Aqua Timez

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aqua Timez
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京都[1]
ジャンル ポップ・ロック[1]
ミクスチャー・ロック[1]
J-POP[1]
活動期間 2003年 -
レーベル EPIC Records Japan
事務所 SLIM SHOT(プロダクション尾木内)
公式サイト Aqua Timez Official Site
メンバー
 太志 (ボーカル
 大介 (ギター
OKP-STAR (ベース
mayuko(キーボードピアノ
TASSHI (ドラムス
旧メンバー
アビコ (ドラムス

{{{Influences}}}

Aqua Timez(アクアタイムズ)は、日本ロックバンド

概要[編集]

2003年平成15年)に東京都で結成[1]ボーカルギターベースキーボードドラムの5人で編成されているロックバンド。所属レーベルはソニー・ミュージックエンタテインメントEPIC Records Japan、所属事務所はプロダクション尾木内の「SLIM SHOT」。

略称は「アクア」など。バンド名の由来は結成当時存在していた「〜Timez」という情報誌から。「Aqua」は決めなければならない締切が近付いていて慌てて決めたものだったので特に意味はない。(SPACE SHOWER TV SUCH 出演時の発言より[いつ?])

2005年(平成17年)8月24日にミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』でインディーズデビューした。その後、2006年(平成18年)4月5日、ミニアルバム『「七色の落書き」』でメジャーデビューをした。

メンバー[編集]

太志ふとしボーカル担当。

  • 1980年5月10日(33歳)生まれ、岐阜県岐阜市出身、O型。岐阜県立長良高等学校
    Mr.Childrenが好きで、弾き語りをしたくなり、高校1年生の時に父親にギターを買ってもらって音楽を始めた。最初にコピーした曲は、Mr.Childrenの「終わりなき旅」。他に、Dragon Ash降谷建志BARBEE BOYSなどに影響された。
    AQUATIMES時代は「Futoshi」というローマ字表記の名前で活動していた。
    尊敬しているMr.Childrenの桜井和寿とはサッカーをして遊ぶサッカー仲間であり、小田和正関ジャニ∞安田章大スキマスイッチ大橋卓弥とはメール友達である。
    ほぼ全ての楽曲で作詞と作曲を手掛けている。普段思ったことを自分のメールアドレス宛てにタイトルを「言葉」にして送信している(それをパソコンに保存)。そして曲を作る際、「こんなことを感じてたんだな」と、過去の自分の気持ちを思い出すという。
    「ももこ」という名前のシーズー(本人は「もぉも」と呼んでいる)を飼っていたが、病気で亡くなっていたことが2010年7月7日のファンクラブ内のコラムで報告された。6歳上の姉がいる。 SOFFetやmiyake(mihimaru GT)、JAMILなどと仲が良い。ラーメンが大好物。

大介だいすけギタープログラミングコーラス担当。

  • 1977年4月12日(37歳)生まれ、福島県富岡町出身、O型。福島県立磐城高等学校中央大学出身。本名は長谷川大介で、AQUATIMES時代は「Daisuke」というローマ字表記の名前で活動していた。
    影響を受けたアーティストはX JAPANhide。また、彼がギターを弾き始めて、最初に練習した曲はX JAPANの『ENDLESS RAIN』のギターソロ。『僕らの音楽』でのゴールデンボンバーとの対談時に、同じX JAPANに影響を受けた者同士である喜矢武豊と意気投合した上、前述のソロを弾きたいがゆえにモッキンバードをわざわざ購入したとカミングアウトした。基本的にはエレキギターで演奏するが、『千の夜をこえて』や『いつもいっしょ』などではアコースティックギターで演奏している。
    ライヴの際、「ALONES」の最後の英語歌詞である「Why do we feel so alone anytime?」の部分は、彼が歌っている。『ダレカの地上絵』のレコーディングの際は、フェンダー・ストラトキャスターを使用している。最初は馴れなかったのだが、度々弾いていくうちにフェンダーの魅力に寄せられていったという。
    人とは異なる物を持ちたかった為、昔からギターは無名メーカーのものを好んで使用していたが、フェンダーのストラトキャスターを使用した際に、「王道といわれるものにはそれだけの理由がある」ということを知り、その後、ギブソン・レスポールを探し求め使用した。
    高校時代、5人でバンドを組み、小名浜で開催されたアマチュアバンド大会でグランプリに選ばれた。その時のメンバーの1人が大介である。しかし、グランプリに輝いた時、大介は39.6℃の高熱を出しており、その場に立ち会えず、楽屋に担ぎ込まれてそのまま帰ってしまったのだという。その時は、OKPから何度も電話が掛かって来た。最初は嘘だと思っていたが、何度も電話が掛かってくるので、本当だと確信したのだという。学生時代に熱を出したのはこの時だけ、だとか(音楽雑誌「B=PASS」にて)。

使用機材

  • エレクトリックギター
    • アーニー・ボール MUSIC MAN ジョン・ペトルーシ モデル(Black)
    • アーニー・ボール MUSIC MAN ジョン・ペトルーシ モデル(White)
    • フェンダー・ストラトキャスター(Red)-「しおり」や「ほんとはね」「虹」などのPVで使用している。
    • Shur(Red) -「Velonica」や「on the run」などのPVで使用している。
    • フェンダー・テレキャスター -「STAY GOLD」や「プルメリア〜花唄〜」などのPVで使用している。
    • ギブソン ES-335 -「最後まで」のPVで使用している。
    • ギブソン・レスポール 1959 Reissue(1997年製)-「絵はがきの春」のPVで使用している。
    • Fresher Les Paul Custom Type (Black) -「MASK」のPVで使用している。Bigsbyを装着している。
  • アコースティックギター
  • エフェクター
    • PROGRAMMABLE EFFECTS CONTROLLER PEC-2
    • FULLTONE FULLDRIVE2 MOSFET MB
    • Hughes & Kettner TUBEMAN
    • Mad Professor Sweet Honey Overdrive
    • Mad Professor Mighty Red Distortion
    • Coolmusic MD-6 MULTI EFX
    • LINE6 ECHO PARK
    • Providence CHRONO DELAY w/ANALOG MIXER & VITALIZER DLY-4
    • SONIC RESEARCH ST-200 Strobe Tuner Stomp Box
    • EVENTIDE TIMEFACTOR
    • EX-Pro PS-1 (POWER SUPPLY)
  • ピック
    • Dunlop Gator Grip Picks (.71mm)

OKP-STARオーケーピースターベースコーラス担当。

  • 1977年3月25日(37歳)生まれ、福島県いわき市出身、A型。福島県立磐城高等学校亜細亜大学出身。本名は岡田知久。
    ロックバンドメタリカに魅せられ、ベースを始める。高校時代は、大介と一緒にメタリカのコピーバンドをやっていた。ミュージシャンを目指していたため、全く就職試験を受けず、大学卒業後もアルバイトをしながら音楽活動をしていた。
    中学2年生の時、叔父や友達の兄など周りの人がギターをやっているのを見て、ギターを少しやっていた。しかし、自分が本当にやりたかったのはベースだったため、ベースを始めた。父親に、「早くギターに昇進できないのか」と言われた(『ミュージックステーション』で太志と本人の発言より)
    影響を受けたアーティストは、亀田誠治2008年5月9日の「ミュージックステーション」でThe THREEとして出演した亀田と念願の共演を果たした。本番終了後、亀田からピックを譲り受け、相当な感動を受けたという(ブログで本人の発言より)。
    COUNT DOWN TV」で「夏のかけら」を披露した際には、大介ではなく、本人がコーラスを担当した。なお、ライブでは頻繁にコーラスを担当する。
    ATELIER Zのベースを愛用している。モデルベースも作成してもらい活用している。(ブログ内での報告より)
    ミニチュアダックスフンドを飼っている。名前は「のん」。
    左腕に敬愛するバンド「METALLICA」のロゴと「PLAY IT LOUD(爆音でプレイしろ)」というタトゥーが入っている。アルバムの最初に収録されている曲のイントロ部分は自身が作っている。そのため、メンバーからは「イントロ職人」とも言われている。

使用機材

  • ベース
    • MODULUS Quantum 5(メイン)- 元々4弦ベースを使用していたが、ルックスに引かれて購入した5弦ベース
    • MODULUS Quantum 5 25th Anniversary Special Edition(サブ)
    • Rickenbacker 4003 JG-「千の夜をこえて」や「つぼみ」のPVで使用している。
  • エフェクター
    • BOSS Graphic Equalizer ADVANCED EQ EQ-20
    • HARTKE BASS ATTACK
    • Mad Professor Blueberry Bass Overdrive
    • INFINITY PRD. Bass Flogger - 「Mr.ロードランナー」などに使用するオートワウ。
    • EX-Pro PS-1 (POWER SUPPLY)

mayukoまゆこキーボードピアノ担当。1977年9月18日(36歳)生まれ、富山県富山市出身、A型。中央大学出身。

  • ピアノは、3歳から習い始めた。デビュー前、aikoのコピーバンドで活動しつつ、OLをしていたが、Aqua Timezの活動に専念するために退社した。突然のOKP-STARからの電話でメンバーに誘われ、ヘルプ感覚でメンバー入りした。
    ライヴでは、基本的に裸足で演奏する。普段はキーボードを担当しているが、「小さな掌」のPVではグランドピアノを演奏している。『ダレカの地上絵』シークレットトラック「hana〜Evalasting〜」では、ピアニカ を演奏した。
    昔はベーシストを目指していたこともあったが、OKPのベースを聴いた瞬間に、「自分には無理だ」と思い断念した(アクアトレインにて本人が告白)。
    好きなアーティストはaiko、影響を受けたアーティストは小島良喜
    mihimaru GTのhirokoとは、メル友である。音楽番組で共演した際に、hirokoからアドレス交換を頼まれたという。その後は、hirokoの誘いでmihimaru GTのライブにも足を運んだりしている。「"Music 4 Music tour 2010"」では、コーラスに挑戦した。

使用機材

  • キーボード
    • YAMAHA MOTIF ES7
    • YAMAHA MOTIF XS7
    • YAMAHA CP1 XS7
    • KORG OASYS
    • Clavia Nord Lead 2X
    • Clavia Nord Electro 3 61 - 「つぼみ」のPVで使用。
    • ULTIMATE AX-48 PRO (KEYBOARD STAND)

TASSHIたっしードラム担当。

  • 1978年8月21日(35歳)生まれ、高知県高知市出身、A型。土佐中学校・高等学校卒業。中央大学出身。本名は田島智之。
    メンバーになるまでは、プロ志向のビジュアル系バンドで活動していた(『トップランナー』より)。
    大学時代、大介とmayuko、OKPの1年後輩で、同じサークルに入っていた。
    七色の落書き」の発売後、元ドラムのアビコの脱退により加入した。
    以前に活動していたバンドを解散し、仕事を辞めてニート状態だった時に、電話でOKPにメンバー加入を誘われ、メンバーとなった(『トップランナー』で告白)。
    加入前、太志が描いた歌詞を読んで、男泣きをしてしまったという(『トップランナー』にて本人が告白)。
    2008年5月8日リリースの「虹」の曲中で聴こえるハンドクラップは、本人の発案である(『Music Up Date』で発言)。
    2006年の大晦日、『紅白歌合戦』出場の際、「紅白出演が決まっても顔が知られてないから警備員に止められるんじゃないか!?」と冗談まじりでブログで発言していたら、それが現実になってしまった。メンバーや関係者など入れて10名近くいたが、TASSHIだけ止められた(ブログ・流るる風の跡を 2007年1月のブログで告白)。
    影響を受けたアーティストは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズチャド・スミスL'Arc〜en〜Ciel
    尊敬する人物に、向山テツを挙げている。
    バンド内では、いじられキャラである。
    イタリアが好きで、他のメンバーよりもその事を知り尽くしている。また本人曰く「イタリア旅行に行ってみたい」と発言している。
    現在使っているスマートフォンは、「iPhone 5(通信キャリアは分からない)」で、かつてはauの「IS03」の黒を使っていた。

使用機材

  • パール CARBONPLY MAPLE Set
  • SABIAN Cymbals


サポートメンバー[編集]

EBISえびす)コーラス担当。

藤田真由美ふじた まゆみ)愛称:まゆみっくす、コーラス担当。

元メンバー[編集]

アビコ
メンバー時代、名前を「アビコパラディドル」としていた。
『「七色の落書き」』発表後、脱退。
水彩画が得意でAQUATIMES時代、ジャケットのイラストを水彩画で描いていて、当時は路上ライブなどでポストカードも販売していた。(自身のサイトには当時のシングル「いつもいっしょ」のジャケットイラストも展示されている。)
アビコofficial site:アビコファミリー[リンク切れ]
現在は、レイ・マストロジョバンニから進化したバンド「NEON GRAVITY(ネオン・グラヴィティ)」のドラマーとして活動中。
SUMMER SONIC 08のダンスステージに出演。
NEON GRAVITY official site :NEON GRAVITY

誕生まで[編集]

太志とOKP-STARの出会い
太志がOKP-STARと、インターネットの「バンドメンバー募集掲示板with9」で知り合った。
太志が、当時組んでいたバンドの中にギタリスト(7弦ギター)がいて、太志が5弦ベースの人を検索(7弦ギターの場合、基本は5弦ベースだった為)したら2人しか出てこなかった。
その後、太志がその2人にメールをした後、その2人のうち返ってきたのがOKP-STARで、会わないといけない雰囲気になり、池袋西武東口宝くじ売り場の前で出会い、そのままスタジオへ直行した(Music Lovers』、『トップランナー』にて本人の発言より[要出典])。
ジャンルの違い
スタジオに行ったのは良いものの、太志とOKP-STARの好きなジャンルは全く違っていた。だが、太志はOKP-STARに運命的なもの(「このまま最後まで一緒にやっていかなければならない」ということ)を感じていたのだという。結局、最終的にOKP-STARは、太志にジャンルを合わせてくれた(『トップランナー』より[要出典])。
Aqua Timez(AQUATIMES)結成
そしてOKP-STARが、高校の同級生だった大介や、大介が通う大学と同じだったmayuko、友人のアビコ(現在は脱退)を誘い、AQUATIMESを結成した。
はじめ、「Aqua Times(あくあたいむ)」と命名したのだったが、ライブのアンケートにて、「太志くんは『アクアタイム』って言ってるけど、本当は『アクアタイム』が正しいです。」と言われ、読み間違えのないよう、また、OKP-STARが画数にこだわっていたため、「Aqua Timez」に改名。
「七色の落書き」リリース後、ドラムスのアビコが脱退し、サポート・メンバーだったTASSHIが「決意の朝に」リリースと同時に、正式メンバーに。

来歴[編集]

2000年
  • インターネット上のバンドメンバー募集サイト「with9」で太志とOKP-STARが出会う。[要出典]
2001年
  • バンドを解散し、太志とOKP-STARの2人だけで新たに音楽活動を始める。[要出典]
2003年
  • OKP-STARが亜細亜大学在学中に中央大学軽音楽同好会のメンバーを誘いAQUA TIMES結成。当初は全て大文字で読みは「アクアタイム」であった。
  • 新星堂オーディション「CHANCE!」 関東(東京・千葉・神奈川)地区大会最優秀賞受賞。
2004年
  • 新星堂オーディション「CHANCE!」 関東(東京・千葉・神奈川)地区大会最優秀賞受賞。(2年連続関東地区最優秀賞受賞)
  • 自主制作アルバム『悲しみの果てに灯る光』、下半期に自主制作シングル「いつもいっしょ」を販売。
2005年
  • 当初のバンド名の読みは「アクアタイム」だが、「s」ではと発音するとファンにダメ出しされたため、Aqua Timezに改名。
  • 8月24日、MEGAFORCE CORPORATIONから1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』でインディーズデビュー。収録曲「等身大のラブソング」が有線などで徐々に順位を上げる[要出典]
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
自主制作 2004年9月19日 いつもいっしょ。
1st 2006年7月5日 決意の朝に ESCL-2844 4位
2nd 2006年11月22日 千の夜をこえて ESCL-2901/02 (初回限定盤)
ESCL-2903/04 (期間限定盤)
ESCL-2905(通常盤)
5位
3rd 2007年5月9日 しおり ESCL-2944 5位
4th 2007年8月1日 ALONES ESCL-2981 3位
5th 2007年10月31日 小さな掌 ESCL-3003 4位
6th 2008年5月8日 ESCL-3064 2位
7th 2008年10月1日 夏のかけら ESCL-3105 8位
8th 2009年1月14日 Velonica ESCL-3147 2位
9th 2009年3月4日 STAY GOLD ESCL-3165/66 (完全限定盤) 11位
10th 2009年7月29日 プルメリア 〜花唄〜 ESCL-3243 7位
11th 2010年1月27日 絵はがきの春 ESCL-3361 8位
12th 2010年10月13日 GRAVITY Ø ESCL-3524 5位
13th 2011年1月26日 真夜中のオーケストラ ESCL-3635 12位
14th 2012年2月22日 MASK ESCL-3851 10位
15th 2012年8月22日 つぼみ ESCL-3958 14位
16th 2013年11月27日 エデン ESCL-4129 22位

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2006年12月6日 風をあつめて ESCL-2906/07 (初回限定盤)
ESCL-2908(通常盤)
6位
2nd 2007年11月21日 ダレカの地上絵 ESCL-3011 2位
3rd 2009年3月11日 うたい去りし花 ESCL-3158(初回限定盤)
ESCL-3159(通常盤)
4位
4th 2011年2月16日 カルペ・ディエム ESCL-3545/6(初回限定盤)
ESCL-3547(通常盤)
3位
5th 2012年9月5日 because you are you ESCL-3960/1(初回生産限定版)
ESCL-3962(通常版)
5位

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
自主制作 2004年4月24日 悲しみの果てに灯る光
1st 2005年8月24日(インディーズ) 空いっぱいに奏でる祈り SHCC-0002 1位
2nd 2006年4月5日 「七色の落書き」 ESCL-2806 5位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2009年10月14日 The BEST of Aqua Timez ESCL-3300/02(初回限定盤)
ESCL-3303/04(通常盤)
1位

配信限定[編集]

配信開始日 タイトル
1st 2006年11月1日 いつもいっしょ
2nd 2008年2月9日 ほんとはね
3rd 2014年4月2日 手紙返信

DVD & Blu-ray Disc[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2009年12月23日 Aqua Timez still connected tour '09 ESBL-2272
2nd 2010年8月25日 Aqua Timez Music 4 Music tour 2010 ESBL-2281(初回限定盤)
ESBL-2282(通常盤)
3rd 2011年12月21日 Aqua Timez "Carpe diem Tour 2011" 日本武道館 ESBL-2272~ESBL2298(初回生産限定盤)
ESBL-2299(通常盤)
ESXL-12(Blu-ray Disc)
4th 2013年11月27日 Aqua Timez “because we are we” tour 2012-2013 ESBL-2345(DVD)
ESXL-35(Blu-ray Disc)

楽曲提供[編集]

  • SMAPだいじょうぶ
  • EBIS「線香花火 feat.MIE」
  • SCANDALALONES」- SCANDAL12枚目のシングル「HARUKAZE」の初回生産限定盤Aのカップリングとして収録。
  • 北乃きい「ラズベリージャム」- 自身初となるサウンドプロデュースも手掛けている。

未発表曲[編集]

アマチュア時代の公式ホームページで試聴可能だったものだが、いずれも再製作日は未定である。

  • 探し物はなんですか?("The FANtastic Tour 2010"で披露された)
  • ツヨクアレ
  • だいじょうぶ(※SMAPへの提供曲であり、アマチュア時代のシングル「いつもいっしょ。」に収録されていた。2012年8月31日の「僕らの音楽」にて披露された)
  • 挑戦者

LIVE[編集]

LIVEツアー[編集]

SUMMER LIVE TOUR 06

2006年8月17日 - 2006年8月30日・全7公演

一公演を除いてZeppで行われたサマーツアー。
  • ツアー会場
  1. 広島県 広島CLUB QUATTRO(2006年8月17日
  2. 福岡県 Zepp Fukuoka(2006年8月18日
  3. 大阪府 Zepp Osaka(2006年8月20日
  4. 愛知県 Zepp Nagoya(2006年8月21日
  5. 東京都 Zepp Tokyo(2006年8月24日
  6. 宮城県 Zepp Sendai(2006年8月28日
  7. 北海道 Zepp Sapporo(2006年8月30日
学園祭ツアー

2006年10月28日 - 2006年11月25日・全5公演

Aqua Timez初の学園祭ツアー。
  • ツアー会場
  1. 東京都 青山学院女子短期大学(2006年10月28日)
  2. 神奈川県 東海大学(2006年11月2日)
  3. 東京都 立正大学(2006年11月4日)
  4. 滋賀県 立命館大学(2006年11月11日)
  5. 兵庫県 甲南大学(2006年11月25日)
the "BiG BaNG" tour '07

2007年3月2日 - 2007年11月13日・全24公演

アルバム『風をあつめて』をフィーチャーしたツアー。
予定では北海道札幌KRAPS HALLは神奈川県横浜ランドマークホールの次だったが延期後は福島県いわきクラブソニックの次になった。
このライブの直前にナガシマスパーランドでのライブイベント(2007年2月18日)も決まっていたのだが、太志の急性声帯炎によって中止された。その後京都府、滋賀県とツアーが始まりライブを行うが完治していなかったらしく、延期となった。
  • ツアー会場
  1. 京都府 京都文化パルク城陽(2007年3月2日
  2. 滋賀県 滋賀県立文化産業交流会館(2007年3月3日)⇒この後太志が「急性声帯炎」のため延期。
  3. 神奈川県 横浜ランドマークホール(2007年8月4日
  4. 埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3(2007年8月14日
  5. 富山県 富山Soul Power(2007年8月18日
  6. 群馬県 高崎club FLEEZ(2007年8月22日
  7. 三重県 三重県伊賀市文化会館(2007年8月25日
  8. 大分県 大分県立芸術会館(2007年9月7日
  9. 高知県 高知X-pt.(2007年9月10日
  10. 香川県 高松DIME(2007年9月12日
  11. 福岡県 福岡DRUM LOGOS(2007年9月15日
  12. 佐賀県 佐賀市文化会館・中ホール(2007年9月17日
  13. 熊本県 熊本県立劇場・演劇ホール(2007年9月20日
  14. 宮崎県 宮崎県立芸術劇場・演劇ホール(2007年9月22日
  15. 長野県 飯田文化会館(2007年10月2日
  16. 宮城県 仙台CLUB JUNK BOX(2007年10月8日
  17. 福島県 郡山CLUB#9(2007年10月11日
  18. 福島県 いわきクラブソニック(2007年10月3日
  19. 北海道 札幌KRAPS HALL(2007年10月19日
  20. 愛知県 名古屋 Electric Lady Land(2007年10月25日
  21. 岐阜県 club-G(2007年10月27日
  22. 大阪府 大阪・なんばHatch(2007年11月6日
  23. 広島県 ナミキジャンクション(2007年11月8日
  24. 東京都 Shibuya O-East(2007年11月13日
"evergreen tour 2008"

2008年3月15日 - 2008年5月30日全17公演

アルバム『ダレカの地上絵』を大フィーチャーしたツアー。
  • ツアー会場
  1. 神奈川県 神奈川・ハーモニーホール座間(2008年3月15日
  2. 北海道 Zepp Sapporo(2008年3月19日
  3. 大阪府 大阪・なんばHatch(2008年3月26日
  4. 広島県 広島厚生年金会館(2008年4月1日
  5. 長崎県 長崎市公会堂(2008年4月4日
  6. 鹿児島県 鹿児島市民文化ホール・第一(2008年4月6日
  7. 東京都 東京・渋谷C.CLemonホール(2008年4月12日
  8. 埼玉県 埼玉・三郷市文化会館(2008年4月18日
  9. 福岡県 福岡サンパレス(2008年4月22日
  10. 香川県 サンポートホール高松(2008年4月24日
  11. 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール(2008年4月26日
  12. 新潟県 新潟県民会館(2008年5月2日
  13. 宮城県 Zepp Sendai(2008年5月13日
  14. 東京都 SHIBUYA-AX(2008年5月16日
  15. 神奈川県 横浜BLITZ(2008年5月22日
  16. 愛知県 名古屋・中京大学文化市民会館オーロラホール(2008年5月28日
  17. 大阪府 大阪厚生年金会館大ホール(2008年5月30日
"still connected tour '09"

2009年3月20日 - 2009年6月5日全29公演

アルバム『うたい去りし花』をフィーチャーしたツアー。
過去最長のツアーとなり、当初は全26公演の予定だったが、2009年3月21日に3公演が追加され、全29公演となった。
  • ツアー会場
  1. 神奈川県 秦野市文化会館 大ホール(2009年3月20日
  2. 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール(2009年3月22日
  3. 岡山県 岡山市民会館(2009年3月24日
  4. 岩手県 盛岡市民文化ホール(2009年3月27日
  5. 宮城県 東京エレクトロンホール宮城(2009年3月29日
  6. 愛媛県 松山市民会館・大ホール(2009年4月1日
  7. 高知県 高知県民文化ホール・オレンジ(2009年4月2日
  8. 富山県 富山オーバード・ホール(2009年4月7日
  9. 山梨県 山梨県立県民文化ホール(2009年4月11日
  10. 神奈川県 神奈川県民ホール・大ホール(2009年4月13日
  11. 滋賀県 びわ湖ホール(2009年4月16日
  12. 大阪府 大阪厚生年金会館大ホール(2009年4月19日
  13. 長野県 まつもと市民芸術館(2009年4月21日
  14. 愛知県 センチュリーホール(2009年4月23日
  15. 広島県 広島厚生年金会館(2009年4月25日
  16. 北海道 札幌市民ホール(2009年4月28日
  17. 福島県 いわき芸術文化交流館アリオス・大ホール(2009年5月6日
  18. 福岡県 福岡サンパレス(2009年5月9日
  19. 長崎県 長崎ブリックホール(2009年5月10日
  20. 大分県 大分iichikoグランシアタ(2009年5月12日
  21. 宮崎県 宮崎市民文化ホール(2009年5月14日
  22. 栃木県 那須塩原市黒磯文化会館大ホール(2009年5月16日
  23. 群馬県 伊勢崎市文化会館(2009年5月17日
  24. 静岡県 静岡市民文化会館 大ホール(2009年5月22日
  25. 新潟県 新潟県民会館(2009年5月24日
  26. 東京都 NHKホール(2009年5月28日
  27. 大阪府 なんばHatch(2009年6月2日
  28. 愛知県 Zepp Nagoya(2009年6月4日
  29. 東京都 Zepp Tokyo(2009年6月5日
"Music 4 Music tour 2010"

2010年3月10日 - 2010年4月29日全24公演 

初のベストアルバム『The BEST of Aqua Timez』をフィーチャーしたツアー。
東京、大阪ではチケットが即完売のため追加公演が決定した。
  • ツアー会場
  1. 千葉県 浦安市文化会館(2010年3月10日
  2. 神奈川県 神奈川県民ホール・大ホール(2010年3月12日
  3. 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール(2010年3月14日
  4. 京都府 京都会館第一ホール(2010年3月15日
  5. 新潟県 新潟県民会館(2010年3月19日
  6. 北海道 札幌市民ホール(2010年3月22日
  7. 石川県 本多の森ホール(石川厚生年金会館)(2010年3月24日
  8. 宮城県 仙台サンプラザホール(2010年3月26日
  9. 青森県 青森市文化会館(2010年3月28日
  10. 大阪府 大阪国際会議場メインホール(2010年3月30日
  11. 大阪府 大阪国際会議場メインホール(2010年3月31日
  12. 徳島県 徳島市立文化センター(2010年4月3日
  13. 高知県 高知県民文化ホール・オレンジ(2010年4月4日
  14. 広島県 広島ALSOKホール(2010年4月6日
  15. 岡山県 倉敷市民会館(2010年4月8日
  16. 愛知県 センチュリーホール(2010年4月11日
  17. 福島県 郡山市民文化センター・大ホール(2010年4月15日
  18. 栃木県 栃木県総合文化センターメインホール(2010年4月16日
  19. 鹿児島県 鹿児島市民文化ホール・第1(2010年4月20日
  20. 熊本県 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)(2010年4月22日
  21. 福岡県 福岡サンパレス(2010年4月23日
  22. 宮崎県 宮崎市民文化ホール(2010年4月25日
  23. 東京都 NHKホール(2010年4月28日
  24. 東京都 NHKホール(2010年4月29日
"The FANtastic Tour 2010"

2010年8月2日 - 2010年8月23日全6公演 

初のファンクラブ(team AQUA)限定のサマーツアーですべての公演がZeppで行われる。
TAKE A 'STAND' TOUR 2010と交互に行われる。
  • ツアー会場
  1. 北海道 Zepp Sapporo(2010年8月2日
  2. 宮城県 Zepp Sendai(2010年8月5日
  3. 東京都 Zepp Tokyo(2010年8月9日
  4. 福岡県 Zepp Fukuoka(2010年8月12日
  5. 大阪府 Zepp Osaka(2010年8月16日
  6. 愛知県 Zepp Nagoya(2010年8月23日
"TAKE A 'STAND' TOUR 2010"

2010年8月3日 - 2010年8月24日全6公演 

The FANtastic Tour 2010とは違い、一般販売のサマーツアーとなり、すべての公演がZeppで行われる。
The FANtastic Tour 2010と交互に行われる。
  • ツアー会場
  1. 北海道 Zepp Sapporo(2010年8月3日
  2. 宮城県 Zepp Sendai(2010年8月6日
  3. 東京都 Zepp Tokyo(2010年8月10日
  4. 福岡県 Zepp Fukuoka(2010年8月13日
  5. 大阪府 Zepp Osaka(2010年8月17日
  6. 愛知県 Zepp Nagoya(2010年8月24日
"Carpe diem tour 2011"

2011年6月4日 - 2011年8月24日全25公演(中止公演の2公演を除く) 

アルバム『カルペ・ディエム』をフィーチャーしたツアー。
東日本大震災やその後の立て続いた余震により、会場の一切の利用中止のため、いわき芸術文化交流館アリオス公演と仙台サンプラザホール公演の2公演が中止となった。
ツアーファイナルでは、Aqua Timez初の日本武道館公演となった。
  • ツアー会場
  1. 埼玉県 サンシティ越谷市民ホール(2011年6月4日
  2. 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール(2011年6月8日
  3. 広島県 広島ALSOKホール(2011年6月9日
  4. 島根県 島根県民会館(2011年6月11日
  5. 山梨県 東京エレクトロン韮崎文化ホール(2011年6月18日
  6. 宮城県 仙台サンプラザホール(2011年6月23日)⇒公演中止
  7. 岩手県 盛岡市民文化ホール(2011年6月24日
  8. 山形県 山形県県民会館(2011年6月26日
  9. 福井県 福井フェニックスプラザ(2011年7月2日
  10. 富山県 富山オーバード・ホール(2011年7月3日
  11. 岡山県 倉敷市民会館(2011年7月8日
  12. 静岡県 静岡市民文化会館(2011年7月10日
  13. 大分県 大分文化会館(2011年7月13日
  14. 福岡県 福岡サンパレス(2011年7月15日
  15. 長野県 まつもと市民芸術館(2011年7月17日
  16. 新潟県 長岡市立劇場(2011年7月18日
  17. 北海道 札幌市民ホール(2011年7月22日
  18. 愛知県 センチュリーホール(2011年7月24日
  19. 京都府 京都会館第一ホール(2011年7月26日
  20. 群馬県 伊勢崎市文化会館(2011年7月31日
  21. 香川県 サンポートホール高松(2011年8月2日
  22. 高知県 高知県民文化ホール・オレンジ(2011年8月3日
  23. 長崎県 長崎ブリックホール(2011年8月5日
  24. 宮崎県 宮崎市民文化ホール(2011年8月7日
  25. 大阪府 大阪国際会議場メインホール(2011年8月9日
  26. 福島県 いわき芸術文化交流館アリオス(2011年8月13日)⇒公演中止
  27. 東京都 日本武道館(2011年8月24日)⇒Aqua Timez初の日本武道館公演
"Make the Best of Tour 2011"

2011年9月9日 - 2011年9月11日全3公演 

Carpe diem tour 2011で東日本大震災により東北2公演が公演中止になったため、Aqua Timezが東北での公演をどうしてもやりたいという強い願いで実現したツアー。
山猿(LGMonkees)やDJ Roo a.k.a Oshidaも出演する。
  • ツアー会場
  1. 宮城県 仙台CLUB JUNK BOX(2011年9月9日
  2. 福島県 郡山CLUB#9(2011年9月10日
  3. 福島県 いわき club SONIC(2011年9月11日
"The FANtastic Tour 2012"

2012年8月21日-2012年8月29日全3公演

自身2度目となるteam AQUA(ファンクラブ)限定ライブツアー。3公演各会場それぞれ別のメンバーがプロデュースを行う。なお、大阪公演は自身初の昼夜2公演。
  • ツアー会場
  1. 愛知県 Zepp Nagoya(2012年8月21日)プロデューサー:mayuko,TASSHI
  2. 大阪府 森ノ宮ピロティホール(2012年8月27日)プロデューサー:太志 ※昼夜2公演
  3. 東京都 Zepp Tokyo(2012年8月29日)プロデューサー:OKP-STAR,大介
"because we are we" tour 2012-2013

2012年10月25日 - 2013年2月3日全25公演

アルバム『because you are you』をフィーチャーしたツアー。
初めて年をまたぐ全国ツアーとなる。
  • ツアー会場
  1. 神奈川県 伊勢原市民文化会館(2012年10月25日
  2. 神奈川県 神奈川県民ホール(2012年11月2日
  3. 山口県 スターピアくだまつ((2012年11月9日
  4. 広島県 アステールプラザ(2012年11月11日
  5. 滋賀県 守山市民ホール(2012年11月16日
  6. 静岡県 静岡市民文化会館(2012年11月18日
  7. 埼玉県 狭山市市民会館(2012年11月24日
  8. 栃木県 栃木県総合文化センター(2012年11月28日
  9. 愛媛県 西予市宇和文化会館(2012年12月1日
  10. 高知県 高知県立県民文化ホール・オレンジ(2012年12月3日
  11. 岡山県 岡山市民会館(2012年12月5日
  12. 岩手県 盛岡市民文化ホール(2012年12月9日
  13. 愛知県 センチュリーホール(2012年12月11日
  14. 福島県 いわき芸術文化交流館アリオス(2012年12月13日
  15. 宮城県 イズミティ21大ホール(2012年12月15日
  16. 北海道 札幌市教育文化会館(2012年12月18日
  17. 石川県 金沢市文化ホール(2013年1月12日
  18. 新潟県 新潟県民会館(2013年1月14日
  19. 大阪府 オリックス劇場(2013年1月16日
  20. 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール(2013年1月18日
  21. 鹿児島県 鹿児島市民文化ホール(第2)(2013年1月21日
  22. 熊本県 熊本県立劇場 演劇ホール(2013年1月23日
  23. 宮崎県 宮崎市民文化ホール(2013年1月25日
  24. 福岡県 福岡市民会館(2013年1月29日
  25. 東京都 東京国際フォーラム ホールA(2013年2月3日
"two timez one night tour"2013

2013年8月12日-2013年8月29日全5公演

自身初となる対バンツアーとなる。ゲストはTRICERATOPSLGMonkeesHOME MADE 家族
  • ツアー会場
  1. 愛知県 Zepp Nagoya(2013年8月12日)ゲスト:TRICERATOPS
  2. 宮城県 Rensa(2013年8月17日)ゲスト:LGMonkees
  3. 福岡県 DRUM LOGOS(2013年8月22日)ゲスト:TRICERATOPS
  4. 大阪府 Zepp Namba(2013年8月26日)ゲスト:HOME MADE 家族
  5. 東京都 Zepp Tokyo(2012年8月29日)ゲスト:HOME MADE 家族

メディア[編集]

ラジオ[編集]

『アクアトレイン』
ストリーミング放送】(bayfm
  • 毎週金曜23:30 - 23:57放送。[ストリーミングは放送翌日の土曜0時更新(金曜深夜)。時間帯によっては聞くことができない場合がある。(放送時間中<金曜23:30-24:00>の間、接続開始時のみ)また、楽曲は権利上、流すことはできないが、時間の都合で、未放送(トーク)部分を長めにしている。]
  • MCは、元メンバーのアビコがいたときは太志とアビコ、アビコが抜けてからは太志とOKP-STAR、2007年からはほとんど太志とOKP-STARとTASSHI、2008年以後は太志、OKP-STARと、他のメンバーのローテーションとなっている。
  • 2007年、稀に5人でやっている事もありその際はくじ引きで決めていた。
  • シングルやアルバムの発売が近い日や年末年始はメンバー全員出演している。
  • 時よりゲストが来る場合もある。
  • OKPがたまにこのラジオで口が回らなかったり、途中噛んだりする時がある。
  • ラジオ内では約3曲本人達の歌を流している。(流れる曲は近いうちに発売された物が多い。)
  • 1曲目の後にはTASSHI進行の「もしもAquaが○○だったらシリーズ」(しかし、TASSHIの出演回数が少ないため以前TASSHIが出演した時、最終回となった。しかし、2009年3月27日に復活した。太志いわく「みんなに愛されてきたコーナーだった」)や太志進行の「方言自慢のコーナー(名称が変わる場合がある)」などが展開されていた。また、mayuko進行の「マイノリティハッピー」や、太志進行の「略語のコーナー」(後に「略語リバイバル」として復活し、現在も続いている。ただし進行はmayuko担当になっている。)、OKP-STAR進行の「team AQUA拡大計画」、大介進行の「Aquaに聞け!!」のコーナーが作られている。
  • しかし「team AQUA拡大計画」以外、途中から作られたコーナーは長期間、続いたことはない。(ラジオにて告白)
  • 現在は主に「早口言葉のコーナー」、「マイノリティーハッピー」、「もしもアクアが・・・」、「teamAQUA拡大計画」が主流となっている。
  • 番組内の『お知らせ』では新コーナーの募集が毎週行われている。
  • OKP-STARが初めてラジオに出たのは2006年3月24日だった。(2009年11月13日のラジオにて)
  • 番組冒頭に行われる太志進行「オープニングクイズ」ではリスナーから投稿されたクイズに難易度付けがされており、その難易度とクイズの正解数によって太志が他メンバーやゲストにハワイ旅行や世界一周旅行をプレゼントする、と太志本人が発言している。
  • 【これまでに紹介したゲスト】
  • ゲストが来ている場合は、前半にプロフィール紹介、2週に続く場合(1週目後半と2週目前半)には、番組のコーナー(例:「早口言葉」「略語リバイバル」など)をゲストと交えて参加している。そして1週のみまたは2週目の後半では、ゲストの曲やアルバム紹介となっている。
  • また2012年7月放送分より、お便りメールを読まれた方には、特製ステッカーをプレゼントする。ただし、ラジオネーム(ニックネーム)の他に、本名、住所を記入する必要がある。(ストリーミングで読まれた方にも対象)

その他ラジオでの出演(ゲスト扱い)

テレビ[編集]

他多数

雑誌[編集]

インターネット配信[編集]

CM[編集]

株式会社レコチョク 『レコチョクの小部屋 「Aqua Timez」篇』(2009年)

プロモーションビデオ[編集]

大宮での路上ライブの模様をPVにしている。
過去のLIVE映像を使用している。(『SPACE SHOWER TV』で過去に放送している。)
1stフルアルバム『風をあつめて』の特典として封入された。
撮影の際、OKP-STARは右目が腫れていたため、アップシーンが全て右向きになってしまった。(公式ブログ『流るる風の跡を』より)
1stフルアルバム『風をあつめて』の特典として封入された。
1stフルアルバム『風をあつめて』の特典として封入された。
はねゆり中村誠治郎が出演している。
2ndシングル「千の夜をこえて」の限定特典として封入された。
ファンクラブ『team AQUA』のメンバーがエキストラとして出演している。
春日潤也大出千尋が出演している。
映像は山梨県で撮影された。(公式ブログ『流るる風の跡を』より)
佐々木希、田島亮(現、田島優成)が出演している。メンバーは一度も登場しない。
過去のLIVE映像、ファンとの握手や楽屋の中での映像などが使用されている。
エキストラは学生服を着た学生たち。都内で撮影された。
森の中で撮影された。
スニッカーズ」とコラボで制作された。(PV中に「スニッカーズ」が登場する)
桜木せいらが出演している。横浜で撮影された。
千葉県で撮影された。
AKB48SDN48浦野一美が出演している。都内で撮影された。
Movie ver.では、『ごくせん』ドラマでの映像が登場する。
学校で撮影し、300人程度の学生が集まった。[要出典]
全編アニメーション仕立てのミュージックビデオ。「The BEST of Aqua Timez」初回限定盤の映像特典として収録された。
ハイパースローカメラで撮影されている。
本人達の志望により、作中の背景は全て喜田夏記の手書きである。
レコーディングスタジオで撮影された。
Carpe diem tour 2011の「カルペ・ディエム」と「メメント・モリ」の背景映像を作成した小嶋監督に依頼し、実現したPVである。
  • つぼみ(ディレクター:スミス+三木孝浩)
君野夢真が出演している。「ヒカリノハナ」がモチーフとなった幻想的な世界が舞台。[2]

タイアップ一覧[編集]

会員サービス[編集]

公式サイト「team AQUA」
携帯電話で登録、利用できる会員サービス。
2007年11月までは会員証が発行される年会費形式のファンクラブだったが、
それ以後は「唯一の公式コンテンツ『team AQUA』」として運用されている。
各キャリア(NTTドコモauSoftBank)の公式認定サイトで、利用料金は月額300円(税別)。
スマートフォンにも対応している。(ただし、利用できるサービスが異なる。)
3ヵ月以上持続して利用すると"長期会員エリア"を閲覧できるようになる。

アーティストでは、シドのドラマー・ゆうやが「『風をあつめて』以来ファン」と言っている(WHAT's IN?参照)
芸能人では、スザンヌベッキー安田美沙子関ジャニ∞安田章大AKB48高橋みなみなどがいる。

交友[編集]

  • 仲間由紀恵(同じプロダクション尾木に所属している)、新垣結衣が主演のドラマやCMに彼らの楽曲が起用されることが多い。また、アニメ『BLEACH』の劇場版第1作やOPにも3度起用されており、2012年1月より新EDを担当することになった。また、『NARUTO』のEDとOPにも起用されている。毎日放送日本テレビ系の番組のテーマソングのタイアップが多い。
  • 音楽仲間では主にSOFFetキマグレン、JAMILと交友関係を持つ。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e キューブミュージック
  2. ^ Aqua Timez 『つぼみ』 - YouTubeを参考 2012年8月2日配信開始、 同日閲覧【動画説明文(コメント部分)】

外部リンク[編集]