マーゴ・ヘミングウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーゴ・ヘミングウェイ
Margaux Hemingway
マーゴ・ヘミングウェイMargaux Hemingway
本名 Margaux Louise Hemingway
生年月日 1954年2月16日
没年月日 1996年7月2日(満42歳没)
出生地 オレゴン州ポートランド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Erroll Wetson (1975-1978)
Bernard Foucher (1979-1987)

マーゴ・ルイーズ・ヘミングウェイ(Margaux Louise Hemingway, 1954年2月16日[1]1996年7月2日)は、アメリカモデル女優

略歴[編集]

オレゴン州ポートランド生まれ。作家アーネスト・ヘミングウェイは祖父、女優のマリエル・ヘミングウェイは妹。名前の「マーゴ」は、祖父であるアーネストが好んでいたワインシャトー・マルゴーから付けられた(マルゴーの英語読み発音が「マーゴ」となる)。

女優のみならずモデルとしても成功するなど名声を得たが、私生活では双極性障害を患っていたと思われ、また2度の離婚を経験するなど恵まれず、アルコール依存症もあって、1996年7月2日に抗不安薬の大量摂取により死亡した[2]。自殺と見られている。奇しくもこの日は、35年前に祖父が猟銃自殺を遂げた日と同日だった。

出演作品[編集]

  • リップスティック Lipstick (1976年)
  • キラーフィッシュ 恐怖の人喰い魚群 Killer Fish(1978年)
  • ニュー・アメリカン・ヒーロー/ 笑龍密使 They Call Me Bruce? (1982年)
  • 黄昏のブルックリン・ブリッジ Over the Brooklyn Bridge (1984年)
  • キリング・マシーン/怒りの暴走 Killing Machine (1986年)
  • スキャンダラスな女/愛と欲望の私生活 Inner Sanctum (1991年)
  • Frame-Up II: The Cover-Up (1992年)
  • アナザー・ルームメイト Double Obsession (1992年)
  • Deadly Rivals (1993年)
  • Dangerous Cargo (1996年)

その他[編集]

日本では1976年にテレビ放映されたアヲハタマーマレードのCMに出演したことがある。ゴダイゴの「モーニング・アフター」をBGMに、ベッドシーツにくるまりながらスプーンでジャムを口にするCMが話題になった。 また、大塚製薬の「ポカリスエット」のCMにも出演している。

脚注[編集]

  1. ^ Margaux Louise Hemingway (1954 - 1996) - Find A Grave Memorial”. 2010年3月19日閲覧。
  2. ^ Margaux Hemingway committed suicide, coroner rules”. CNN.com (1996年8月20日). 2008年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]