海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 海賊戦隊ゴーカイジャー > 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船
海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE
空飛ぶ幽霊船
監督 渡辺勝也
脚本 荒川稔久
製作 鈴木武幸平城隆司高橋浩
出演者 小澤亮太
山田裕貴
市道真央
清水一希
小池唯
池田純矢
音楽 山下康介
撮影 大沢信吾
編集 佐藤連
配給 東映
公開 2011年8月6日
上映時間 31分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 17.6億円[1]
前作 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
次作 海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE
特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!(シリーズ次作)
テンプレートを表示

海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』(かいぞくせんたい ゴーカイジャー ザ ムービー そらとぶゆうれいせん)は、2011年8月6日より東映系でデジタル3D/2Dで同時上映された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「スーパー戦隊シリーズ」『海賊戦隊ゴーカイジャー』の映画化作品である。『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』と同時上映。キャッチコピーは「かつてない熱い夏がやってくる!!」[2]

概要[編集]

「ゴーカイジャー」をタイトルに含む映画作品としては、前作『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』に続いて2作目。

2010年夏に公開の『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』に続いて監督は渡辺勝也、アクション監督は竹田道弘が担当。また、渡辺監督のラブコールで『炎神戦隊ゴーオンジャー』から生まれたアイドルユニット・G3プリンセスがゲスト出演した。『スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』同様、過去のスーパー戦隊と対決した敵が数人再登場するほか、歴代の敵組織の戦闘員が総登場し、全ての戦闘員が融合した合体戦闘員が登場した[3]。本作品を始めとする毎年夏に公開されるスーパー戦隊シリーズの劇場版では最初の作品である2001年の『劇場版 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える』から10年間に渡って、劇場版限定(もしくは本編より先行)のメカが登場し、その玩具も発売されることが恒例となっていたが、本作品では後述のにせゴーカイオーという「劇場版限定メカ」自体は登場しているものの、商品化はなされなかった。

本作品はスーパー戦隊の劇場版としては初めてオープニングとエンディングが存在しない作品であり、冒頭のアバンタイトルを除くほぼ全編が本編という構成になっている。

パンフレットによるとゴーカイシルバー/伊狩鎧はこの映画が初めての撮影だったこともあり、劇中での出番は冒頭と終盤だけと出番が少なく、池田も出番が少ないことを嘆いている。

なお、脚本執筆の際には石ノ森章太郎[4]原作の東映アニメ映画『空飛ぶゆうれい船』(1969年)をオマージュする案もあったが、最終的には題名を参考にした以外は、無関係な内容となった[5]

全国487スクリーンで公開され、2011年8月6、7日の初日2日間で興収3億4,956万5,200円、動員29万3,147人(3D版:興収6,146万6,700円/動員4万626人、2D版:興収2億8,809万8,500円/動員25万2,521人)になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[6]。他の3D映画作品とも重なった事もあり3Dと2Dのスクリーン数の内訳は189対298となり2D版に支持が集まっている。

あらすじ[編集]

ある日突然地球上空に現れた巨大な幽霊船、その中にはどんな願いも一つだけかなえる秘宝「ゴッドアイ」が隠されているという。マーベラスたちゴーカイジャーはゴッドアイを求めて幽霊船に乗り込むが、それは生体エネルギー奪取を目的とした幽霊船船長・ロスダークの罠だった。幽霊船内の不思議な異空間に引きずり込まれたゴーカイジャーに、かつてスーパー戦隊に敗れた戦闘員や怪人の亡霊たちが襲いかかる。

登場人物[編集]

過去の戦隊作品からの客演[編集]

エージェント・アブレラ
かつて特捜戦隊デカレンジャーに倒された、宇宙の武器商人。アーナロイド、バーツロイド、イーガロイドの3種のドロイド軍団を率いてゴーカイジャーに襲い掛かる。
歴代の戦闘員
歴代スーパー戦隊に倒され、無念の思いを抱えたまま魂となってさ迷っていた自称「悪の精鋭」の34の戦闘員。ゴーカイジャーに全く歯が立たなかったため後述の合体戦闘員となる。
野球仮面(やきゅうかめん)
かつて秘密戦隊ゴレンジャーに倒された、黒十字軍の仮面怪人。ゴレンジャーと野球対決をしたときは左打席だったが、前回はそれで負けたので右打席にスイッチしている(打法変更についてのシーンも撮影はされたのだが、尺の都合で作品には入らなかった[5])。言動はコミカルで正々堂々と戦いを心情とする潔い人物。ゴレンジャーにチェンジしたゴーカイジャー達に涙した。
当初野球仮面と戦うゴーカイチェンジする戦隊はゴレンジャー以外にも野球のユニフォームに似ているという理由で『科学戦隊ダイナマン』が第2稿まで残っており、他には荒川がゴーマ3チャンズと野球勝負をした繋がりで『五星戦隊ダイレンジャー』の案もあった。[7]
G3プリンセス
野球仮面との野球対決において、ゴレンジャーハリケーンのボールから現れた3人のチアガール。野球仮面を翻弄した。

本作品のオリジナルキャラクター[編集]

幽霊船長ロスダーク
全宇宙を手中に収める野望を持つ幽霊船の船長。生きた者だけの願いを叶える秘宝「ゴッドアイ」を手に入れたものの、その時には既に幽霊となっていた為、幽霊船に乗り込んだ者たちから生体エネルギーを奪って復活しようとしている。武器は大剣とリボルバー式のガンブレードの様な大型の銃。
合体戦闘員
侍戦隊シンケンジャーと戦った外道衆のナナシ連中を中心に歴代スーパー戦隊に倒された歴代の組織の戦闘員34体が合体した姿。全身に34に及ぶ顔が確認できる。戦闘員達全員が自我を持ち、しかもそれぞれに自己顕示欲が強い事が仇となり意思が統一されず、まともに動く事すらままならない状態となり、ゴーカイピンクから「なんだか踊っているみたいですね」といわれた。
幽霊船の番人達
幽霊船に侵入したゴーカイジャーたちの前に現れた歌とイタズラが大好きな陽気な幽霊たち。自称「お宝の番人」だが、自分たちが宝の在り処を教えているのに全く気づいていない。口癖は三人とも「ユ〜レイヒ〜」。幽霊である為、ダメージを受けない。
演じる声優3名は『秘密戦隊ゴレンジャー』と『海賊戦隊ゴーカイジャー』の主題歌の歌手による夢の共演として抜擢された[8]
ガツン
角付きの兜をかぶった幽霊。ハカセを脅かし、頬にキスをする。
パチン
一つ目の幽霊。ルカとハカセを脅かし、怖がらせる。
ベロン
炎の形をした髪が特徴の幽霊。アイムのスカートを捲り、中を覗こうとするが、マーベラスに踏みつぶされる。

装備・戦力[編集]

ゴレンジャーハリケーン・チアガール
ゴレンジャーにチェンジしたゴーカイジャーが使用した技。ミド(ゴーカイグリーン)→アオ(ゴーカイブルー)→アカ(ゴーカイレッド)の順にキャッチャーのキ(ゴーカイイエロー)にボールを投げる[9]。そして最後にアカが投げた球から3人のチアガール(G3プリンセス)が登場し相手を翻弄しとどめを刺す。
ゴッドアイ
本作品のキーアイテム。生きる者の願いをどんなものでも一つだけ叶える事ができる伝説の秘宝。
幽霊船
本作品の物語の舞台となる船。宝玉「ゴッドアイ」を積み、宇宙をさ迷い、死者の魂を呼び寄せると言われている伝説の船。帆船の形をしているがその大きさはゴーカイガレオンよりもはるかに大きく、ジョーの目測によればガレオンの20倍、甲板にいるゴーカイオーが通常の人間サイズに見えるほどである。
にせゴーカイオー
ロスダークが操る巨大ロボ。ゴーカイオーに酷似しているが、隻眼・マント・左腕の鉤爪・胸部や肩のマークなどの細かい部分に差異が見られる。序盤で豪獣神と、終盤でゴーカイオーと戦う。
本編では「海賊の海賊版なんて著作権の侵害です!」とアイムに指摘された。

キャスト[編集]

  • キャプテン・マーベラス / ゴーカイレッド(声):小澤亮太
  • ジョー・ギブケン / ゴーカイブルー(声):山田裕貴
  • ルカ・ミルフィ / ゴーカイイエロー(声):市道真央
  • ドン・ドッゴイヤー(ハカセ) / ゴーカイグリーン(声):清水一希
  • アイム・ド・ファミーユ / ゴーカイピンク(声):小池唯
  • 伊狩鎧 / ゴーカイシルバー(声):池田純矢

SPECIAL THANKS

声の出演[編集]

SPECIAL THANKS

スーツアクター[編集]

他多数

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

上記の通り、劇場版としては初めて主題歌が存在せず[15]、スタッフクレジットは本編の冒頭に表示される。

海賊戦隊ゴーカイジャー
作詞:岩里祐穂 / 作曲:持田裕輔 / 編曲: Project.R籠島裕昌) / 歌:松原剛志(Project.R) / コーラス:ヤング・フレッシュ、Project.R
「ないしょのユーレイヒー」
作詞:荒川稔久 / 作曲・編曲:山下康介 / 歌:ささきいさお堀江美都子、松原剛志
ゲスト出演した3人が歌う本作品オリジナルの歌。

映像ソフト化[編集]

  • 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 メイキング 6人の絆(DVD1枚組、2011年7月21日発売)
    • 本作品のメイキング映像を収録。
  • 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 通常版(1枚組、2012年2月21日発売、Blu-rayとDVDでのリリース)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
  • 海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 コレクターズパック(3枚組、2012年2月21日発売、Blu-rayとDVDでのリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD1
      • 潜入! ささきいさお 堀江美都子 松原剛志 アフレコ現場
      • 製作発表記者会見
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 公開2日目舞台挨拶
      • ゴーカイトーク
      • PR集
      • ゴーカイファイル
      • 幽霊船ファイル
      • ゴーカイギャラリー
      • ポスタービジュアル
    • ディスク3:特典DVD2
      • 映画公開記念スペシャルイベント 怒涛のトーク&ライブショー
        • 宇宙帝国ザンギャックナイト
        • 海賊戦隊ゴーカイジャーナイト
    • 初回限定特典
      • はってはがせる「ゴーカイシール」(2枚)
  • 劇場版 仮面ライダーオーズ・海賊戦隊ゴーカイジャー 3D(1枚組、2012年2月10日発売、Blu-ray 3Dでリリース)
    • 3D版本編のソフト化。同時上映の『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』も同時収録。2D再生にも対応。
    • 映像特典
      • TRAILER ver.3D
    • 初回限定特典
      • 3Dポストカード

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年度(平成23年)興収10億円以上番組(平成24年1月発表)一般社団法人 日本映画製作者連盟 2012年1月26日発表
  2. ^ 『劇場版仮面ライダーオーズ』、『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』ヒーローが日本を元気にする!OCNアニメニュース 2011年6月16日
  3. ^ ただしハイゾビル、ジャリュウ、ノサカマタは未登場。パーツロイドとイーガロイドは合体戦闘員の一部にはならなかった。
  4. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー』『ジャッカー電撃隊』の原作者。
  5. ^ a b 劇場版パンフレット「スタッフインタビュー・荒川稔久」より。
  6. ^ 『仮面ライダー』が『ハリポタ』を破り1位!香取『こち亀』は7位発進!シネマトゥデイ 2011年8月10日
  7. ^ 荒川稔久パンフレットインタビューより
  8. ^ 劇場版パンフレットより。
  9. ^ 奇しくもこの順番およびキャッチャー、そしてアカ以外の2人が投げた球の球種は原典においてゴレンジャーが野球仮面に対し放った『ゴレンジャーハリケーン変化球』と同じである。
  10. ^ 東映特撮作品としては初出演であったが、公開から約2年後の6月13日に亡くなったため、最初で最後の出演となった。
  11. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE: 只今絶賛公開中。ゴウカイジャー劇場版は戦闘員の精鋭達 ...”. 2011年8月18日閲覧。
  12. ^ 演じた勇吹輝は、歴代の戦闘員のうちオルゲット(『百獣戦隊ガオレンジャー』に登場するオルグの戦闘員)を演じた経験がある。
  13. ^ 成澤 卓 ベルプロダクション”. 2012年7月24日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 『東映ヒーローMAX』vol.38、辰巳出版、2011年
  15. ^ 過去の作品ではVシネマ魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー』も主題歌がない。こちらは終盤でスタッフクレジットを流している。

参考文献[編集]

  • 用田邦憲・竹中清(編集・取材・文)『「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」パンフレット』、2011年。

外部リンク[編集]