パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー
(Power Rangers: Lost Galaxy)
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 (30分)
放送期間 1999年2月6日 - 1999年12月18日(全45回)
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 フォックス放送Fox Kids
製作総指揮 ハイム・サバンシュキ・レヴィ
監督 ジョナサン・ヅァクワー坂本浩一田崎竜太、他
原作 八手三郎
脚本 ジャド・リンジャッキー・マーチャンド、他
プロデューサー ジョナソン・ヅァクワー

特記事項:
「『パワーレンジャー』」 第5作
テンプレートを表示

パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー』 (Power Rangers: Lost Galaxy) は、アメリカ合衆国のテレビドラマ。日本の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」の英語版ローカライズ作品[1]パワーレンジャーシリーズ」の第7シーズン、第5作目である。今作は1998年に放送された『星獣戦隊ギンガマン』がベースとなっている[2]

1999年2月6日から同年12月18日まで[3]フォックス放送内のFox Kidsで放送された[4]。 日本においては、スーパーチャンネルにて2001年9月2日から2002年7月14日まで放送された[5]。全45話[6]

ストーリー[編集]

新天地を求め、大勢の人々を乗せて旅立つ巨大都市型宇宙船テラ・ベンチャー。その行方に待ち受けるものとは。

概要[編集]

この作品から主要人物も毎年変わるようになる[7]。大部分がアメリカオリジナルの設定[2]。この特品から前作のパワーレンジャーとの共演が行われるようになり、一部の作品を除き恒例となった。

サバン側から東映に「監督を貸して欲しい」と要望があり[8]、原作である『星獣戦隊ギンガマン』の監督を務めた田﨑竜太が監督に参加[2]。これは日本のノウハウをアメリカに取り込みたいという意向があり、田﨑はプロデューサーに「日本式でやって欲しい」と頼まれたと述べている[8]

本来アメリカでは、監督が編集したディレクターズ・カット版を基にプロデューサーが編集したファイナル・カット版の映像が放送に使われるが、田崎は「監督が責任を持つのが日本のやり方」として、「(プロデューサーが)気に入らない部分があったら直すから」と頼み、彼の担当話のみディレクターズ・カット版の映像が放送されている[8]

本作の展開時期、アメリカではパワープレイバックと称して初期シリーズの玩具の再発売や再放送が行われており[3]、玩具展開は翌年まで続いた[8]

日本語版の声優に原作であるスーパー戦隊シリーズに出演した俳優が起用されている[9][5][10]

登場人物[編集]

パワーレンジャー[編集]

通称:ギャラクシーレンジャー

レオ・コービット/レッドレンジャー
本来はテラ・ベンチャーのメインクルーには選ばれなかったが、帰る途中で出会った老婆の言葉により密航を決意し、警備隊に紛れ込む事でテラ・ベンチャーに潜入した。兄からギャラクシーサーベルを引き継いでレッドレンジャーとなる。変身した状態では炎を放つファイヤーパワーが必殺技の一つ。過去にスペースレンジャー達の戦いを見たことがあると語っている。その後、パワーレンジャー・ライトスピード・レスキューで生きていたトラキーナを追って地球で戦った後、パワーレンジャー・ワイルドフォースにおいてもにコルの危機にアウリコとともに駆けつけ、歴代レッドレンジャーとともに戦った。
レッド・アーマードパワーレンジャー
怒りの戦士のキーの力でレオがパワーアップした姿。必殺のレーザーはモンスターを一撃で倒すほどの威力を持つ。
カイ・チェン/ブルーレンジャー
テラ・ベンチャーのメインクルー。軍人一家の出で生真面目な性格。マヤの救援要請に応じてミリノイ星に向かうマイク達を止めようとするが4人はワープ空間を通って行ってしまう。一人残った彼は、司令官の「仲間を見捨てるな」と言う言葉を思い出し、自分が間違っていたと考え、マイク達を助けるために博物館となっていたメガシップを起動させてミリノイ星に向かっていった。最初はレオに対抗意識を持っていた。料理が得意。
デーモン・ヘンダーソン/グリーンレンジャー
メカニック担当。元はメガシップ博物館のメカニックであり、ミリノイ星に向かうためにメガシップを起動させようとするカイと出会い、無理を承知で起動を手伝った。腕は確かであり、テラ・ベンチャーのチーフメカニックになったこともあるが、デスクワークを嫌って辞退した。「だっての」が口癖。
マヤ/イエローレンジャー
パワーレンジャーを伝説の戦士と崇めるミリノイ星の住民だったが、スコーピウスの攻撃の影響で月にワープし、助けを求めた。動物の声を理解することができる。一人称はマヤ。ミリノイ星と地球の文化の違いにより、仲間とトラブルを起こすこともある。
ケンドリックス・モーガン/ピンクレンジャー
テラ・ベンチャーのメインクルー。頭が良く、ギャラクシーブックの翻訳などをしていた。女優のキャロル・ピケッツと瓜二つの容姿をしている。中盤のサイコピンクとの戦いの中で、暴走したサベージ・ソードを叩き折ったがその際に放たれたエネルギーで肉体が消滅し、命を落とすが、彼女の魂は自分のサーベルに宿り、カローンを後継者へと選んだ。最終話でサーベルを本来あった祭壇に差し込まれた時に甦った後、『パワーレンジャー・ライトスピード・レスキュー』において、再びピンクレンジャーとなり地球に向かい、トラキーナと戦った。彼女がシリーズの途中で死亡したのはケンドリックスを演じていたバレリー・ヴァーノンが病気治療のため、降板せざるをえなくなったため。
カローン/ピンクレンジャー
アンドロスの妹。過去の罪滅ぼしのため、行方不明になったケンドリックスのサーベルをオニックス星の競売所から盗み出し、レオ達に届けようとしていたが、戦いの中でケンドリックスの後を継いでピンクレンジャーに。かつてアストロネマとして自分が行った悪行を悔やんでいたが、過去の自分と決別することに成功した。
マイク・コービット/マグナ・ガーディアン(黒騎士)
レオの。テラ・ベンチャーのメインクルー。レッドレンジャーのサーベルを引き抜くが、ミリノイ星を脱出する際に、弟にサーベルを託して地割れの中へ落ちてしまい、落ちた先に封印されていたマグナ・ガーディアンに取り込まれ利用されてしまう。取り込まれてからも彼の心は復讐に燃えるマグナ・ガーディアンに正義の心を取り戻すように説得し、彼の心を揺さぶった。彼の死と共に解放され、復活し、マグナ・ガーディアンの魂からサーベルを託され、新たなマグナ・ガーディアンとなった。終盤でバウンティーに囚われた人々を救う為にわざと捕まり、人々を解放することに成功するが、バウンティーの攻撃を受けて倒れてしまう。ロスト・ギャラクシーから脱出しようとするテラベンチャーを救うため、マグナブルゾードになり、閉じかけた異次元トンネルをこじ開けたのと引き換えにパワーを失った。

協力者[編集]

マグナ・ガーディアン(黒騎士ブルブラック)
過去にスコーヒーピウスに故郷を滅ぼされ、息子のゼーカを殺された過去を持つ。3000年前に「オリオンの光」を放ち、力を消耗していた所をシントーに襲撃され、大地の裂け目に落ちて封印されていた。その後、たまたま落ちてきたマイクを取り込み復活。息子の復讐を遂げる為には手段を選ばず、時にはパワーレンジャーとも戦った。息子の魂に悟れ、正義の心が残っていたことを知り、テラベンチャー爆発を自分を犠牲にして食い止た。その後、魂として息子とともにマイクの元へ現れ、彼にマグナ・ガーディアンの力を託した。その後、バウンティーの攻撃で倒れたマイクを励まし立ち上がらせ、パワーを失ったマイクの前に現れ、命がけでテラベンチャーを救った彼を称えた。本来の海外名称は「マグナ・ディフェンダー」。
ゼータ(クランツ)
マグナ・ガーディアンの息子。かつての戦いでスコーピウスから父を救おうとし、返り討ちにあって殺された。死後、復讐に燃えるマグナ・ガーディアンの前に現れ、彼に正義の心が残っていると諭した。本来の海外名称は「ゼーカ」。
アルファ6
前作より引き続いての登場。メガシップ博物館の案内役をしていた。本作でもレンジャー達のサポートを担当。後にパワーレンジャー・オペレーション・オーバードライブにもゲスト出演。
ディナ
前作より引き続いての登場。メガシップの特攻で彼女も宇宙の藻屑となった。
ジェラ
ミリノイ星の長老。星の民にギャラクシーサーベルの伝説を聞かせていた。サーベルが奪われ、激怒したフリオにより星ごと石化されてしまったが、最終回で復活する。

テラ・ベンチャー関係者[編集]

スタントン司令官
テラ・ベンチャーの司令官。一人娘のジョディがいる。仕事が忙しく、娘にあまり構ってやれないことを気にしている。
レニエール総督
テラ・ベンチャーの最高責任者。寛大な性格で、長期にわたり行方不明になっていたマイクの職務復帰を許した。
ジャスパー
テラ・ベンチャー警備隊の兵士。レニエール総督の護衛等をしている。
バルクとフェノーメナス博士
前作から引き続いての登場。科学研究室で働いていたが解雇され、共にハンバーガー屋を経営している。前作まで登場していたスカルは第1話で寝坊してテラ・ベンチャーに乗り遅れてしまい、地球に残ることになった。

[編集]

宇宙昆虫軍団[編集]

ギャラクシービーストを捕え、ギャラクシーサーベルを狙う悪の一団で、昆虫のような外見の者が多い。初期は巨大化するための薬を飲むことで巨大化していたが、中盤以降は自力で巨大化している。

スコーピウス
悪の軍団の支配者で、イモムシとサソリを足したような外見をしている。冷酷な性格だが、娘には甘い。デビオットにトラキーナがパワーレンジャーに囚われていると騙され、レンジャー達と戦って死亡した。
トラキーナ
スコーピウスの娘。我侭な性格で、戦闘能力も皆無に等しかったが、中盤で父親から繭に入れられ、虫のような姿にされることを拒み、船から逃亡している途中でビラマックスと出会い、彼に剣術を鍛えられ、見違えるほどに強くなるが、その直後に父親の死に直面し、父の後を継ぎ軍団の新たな支配者となった。終盤でスコーピウスの繭にデビオットとともに飛び込んだ際にデビオットを吸収するが、精神に異常をきたしてしまう。デビオットを吸収した後は右腕に彼の光線砲が装備されている。すべてのスティング・ウインガーに爆弾を取り付け、手当たり次第にテラベンチャーで自爆させ、それが全滅すると今度は、民間人の乗った脱出艇を破壊しようとするが、アストロメガシップの特攻により失敗。特攻によって傷を負った彼女はスコーピウスの繭に入り、モンスター化。ミリノイ星に脱出した人々を殺すため、テラベンチャーを操作して、ミリノイ星に衝突させようとするが、それを止めんとするレンジャー達と戦い、レオの至近距離からのレッドアーマード・レーザーで消滅したかと思われたが、パワーレンジャー・ライトスピード・レスキューで生きていたことが判明する。
フリオ(Dr.ヒネラー怪人体
ギャラクシーサーベル奪取を命じられた軍団の参謀。ミリノイ星を襲撃しサーベルを手に入れんとしたが、レンジャーたちに引き抜かれてしまったため、星を石化させた。それ以降もサーベルを奪うためにテラベンチャーを襲うが、悉く失敗。見限られかけたため、オリオンの光を手に入れ、汚名を返上しようとするが、それでも失敗続きのため完全に見限られて逃亡した後、レオと戦い自爆した。
シントー(剣将ブドー)
フリオの後任。スコーピウスの忠実な部下。マグナガーディアンとは3000年前からの宿敵。オリオンの光を手に入れることに成功するが、トラキーナによって濡れ衣を着せられて投獄され、自らの疑いを晴らすために脱獄、パワーレンジャーを倒して忠誠を示そうとし、レオと戦って倒された。後にヘクスバの魔力により他のモンスター達とともに復活し、マイクと戦って倒された。原語名称は裏切り者を意味する「トリーチロン」。
デビオット(闇商人ビズネラ)
スコーピウスの右腕になりたいと現れた謎の男。その本心はスコーピウスに代わり、宇宙の支配者にならんと企んでいる。右腕の光線砲が武器。スコーピウスを騙し、レンジャー達と戦わせ、彼が倒れた後はトラキーナの側近となる。ロストギャラクシーへと続く扉を開き、その力で肉体を強化しレンジャー達と戦うが敗北。死んだと思われたが生きており、その後はキャプテン・バウンティーの部下となる。バウンティーが倒された後、トラキーナに再び取り入ろうとするが裏切りを見抜かれ処刑されそうになり、抵抗しているうちにスコーピウスの繭にトラキーナ共々飛び込んでしまい、トラキーナに吸収され消滅した。
ビラマックス(銃頭サンバッシュ)
オニックス星の酒場でトラキーナと出会い、彼女を鍛え上げた。自らをトラキーナのナイトと称する。終盤で逃げ遅れた女の子を救い、彼女に礼を言われたことで迷いが生じ、シャトルに乗った民間人を殺すように命じたトラキーナの命令を拒否したために彼女に殺された。
アメリカのテレビ番組の規制上、ではなくを使う。原作のサンバッシュと比較すると性格が大きく異なっており、正々堂々とした戦いを好む。
ケグラー(樽学者ブクラテス)
ビラマックスの相棒。スコーピオン・スティンガーのメカニックとなる。
サイコレンジャー
基本的な設定はパワーレンジャー・イン・スペースを参照。かつてスペースレンジャーと戦った悪の戦隊。彼らによってデータカードに封印され、行方不明になっていたが、デビオットがカードを入手し、強化されて復活。
戦闘員スティング・ウインガー
虫型の戦闘員で飛行能力を持つ。虫をモンスター化したものである。

「失われた銀河」の海賊[編集]

ゼイハブ船長らバルバンの残りのメンバーは別銀河の敵として登場する。

キャンプテン・バウンティー(ゼイハブ船長)
ロストギャラクシーの支配者。武器は左腕に装備された鍵爪と大砲。迷い込んだ宇宙船の乗組員達を捕らえて奴隷として使役し、宝石を掘り出していた。冷酷な性格で失敗を許す心はない。ロスト・ギャラクシーを脱出したテラ・ベンチャーを追って通常宇宙に出てくるが、スコーピオン・スティンガーの攻撃を受け、船ごと死亡した。本来の海外名称は「キャプテン・ミューティニー」。
バーバラックス(破王バットバス)
バウンティーの部下。大斧が武器。トラキーナの攻撃によりバウンティー共々死亡した。
ヘクスバ(妖帝イリエス)
バウンティーの部下である魔女。高い魔力を持つ。倒されたモンスター達を蘇らせ、パワーレンジャーを倒さんとするが失敗。モンスター達のエネルギーを吸収し、パワーアップして巨大化するがギャラクシー・メガゾードのオリオンサーベルを受けて倒された。
戦闘員スワビー(賊兵ヤートット)
宇宙海賊の戦闘員。剣が武器。

メカニック[編集]

ギャラクシービースト/ギャラクシーゾード(星獣/銀星獣)
巨大な宇宙生物。スコーピウスによって捕われていたが、レンジャー達に開放され、彼らに力を貸すようになる。ギャラクシークローのエネルギーをうけることでギャラクシーゾードに変化し、ギャラクシーメガゾードに合体する。
ライオン(ギンガレオン)
レッドレンジャーのギャラクシービースト。口から炎を発し、その威力は巨大化したモンスターを倒せるほど。
コンドル(ギンガルコン)
グリーレンジャーのギャラクシービースト。
ゴリラ(ギンガリラ)
ブルーレンジャーのギャラクシービースト。
ウルフ(ギンガベリック)
イエローレンジャーのギャラクシービースト。
ワイルドキャット(ギンガット)
ピンクレンジャーのギャラクシービースト。
ギャラクシーメガゾード(ギンガイオー)
5体のギャラクシービーストが合体した姿。コンドルボーガンが必殺武器。玩具ではダイキャストパーツがプラパーツに変更されている。一部店舗では星獣戦隊ギンガマンのギンガイオーが日本版のパッケージのまま輸入され、販売されていた。
ギャラクシーメガゾード・オリオンパワー(超装光ギンガイオー)
オリオンの光の力でギャラクシーメガゾードが強化された姿。オリオンサーベルが必殺武器。
ブルゾード(重星獣ゴウタウラス)
マグナ・ガーディアンのゾード。本来の海外名称はトロゾード。玩具ではギャラクシーメガゾード同様、ダイキャストパーツがプラパーツに変更され、チェーンパーツが紐に変更されている。
マグナディフェンダー(重騎士)
マグナガーディアンがブルゾードの力で巨大化した姿。
マグナ・ブルゾード(合身獣士ブルタウラス)
マグナディフェンダーとブルゾードが合体した姿。本来の海外名称はディフェンダー・トロゾード。
ロストギャラクシービースト(鋼星獣)
行方不明になっていたギャラクシービースト。デビオットに改造されリモコンで操られていた。リモコンを破壊されたことでレンジャーの元に渡る。
ストラトフォースメガゾード(ギガフェニックス)
鳥型宇宙生命体。スピード重視の戦法を得意とし、ブーメランが武器。複数の飛行機に分離できる。
ケンタウルスメガゾード(ギガライノス)
サイ型宇宙生命体。パワー重視の戦法を得意とし、レーザー銃が武器。複数の車に分離できる。
キャリアーゾード(ギガバイタス)
クジラ型宇宙生命体。体に付いた砲台が武器で、体に付いたハッチに分離した状態のストラトフォースメガゾードとケンタウルスメガゾードを格納できる。本来の海外名称はゼニス・キャリアーゾード。
アストロ・ギャラクティック ・メガゾード
玩具のみのゾード。パワーレンジャー・イン・スペースのアストロメガシップの塗装変更品。発光ギミックが搭載された物と、省略された物の二種類が販売された。
アストロサイクル
ギャラクシービーストを模したバイク。マグナガーディアン用のサイクルのみ、玩具のみで本編には登場しない。
ハイパー・アーマードサイクル(ガレオパルサー)
レッドレンジャー用のアストロサイクルが強化変身した形態。
マグナ・ローター
マグナガーディアンの一輪バイク。玩具のみ。ビーロボカブタックのデンデンローラーの流用品[8]

アイテム[編集]

トランス・モーファー(ギンガブレス)
ギャラクシーレンジャーの変身ブレス。「GO!ギャラクティック」と叫ぶことで変身する。
マグナ・ガーディアン・モーファー
マグナ・ガーディアンとなったマイクが使用する変身ブレス。本来の海外名称はマグナ・ディフェンダー・モーファー。「マグナパワー」と叫んで左手と右手のモーファーを合体させ、変身する。五星戦隊ダイレンジャーのオーラチェンジャーの流用。
ギャラクシー・サーベル(星獣剣)
3000年前にミリノイ星に宿ったとされる伝説の5本の剣。選ばれた者にしか引き抜くことは出来ない。引き抜いた物にギャラクシーレンジャーのパワーを与える。
マグナサーベル(ブルライアット)
マグナガーディアンのサーベル。銃としても使用可能。銃形体はマグナブラスターと呼ばれる。マグナガーディアンの死後は彼の魂からマイクが託されて使用している。
ギャラクシークロー(自在剣・機刃)
ホーンが手に入れた五つの強力な武器。レンジャー達が奪い、自分達の戦力とした。五つがそれぞれ違う武器に変形することができる。五つのクローを合わせて放つギャラクシー・クロー・スターフォーメーションも強力な必殺技。そして、ガッサーのガスで石化したギャラクシー・ビーストにパワーを送り、強化して復活させた。
クロウライザー(キバカッター)
レッドレンジャーのクローが変形した短剣。
クロウフックス(キバクロー)
ブルーレンジャーのクローが変形した斧。
クロウショット(キバショット)
グリーンレンジャーのクローが変形した銃。
クロウカッター(キバナイフ)
イエローレンジャーのクローが変形した2本のナイフ。
クロウボウ(キバアロー)
ピンクレンジャーのクローが変形した弓。
ギャラクシーロッド(獣撃棒)
デーモンが開発した棒状の武器。バズーカとしても使える他、オリオンの光で強化形体(新獣撃棒)に変形する。
ギャラクシーブック
謎のエイリアンに襲われた宇宙船にあった謎の本。ギャラクシービーストや、サベージソードなど、様々な情報が記述されている。そして、その中に記述されている禁断の呪文を唱える事でロスト・ギャラクシーに続く扉を開き、無限のパワーを手に入れることができるとされる。その際にロスト・ギャラクシーに引きずり込まれた場合は、禁断の呪文を逆から唱えることで脱出するための扉を開くことができる。
サベージソード
ギャラクシーブックに記されていたギャラクシーサーベルを凌ぐ力を持った剣。レイショウ星に隠されている。サイコピンクが存在を知って手に入れた。使う度に強化され、形も変わる。戦いの中でキャシーのパワーを吸収したことで暴走。凄まじいエネルギーで付近を航行していたテラ・ベンチャーをも破壊しかけてしまう。皆を救うためのケンドリックスの命を犠牲にした行為により消滅した。
巨大化薬(バルバエキス)
追い詰められた宇宙昆虫軍団が最後の手段である巨大化の方法として使っていた薬品。中盤から使用されなくなる。

用語解説[編集]

テラ・ベンチャー
新世界に向かう為に建造された都市型宇宙船。新世界に到着した後は、新世界の象徴となる予定である。だが、戦いが続くにつれてエンジンの機能に異常がきたし、これ以上の航行が不可能になったため、近隣にあった地球型の惑星(ミリノイ星)に着陸することが決定する。だが、トラキーナの最後の攻撃によりテラ・ベンチャーは破壊され、住人達はシャトルでミリノイ星に移住した。
ミリノイ星
マヤの故郷。3000年前にギャラクシー・サーベルが宿ったと伝えられている。フリオの魔力により、星全体が石化された。最終回で再登場。石化した星は元に戻っていたが、住人達は石化したままであった。そして、ギャラクシー・サーベルの力によって石化を解かれた後、テラ・ベンチャーの人々が移住した。
オリオンの光(ギンガの光)
マグナ・ガーディアンが3000年前に解き放った魔法のエネルギー。フリオが隠し場所と思われる洞窟を発見し、失敗の汚名を返上する為に手に入れようとした。彼がいなくなった後はシントーがスコーピウスの命を受け、捜索し、パワーレンジャーとマグナガーディアンと奪い合いを繰り広げた。最終的に光は正義の心を持ったパワーレンジャーを選び、彼らの物となった。光の力でレンジャーの武器と能力を強化し、彼等をオリオン・パワーレンジャーに強化変身させた。ギャラクシーメガゾードも同様に強化し、ギャラクシーメガゾード・オリオンパワーに変化させた。後に、パワーレンジャー・ライトスピード・レスキューでもトラキーナに苦戦するオメガ・メガゾードを強化し、オメガ・メガゾード・オリオンパワーに変化させた。
ロスト・ギャラクシー
宇宙でもっとも謎に包まれた異次元空間であり、通常の世界ではありえない現象が起こる(例:咲いている花が種に戻るなど)。そして、迷い込んだ者は二度と戻ることは出来ないと伝えられている。この世界はキャプテン・バウンティーが支配しており、迷い込んだ人々を奴隷として酷使している。

キャスト[編集]

レギュラー・準レギュラー[編集]

主なゲスト出演者[編集]

  • スカル(1):ジェイソン・ナーヴィー
  • 老婆(1):オードリー・ゲルファント(望木祐子
  • 強盗(1):ルーク・ラフォンテーヌ(藤本隆行
  • 少女(1):ケリー・アン・ケルソ
  • マシュー(5):(松井のり子
  • マシューの母(5):(皆川純子
  • キャロル・ピケッツ(7):バレリー・ヴァーノン(松岡由貴)
  • ハンナ(8)(高月希海
  • ジョディー・スタントン(8、25):ロザリオ・グル(荒井静香
  • ゼータ(10、14 - 16[11]):ライアン・ジェームズ(城雅子
  • 女の子(12):ゲイリー・サンダース、ライサ・フェルナンデス(望月久代中山依里子
  • コリンズ(18):エリッサ・ラメイド(桜澤凛
  • ハーガン(18):ジェフ・ハイタワー(伊藤栄次
  • 救助隊員(18):ダニー・ウェイン・スタルカップ
  • コヴァク博士(19、35):スティーヴン・メンデル(風間勇刀)
  • 子供の頃のマヤ(23):ブルック・ウィン
  • シャンドラ(23):エリザベス・レビン(浅野るり
  • 子供の頃のシャンドラ(23):セリナ・ミュールバウアー
  • ジンジャー(28):エティー・ラウ(後藤邑子
  • コルビー(28):ジョン・コヤマ(河本邦弘
  • アンドロス/スペースレッドレンジャー(声)(30・31):クリストファー・カイマン・リー保志総一朗
  • セオドア・ジェイ・ジャービス・ジョンソン/スペースブルーレンジャー(声)(30・31):セルウィン・ウォード(岸祐二
  • カルロス・ヴァラーツ/スペースブラックレンジャー(声)(30・31):ロジャー・ヴェラスコ(滝下毅
  • アシュレー・ハモンド/スペースイエローレンジャー(声)(30・31):トレーシー・リン・クルーズ(小林沙苗
  • キャシー・チャン/スペースピンクレンジャー(声)(30・31):パトリシア・ジャ・リー藤原美央子
  • オークション司会者(32):マイケル・ソリッチ(土田大)
  • ルントウズ(32) - デヴィッド・グズマン
  • 怒りの戦士(33):ジェームズ・リュー(飯島肇
  • バクスター(34):ベニー・グラント(鳥海浩輔
  • ギャラクシーブックの守護戦士(35):マティーアス・ヒューズ(花田光
  • ラムシー(35):キャリー・スコット(小野塚貴志)
  • ロスト・ギャラクシーの幽霊(36):ウィリアム・バセット
  • ヘイリー(36):アナリザ・ブロス(小田木美恵)
  • ベンジャミン(36):ジョン・F・ゴフ(高橋翔)
  • シンディ(44):アリソン・オダネル(まるたまり)
  • シンディの母親(44):アリソン・オダネル(小田木美恵)

スーツアクター・スタント[編集]

スタッフ[編集]

日本語版制作スタッフ[編集]

  • 演出:甲斐樹美子
  • 翻訳:中村紀美子、古瀬由紀子
  • 調整:小出善司
  • 担当:藤岡愛
  • 編集スタジオ:ムービーテレビジョン・スタジオ
  • 製作:遠藤雅義、古玉國彦
  • 監修:鈴木武幸若松豪
  • 配給:東映
  • 制作:東映、ムービーテレビジョン

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場モンスター 監督 脚本 放送日
邦題 原題 北米[3] 日本[5]
1 ギャラクシー・サーベルを求めて (前編) Quasar Quest Part I フリオ ジョナサン・ヅァクワー ジャド・リン 1999年
2月6日
2001年
9月2日
2 ギャラクシー・サーベルを求めて (後編) Quasar Quest Part II 2月13日 9月9日
3 ギャラクシー・ビースト救出作戦 Race to the Rescue ブラント(声 - カーク・ソーントン/吹替 - 佐々木健
ラッドスター(コルシザー)
(声 - ボブ・パーペンブルック / 吹替 - 坂本一
ワース・キーター 2月20日 9月16日
4 赤いルーキー Rookie In Red ホーン(バクター)
(吹替 - 佐々木健)
2月27日 9月23日
5 地球に帰りたい Homesick ガッサー(タグレドー)
(声 - デイヴ・マロウ/吹替 - 徳山靖彦
ブライアー・トリュー 3月6日 9月30日
6 オリオンの光 The Lights of Orion ミュータントラム(煙ェ門)
(声 - ロバート・アクセルロッド/吹替 - 川村拓央
ジャド・リン
ジャッキー・マーチャンド
3月13日 10月14日
7 ケンドリックスは大スター!? Double Duty ワイズウィザード(札僧正)
(声 - エズラ・ワイズ / 吹替 - 河相智哉
ジャド・リン 3月20日 10月21日
8 恋する戦士 The Blue Crush クエイク・メイカー(ネイカー)
(声 - マイケル・ソリッチ / 吹替 - 河相智哉)
3月27日 10月28日
9 謎の戦士 The Magna Defender フリオ
スターコッグ(傀儡太夫)
(吹替 - 高橋翔
ラップトール(ドルマー)
(声 - ブライアン・シッダール/吹替 - 高橋翔)
サムロン(壊力坊)
(声 - カーク・ソーントン/吹替 - 谷昌樹
坂本浩一 4月3日 11月4日
10 復讐の序曲 The Sunflower Search フィッシュフェイス(砂爆盗)
(声 - リチャード・エプカー / 吹替 - 中嶋一成
スレッジ(トルバドー)
(吹替 - 谷昌樹)
田﨑竜太 ジル・ドネラン 4月10日 11月11日
11 孤独な戦い Silent Sleep チリーフィッシュ(氷度笠)
(声 - トニー・ロビンソン/吹替 - 佐田明
ブライアー・トリュー 4月17日 11月18日
12 希望の光 Orion Rising デストラクソ(怒涛武者)
(声 - ニール・キャプラン / 吹替 - 飛鳥井豊
田﨑竜太 デニス・スキナー 5月1日 11月25日
13 オリオン再び Orion Returns デストラクソ
インパストラ(メドウメドウ)
(声 - ナンシー・ヴァン・イダスタイン/吹替 - 小田木美恵)
ジャド・リン
ジャッキー・マーチャンド
5月8日 12月2日
14 五人で一つ Shark Attack シントー
レッドシャーク(鬼丸)
(声 - パトリック・トーマス/吹替 - くわはら利晃
グリーンシャーク(闇丸)
(声 - トム・ファーン / 吹替 - 羽柴秀矢
ジャッキー・マーチャンド 5月15日 12月9日
15 正義の心 Redemption Day フリーキーチキ(ワンガワンガ)
(声 - ブレイク・トーニー/吹替 - 高橋伸也
ジャド・リン
ジャッキー・マーチャンド
5月22日 12月16日
16 それぞれの運命 Destined For Greatness スケルクロン(ゲルトゲルト)
(声 - ダグ・ストーン / 吹替 - 米田直嗣
ジャド・リン 9月25日 12月23日
17 盗まれた美 Stolen Beauty クラマミー(モルグモルグ)
(声 - ウィリアム・バトラー/ 吹替 - 伊藤栄次
10月2日 12月30日
18 レスキュー危機一髪 The Rescue Mission 正体不明のエイリアン(声 - カーク・ソーントン / 吹替 - 原語版流用) スティーブ・ワン 10月9日 2002年
1月6日
19 ロスト・ギャラクシービースト (前編) The Lost Galactabeasts Part I ロスト・ギャラクシー・ゾード
ハードチョーク(バルキバルキ)
(声 - ケン・メルクス / 吹替 - 土屋利秀[19]
田﨑竜太 10月16日 1月13日
20 ロスト・ギャラクシービースト (後編) The Lost Galactabeasts Part II 10月22日 1月20日
21 王座を継ぐ者 Heir to the Throne スコーピウス ジョナサン・ヅァクワー 10月23日 1月27日
22 復讐のトラキーナ An Evil Game クバック(砲烈道)
(声 - スティーヴ・アポストルイナ/吹替 - 斉藤瑞樹
テクサ(虚無八)
(声 - キム・ストラウス/吹替 - 飛鳥井豊)
坂本浩一 10月25日 2月3日
23 ミリノイ星の思い出 Memories of Mirinoi ライコン(デスフィアス)
(声 - キャロル・ホイト / 人間態 - エリザベス・レビン / 吹替 - 浅野るり
ジム・マーサーズ 10月26日 2月10日
24 グリーンの勇気 Green Courage キャノンボール(ボンブス)
(声 - トム・ワイナー/吹替 - 斉藤次郎
田﨑竜太 ジル・ドネラン 10月27日 2月17日
25 ブルーの試練 Blue to the Test アイシーエンジェル(ヒエラヒエラ)
(声 - バーバラ・グッドソン/吹替 - 出口佳代
ジャド・リン 10月28日 2月24日
26 トップレーサーは誰だ Mean Wheels Mantis モーターマンティス(マンディガー)
(声 - マイケル・マコノヒー/吹替 - 青山穣
ワース・キーター 10月29日 3月3日
27 マヤと老戦士 Loyax' Last Battle ロイヤックス(デギウス)
(声 - サイモン・プレスコット/吹替 - 手塚秀彰
11月1日 3月10日
28 レオの恋人 A Red Romance マロンダ(メルダメルダ)
(声 - ブライアン・シッダール/吹替 - 水落幸子
坂本浩一 11月2日 3月17日
29 敵は自分!? The Chameliac Warrior カメリアック(ゴビーズ)
(声 - トム・ファーン/吹替 - 遊佐浩二
センティピード・モンスター(ドレッドレッダー)
田﨑竜太 11月3日 3月24日
30 最強の助っ人 To the Tenth Power サイコレンジャー[20] 11月4日 3月31日
31 ケンドリックスの魂 The Power of Pink サイコピンク 11月5日 4月7日
32 サーベルを継ぐ者 Protect the Quasar Saber アイロナイト(ダングス)
(声 - エディ・フライアーソン/吹替 - 岸祐二
スパイカーカ(グリンジー)
(声 - ブレット・ウォルコウ/吹替 - 飛鳥井豊)
ジョナサン・ヅァクワー 11月8日 4月14日
33 過去を乗り越えて Facing the Past マグネトックス(マグダス)
(声 - デイヴ・マロウ/吹替 - 隈本吉成
坂本浩一 11月9日 4月21日
34 チーフは君だ! Turn Up The Volume デジバット(ストイジー)
(声 - キム・ストラウス/吹替 - 樫井笙人
ジャド・リン
ジャッキー・マーチャンド
11月10日 4月28日
35 禁断の呪文 Enter The Lost Galaxy デビオット ジョナサン・ヅァクワー ジャド・リン 11月11日 5月5日
36 襲来!宇宙海賊 Beware The Mutiny ロケットロン(ミザルス)
(声 - グレン・マクドゥーガル/吹替 - 飛鳥井豊)
グランチャー(地球魔獣)
田﨑竜太 11月12日 5月12日
37 総力決戦! Grunchor on The Loose グランチャー 11月15日 5月19日
38 戦いの軌跡 Until Sunset ロジョモン(トカカズラ
(声 - ランディー・スウェドリック/吹替 - 土田大
坂本浩一 11月16日 5月26日
39 悪夢からの脱出 Dream Battle ナイトメア・モンスター(ザッカス)
(声 - ウォルター・エマニュエル・ジョーンズ/吹替 - 土田大)
ワース・キーター ジル・ドネラン 11月17日 6月2日
40 モンスター・バトルロワイヤル Hexba’s Graveyard ヘクスバ
再生モンスター軍団[21]
ジャド・リン
デニス・スキナー
11月18日 6月9日
41 巨竜を倒せ! Raise The Titanisaur タイタニザウルス ジャド・リン ジャド・リン 11月19日 6月16日
42 銀河へのエスケイプ Escape the Lost Galaxy キャプテン・バウンティー
バーバラックス
12月3日 6月23日
43 希望の新世界 Journey's End Part I スティング・ウィンガー軍団 田﨑竜太 12月16日 6月30日
44 最後の選択 Journey's End Part II 12月17日 7月7日
45 旅の終わり Journey's End Part III トラキーナ 12月18日 7月14日

ロスト・エピソード[編集]

Power Rangers The Lost Episode』は、1999年5月22日[22]フォックス放送で放送された特番。日本未放送。

映像ソフト化[編集]

アメリカ合衆国[編集]

Power Rangers Lost Galaxy - The Power of Teamwork Overcomes All (VHS)
第1 - 3話を収録。1999年7月27日発売[23]。リリースは20世紀フォックス ホーム エンターテイメント。
Power Rangers Lost Galaxy Return of the Magna Defender(VHS)
第9・10・12・13・15話を収録。1999年12月7日発売[24]。リリースは20世紀フォックス ホーム エンターテイメント。2002年にリリース元をブエナビスタ・ホーム・エンターテイメントに変更して再リリースされた[25]
The Best of the Power Rangers - The Ultimate Rangers(DVD)
シリーズ傑作選DVD。第30話を収録。2003年4月1日発売。リリースはブエナビスタ・ホーム・エンターテイメント[26]
Power Rangers
From Mighty Morphin to Lost Galaxy(DVD)
『MMPR』から『ロスト・ギャラクシー』までを収録したDVDセット。2012年8月6日発売。リリースはシャウト・ファクトリー![27]
Power Rangers
Seasons Four - Seven(DVD)
『ジオ』から『ロスト・ギャラクシー』までを収録したDVDセット。2013年7月30日発売。リリースはシャウト・ファクトリー![28]

日本[編集]

パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー:全11巻(VHS、二ヶ国語収録、クローズドキャプション対応)
レンタル専用[5]。リリースは東映ビデオ[7]

参考文献[編集]

  • 戸澤好彦構成 『25大スーパー戦隊シリーズ完全マテリアルブック 下巻』 勁文社、2002年ISBN 9784766941081

脚注[編集]

  1. ^ 「パワーレンジャー」新シリーズの製作配給契約をサバン・キャピタル・グループと締結”. 東映プレスリリース (2010年5月19日). 2014年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c 「緑の章 World パワーレンジャー」『スーパー戦隊 36LEGENDS』 日之出出版、2012年、97頁。ISBN 978-4891988623
  3. ^ a b c 戸澤好彦構成 2002, pp. 110 - 111, スーパー戦隊放映リスト.
  4. ^ 'Rangers' rocks kids”. Variety (1999年2月11日). 2014年6月22日閲覧。
  5. ^ a b c d 「パワーレンジャー ロストギャラクシー」、『東映ヒーローMAX』Vol.1、辰巳出版2002年、 71 - 72頁、 ISBN 978-4886417312
  6. ^ a b インタビュー・秋田英夫「パワーレンジャー NOW!!」、『宇宙船』Vol.122、ホビージャパン、2008年10月、 96頁、 ISBN 978-4894257726
  7. ^ a b 戸澤好彦構成 2002, pp. 96, スーパー戦隊コラム05【パワーレンジャー】.
  8. ^ a b c d e 大前京太郎(構成・文)、NIRDY(構成・文)、ヤス(構成・文)「ガオレンジャーVSパワーレンジャー」、『フィギュア王』No.44、ワールドフォトプレス2001年、 20 - 26頁、 ISBN 978-4846523183
  9. ^ キ ャ ス ト ・ ス タ ッ フ”. 東映. 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月18日閲覧。
  10. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 168頁、 雑誌コード:01843-05。
  11. ^ 第10・14話は声のみの出演
  12. ^ a b 前田浩 プロフィール”. O.S FACTORY. 2007年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。
  13. ^ 主に前田がマグナ・ガーディアンを担当しているシーンで担当、『シールドの向こう側』 楽しかったな~ ありがとう、お面達!”. hiroshiのブログ(前田浩公式ブログ) (2010年4月3日). 2011年9月19日閲覧。より
  14. ^ Yoshio Iizuka”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年11月10日閲覧。
  15. ^ Namihei Koshige”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年11月10日閲覧。
  16. ^ a b c EDクレジットより
  17. ^ Ed Neil”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年11月10日閲覧。
  18. ^ a b Tadahiro Nakamura”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年11月10日閲覧。
  19. ^ 後編のみの登場
  20. ^ サイコレッド(声 - パトリック・デヴィッド/人間態 - ライアン・ジェームズ/吹替 - 藤本隆行)、サイコブルー(声 - ウォーリー・ウィンガート/吹替 - 遊佐浩二)、サイコブラック(声 - マイケル・メイズ/吹替 - 三宅健太)、サイコイエロー(声 - キャメラ・ウォルトン/吹替 - 柳沢真由美)、サイコピンク(声 - ヴィッキー・デイヴィス/吹替 - 秋葉秋
  21. ^ フリーキーチキ(声 - ブレイク・トーニー/吹替 - 高橋伸也)、テクサ(声 - マイケル・ソリッチ / 吹替 - 原語版流用)、ホーン(声 - ブレイク・トーニー / 吹替 - 原語版流用)、デストラクソ(声 - ニール・キャプラン / 吹替 - 飛鳥井豊)、ガッサー(声 - ブレイク・トーニー / 吹替 - 原語版流用)、フィッシュフェイス(声 - デレク・スティーヴン・プリンス/吹替 - 原語版流用)、シントー(声 - デレク・スティーヴン・プリンス/吹替 - 長谷部浩一)、ミュータントラム(声 - ニール・キャプラン / 吹替 - 飛鳥井豊)、ハードチョーク(声 - マイケル・ソリッチ / 吹替 - 原語版流用)、クエイク・メイカー(声 - マイケル・ソリッチ / 吹替 - 河相智哉)、
  22. ^ 戸澤好彦構成 2002, pp. 111, スーパー戦隊放映リスト.
  23. ^ ASIN 6305499152
  24. ^ ASIN 6305623007
  25. ^ ASIN B00005Y786
  26. ^ ASIN B00007AJGJ
  27. ^ Power Rangers on DVD from Shout! Factory and Time Life”. Shout Factory!. 2014年6月29日閲覧。
  28. ^ Power Rangers: Seasons Four - Seven”. Shout Factory!. 2014年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]