天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 天装戦隊ゴセイジャー > 天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー
天装戦隊ゴセイジャー
エピックON THEムービー
監督 渡辺勝也
脚本 大和屋暁
出演者 千葉雄大
さとう里香
浜尾京介
にわみきほ
小野健斗
中村咲哉
山田ルイ53世
音楽 三宅一徳
主題歌 MAKE-UP
「星を護る者」
撮影 松村文雄
製作会社 劇場版「W・ゴセイジャー」製作委員会
配給 東映
公開 2010年8月7日
上映時間 36分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14.7億円[1]
前作 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!
侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦(シリーズ前作)
次作 天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕
海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船(シリーズ次作)
テンプレートを表示

天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』(てんそうせんたい ゴセイジャー エピック オン ザ ムービー)は、2010年8月7日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「スーパー戦隊シリーズ」『天装戦隊ゴセイジャー』の映画化作品である。『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』と同時上映。

概要[編集]

前年の『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』同様にデジタル3Dと2Dで同時上映となったスーパー戦隊シリーズ第34作目『天装戦隊ゴセイジャー』のオリジナル劇場作品。前作『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』でもゲスト出演したため、ゴセイジャーとしては2度目の映画出演となる。

ゲスト出演として、本作の鍵を握るラシル役に『超星神グランセイザー』の早乙女蘭/セイザーヴィジュエル役で特撮作品に出演経験のある磯山さやか、当作品にレギュラー出演している山田ルイ53世(髭男爵)の相方のひぐち君を起用。

渡辺勝也が同シリーズの劇場版の監督を務めるのは『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション』以来6年ぶり。またアクション監督はテレビ本編の石垣広文ではなく、竹田道弘が担当した。

入場特典としてガンバライドカードダイスオーカードが配布された。また3D版鑑賞者特典としては『とびだす!ヒーローカード!!』(データカードダスではない)をプレゼント。さらに8月21日からは大ヒット御礼として『W』と『OOO』のポストカードもプレゼントされている。

3D版では上映前に3D眼鏡の説明をする短編が上映され、『ゴセイジャー』と『W』のキャストが共演しアラタとフィリップが2人でボケるといったシーンも見られた。

全国460スクリーン(通常版273館、3D版187館)で公開され、2010年8月7・8日初日2日間で興収3億3,117万9,000円、動員は25万1,720人(うち3D版は動員11万5,123人、興収1億7,357万1,700円)になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[2]

ストーリー[編集]

アラタが出会った地球に落ちた2つの隕石を探していた不思議な少女・ラシル。その隕石には世界を悪意で覆い惑星を破壊してしまうラグナロクの角笛が隠されていた。角笛を狙うウォースターの残党ギョーテンオーから地球を守るゴセイジャーの戦いが始まった。

映画オリジナル登場人物[編集]

ゴセイジャーの関係者[編集]

ラシル
本作のキーキャラクター。アラタが出会った謎の女性。博物館に展示されていた地球に飛来した二つの隕石の一つを偽物とすり替え盗み出した。
その正体は、「ラグナロク(大滅亡)」によって自分たちの星が滅んでしまった星の民(異星人)。かつての悲劇を二度と引き起こさないために、「ラグナロク」を引き起こす「ラグナロクの角笛」となる2つの隕石を破壊する方法を探し宇宙を旅していたが、ウォースターに角笛の存在が知られ、ウォースターから逃げている途中に攻撃を受けたため隕石を地球へ投下し、堕ちた隕石を探しに訪れた。
アラタたちの前には一人で現れたが、どうやら同胞がいた模様。

宇宙虐滅軍団ウォースター[編集]

本作の敵。テレビ本編でゴセイジャーに壊滅させられたが、別の任務で宇宙に出ていた二人の残党が地球に襲来する。どちらも幹部クラスの実力を持ち、その証として星の名を冠し、シルバーの鎧を身に纏う。憎しみの炎を燃やすギョーテンオー指揮のもと幽魔獣から再び傘下に加わったブレドランや、復活した宇宙人軍団も加え、「ラグナロクの角笛」の入手とゴセイジャーへの逆襲を企てる。

超新星のギョーテンオー(ちょうしんせいのギョーテンオー)
ドッディテケ星出身のウォースターの最高幹部[4]。今は亡きウォースター首領モンス・ドレイク配下の宇宙人の中でも最強の実力を誇り、ドレイクの敵討ちに燃える。「ラグナロクの角笛」を狙って襲来し、地球滅亡を目論む。趣味は伝説や神話を調べること。
武器は剣先が剣の様に長い巨大な槍で、「宇宙暁天流槍術王」の異名を持つ。モンス・ドレイクに次ぐ組織NO.2の実力を遺憾なく発揮しゴセイジャーを追い詰める。
デザインイメージはクツワムシ
明星のデインバルト(みょうじょうのデインバルト)
デサプオダ星出身のウォースターの幹部。ギョーテンオーの片腕として宇宙を荒らし回っており、その作戦を補佐する。常に人を食った様な態度と英語交じりの独特の喋り方が特徴。趣味はトランペット。
二つの隕石になっていた角笛を再生させて吹き鳴らし、「ウォースター帝国の逆襲」を高らかに宣言する。なぜか倒されると再生宇宙人と同じく石化し消滅した。
シュモク刀というカタールの様なクローを武器に使う。
デザインイメージはシュモクバエ
彗星のブレドラン / チュパカブラの武レドラン
かつて首領の「惑星のモンス・ドレイク」や幹部の「流星のデレプタ」とともに地球の虐滅計画を最前線で指揮していた元ウォースターの幹部。
ウォースター壊滅後、新たなる姿となり幽魔獣の幹部として活動していたが、ギョーテンオーとデインバルトが生き残っていることを知り、「様子を見に行く」と装いかつての姿に戻り傘下に加わり地球破壊作戦に協力する。
ウォースターでは地球破壊を目論み、幽魔獣では地球汚染計画を進める等まったく異なる目的で行動する。後にテレビ本編でその真意が判明する。
復活ウォースター軍団
テレビ本編でゴセイジャーによって倒されたはずのウォースター所属の宇宙人たち。角笛を吹いたことにより発生した悪意で復活した。悪意そのものが宇宙人の姿で実体化したものであるらしく、生前の人格と異なる個体が存在している。人間の姿に化身したり、幽霊のように消えたり現れたりすることができ、ゴセイジャーを異空間に取り込むなど不可思議な攻撃を仕掛ける。
  • ベラスカ星人・塊のミゾーグ…epic1で登場
  • グバイデレ星人・UFOのザルワック…epic2で登場
  • ガリュース星人・氷雪のユウゼイクス…epic3で登場
  • トッケリク星人・ミューズィックのマズアータ…epic4で登場
  • バグンテス星人・流感のウチュセルゾー…epic5で登場
  • イラブンゴラ星人・韋駄天のヒドウ…epic6で登場
  • ズテラメドロプ星人・研究のアバウタ…epic7で登場
  • トツネホ星人・出鱈目のファンダホー…epic8で登場
  • ブスワ星人・女王蜂のイリアン…epic9で登場
  • ルビーウ星人・5000℃のクラスニーゴ…epic10で登場
  • ダイケシ星人・電撃のヨークババンガー…epic11で登場
  • ホグンロ星人・変わり種のパワードダーク…epic13で登場

その他[編集]

樋口勝太(ひぐち かった)アナウンサー
冒頭で隕石落下のニュースを報道していたテレビアナウンサー[5]

装備・戦力[編集]

本作ではワンダーゴセイグレート以外の天装巨人は登場しない。データスやゴセイナイトは登場しているが、巨大化(=データスハイパー)したり、本来の姿(=グランディオンヘッダー)に戻ったりはしなかった。

合体技[編集]

ゴセイシャイニング
ピンクとイエローの連携技。ピンクがイエローを乗せて飛び、すれ違いざまに斬撃を浴びせる。
海賊戦隊ゴーカイジャー』第41話でもゴセイピンクに豪快チェンジしたゴーカイピンクとゴセイイエローに豪快チェンジしたゴーカイイエローが使用。
ゴセイハリケーン
ブラックとブルーの連携技。

ゴセイマシン・天装巨人[編集]

ゴセイワンダー
ゴセイドラゴンに似た大型ゴセイマシン。ギョーテンオーとの戦いでドラゴンヘッダーが負傷したことによりピンチに陥ったゴセイジャーを助けたいというラシルの祈りによって出現したカードを天装することにより召喚される。
基本カラーは。ゴセイドラゴンとは尻尾など細部のデザインが異なる他、単機で5つのヘッダーを持ち、普段は翼にあるジョイントを前方に向けて5つのヘッダーをジョイントした状態で活動する。5機のマシンに分離することができ、デザインモチーフとなったマシンに対応するメンバーが搭乗する。ゴセイバード以外はスキャンすることなく自動的にマシン形態になった。
各ヘッダーの口からビームを放つワンダーウイングを使用する[6]
テレビ本編Epic38で再登場する。
ゴセイバード
ゴセイワンダー本体とバードヘッダーのみで構成されたゴセイマシン。ワンダーゴセイグレートの頭部、胴体になる。
ゴセイカブト
カブトヘッダーがゴセイフェニックスに似た姿を得たゴセイマシン。ワンダーゴセイグレートの左腕になる。
ゴセイクロコダイル
クロコダイルヘッダーがゴセイスネークに似た姿を得たゴセイマシン。ワンダーゴセイグレートの右脚になる。
ゴセイエレファント
エレファントヘッダーがゴセイタイガーに似た姿を得たゴセイマシン。ワンダーゴセイグレートの左脚になる。
ゴセイドルフィン
ドルフィンヘッダーがゴセイシャークに似た姿を得たゴセイマシン。ワンダーゴセイグレートの右腕になる。
ワンダーゴセイグレート
全高:46.5m / 全幅:33.5m(翼幅:61.4m) / 全厚:29.5m / 重量:2300t / 最高速度:830km/h / 出力:1200万馬力
ゴセイバード、ゴセイカブト、ゴセイクロコダイル、ゴセイエレファント、ゴセイドルフィンがワンダーコンバインして完成する天装巨人。手足などゴセイグレートと類似した姿をしているが、ゴセイグレートとは胴体部分のカラーリングが異なり、同形状の頭部に甲冑が装着され完成する。ゴセイグレートが技主体なのに対し、ワンダーゴセイグレートはパワー主体としている。ゴセイバードの尻尾が変形した斧型の武器ゴセイバードアックスを使用。ゴセイグレート同様、手足のヘッダーを射出可能。必殺技はゴセイバードアックスを装備したバードヘッダーが本体から分離し、回転しながら敵を切り裂く「ワンダフルストライク」。

その他[編集]

ラグナロクの角笛
今作のキーアイテム。吹き鳴らすと悪意を押さえる封印が砕かれ、悪意が世界を支配し強大な火柱と水柱が立ち星を滅亡させる「ラグナロク(大滅亡)」を引き起こす角笛。
使用時に位置していた星が滅びると休眠状態である二つの隕石になり、再び合わせると角笛の姿に戻る。
ラグナロクは北欧神話で語られる神と魔の世界終末戦争を指し、過去にも別の星で引き起こされ、太古の地球に伝えられ神話として伝承された模様。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

  • ゴセイレッド:竹内康博
  • ゴセイピンク:蜂須賀祐一
  • ゴセイブラック:押川善文
  • ゴセイイエロー:野川瑞穂
  • ゴセイブルー[7]福沢博文
  • ゴセイナイト:岡元次郎
  • 日下秀昭
  • 清家利一
  • 大林勝
  • 神尾直子
  • 佐藤太輔
  • 村岡弘之
  • 中川素州
  • おぐらとしひろ
  • 浅井宏輔
  • 高田将司
  • 石井靖見
  • 田中宏幸
  • 坂本隆
  • 南誉士広
  • 村岡友憲
  • 本多剛幸
  • 遠藤誠
  • 白崎誠也
  • 橋本恵子
  • 村井亮
  • 岡田和也
  • 内川仁朗
  • 大岩剣也
  • 佐藤義夫
  • 人見早苗
  • 下園愛弓

アクションセーフティー

  • 橋口未和
  • 岡田貴善
  • 中野高志
  • 高橋玲
  • 玄也
  • 蔦宗正人
  • 渡辺隼斗
  • 五味涼子
  • 福井理沙
  • 細川晃弘
  • 森村修一
  • 中村博亮
  • 関谷健利

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「星を護る者」
作詞・作曲:NoB / 編曲:河野陽吾 / 歌:MAKE-UP
メンバーのNoBはテレビ本編のOPテーマも歌っている。
スーパー戦隊の劇場版では初となるオリジナルソングである。

映像ソフト化[編集]

  • 天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー 降臨! 天使たちのメイキング(DVD1枚組、2010年7月21日発売)
    • 映画本編のメイキング映像を収録したDVD。
  • 天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー 通常版(1枚組、2011年2月21日発売、Blu-rayとDVDでのリリース)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
      • ノンスーパーED
      • VSネクスト護星天使
  • 天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー 特別限定版(2枚組、2011年2月21日発売、Blu-rayとDVDでのリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • キャンペーン2010
      • 製作発表記者会見
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 公開2日目舞台挨拶
      • 製作発表時PR映像
      • 劇場用ジングル
      • ゴセイファイル
      • ゴセイカードファイル
      • ウォースターファイル
      • ゴセイミュージアム
      • ポスタービジュアル
    • 封入特典
      • 復刻ダイスオーカード
  • 劇場版 仮面ライダーW・天装戦隊ゴセイジャー 3D(1枚組、2011年2月11日発売、Blu-ray 3Dでリリース)
    • 本作および『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』の3D版を収録。2D再生にも対応。映画と同じ方式で収録、発売されるのは9年間上映してきたなかで初めてである。
    • 映像特典
      • TRAILER ver.3D
      • 3D館上映前キャストコメント
    • 初回限定特典
      • 3Dジャケット仕様

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般社団法人 日本映画製作者連盟 (2011年1月27日). “2010年度(平成22年)興収10億円以上番組 (平成23年1月発表)[邦画]”. 2011年1月28日閲覧。
  2. ^ 映画興行成績ランキング 2010年8月7日 - 2010年8月8日(全国集計)goo映画 2010年6月10日
  3. ^ 超全集 2011, p. 85.
  4. ^ 『天装戦隊ゴセイジャー超全集』では、首領クラス幹部と記載している[3]
  5. ^ 髭男爵として着ている緑色のスーツで出演。名前の由来は演じるひぐち君のギャグである「ひぐちカッター」から(「東映ヒーローMAXvol.31」のインタビュー記事より)。
  6. ^ 超全集 2011, p. 25.
  7. ^ 福沢博文”. 株式会社レッド・エンタテインメント・デリヴァー. 2011年4月27日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]