TRICERATOPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TRICERATOPS
基本情報
別名 トライセラ
出身地 日本の旗 日本 東京
ジャンル ロック
ポップ
オルタナティヴ・ロック
活動期間 1996年 -
レーベル エピックレコードジャパン
1997年 - 2001年
ビクターエンタテインメント
(2002年 - 2007年)
tearbridge records
(2008年 - )
事務所 トリニティー・アーティスト
公式サイト TRICERATOPS
メンバー
和田唱 (ボーカルギター)
林幸治 (ベース)
吉田佳史 (ドラムス)

マイケル・ジャクソン
ビートルズなど

TRICERATOPS(トライセラトップス)は、日本スリーピースロックバンド。 略称はトライセラ

経歴[編集]

1995年10月、和田唱が友人の紹介で出会った林幸治と曲作りを始める[1]。翌年2月に知人を介して吉田佳史と出会い、セッションで意気投合したことからTRICERATOPSの結成に至った[1]。同年の5月に初デモテープのレコーディング、7月に渋谷La.mamaで初ライブを行う[1]

1997年にbounce recordsよりミニアルバム『TRICERATOPS』のリリースを経て、同年7月にシングル「Raspberry」でエピックレコードジャパンよりメジャーデビューを果たす[1]

1999年、シングル「GOING TO THE MOON」がポカリスエットのCMに起用されると、バンドの知名度が一気にアップし、同作はオリコンシングルチャートのトップ5にランクインした。同年に発売されたアルバム『A FILM ABOUT THE BLUES』もバンド最大のヒットを記録し、同アルバムのツアーファイナルで初の日本武道館公演を行った。

2002年ビクターエンタテインメントにレーベルを移籍。ビクター在籍中にシングル9枚、オリジナルアルバム4枚、ライブアルバム1枚を発表する。

2008年、レーベルをtearbridge recordsに移籍することを発表。2012年にバンド結成15周年を迎えた。

メンバー[編集]

和田唱(わだ しょう、1975年12月1日 - )
  • ボーカルギター担当。東京都渋谷区出身。文化学院専門課程美術科出身[2]。O型。身長171cm。
  • ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を行っている。レコーディングでは楽曲に応じてピアノキーボードもプレイする。無類のビンテージギター好きであり、一時はかなりの数のオールドギターを所有していたが、現在は「本当に必要なギターだけを手元に」「ギターは使ってあげてこそ」との思いから、その多くを手放したという。公式サイトでは現愛機のほとんどを本人の解説付きで公開している。
  • 父はイラストレーター和田誠、母は料理研究家でシャンソン歌手平野レミ、弟はCMプランナーの和田率。デビュー前の1992年に、平野が執筆した子供向け料理本のイラストを弟の率と共に書いており(和田は食器や食材の絵を担当)、作品にも名前がクレジットされている[3]
  • 土岐麻子川口大輔とは渋谷区立西原小学校時代の同級生である[4]。土岐とは当時は同じクラスになった事が無かったため、一回も喋った事が無かったというが、後に2009年5月21日Billboard Live Tokyoで行われた土岐のライブに和田がゲスト出演したり、彼女のアルバムに和田が参加したり、交流が続いている。
  • ビートルズ・マニア。そして大のマイケル・ジャクソン好き。NONA REEVES西寺郷太とは「マイケル友達」でもある(SSTV「音知連」等で発言)。ライブではマイケルの楽曲をカバーした事もある。1988年、マイケル・ジャクソンが映画「ムーンウォーカー」で「カム・トゥゲザー」をカバーしたのがビートルズを聴くようになったきっかけ。本人曰く「ビートルズの話をするのは仕事じゃないから」と、ビートルズがらみの対談やインタビューは趣味感覚で受けている。[5]
  • ディズニーランドに対しての造詣が深く、思い入れが強い。しかし、ここ数年の同施設内のリニューアルや旧アトラクションと映画の新キャラクターを融合させる動きに対して否定的である。本人曰く「どんどん子供っぽくなっている」とのこと。
  • 趣味は映画鑑賞、古いオーディオ、車の改造、洋服、インターネット・オークション等。
林幸治(はやし こうじ、1976年7月24日 - )
  • ベースコーラス担当。東京都江戸川区出身。A型。身長183cm。
  • ベースに触れるキッカケは中学3年生の時に組んでいたバンド。当初はキーボードを担当していたが、メンバーの都合もあってベースを弾く事が多くなっていった[6]。家ではギターを弾いていることが多いという[6]。「Listen」、「Driver」など、一部楽曲で作詞作曲とボーカルを務めている。
  • 深沼元昭のソロプロジェクトであるMellowheadや、彼が在籍しているPLAGUESのサポートメンバーも務めている。
  • 基本的に夜型の人間で、ブログのアップは基本的に真夜中である。趣味は飲酒・料理・食べ歩き(※現在はすっかり規則正しくなっている。)。
  • 2010年7月23日のファンクラブ会報にて、結婚を報告した。
吉田佳史(よしだ よしふみ、1970年11月14日 - )
  • ドラムス・コーラス担当。愛知県名古屋市出身。A型。身長171cm。
  • 小学校3年生の時に母親の使っていた編み物の棒(編み針)を持って叩くようになったのが、ドラムを始めるキッカケとなった[7]。中学3年生の時に初めてドラムセットの前に座ったときにはいきなり8ビートや16ビートが叩けるようになっていたという[7]
  • TRICERATOPS結成前は「バーニッシュストーン・レコーディングスタジオ」のスタジオミュージシャンであった。当時CHAGE and ASKAのプロデューサーであった山里剛のアシスタントに付き、CHAGE and ASKAのアルバムなどの製作に参加したことがある。現在もバンド活動と並行して吉井和哉阿部真央高橋優など、他のミュージシャンのライブでサポートメンバーを務めている。
  • スタジオミュージシャン時代、音楽の道を諦め、実家に帰り、ペンキ屋の道に進もうと考えていた矢先、知人の紹介で和田と林に出会い、TRICERATOPSに加入した。
  • 既婚者であり、二児の父である。趣味にゲームを挙げており、ファミ通のインタビューで鬼武者を10時間でクリアしたエピソードや、製作期間中にドラクエⅦをプレイしていた事を話している[8]。建築塗装技士2級を持つ。かつてはヘビースモーカーであったが、現在は完全に禁煙している。

音楽性[編集]

  • デビュー当初から「ロックで踊る」ということをテーマとして掲げており[9]、メンバーもブログやインタビューで度々その点に触れていることがある[10][11][12]
  • また、ブラックミュージックに多く見られるリフを多用しており、4つ打ち(バスドラムが4/4拍子の拍毎にアタックされるリズム)のディスコ的リズムを用いた楽曲が多いのも特徴。代表曲「Raspberry」「FEVER」「GROOVE WALK」「ROCK MUSIC」などでもそのリズムが用いられている。和田も、過去にライブのMCで「日本のロックには、"リフ"が圧倒的に少ない。俺たちはデビュー以来、そこにはずっとこだわり続けてる」という旨の発言をしていたことがある[13]
    MADE IN LOVE』ではデジタルサウンドも導入している[14]
  • 数曲の例外を除いて、バンドの全曲にコーラス(ハーモニー)が入っていることも特徴である[15]。和田もTRICERATOPSについて「世の中の3ピースバンドの中で恐らく一番ハーモニーを多用するバンド」だと述べ、「楽器の音数が少ないので余計(ハーモニーは)大事だと俺は考えてる」とも発言している[15]
  • ソングライターある和田唱本人は「ロックバンド」と括った場合、圧倒的にブリティッシュ・ロック派であり、イギリスのロック・グループにフェイバリットを数多く挙げている。「アメリカのバンドは殆どがお洒落じゃない。(本人談)」 しかしこと「音楽」という括りで言えば大のアメリカ音楽ファンである。その趣味指向は40〜50年代のジャズからモータウン等のR&Bに代表される黒人音楽を筆頭に、白人が作ったミュージカル音楽やディズニーまで幅広い。
  • 和田はアメリカのロックバンドでもお気に入りはいる。ザ・ビーチ・ボーイズキッス(2000年の来日時にはポール・スタンレーのメイク&フル・コスチュームで東京ドームに行くほどの熱の入れようだった)近年はザ・ストロークスのファンである。

その他[編集]

  • GRAPEVINEとはデビューが同期であり、和田は「ずーっと共にこの音楽の道を歩んで来た、戦友的存在」だと発言している[16]。GRAPEVINEも同時期にデビューしたバンドの中でTRICERATOPSと仲が良いとインタビュー内で述べているなど親交がある[17]。デビューから11年目の2008年10月13日に新宿LOFTで初の2マンライブを行い、2012年に行われたTRICERATOPSの15周年ツアー、2014年の「DINOSAUR ROCK’N ROLL 6」でも2バンドによる対バンが実現した。
    NONA REEVESともデビュー時期が近く、知り合ってからの時期も長いことから親交があったものの、2012年にTRICERATOPSの15周年ライヴで対バンを行うまで、両バンドの2マンライブは実現していなかったという[18]
  • 2000年からバンド主催のイベント「DINOSAUR ROCK'N ROLL」を不定期に開催しており、複数のアーティストとの対バンを行っている。イベントはこれまで6回(2000年、2006年2007年2008年2011年2014年)行われている。
  • 多くの有名アーティストと共演してきた事でも知られる。和田は、デビュー時のシャイな自分達からは考えられないと発言しているが、その幅は新人から超大物まで、バラエティに富んでいる。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1997年7月21日 Raspberry ESCB-2031
2nd 1997年10月22日 彼女のシニヨン ESCB-2032
3rd 1998年1月21日 ロケットに乗って ESCB-2033
4th 1998年7月15日 MASCARA&MASCARAS ESCB-2034
5th 1998年10月7日 GOTHIC RING ESCB-2035
6th 1998年11月21日 FEVER ESCB-1936
7th 1999年2月24日 Guatemala ESCB-1946
8th 1999年5月19日 GOING TO THE MOON ESCB-1984
9th 1999年9月8日 if ESCB-2023
10th 1999年10月20日 SECOND COMING ESCB-2027
11th 1999年12月8日 UNIVERSE ESCB-2066
12th 2000年6月21日 GROOVE WALK ESCB-2138
13th 2000年10月25日 Fall Again ESCB-2185
14th 2001年7月4日 Believe the Light ESCB-2244 TRICERATOPS with LISA名義
15th 2002年5月1日 2020 VICL-35400
16th 2002年7月31日 Fly Away VICL-35420
17th 2003年11月19日 TATTOO VICL-35595
18th 2004年1月28日 ROCK MUSIC/赤いゴーカート VICL-35605
19th 2004年10月20日 Jewel VICL-35724
20th 2005年1月26日 THE CAPTAIN VICL-35764
21st 2006年3月22日 トランスフォーマー VICL-35975
22nd 2006年6月21日 33 VICL-36080
23rd 2006年9月21日 僕らの一歩 VICL-36159
24th 2008年7月2日 FUTURE FOLDER NFCD-27098(初回盤)
NFCD-27099(通常盤)
25th 2008年9月3日 LOONY'S ANTHEM NFCD-27113(初回盤)
NFCD-27114(通常盤)
26th 2009年10月7日 I GO WILD NFCD-27225(初回盤)
NFCD-27226(通常盤)
27th 2009年12月16日 爆音Time ~NO MUSIC, NO LIFE.~ NFC1-27217 タワーレコード限定販売
TRICERATOPS with 藤井フミヤ名義

配信限定シングル[編集]

  1. LET'S DIVE!(2007年11月21日)
    • 作詞・作曲:和田唱 編曲:TRICERATOPS
    • 現時点でまだCD化はされていない。
  2. シリンダーの中の夢(2007年11月21日)
    • 作詞・作曲:和田唱 編曲:TRICERATOPS
    • 後にアルバム「MADE IN LOVE」に収録された。ただし、アルバムに収録されたのは再録バージョンで、配信されたバージョンはCD化されていない。

アルバム[編集]

インディーズ[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1997年5月25日 TRICERATOPS BOUNCE-0029

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1998年3月21日 TRICERATOPS ESCB-1870
2nd 1998年12月2日 THE GREAT SKELETON'S MUSIC GUIDE BOOK ESCB-1929
3rd 1999年11月10日 A FILM ABOUT THE BLUES ESCB-2047
4th 2001年2月21日 KING OF THE JUNGLE ESCB-2200
5th 2002年10月9日 DAWN WORLD VICL-60960
6th 2004年2月18日 LICKS&ROCKS VICL-61298
7th 2005年3月2日 THE 7TH VOYAGE OF TRICERATOPS VICL-61574
8th 2006年11月1日 LEVEL 32 VICL-62144
9th 2008年10月8日 MADE IN LOVE NFCD-27124(初回限定BOX)
NFCD-27125(初回盤)
NFCD-27126(通常盤)
10th 2010年9月8日 WE ARE ONE NFCD-27124(初回限定BOX)
NFCD-27125(初回盤)
NFCD-27126(通常盤)

その他アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
2003年1月22日 TRICERATOPS GREATEST 1997-2001 ESCL-2376 ベスト・アルバム
2007年7月25日 DON'T STOP THE NOISE! The Best Singles & B-Sides 1997-2007 VICL-62454/62455 ベスト・アルバム
2008年2月20日 SHAKE YOUR HIP!! VICL-62761 ライブ・アルバム
2010年12月29日 WE ARE ONE -CERTIFICATE- NFCD-27298 ミニ・アルバム
2011年12月21日 LOVE IS LIVE NFCD-27327(初回盤)
NFCD-27328(通常盤) 
ライブ・アルバム
2012年7月18日 DINOSOUL -BEST OF TRICERATOPS- NFCD-27340(初回盤)
NFCD-27341(通常盤)
ベスト・アルバム
2013年2月6日
2013年1月26日
連載・おとといミーティング
TRICERATOPS ”12-Bar” BOOK+CD
- 企画イベント・アルバム

DVD[編集]

  1. LIVE! ”A FILM ABOUT THE BLUES”TOUR(2000年6月21日※VHSからの移植再発)
  2. マスカラ&マスカラス~TRICERATOPS SHORT FILMS~(2001年2月21日※同上)
  3. TRICERATOPS SHORT FILMS II(2001年2月21日※同上)
  4. TRICERATOPS SHORT FILMS III(2001年2月21日)
  5. TRICERATOPS GREATEST 1997-2001 LIVE HISTORY(2003年1月22日)
  6. LIVE WARP!!!(2006年1月25日)
  7. SHORT FILMS IV(2006年11月1日)
  8. TRICERATOPS "GOING TO THE MOON" -15th ANNIVERSARY SHOW at HIBIYA MUSIC BOWL-(2012年12月12日)

参加・楽曲提供作品[編集]

  • 野宮真貴「Lady Miss Warp」(2002年11月7日)
    • 10.YOU ARE MY STAR(和田唱 作詞作曲・コーラス・TRICERATOPSによる演奏)
  • YOSUI TRIBUTE(2004年11月10日)
    • 1.夢の中へ
  • LONDON PUNK 1977 Tribute Album(2004年3月17日)
    • 5.I'm so bored with the U.S.A
  • 松たか子「僕らがいた」(2006年4月26日)
    • 2.水溜まりの向こう(和田唱 作詞作曲・コーラス・TRICERATOPSによる演奏)
  • 松たか子「Cherish You」(2007年4月25日)
    • 3.惑星(和田唱 作詞作曲・コーラス・ギターソロ演奏)
  • Radiohead Tribute-Master’s Collection-(2006年11月22日)
    • 10.No Surprises
  • SPARKS GOGO「Good Fellas」(2007年9月5日)
    • 1.ハートのショップ(和田唱 作詞作曲・ギター・バッキング・ボーカル)
  • ユニコーン・トリビュート(2007年10月24日)
    • 3.ヒゲとボイン
  • 藤井フミヤ「F's KITCHEN」(2008年10月8日)
    • 6.キメゼリフ(和田唱 作詞作曲・コーラス・TRICERATOPSによる演奏)
  • 藤井フミヤ「F's シネマ」(2009年9月30日)
    • 7.ネオン(和田唱 作詞作曲・ギター・ベース・コーラス)
  • THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM(2009年12月9日)
    • Disc1-5.Jam
  • 土岐麻子乱反射ガール」(2010年5月26日)
    • 10.HUMAN NATURE(和田唱 デュエット・全演奏・編曲)
    • 12.Perfect You(和田唱 作曲・編曲・ギター・ピアノ)
  • ゆず2-NI-」(2011年2月16日)
    • 11.第九のベンさん(TRICERATOPS&ゆずによる演奏・コーラス)
  • SCANDALピンヒールサーファー」(2012年9月12日)
    • 1.ピンヒールサーファー (和田唱 作詞作曲・編曲)
  • 山下智久「A NUDE」(2013年9月11日)
    • 7.原始的じゃナイト ~アナログ ラブ~ (和田唱 作詞)
  • Kis-My-Ft2SNOW DOMEの約束/Luv Sick」 (2013年11月13日)
    • 1.SNOW DOMEの約束(和田唱 作詞)
  • SMAPYes we are/ココカラ」 (2014年4月9日)
    • 2.ココカラ(和田唱 作詞作曲)※初回限定盤BにおいてはM-1.

出演[編集]

コンサート[編集]

関連項目[編集]

  • Zepp Tokyo - 同会場の開業日にライブ(“THE GREAT SKLETONS MUSIC GUIDE BOOK”ツアーファイナル)を開催しており、同ライブがZepp Tokyoのこけら落しとなった[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]