アコースティック・ギター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アコースティックギターAcoustic Guitar)とは、撥弦楽器であるギターのうち、より古典的な、楽器から直接音声を得るものを指す。ピックアップを備え電気信号を出力するエレクトリックギターに対して旧来のギターを区別するためのレトロニムである。多くの場合フォークギターのことを指す。(:acoustic guitar、acousticの本来の発音は“アクースティック”に近い)

標準で6本のをもち、弾くフィンガーピッキング、あるいはピックではじくピック奏法演奏される。弦の振動および音波は楽器本体および本体内の空洞の共鳴を経て奏者や聴客の耳へ届く。 (チューニング等は、チューニングの項参照。)

アコースティックギター

概要[編集]

信号変換や電気増幅を伴わないことから「生ギター」と呼ばれることがある。「アコギ」という略称で呼ばれることも多い。1980年代後半から、(アコースティックピアノや、アコースティックベースなどと同列に)「アンプラグド(unplugged)」という言葉も使われだした。

広義には「クラシックギター」(古くはガット弦、現在一般的にはナイロン弦を張り、元々はクラシックの楽曲を、指弾きで演奏するためのギター。チューニングは一緒だが、後者に比べてボディーがやや小さく、当然ながら、ピックガードはない)も含むが、クラシックでは原則、電子楽器を用いないのでこのジャンル内ではアコースティックという言葉を楽器名に用いることはない。 ポピュラー音楽では「フォークギター」(スチール弦を張り、もともとは、フォークソングや、トラッドカントリーなどを演奏するのに用いる)とほぼ同義で用いられる。

より一般には、クラシックギターとフォークギターの区別がつかない人も多く、両者の総称として扱われている。

アコースティックギターには、バリトンギターテナーギターといった特殊な音域をもつものや、12弦ギターを始めとする複弦ギターなどのバリエーションがある。

かつては、クラシックやジャズブルースにも使われていて、19世紀末には、スチール弦を張ったものが製品化されていた。しかしながら、音を電気増幅するエレキギターにとって代わられてきた。

電気増幅楽器が主流となって以降も、アコースティック楽器の音質やそれらを特徴付けたサウンドが回帰的な意味で求められ、各国で幾度かのブームが到来した。近年の日本においては各地でのストリートミュージシャンの台頭が、音楽価値観の多様化からすればブームと呼んでもよい状態といえる。

生ギターの音声を増幅する手段として、かつては、実際の音をマイクで集音し電気増幅していた。次に、エンドピン(ストラップを留めるためにボディーに付いているピン)部分や、サウンドホールに専用ピックアップを取り付け、楽器音を増幅していた。

次の段階で、サウンドホールをゴムなどで完全に塞ぎ、内部にピックアップを取り付けた形態のものも、特殊ではあるが登場した。

エレクトリックアコースティックギター[編集]

近年は、エレクトリックアコースティックギター、略称で「エレアコ(ギター)」と呼ばれるギターがユーザを増やしている(エレキギターにもフルアコと呼ばれるタイプがあるが別なもの)。アコースティックギターの内部に専用ピックアップ(エレキギターのピックアップとは全く別種で、よりマイクロフォンに近い)と簡単な回路(スイッチや小型のプリアンプ)を内蔵するもので、各種のアンプや拡声装置(PA)に接続でき大音量(エレクトリックギターとは違い、あくまでアコースティックギターの音色で)が得られる。また電気増幅の手段を利用しない場合、通常のアコースティックギターとして使用できる。エレキギターの一種としても間違いでないが、当項目の側から述べるなら「電気増幅機能付のアコースティックギター」である。 大きな会場でコンサートを行うミュージシャン、ロックバンドなどに重用されている。純粋なエレクトリックギターに比べて構造上ハウリングが起こりやすいため、状況により、不要な振動をある程度抑制して(アコースティックギターとしては品質を損なわれた状態で)使用あるいは製作される場合がある。

その他[編集]

エレキギターの形態で、内部のスプリングや鉄線などの振動音を拾ったり、ギターシンセサイザーやエレキギター用のエフェクターでアコースティックギターを再現する技術も増え続けている。ハウリング等に悩まされない一方、シミュレータの域を出ないという意見も多い。

  • YAMAHA AG-Stomp、LINE6 POD等
  • LINE6"Variax"シリーズのギター

関連項目[編集]