クラウス・キンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウス・キンスキー
Klaus Kinski
クラウス・キンスキーKlaus Kinski
1988年、カンヌ映画祭にて
本名 Nikolaus Karl Günther Nakszynski
生年月日 1926年10月18日
没年月日 1991年11月23日(満65歳没)
配偶者 Gislinde Kühbeck (1952-1955)
Brigitte Ruth Tocki (1960-1971)
Minhoi Geneviève Loanic (1971-1979)
デボラ・カプリオリオ (1987-1989)
家族 (娘)ナスターシャ・キンスキー

クラウス・キンスキーKlaus Kinski、本名:Nikolaus Karl Günther Nakszyński、1926年10月18日-1991年11月23日)はドイツ俳優。生地は現ポーランド領であり、スラヴ系の血を引いている。長女のポーラ・キンスキー、次女のナスターシャ・キンスキー、長男のニコライ・キンスキーはともに俳優となった。

来歴・人物[編集]

自由都市ダンツィヒの一部であったソポトで、薬剤師の子として生まれた。4歳の時、一家でベルリンに移住。第二次世界大戦にドイツ兵として従軍した後に演技の道に進み、舞台でシェイクスピアフランソワ・ヴィヨンを朗読するなどしていた。

なかでも公演の際は、ステージ上で政治的発言や、観客に対しての過激な言動をするなど、その特異な個性は映画界進出後も変らなかったという。映画デビューは1948年。1950年代から1960年代は主に戦争映画マカロニ・ウェスタンエドガー・ウォーレス原作映画などに出演。

1955年、ルートヴィヒ2世を描いた本国版の旧西ドイツ映画『ルートヴィヒ2世 - ある王の栄光と没落[1]カラー作品)でルートヴィヒ2世の弟であるオットー1世を演じた。撮影は前年の1954年8月3日にクランクインし、約3ヶ月後の11月11日にクランクアップした。

その後ヨーロッパで活躍するが、特にヴェルナー・ヘルツォーク監督の5本の作品が有名である。ニュージャーマンシネマ(ドイツにおけるニューシネマ)の旗手として注目され始めていたヘルツォークの出世作とも言える1972年の『アギーレ/神の怒り』における狂信的な英雄像をキンスキーは体現。これにより以前までのキャラクターとは全く異なる変貌を遂げる。この後は社会的問題作を量産し、一筋縄ではいかない性格俳優として君臨してゆく。

だが撮影現場では常にスタッフ、監督はじめ撮影地での現地住民たちとも衝突。数多くの争いの火種を生み、痛烈な批判を浴びた事でも知られる。そんな環境下にありながらも、対立、確執を繰り返しながらおびただしい数の作品に主演。ヘルツォークとは『フィツカラルド』(1982年)、『コブラ・ヴェルデ』(1987年)といった芸術的傑作を晩年まで作りつづけた。

こうした厳格かつ熱狂的な個性を逆手に取り、オカルトサイコスリラーをテーマとした作品においての強烈な犯罪者や悪役にもしばしば登場した。『チャイナ・ドール/上海異人娼館』(1982年)では大野美雪本番行為を演じ話題となった。1989年の『パガニーニ』では監督も務めている。

1972年以降の代表作に『ノスフェラトゥ』、『バンパイア・イン・ベニス』(ともに吸血鬼役)、『アンドロイド』、『スター・ナイト』、『クリーチャー』、『クロール・スペース』などが日本でも知られる。

娘に対する性的虐待(近親相姦)[編集]

長女のポーラ・キンスキーを、5歳の頃から14年間に渡って繰り返しレイプしていたと、死後に発行された長女の自伝で指摘されている[2]

次女のナスターシャ・キンスキーも、4~5歳のときに体を必要以上に触られたり、強く抱き締められたりした。ナスターシャは、「愛情に満ちた父親の抱擁ではなく、それ以上のものだと直感した」と発言している[3]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1955 ルートヴィヒ2世 - ある王の栄光と没落
Ludwig II. – Glanz und Elend eines Königs
オットー1世
1958 愛する時と死する時
A Time to Love and a Time to Die
ゲシュタポ
1962 黒い鮫
Das Gasthaus an der Themse
スティーヴ
1964 大酋長ウィネットー
Winnetou - 2. Teil
ルーク
1965 夕陽のガンマン
Per qualche dollaro in più
ワイルド
ドクトル・ジバゴ
Doctor Zhivago
Kostoyed
1966 イスタンブール
Estambul 65
Schenck
メキシコ行き2枚の切符
Das Geheimnis der gelben Mönche
Caporetti
群盗荒野を裂く
El Chuncho, quién sabe?
エル・サント
1967 美人殺人部隊
The Million Eyes of Sumuru
President Boong
1968 裏切りの荒野
L' Uomo, l'orgoglio, la vendetta
ミゲル・ガルシア
不死身のコプラン
Coplan sauve sa peau
Theler
殺しが静かにやって来る
Il grande silenzio
Tigrero/ロコ
バスタード
I Bastardi
アダム
1969 戦場のガンマン
5 per l'inferno
ハンス・ミュラー
マルキ・ド・サドのジュスティーヌ
Marquis de Sade: Justine
マルキ・ド・サド
ビーナスの誘惑/美しき裸身の復讐
Paroxismus
Ahmed Kortobawi
栄光の戦場
Il Dito nella piaga
ブライアン・ハスキンス/ノーマン・カー
1970 吸血のデアボリカ
Nachts, wenn Dracula erwacht
レンフィールド
大爆破/特殊命令!ナチに潜行せよ
I Leopardi di Churchill
ホルツ
ザ・ビースト
La Belva
ジョニー・レスター
1971 スローター・ホテル
La Bestia uccide a sangue freddo
フランシス・クレイ
ガンマン無頼/地獄人別帖
La Vendetta è un piatto che si serve freddo
プレスコット
1972 アギーレ/神の怒り
Aguirre, der Zorn Gottes
ロペ・デ・アギーレ
1973 欲情の血族
La Morte ha sorriso all'assassino
Dr. Sturges
暗殺の掟
La Mano spietata della legge
ヴィト・クアトローニ
1976 バイオスパン/暗黒の実験
Lifespan
ニコラス・ウルリッヒ
ミスター・ノーボディ2
Un genio, due compari, un pollo
フォスター
1976 柔肌
Jack the Ripper
デニス・オーロフ/切り裂きジャック
マダム・クロード
Madame Claude
Alexander Zakis
1977 サンダーボルト救出作戦
Mivtsa Yonatan
ウィルフレッド
チェイサー
Mort d'un pourri
ニコラス・トムスキー
1979 ノスフェラトゥ
Nosferatu: Phantom der Nacht
ドラキュラ伯爵
ヴォイツェク
Woyzeck
ヴォイツェク
キラー・トラック
Haine
Le motard
1980 スキゾイド
Schizoid
Pieter Fales
1981 チャイナ・ドール/上海異人娼館
Les Fruits de la passion
サー・ステファン
恐るべき訪問者・ヴェノム/イートン街の殺人
Venom
ジャック・ミュラー
新・おかしな二人/バディ・バディ
Buddy Buddy
Dr. Hugo Zuckerbrot
1982 フィツカラルド
Fitzcarraldo
フィツカラルド
ザ・ソルジャー
The Soldier
Dracha
アンドロイド
Android
ダニエル博士
1983 フェアリーテール・シアター/美女と野獣
Faerie Tale Theatre
野獣 テレビシリーズ
1984 狼どもの戦場
Geheimcode: Wildgänse
チャールトン
リトル・ドラマー・ガール
The Little Drummer Girl
マーティン・クルツ
1985 クリーチャー
Creature
ハンス
コマンドー・レオパルド
Kommando Leopard
シルヴェイラ
スター・ナイト
El Caballero del dragón
Boetius
1986 マクブライドの復讐
Revenge of the Stolen Stars
ドナルド・マクブライド
クロール・スペース
Crawlspace
カール・ガンサー
1987 タイム・ソルジャー/時の侵入者
Timestalkers
ジョセフ・コール テレビ映画
コブラ・ヴェルデ
Cobra Verde
Francisco Manoel da Silva/コブラ・ヴェルデ
1988 バンパイア・イン・ベニス
Nosferatu a Venezia
ノスフェラトゥ
1989 パガニーニ
Kinski Paganini
パガニーニ 監督・脚本・主演
1999 キンスキー、我が最愛の敵
Mein liebster Feind - Klaus Kinski
ドキュメンタリー

脚注[編集]

  1. ^ 2007年、東京のアテネ・フランセ文化センターで開催された「ヘルムート・コイトナーHelmut Käutner)監督特集」の中で日本語字幕付きでDVD上映された。
    アテネ・フランセ 2007年1月・2月・3月上映スケジュール,ゲーテ・インスティトゥート公式HPでの紹介
  2. ^ クラウス・キンスキーの長女が父親からの性的虐待を告白 映画.com 2013年1月13日
  3. ^ 父の性的虐待恐れていた 女優のナスターシャ・キンスキーさん告白 MSN産経ニュース 2013年1月14日

外部リンク[編集]