暑中お見舞い申し上げます

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暑中お見舞い申し上げます
キャンディーズシングル
収録アルバム Candy Label
B面 オレンジの海
リリース 1977年6月21日
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:喜多條忠
作曲:佐瀬寿一
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 1977年度年間39位(オリコン)
キャンディーズ シングル 年表
やさしい悪魔
(1977年)
暑中お見舞い申し上げます
(1977年)
アン・ドゥ・トロワ
(1977年)
収録アルバムCandy Label
ガラスの星
(5)
暑中お見舞い申し上げます
(6)
ふりむかないで
(7)
テンプレートを表示

暑中お見舞い申し上げます」(しょちゅうおみまいもうしあげます)は、1977年6月にリリースされたキャンディーズの14枚目のシングル。

解説[編集]

  • 同曲がヒット中だった1977年7月17日日比谷野外音楽堂でのコンサート中に「普通の女の子に戻りたい」と発言、突然の解散宣言を発表する。約8か月後の1978年4月4日に開催された後楽園球場の「ファイナルカーニバル」で解散した。
  • イメージキャラクターを務めた郵政省(現・JP日本郵便)の暑中見舞い葉書(現在の通称は「かもめ〜る」)のCMソングに起用された。
  • 解散コンサート時点でのシングル売上は累計32万枚(CBS・ソニー調べ)[1]
  • サビは3声和音でそれ以外はユニゾンソロである。
  • 1メロ後にランがコーラスで「うっふん」という呟きを入れているが、当時のコンサートやライブでは親衛隊を初めとする客が復唱するのが定番であった。
  • 「暑中お見舞い申し上げます」、「オレンジの海」ともに9月リリースのアルバム『Candy Label』に収録された。
  • 「暑中お見舞い〜」には、没になったテイクとして、常富喜雄(元ザ・リガニーズ)が作曲したテイクが存在していた。常富バージョンは長期間お蔵入りになっていたが、デビュー25周年・解散20周年記念のCD-BOX『CANDIES HISTORY 〜Best Selection Box 1973-1978〜』(1998.9.9)に「暑中お見舞い申し上げます Part 2」というタイトルで陽の目を見た。
  • 2011年「toto BIG」CMで森三中が、この曲の替え歌「BIG発売申し上げます」と歌っている。

収録曲[編集]

  1. 暑中お見舞い申し上げます(2分58秒)
  2. オレンジの海(3分22秒)

収録作品[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キャンディーズ シングル売上一覧日刊スポーツ新聞社、2011年4月21日23時0分。大本の出典は『日刊スポーツ』1978年4月5日付。

関連項目[編集]