ライオンズゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライオンズゲートLions Gate Entertainment, 商標はLIONSGATEと記述)は1976年カナダバンクーバーで設立された映画製作・配給会社。

2000年に米インデペンデント系製作配給会社アルチザン・ピクチャーズやビデオ会社トライマーク・ピクチャーズ等を買収。これを契機にアメリカ市場進出への足がかりにした。

2005年に配給した『クラッシュ』が同社初のアカデミー賞作品賞に輝く。また、製作費1億円足らずの低予算ホラー映画『ソウ』が世界市場で数百億円の大ヒットを飛ばし、2008年には第5弾も公開された。同社はジャンル映画と呼ばれる、ホラー映画、コメディで現在の地位を確立する。

社歴[編集]

  • 1976年 - カナダのバンクーバーに創立。
  • 2000年 - 米トライマーク・ピクチャーズ社、アルチザン・ピクチャーズ社を買収。アメリカ市場進出の基礎を作る。
  • 2004年 - 製作費数億円のドラマ『クラッシュ』が公開。翌年アカデミー賞作品賞を受賞。
  • 2007年 - 同社の全作品がiTunesストアでダウンロード販売可能に。
  • 2008年 - クライヴ・バーカー原作で、日本人監督北村龍平のハリウッドデビュー作品『ミッドナイト・ミートトレイン』を製作、公開。
  • 2008年 - タイガー・エンターテイメントを香港に設立[1]
  • 2010年 - サバン・キャピタル・グループと提携を結び、タイガーエンターテイメントを共同で運営する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Celestial Tiger Entertainment”. サバン・キャピタル・グループ. 2014年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]