・パチスロ[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ・人形劇[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

特撮[編集]

人形劇[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

ドラマCD[編集]

時期不明

1992年

1993年

  • 集英社カセットブック ジョジョの奇妙な冒険 第3巻 DIOの世界の巻(ジョセフ・ジョースター

1995年

  • ストリートファイターII外伝 〜キャミィ・闘いの序曲〜(ウルフマン大佐)

1997年

2004年

2005年

2006年

2007年

  • 最終神話戦争イデアオペラ オリジナルドラマCD(ゼウス)
    • 第3章 輝ける悠遠の女神

舞台[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 死後初めて出演したのは生前収録した2013年6月14日放送分の『ポッポちゃんとランプの巨人』であった。

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年、369頁。ISBN 978-4415008783
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、24頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  3. ^ 10月16日”. スワッチのアニメ日記. 読売テレビ (2007年10月16日). 2013年4月15日閲覧。
  4. ^ 「北斗の拳」ラオウ、サリーちゃんのパパ 声優内海賢二さん死去(スポニチアネックス、2013年6月13日 18:56配信
  5. ^ 内海賢二さん死去=アニメ声優の草分け-75歳
  6. ^ 第八回声優アワード 一部先行発表!”. 声優アワード. 2014年2月19日閲覧。
  7. ^ 『とり・みきの映画吹替王』
  8. ^ 『パピヨン スティーヴ・マックィーン没後30年特別愛蔵版』に封入されたインタビューより。
  9. ^ ダニー・ザ・ドッグ アフレコレポート
  10. ^ キャラクター”. はじめの一歩. 2013年9月20日閲覧。
  11. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ「銀の匙」 公式サイト. 2013年5月24日閲覧。
  12. ^ “潘ちゃん×潘さん交換日記 : 内海賢二さんの「おかげ」”. MANTENWEB (毎日新聞デジタル). (2014年6月15日). http://mantan-web.jp/2014/06/15/20140615dog00m200026000c.html 2014年6月17日閲覧。 
  13. ^ キャラクター紹介”. 映画『魚介類 山岡マイコ』公式ホームページ. 2011年11月19日閲覧。
  14. ^ 公式サイトの人物を参照。2011年8月5日閲覧。
  15. ^ 週刊ファミ通』2012年8月2・9日合併号、エンターブレイン2012年7月19日
  16. ^ 電撃PlayStation』Vol.530、アスキー・メディアワークス2012年11月8日

外部リンク[編集]