サンタモニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタモニカ・ピア
サンタモニカ・ピアへの入り口

サンタモニカ(Santa Monica)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡の西部に位置する市である。

概要[編集]

サンタモニカ 3rd St.

人口は2000年の人口調査では84,000人で、2008年現在の人口は87,664人である。

過ごしやすい気候から、20世紀初頭には有名なリゾート都市となっていた。1980年代後半にビジネス、観光とも飛躍的に成長を遂げた。

観覧車のあるサンタモニカ・ピアや、ショッピングモールのあるサードストリート(3rd St.)などが有名である。

市内にある公園を由来としたLinkin Parkというバンドがある。

歴史[編集]

地名の由来は聖人モニカ(Santa Monica)で、これはスペイン人が初めてこの地を訪れたとき、彼女の祝日だったことからである。

地理[編集]

西は太平洋のサンタモニカ・ベイ、北はパシフィック・パリセーズとブレントウッド、東はウェスト・ロサンゼルスとマー・ビスタ、南はベニスが境界であるが、太平洋はロサンゼルス市に属すため、周囲を全て同市に囲まれた形となっている。 1994年のノースリッジ地震で大きな被害をうけた。

気候[編集]

ヤシ並木

年間平均晴天日数は325日とされている。5月~7月上旬までの朝は、霧や靄が出ることが多い。

交通[編集]

道路[編集]

州間高速道路10号線(サンタモニカ・フリーウェイ/ I-10 )が太平洋に近い市内からはじまり、ロサンゼルス市街まで伸びており、北アメリカでもっとも交通量の多い道路と言われている。この道路は7州にまたがり、フロリダ州ジャクソンビルまで続いている。州道1号線(リンカーン・ブルバード/パシフィック・コースト・ハイウェイ)、州道2号線(サンタモニカ・ブルバード)も市内を通っている。サンタモニカ・ブルバードはかつてのルート66の一部で、この道路がオーシャン・アヴェニューに突き当たったところがルート66の西の端であった。

バス[編集]

市営のビッグブルーバスは現在13路線が運行しており、市内だけでなくウェスト・ロサンゼルスやUCLAにも運行している。

Line 1 「Santa Monica Blvd.」 - ベニスビーチ⇔サンタモニカプレイス⇔UCLA
Line 2 「Wilshire Blvd.」 - ベニス高校(Lincoln Bldv. & Venice Blvd.)⇔ベニスビーチ⇔サンタモニカプレイス⇔UCLA
Line 3 「Montana Ave. & Lincoln Blvd.」- ロサンゼルス国際空港(LAX)⇔ベニス高校⇔サンタモニカプレイス⇔UCLA
Line 4 「San Vicente Blvd. & Carlyle Ave.」 - サンタモニカプレイス⇔サンビセント通り(循環)
Line 5 「Olympic Blvd.」 - サンタモニカプレイス⇔センチュリーシティーショッピングセンター⇔リンポウ操車場
Line 7 「Pico Blvd.」 - サンタモニカプレイス⇔サンタモニカ・カレッジ⇔ウェストサイドパビリオン⇔リンポウ操車場
Line 8 「Ocean Park Blvd.」 - サンタモニカプレイス⇔サンタモニカ・カレッジ⇔ウェストサイドパビリオン⇔UCLA
Line 9 「Pacific Palisades」 - サンタモニカプレイス⇔サンタモニカ市北部
Line 10 「Freeway Express」 - サンタモニカプレイス⇔フリーウェイ使用⇔ロサンゼルス市中心部
Line 11 「14th & 20th Crosstown」 - サンタモニカ・カレッジ⇔リンカーンミドルスクール(循環)
Line 12 「Westwood & Palms」 - UCLA⇔ウェストサイドパビリオン⇔パームス地区⇔リンポウ操車場
Line 13 「Cheviot Hills」 - ウェストサイドパビリオン⇔ランチョパーク地区⇔リンポウ操車場
Line 14 「Bundy Dr. & Centinela Ave.」 - マリナデルレイ⇔サンタモニカ市営空港⇔ブレンドウッド地区⇔ゲティ・センター前
ちなみに、Line 3、Line 7、Line 12は特急の運行がある。

また、それを補完するようにメトロバス(Metro)もある。

空港[編集]

空港はロサンゼルス国際空港の利用が一般的だが、市の保有するサンタモニカ空港もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]