ポカリスエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポカリスエット
ロゴ
種類 スポーツドリンク
製造元 大塚製薬
販売元 大塚製薬
発祥国 日本
販売開始 1980年
公式サイト 大塚製薬ホームページ

ポカリスエット (POCARI SWEAT) は、大塚製薬から発売されている清涼飲料水日本においては同社の登録商標(第1574161号ほか)である。日本におけるスポーツドリンク普及の起爆剤になった。大塚製薬はポカリスエットをスポーツドリンクでなく、発売当時より 「発汗により失われた水分、イオン(電解質)をスムーズに補給する健康飲料」としている。略称は「ポカリ」。

開発における商品コンセプトは「飲む点滴」で、ヒトの体液に含まれる7種類のイオン(陽イオン (mEq/l) Na+:21,K+:5 ,Ca2+:1 ,Mg2+:0.5、陰イオン (mEq/l) Cl-:16.5, citrate3-:10, lactate-:1)を含有する。

概要[編集]

中国語圏の「宝砿力水特」(寶礦力水特 / 宝矿力水特

昭和55年(1980年)年4月に245 g缶、6月に1L希釈用のパウダータイプで発売された[1]。価格は缶タイプで当時120円(この時点のコカ・コーラ社製品の250 ml缶は100円であった)。

発売当初、ポカリスエットのキャッチフレーズは「アルカリイオン飲料」であったが、「内溶液のpHアルカリ性を示す」との誤解を招きかねないため、現在は 「イオンサプライドリンク」とショルダーフレーズを変更している。ショルダーフレーズは下記の通り変遷されている。

  • 1980年 - :イオン飲料アルカリ性・アルカリイオン飲料
  • 1983年 - :アイソトニック飲料
  • 1984年 - :イオンサプライ
  • 1992年 - :リフレシュメント・ ウォーター
  • 1999年 - :ボディ・リクエスト
  • 2002年 - :イオンサプライドリンク

ヒトの体液に近い組成と浸透圧の生理食塩水リンゲル液)が、発汗によって失われた水分を補給するのに効率が良い事は、旧日本陸軍など様々な研究機関で研究されていた。アメリカ合衆国では、そうしたリンゲル液を飲みやすい味に仕上げたスポーツドリンクとして、ゲータレードが商品化されていた。

昭和48年(1973年)、オロナミンCの開発を担当した研究員の播磨六郎がメキシコ出張で水にあたり、ひどい下痢になり医者に掛かったものの抗生物質を処方されただけで、あとは水分補給のためジンジャーエールを飲みなさいと指示されただけだった。これは下痢にジンジャーエールが効くということではなく、当時のメキシコにはミネラルウォーターがあまり売っていなかったためである。このとき、体にすぐ吸収される飲料が商品化できないかと思い立った。帰国後、後に社長に就任する大塚明彦にこの事を報告すると、「そういう商品もポツポツいるな。」と言う返事が返ってきた。実はこの時すでに大塚明彦は雑誌の記事でアメリカでゲータレードが発売されたことを知っていたのである。そして大塚が社長に就任したあと開発がスタートした。[2]多くの人に飲んでもらえるようにとスポーツドリンクではなく日常生活の中で飲む飲料を目指した。

大塚製薬は元々、病院などで使用される点滴用のリンゲル液を手がけており、グループ会社である大塚製薬工場は輸液(点滴)の分野では国内生産のシェアが一番多く、先行商品であるゲータレードがリンゲル液の組成に近い事はすぐに判明した。また長時間の手術を終えて疲労した医師が水分補給にリンゲル液を飲用している事実も知っていた。そのため、その自社のリンゲル液を元にして開発が進められた。各種イオン濃度は綿密に調整され、ヒトの体液に極めて近い組成及び浸透圧になっている(「アイソトニック飲料」という用語もここから生まれた)。また、先行商品であるゲータレードに対抗するために、食味の研究も入念に行われ、赤穂塩味饅頭をヒントに塩味と甘みの絶妙のバランスを図った。

無果汁と表記されているが、苦味を和らげる為に果汁を使用していることが知られており、グレープフルーツ等少量の果汁が使用され、原材料には「果汁」と表記されている。なお、果汁5%未満であれば無果汁表記と果汁%表記が選択できるため、法律上は不当表記ではない。しかしこのようなケースでは、ほとんどの製品が果汁%表記を選択するのが普通なので、不思議に思われることが多い。大塚ベバレジ(現在は大塚食品)のマッチでも同様である。

「味覚感がない」という理由から飲料水パッケージにはほとんど採用されてこなかった青色を、缶デザインに初めて大々的に取り入れる斬新なデザインで清涼感を強く打ち出し、後のスポーツ飲料のイメージを決定付けた。

現在は日本や東南アジアをはじめ、多くの国で発売されている。大塚製薬によれば「食品分野の日本製品で、これだけ国際的な知名度を持つ製品は少ない」とのこと[3]。ただ、アメリカ合衆国(米国)など英語圏の国々では商品名が「スウェット=汗」(=臭い)を連想させる、と指摘されることもある。米国内でスポーツドリンクといえば、老舗のゲータレードの方が強い。

日本では日本コカ・コーラが発売するアクエリアスが長年にわたり最大のライバル商品となっている。ポカリスエットは甘味が強く、アクエリアスは酸味が強い[4]

リトルリーグなどの統括団体日本少年野球連盟の公認スポーツドリンクである[5]

平成19年(2007年)頃から環境問題に配慮してすでに販売している製品の一部でエコボトルを採用している[6][7]

製品ラインナップ[編集]

日本国内[編集]

  • ポカリスエットペットボトル 200ml
  • ポカリスエットペットボトル 500ml
  • ポカリスエットペットボトル 900ml
  • ポカリスエットペットボトル 1.5L
  • ポカリスエットペットボトル 2L
  • ポカリスエット缶 245ml
  • ポカリスエット缶 300ml
  • ポカリスエット缶 340ml
  • ポカリスエット缶 480ml
  • ポカリスエット1L用粉末
  • ポカリスエット10L用粉末
  • ポカリスエットスクイズボトル
  • ポカリスエット15L用ジャグタンク
イオンウォーター ペットボトル 500ml

2013年4月より、甘さとカロリーを抑えた「ポカリスエット イオンウォーター」がリニューアル発売された[8]。ラベルのデザインは、かつて販売されていた「ポカリスエット ステビア」の缶の色とほぼ同様の水色である。

  • ポカリスエット イオンウォーター ペットボトル 200ml
  • ポカリスエット イオンウォーター ペットボトル 500ml
  • ポカリスエット イオンウォーター ペットボトル 900ml

エピソード[編集]

  • ポカリスエットの製品化の話が持ち上がった際、会議で一部役員から商品として弱い、売れないなどの否定的な意見が出る中、サンプルを見た大塚明彦社長(当時)の「これは売れる」という鶴の一声で一気に話が進んだという。
  • 販売開始初年度、未知の味にセールスが不調で、オロナミンCを置いてもらっている店でも「売れる気がしない」と、なかなか置いて貰えなかった。テントを立てて1杯100円で試験販売しても不評だった。そこで、無料配布(今で言うサンプリング)を1年間(スポーツ競技会・イベントなど効果的な場を選んで)続けた結果、それまで横ばいだった売れ行きが、2年目の夏、一気に売れ始めた(初年度の無料配布では40億以上もの損失をしたとの事)。現在も夏場にはポカリスエットの無料配布を続けている[9]
  • 広告などが全て刷り上って準備万端の発売寸前に、グループ会社である大塚食品の社員から「食品関係のパッケージに青は絶対に使わない」と言われ、商品に関わったものたちは順調な売れ行きを知るまでの期間を戦々恐々として過ごした。
  • 「概要」でも述べたとおり、発売当初は缶タイプで120円だったが、1983年に日本コカコーラアクエリアスを250ml缶100円で発売したのに対抗して、1984年2月から100円に値下げされた。このとき、「余った20円は、思う存分使ってください」という値下げを伝えるCMが放送された。
  • 石原裕次郎1981年に心臓の手術を受けた後、「喉が渇いている、ポカリスエットが飲みたい。」と筆談でしきりに懇願し、兄の慎太郎が記者たちの前でそのことを口にしたところ、その日からポカリスエットの売上が急増し、大塚製薬からはトラック1台分のポカリスエットが病院に届けられ、兄の家には数ケース分のポカリスエットが届けられたという。これが縁となってか、大塚製薬は「21世紀の石原裕次郎を探せ!」オーディションの冠スポンサーを務めている。
  • ポカリスエットの「ポカリ」は、明るくさわやかな響きを持つ言葉としてつけたもので、特別な意味はない。「スエット」は文字どおりの「汗」の意味で、体から目に見えて失われる「汗」を表し、水分やイオンの大切さを訴えることからつけられた[10]。なお、日本体育協会や厚生労働省の推奨するナトリウム濃度と合致している。
  • 海外展開も積極的に行っている。インドネシアでは、2006年に製造本数として2億3,000万本を達成し、国民1人あたり1本以上という年間消費量を達成した(P.T.アメルタインダ大塚の項も参照のこと)。
  • 乳幼児用の清涼飲料「ビーンスタークポカリスエット120mlびん」にかびが混入していたことが2011年7月1日に明らかになった。約23万本が自主回収された[11]。--

パッケージデザイン[編集]

「POCARI SWEAT」のロゴデザインは、世界的タイポグラファーヘルムート・シュミットによるもの。発売2年目から本格的に広告展開を始めるにあたり、グラフィックデザイナー細谷巌によりパッケージ全体がリニューアルされ、現在使われているものと同じになった。具体的には、「POCARI SWEAT」のロゴの大きさと文字の間隔の修正、イメージカラーの青色の修正など。海の青と波の白をイメージし当時としては、斬新とされたマリンブルーの色彩を使用した。1998年より日本サッカー協会が競技中のスポーツドリンクとしてポカリスエット使用を承認した。 2002年2月米国医師会の学術誌であるJournal of American Medical Association(JAMA)誌2月20日号に、大塚製薬と日本航空の研究グループが行った「糖電解質飲料(ポカリスエット)が、長時間航空機に搭乗する場合の血液粘度上昇に与える影響」についての論文にてエコノミークラス症候群対策に有用と掲載された。[12]

コマーシャル[編集]

販売開始時のキャッチコピー(缶に書かれたショルダーネーム)は「イオン飲料アルカリ性」。発売2年目より本格的に広告展開を始める。

テレビCM[編集]

1981年頃より、欧米の女性モデルや女優をイメージキャラクターとしてCMに起用した。外国人を起用し、外国で撮影されたのは大塚製薬初だった。初代:フランチェスカ・マクベス(イギリスのモデル。1981年~1982年(1983年?))、二代目:マーゴ・ヘミングウェイ(女優。1983年)、三代目:エバ(スウェーデンの人。1984年)、ソフィー・デュエズ(フランスの女優。1985年)など。 この時期のCM曲はしばしばCMオリジナル曲が使われており、レコード化・CD化されていない曲が少なくない。

1986年に、「第1回ポカリスエット・イメージガール・コンテスト」で応募者12,000人の中から優勝した森高千里糸井重里と共演したCM[13]が話題となった。森高千里主演のポカリスエット・ムービーキャラバン第1作「あいつに恋して」は興行的に成功しなかった。その後同1986年、時のトップモデルであったシンディ・クロフォードを起用し、中世の騎士風の衣装を身に纏いを振りかざすダイナミックな演出が注目される。1988年からはCMキャラクターに宮沢りえ、続いて一色紗英中山エミリらを起用する傍らで、CMソングは織田哲郎ZARDB'zらを擁するビーインググループとタイアップし、多くのヒット曲を生み出した。

当初から夏期はイメージを、冬期は機能を前面に押し出すCM戦略をとっている。

2001年10月には国際宇宙ステーション内でCMを撮影。2002年の年始からキャンペーン「PLANET BLUE」として放映した。

2005年のCMキャッチコピーは「一緒に生きてく水」。

2006年のCMキャッチコピーは「RE-BODY」(リボディ)。

2007年のCMキャッチコピーは「ACTION」(アクション)。企画、制作は電通。クリエーティブディレクター小松洋支、プランナー高崎卓馬、アートディレクター高橋秀明小島義広

2008年のCMキャッチコピーは「汗を楽しめ!! FAST SUPPLY,KEEP LONG!」( - ファストサプライ、キープロング)。

2009年のCMキャッチコピーは「KEEP YOU BEST」( - キープユーベスト)。

CM出演者[編集]

太字は2013年現在の出演者

男性
マット・ビオンディ糸井重里舘ひろし江川芳文菅谷栄二池内博之浅里昌吾三谷幸喜勝地涼ジャン・レノ金城武森且行草刈正雄福山雅治鮎川誠ヒロミ玉木宏寿里中村俊輔中村竜平岡祐太香取慎吾北野武ダルビッシュ有長友佑都
女性
フランチェスカ・マクベスマーゴ・ヘミングウェイ、エバ、ソフィー・デュエズシンディ・クロフォード石原真理子森高千里斉藤慶子宮沢りえ一色紗英中山エミリおくはらあい坂上みき鈴木杏後藤理沙上村時恵高沢れい子YUKIJUDY AND MARY)、松井真朝子加藤夏希MIMI綾瀬はるか川口春奈
グループ
ローリング・ストーンズSMAPDREAMS COME TRUEJKT48インドネシア版のみ)

因みに1998年に森且行が出演、2007年に森以外、つまり現行のSMAPメンバーが順次出演するので、9年間の間を挟みつつも「森脱退後に森を含むSMAP6人が同じ商品(=ポカリスエット)のCMに出た」ことになるはずだったのだが、木村拓哉他社の清涼飲料水のCMに出演していたため、他社の清涼飲料水の契約が終わる6月まで実現しなかった。ちなみに草彅剛はイオンウォーターのCMにも出演している。

提供番組[編集]

  • 我が町バンザイ - 1980年代に東北地方の中波ラジオ局6局で放送されたラジオ番組。投稿が採用されたリスナーにポカリスエットをプレゼントしていた。
  • ブカツの天使 - 2008年4月から2010年3月31日まで日本テレビ系列ほかで放送されていたテレビ番組。

広告媒体[編集]

1997年12月に日本エアシステム(現日本航空)のジェット旅客機A300-600Rの機体 (JA8562) に「POCARI SWEAT」のロゴをデザイン。定期空路に用いる旅客機では日本初の機体広告となった[14]。これより以前に東亜国内航空時代の1982年には機内広告を掲出していた。

1989年2005年の夏期に軽飛行機による飛行機雲で文字を作り広告を行うスカイメッセージを実施した。

キャッチフレーズ[編集]

  • 1980年〜 アルカリイオン飲料
  • 1983年〜 アイソトニック飲料
  • 1984年〜 イオンサプライ
  • 1992年〜 リフレッシュメントウォーター
  • 1999年〜 ボディリクエスト
  • 2002年〜 イオンサプライ

歴代CM曲[編集]

備考[編集]

  • 発売当時のキャンペーン広告の企画・コピーはライトパブリシテイコピーライターで現会長の秋山晶が担当していた。ちなみにパッケージデザイン担当の細谷巌は、この他にも大塚製薬から発売されているカロリーメイトシンビーノのパッケージデザインも担当している。
  • ポカリスエット15周年記念キャンペーンで「みんなの夢航海」が実施された。
  • ポカリスエットのCMは、韓国台湾中国香港インドネシア中東でも放送されている。台湾、中国では、日本と同じスポットが放送されている。音声は差し替え。香港では独自のCMが制作、放映されている。
  • ポカリスエットは2006年12月にカタールドーハで行われたアジア競技大会(アジア大会)の公式飲料となっていた。大塚製薬はアジア大会では、1998年バンコク大会2002年プサン大会に続いて3度目のスポンサーとなった[15]
  • アジアサッカー連盟のスポンサーであり、FIFAワールドカップアジア予選(本選はコカ・コ-ラがオフィシャルスポンサー)やAFCアジアカップのオフィシャルドリンクとしてポカリスエットのボトルがピッチに置かれている。
  • Dragon Ashの『休日』の歌詞にも登場する。
  • 2007年の大塚製薬主催のコンサート「エキサイティング・サマー・イン・ワジキ」でトリを勤めたHOME MADE 家族はアンコール後最後の曲の歌詞を「ポカリスエット」と変更して歌唱した。
  • ZARDの追悼ライブツアー"What a beautiful memory 2008"においては、終演後に来場者宛に500mlペットボトルが供されている。また「ZARD 坂井泉水 展 "What a beautiful memory"」においても来場者に供された。
  • ケツメイシのライブツアー「ドキッ!オヤジだらけの歌合戦 目指せ金メダル2008 ポロリもあるよ!?」でも、一部の会場で終演後に来場者宛に500mlペットボトルが供されている。
  • UVERworldの2008年のライブツアーでもペットボトルが配られている。また、2008年12月のUVERworldの日本武道館公演および大阪城ホール公演もポカリスエットが提供している。

関連商品[編集]

ポカリスエット イオンウォーター
2006年6月5日発売[16]。2013年4月8日に新登場として再度販促を行う[17]。水分とイオンの吸収スピードを変えずに、カロリーを抑え、日常的に飲める甘さに仕上げた製品。CM出演は片瀬那奈(2006年)、深田恭子(2013年)。
ポカリスエットステビア
1990年発売。ステビアの葉から抽出した天然甘味料を使用。カロリーは100ml当たり11kcal。ポカリスエットが青を基調としたデザインであるのに対して、こちらは水色を基調としていた。2007年4月に終売。
ホットポー
粉末をお湯で割って飲む、「ホットポカリスエット」。冬に大々的に売り出された。
ビーンスターク・ポカリスエット
乳児用に濃度を薄めたもの。果汁入り。販売者は大塚製薬名義だがビーンスターク・スノー扱い商品。
ペットスエット
動物用。グループ会社のアース・バイオケミカル株式会社から発売。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポカリの歴史|ポカリスウェット公式サイト”. 大塚製薬. 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ 『大塚製薬ヒット商品のつくり方』 日守雅彦 講談社 1989年
  3. ^ 日本経済新聞電子版2010/12/13 13:02
  4. ^ 【味覚センサー】ポカリスエット派vsアクエリアス派の正体に迫る? - 味博士の研究所(鈴木隆一)、2014年6月18日
  5. ^ 「ポカリスエット」、(財)全日本軟式野球連盟 2009年度オフィシャルドリンクパートナーに決定”. 大塚製薬 (2009年4月13日). 2013年4月20日閲覧。
  6. ^ 「ポカリスエット」500mlペットボトル(エコボトル)平成19年度容器包装3R推進環境大臣賞「最優秀賞」受賞”. 大塚製薬 (2007年10月18日). 2013年4月20日閲覧。
  7. ^ 「ポカリスエット」900ml ペットボトル500mlに続き、エコボトル採用 容器重量 約30%をリデュース”. 大塚製薬 (2009年7月9日). 2013年4月20日閲覧。
  8. ^ ”もうひとつのポカリスエット”軽やかな甘さ、後味スッキリ、カロリーオフ 「ポカリスエット イオンウォーター」 4月8日新登場(大塚製薬 2013年4月4日 2013年6月26日閲覧)
  9. ^ ルビコンの決断. テレビ東京系. 2009年8月27日放送. 2013年2月27日閲覧。
  10. ^ よくあるご質問”. 大塚製薬  . 2013年4月27日閲覧。 “"ポカリ"は、語感の軽い明るい響きを持つ言葉としてつけたもので、特別な意味はありません。"スエット"は"汗"の意味で、水分補給の大切さを訴えるために、からだから目に見えて失われる"汗"を表しています。”
  11. ^ “乳幼児用ポカリの一部、カビ混入で自主回収”. 日テレNEWS24. (2011年7月1日). http://www.news24.jp/articles/2011/07/01/06185609.html 2013年4月26日閲覧。 
  12. ^ エコノミークラス症候群対策にポカリスエットが有用”. NikkeiBpnet (2002年2月27日). 2013年6月1日閲覧。
  13. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日号 74-77頁 緊急連載 私がオバサンになっても 前編
  14. ^ 出典: 1997年8月19日日本経済新聞
  15. ^ 「第15回アジア大会ドーハ2006」ポカリスエット 公式スポーツ飲料”. 大塚製薬 (2006年4月7日). 2013年4月20日閲覧。 “1998年にバンコクで開催された第13回大会と2002年に韓国・釜山で開催された第14回大会にスポンサー企業として参加しており、ドーハで開催される第15回アジア大会ドーハ2006で三度目のパートナーシップ契約となります。”
  16. ^ 飲むほど、クリアなカラダへ「ポカリスエット イオンウォーター」3アイテム 6月5日 新発売”. 大塚製薬 (2006年5月25日). 2013年4月20日閲覧。
  17. ^ “もうひとつのポカリスエット” 軽やかな甘さ、後味スッキリ、カロリーオフ「ポカリスエット イオンウォーター」 4月8日新登場”. 大塚製薬 (2013年4月4日). 2013年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]