ジャン・マリア・ヴォロンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・マリア・ヴォロンテ
Gian Maria Volontè
Gian Maria Volontè
晩年のヴォロンテ
本名 Gian Maria Volontè
別名 Johnny Wels
生年月日 1933年4月9日
没年月日 1994年12月6日(満61歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 ミラノ
死没地 ギリシャの旗 ギリシャ フロリナ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 俳優
活動期間 1959年 - 1993年
主な作品
荒野の用心棒
夕陽のガンマン
『殺人捜査』
『首相暗殺』

ジャン・マリア・ヴォロンテGian Maria Volontè1933年4月9日 - 1994年12月6日)はイタリアミラノ出身の俳優。イタリアを代表する世界的な名優として知られた。

経歴[編集]

ジャン・マリア・ヴォロンテは1933年4月9日イタリアミラノで生まれた。1957年ローマの俳優養成所を卒業、当初は主に舞台やテレビドラマで活躍した。1960年に映画初出演。

1964年セルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウェスタン荒野の用心棒』で悪役であるラモン・ロホを演じた(本名ではなくアメリカ人風の偽名ジョニー・ウェルズとしてクレジット)。翌1965年の『夕陽のガンマン』では麻薬中毒のギャングの頭目エル・インディオを演じ、この二作の成功でヴォロンテは一躍スター俳優にのし上がる。これ以降国内外の多くの映画に出演、イタリアを代表する俳優として世界的な知名度を得る。

ヴォロンテは映画でしばしば狂気を感じさせる悪役を演じた。彼はバルトロメオ・バンゼッティラッキー・ルチアーノなど、実在の人物を演じることもあった。ヴォロンテの演技力は批評家から高く評価され、イタリアのアカデミー賞とも呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の主演男優賞(1970年、1990年)、カンヌ国際映画祭男優賞(1983年)、ベルリン国際映画祭銀熊賞(1987年)など多くの映画賞を受賞した。1991年にはその生涯における業績を表彰して、ヴェネツィア国際映画祭栄誉金獅子賞が贈られた。

優れた映画俳優としてのみならず、熱心な政治運動家としても有名であった。彼は進歩主義的な思想で知られ、イタリア共産党と深い関わりを持った。

1994年12月6日ギリシアフロリナで、映画の撮影中に心筋梗塞で死亡した。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]