サバン・エンターテイメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サバン・エンターテイメント (Saban Entertainment.Inc) は、アメリカ合衆国にかつて存在したテレビ番組の製作・配給会社。イギリス[1]スペインドイツ[1]イタリア[1]フランス等にもオフィスが存在した[1]。社名は創設者のハイム・サバンに因んでいる[2]

数多くの日本製テレビ番組を輸入し、東映の「スーパー戦隊シリーズ」をローカライズした「パワーレンジャーシリーズ」が大きな成功を収めている[3]。権利を所有していた番組の数は6500本以上にも及ぶ[4]。1990年代には米国第2位の子供向け番組制作会社となり[5]、世界最大手の子供向けテレビ番組制作会社に数えられた[3]

概要[編集]

ハイム・サバンとシュキ・レヴィにより[6]1984年に設立[3](1983年とも[7][8])。当時の社名はサバン・プロダクションズ (Saban Productions)で[9]1988年、サバン・エンターテイメントに改称。当初はサバン・インターナショナル・パリの子会社であった[10]。1995年、カリフォルニア州バーバンクからウエストウッドに本社を移転[11]

設立当初はサバン・パリと同様に音楽事業を中心に活動[10]。音楽出版権の確保と引き換えに無償でアニメーション制作会社に音楽を提供することで[7]、事業の基盤を築いていき[12]、映像作品の配給から制作も手がけるようになる[10]。1997年の時点ではパリロサンゼルスの二箇所に本社があったが[2]、アメリカでの事業が拡大したことにより、サバン・パリは子会社化された[10]

1993年から放送された『パワーレンジャー』が歴史的なヒット番組となり[3]、同作の人気のピークだった1994年には[7]、サバン社の利益は5億ドルを超えたと言われている[13]

『パワーレンジャー』の大ヒットなどを受けて[7]、サバン社は1995年(1996年とも[3])にFOXキッズ・ネットワークと合併[14]し、FOXキッズ・ワールドワイド(後のFOXファミリー・ワールドワイド)となり[3]、サバン社は連結子会社となった[15]

1996年にニューズ・コーポレーションニューワールド・コミュニケーションズを買収した影響でニューワールドが権利を有していたマーベル・コミック関係の番組の権利を得る[16]

自社製の番組を一番人気の子供向け番組放送枠であるFox kidsで放送することで利益の効率化を図り[7]、1999年8月からから放送された『デジモンアドベンチャー』が放送枠内でトップの視聴率を記録するなどして[17]、成功を収めている[7]

2001年10月にFOXファミリー・ワールドワイドがウォルト・ディズニー・カンパニーによって買収されたことにより[4][3]、ディズニー傘下となりBVSエンターテイメントに社名変更[8]

DICエンターテイメントとの訴訟問題[編集]

1986年、DICエンターテイメントから子供向け番組の権利を買収後、その権利をDIC社の創設者であるジーン・チャロピンに売却[18]。その後、DIC社はサバン社に損害賠償を求める訴訟を起こし、1991年に和解に至った[18]

映画俳優組合との交渉[編集]

サバン社は映画俳優組合に登録していないノン・ユニオン製作会社であるが[19]、1997年にSAGはサバン社に組合と契約を結び、実写番組製作現場の労働環境を改善するように要求[20]。交渉決裂後、1998年にSAGは組合員にサバン社の作品に出演しないよう通達[21]。同年2月に交渉は再開され[20]、同年中にSAGとサバンは合意に至った[22]。2001年にはSAGとサバン社の間で新たな契約が結ばれた[19][22]

2000年、SAGは『Digimon: The Movie』が映像ソフト化・テレビ放送される際に声優に支払われる使用料の支払いをサバンに要求[23]。SAGの規定において外国作品の吹き替えには再使用料は支払われないとされているが、SAG側は同作が単に台詞を吹き替えただけではなく、編集などによる改変が多数行われていることを挙げ、吹替作品ではないと主張[23]。サバン側は吹替作品であると主張し、論争となった[23]

製作・配給作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

  • Shadow Strikers(1990) - 製作

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビ映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

その他[編集]

  • Hallo Spencer(1989) - 英語版製作・配給
  • Video Power(1990 - 1992) - 製作

関連企業[編集]

特記のないものに限り、2001年のFOXファミリー・ワールドワイド買収の際にディズニー傘下となっている。

  • サバン・インターナショナル・パリ(後のシップ・アニメーション[10]、2009年に解散)
  • サバン・レコード(サバン・キャピタル・グループの子会社サバン・ミュージック・グループに社名変更後、2010年に解散[28][29][30]
  • サバン・エンターテイメントUK(後のジェティックス・コンシューマー・プロダクツ、解散[31]
  • サバン・ホームエンターテイメント(旧:サバン・ビデオ)
  • サバン・フーズ
  • サバン・インタラクティブ
  • MMPRプロダクションズ
  • バグ・ボーイプロダクションズ
  • サイバープロダクションズ

BVSエンターテイメント[編集]

BVSエンターテイメント(BVS Entertainment.Inc)は、サバン・エンターテイメントが2001年10月に社名を変更した企業[8]。ウォルト・ディズニー・カンパニーの子会社で、前身と同様にテレビ番組の製作・配給を業務とする[8]

製作・配給作品(BVS)[編集]

テレビドラマ(BVS)[編集]

テレビアニメ(BVS)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Saban goes Italo with new office”. Variety. 2014年4月5日閲覧。
  2. ^ a b Programming power house”. Variety (1997年9月15日). 2014年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 我が国のコンテンツの海外における「ゲートキーパー」プロファイリング調査(米国編)”. 日本貿易振興機構. 2014年2月24日閲覧。
  4. ^ a b 米ディズニーが子供番組大手の米Fox Familyを買収”. Tech-On! (2001年7月24日). 2012年6月5日閲覧。
  5. ^ アン・アリスン 「レンジャーが米国を制す」『菊とポケモン―グローバル化する日本の文化力』 実川元子訳、新潮社、2010年、154 - 161頁。ISBN 978-4105062217
  6. ^ Relativity TV Heads into Kids Programming with ‘Power Rangers’ Producer (Exclusive)”. Variety (2013年10月3日). 2014年6月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 豊永真美「パワーレンジャーをヒットさせた男−ハイム・サバンと日本のコンテンツ」、『一橋ビジネスレビュー』2010 WIN、東洋経済新報社2010年、 39 - 43頁、 ISBN 978-4492820469
  8. ^ a b c d BVS Entertainment, Inc”. ビジネスウィーク. 2014年2月24日閲覧。
  9. ^ a b Kidd Stuff : A Crop of New Shows Sprouts From Saban Firm's TV Success”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年7月14日閲覧。
  10. ^ a b c d e フランス、スペインのアニメーション市場 視察報告書”. 一般財団法人 デジタルコンテンツ協会. 2010年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月3日閲覧。
  11. ^ Company Town Annex”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年2月24日閲覧。
  12. ^ Haim Saban's Mighty Transformation”. Variety (2013年2月25日). 2014年5月3日閲覧。
  13. ^ FOX, SABAN MORPHIN INTO KIDVID WORLD”. Variety (1995年11月15日). 2014年5月3日閲覧。
  14. ^ Haim Saban”. サバン・キャピタル・グループ. 2012年6月9日閲覧。
  15. ^ Fox Family Worldwide, Inc. History”. Fundinguniverse.com. 2012年6月9日閲覧。
  16. ^ August Issue News Section”. Animation World Network. 2013年4月29日閲覧。
  17. ^ デジモン、ガンダムが海を超えて大活躍!”. バンダイ. 2014年6月19日閲覧。
  18. ^ a b c Haim Saban, producer, in Hollywood, Washington, Israel”. ザ・ニューヨーカー. pp. 1 - 4 (2010年5月10日). 2014年5月15日閲覧。
  19. ^ a b NEWS WIRE : SAG, Saban Make Up”. Backstage. 2013年5月16日閲覧。
  20. ^ a b Saban and SAG to Resume Negotiations”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年5月16日閲覧。
  21. ^ SAG Orders Its Members Not to Work for Saban Shows”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年5月16日閲覧。
  22. ^ a b SAG, Saban reach pact”. Variety. 2013年6月12日閲覧。
  23. ^ a b c Animation World News - Films”. Animation World Network. 2013年5月16日閲覧。
  24. ^ 戦国魔神ゴーショーグン亜空大作戦スラングルのアメリカ編集版
  25. ^ 科学忍者隊ガッチャマンII科学忍者隊ガッチャマンFのアメリカ編集版
  26. ^ デジモンアドベンチャー』・『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』・『デジモンアドベンチャー02 デジモンハリケーン上陸!! 超絶進化!! 黄金のデジメンタル』のアメリカ編集版
  27. ^ 超電子バイオマンのローカライズ作品
  28. ^ Saban Music Group, Inc”. ビジネスウィーク. 2014年3月27日閲覧。
  29. ^ Saban Music Group”. サバン・キャピタル・グループ. 2005年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月27日閲覧。
  30. ^ Bug Music Acquires Worldwide Rights to Saban Music Group’s Publishing Catalog”. Business Wire (2010年10月4日). 2014年3月27日閲覧。
  31. ^ JETIX CONSUMER PRODUCTS UK LIMITED”. Companies in the UK. 2014年3月27日閲覧。

関連項目[編集]