ノースリッジ地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崩れた高速道路
倒壊した商業施設
道路の被害

ノースリッジ地震(ノースリッジじしん、Northridge earthquake)は、1994年1月17日午前4時30分55秒(太平洋標準時)、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市ノースリッジ地方で発生した地震である。ロサンゼルス地震とも呼ばれる。モーメントマグニチュードは6.7だが、震源は14.6キロと、極めて浅い。被害を受けた人は、死者57名、負傷者 約5,400人、入院1,467名にのぼる。また、高速道路が崩壊するなどの被害を受け、米国史上最も経済的損害の大きい地震となった。

概要[編集]

震央はサンフェルナンドバレー、当初ノースリッジ地方と考えられ(後に実際にはレセダ地方で起きたと示された)、ロサンゼルス中心部からは北東に32kmの位置にある。米国地球物理学データセンター(NGDC)は震央の地理座標を北緯34.213度、西経118.537度、エルクウッド通りの端、ベアド通りの東と決定した。

被害は77 km離れた所まで達し、最も大きな被害はサンフェルナンドバレー西部とサンタモニカ市で生じた。高速道路での主だった被害は震央から32 kmまで達した。米国国道10号(サンタモニカ高速道路)とカリフォルニア州道14号(アンテロープバレー高速道路)は完全に破壊され、再建が必要となった。

この地震によって幾つかの商業施設が倒壊したが、地震発生が早朝であったことと、その日が合衆国祝日であるマーティン・ルーサー・キング誕生日であった為、死傷者は最低限に留まったと考えられる。また、カリフォルニアでの地震活動は以前から知られており、地元の建築基準法により地震による構造崩壊の危険性を低減する為の構造設計が義務付けられていた。実際、倒壊した建築物の一つは基準法に違反していた。

被災建築物の調査により、鋼構造が予期していた程には効果的でなかったこと判明した。この調査結果を元にして、建築基準法の見直しが図られた。

地震は衝上断層によるもので、加速度は広範囲で1.0Gに達した。多くの被害は横揺れによってもたらされたが、被害の一部は火災と地形変形によってももたらされた。地面が50 cm上昇した地域もある。

この地震はカリフォルニアで起きた、甚大な被害をもたらした地震の中では、3つ目にあたる。1つ目は23年前の1971年に発生した、サンフェルナンド(シルマー)地震(Mw 6.6)である。2つ目はサンフランシスコの南で発生した、1989年ロマ・プリータ地震(Mw 6.9、リヒターマグニチュード7.1)である。米国全体で見ると、1994年ノースリッジ地震は1906年サンフランシスコ地震以来最大の被害をもたらした。経済的損失においては、米国史で最悪の自然災害の一つであり、1992年ハリケーン・アンドリューに匹敵する。

幾つかの重要な病院は建物被害がひどく、地震後に使用不能となった。地域のけが人を受け入れられないばかりか、もともと病院に入院していた患者が搬送されることとなり、地震に耐えた他の病院には大きな負担となった。その結果、州議会は全てのカリフォルニア州の病院が救急医療部と救急室が耐震構造を持つことを定めた法律を2005年1月1日に通過させた。

また、この災害で捜索救難復興に威力を発揮したのが、1979年に組織されたアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)であった。FEMAはその初期から世界各国の同様の機構の手本となっており、有数の地震国であり、かつ台風異常気象による水害も少なくない日本でも検討された時期があったが、先送りが続くうち、いつしか立ち消えとなってしまった。

参考文献[編集]

座標: 北緯34度12分47秒 西経118度32分13秒 / 北緯34.213度 西経118.537度 / 34.213; -118.537