宮城県民会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京エレクトロンホール宮城
Tokyo Electron Hall Miyagi
Miyagi Prefectural Auditorium viewed from a greenway in Jozenji-dori avenue.JPG
情報
通称 県民会館
正式名称 宮城県民会館
Miyagi Prefectural Auditorium
旧名称 仙台劇場
宮城県労働会館
完成 1964年9月1日
開館 1950年12月
客席数 1,590席
延床面積 12,470.04m²
用途 コンサートホール・会議室
運営 宮城県民会館管理運営共同企業体[※ 1]指定管理者
所在地 980-0803
宮城県仙台市青葉区国分町三丁目3番7号
位置 北緯38度15分57.5秒 東経140度52分4.2秒 / 北緯38.265972度 東経140.867833度 / 38.265972; 140.867833座標: 北緯38度15分57.5秒 東経140度52分4.2秒 / 北緯38.265972度 東経140.867833度 / 38.265972; 140.867833
アクセス Sendai City Subway Logo.png南北線勾当台公園駅公園2番出口から徒歩4分
公式サイト http://miyagi-hall.jp
当館周辺の様子(2009年11月29日

宮城県民会館(みやぎけんみんかいかん)は、宮城県仙台市にある県営のコンサートホール会議室等の複合施設。仙台市都心部定禅寺通に面してある。

命名権売却により、2008年平成20年)4月1日から「東京エレクトロンホール宮城」が優先的に用いられる愛称として使用されている[1]

概要[編集]

当館は、SRC造、地上6階、地下1階、延べ床面積12,470.04の建物で、面積3,627.96m²の敷地に建つ。設計者は山下寿郎山下寿郎設計事務所)で、外壁デザインは杉村惇(仙台市名誉市民)。

クラシック音楽対応のコンサートホールとしては、県内最大である1590席の大ホールを擁し、長年、宮城県のクラシック音楽の中心を担っている。ただし県内には、東北大学百周年記念会館(川内萩ホール。1235席)、仙台市青年文化センター日立システムズホール仙台。コンサートホール。804席)、加美町中新田文化会館(中新田バッハホール。649席)などもある。

また、ポピュラー音楽演歌演劇古典芸能舞踊など、様々な公演が開かれている。例年、当館で仙台フィルハーモニー管弦楽団および劇団四季が定期公演を開いている。

仙台都市圏の大規模な屋内集客装置には、固定座席数が多く、榴ヶ岡駅前にある仙台サンプラザ(最大2710席。コンサートでは2054席)、大規模な舞台装置を設定でき、可動席を含めると、県内最大の観客収容が出来るセキスイハイムスーパーアリーナ(固定席、及び可動席合計・約7000席)などがあり、以前のように、当館が県内の大規模公演を独占することが出来なくなった。そのため、近年の利用客数は減少している。また、併設されている会議室の利用者数も減少している[2]

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1950年昭和25年)12月、「仙台劇場」として開館。当時の住所は仙台市櫓丁48。
  • 1954年(昭和29年)4月、「宮城県労働会館」に改称。演劇場となる。
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
smtせんだい時遊map」写真
Searchtool.svg 1964年の当館の写真
Searchtool.svg 1976年頃に勾当台歩道橋から撮影した定禅寺通(当館は右上)

命名権[編集]

東京エレクトロン東京都)が命名権を年間5000万円で取得し、施設名称(愛称)が2008年(平成20年)4月1日から「東京エレクトロンホール宮城」になった[1]2013年(平成25年)4月1日からは、命名権の契約企業が東京エレクトロンの子会社の東京エレクトロン宮城(宮城県黒川郡大和町)に移ったものの、愛称は継続された[8]2014年(平成26年)4月1日からの愛称も継続が決まり、年間3000万円で東京エレクトロン宮城が再契約した[9]

愛称「東京エレクトロンホール宮城」の契約状況
契約期間 契約企業 契約金額
2008年4月1日~2013年3月31日(5年間) 東京エレクトロン(東京都) 5000万円/年
2013年4月1日~2014年3月31日(1年間) 東京エレクトロン宮城(宮城県)
2014年4月1日~2017年3月31日(3年間) 3000万円/年

仙台方式[編集]

「仙台方式」とは、地方都市の公営ホールにおいてミュージカルロングラン公演を行う仕組みのことで、2001年(平成13年)に当館で開催された劇団四季のそれが始まりである[10]

仙台市には電力ホールのような民営ホールもあるが、一般的に地方都市ではホールは公営が多い。自治体が運営する公営ホールは、機会均等主義に則って多くの団体が使用出来るよう、連続使用期間は長くて数日が限界であった。2001年(平成13年)、劇団四季が宮城県と仙台市にロングラン公演の主催者になるよう要請して受諾され、公営ホールでの長期に渡る民間団体の公演が初めて行われた[10]。これをモデルとして、広島市静岡市でも公営ホールでロングラン公演が行われている[10]

当館での劇団四季ロングラン公演[10]
公演名 期間 公演回数
(回)
観客動員
(人)
オペラ座の怪人 2001年4月30日 - 7月21日 92 114,000
キャッツ[11] 2003年12月19日 - 2004年5月5日 146 144,884
美女と野獣[12] 2008年10月11日 - 2009年1月25日 94 93,000
マンマ・ミーア![13] 2010年10月10日 - 11月23日 42 43,000
キャッツ[14] 2013年4月23日 - 8月20日 113 110,000
※この他に、数日間の公演を毎年行っている。

施設[編集]

施設内は、ホールと会議室の各々の利用者の動線が分けられており、入口も異なる。

ホール[編集]

会館正面左側の大ホール正面入口から入る。

大ホール
2階
  • 2階ロビー(喫煙コーナーあり)
1階
  • 1階ロビー
  • 大ホール入口
2階
  • 201楽屋(定員5名)
  • 202楽屋(定員50名)
  • 203特別室(定員14名)
地下1階
  • B02楽屋(定員50名)
  • B03楽屋(定員20名)
  • B07楽屋(定員5名)
  • 浴室(男・女)


会議室[編集]

会館正面右側の会議室入口から入る。3階にあるミーティングカルチャールームは、宮城県内で活動している文化団体であれば無料で使用可能となっている(要申込)。

3階
  • 305和室(定員15名)
  • ミーティングカルチャールーム
2階
1階
  • 会議室入口
地下1階
  • B01和室
6階
  • 601大会議室(定員200名)
  • 602中会議室(定員100名)
  • 603小会議室(定員40名)
5階
  • 501展示室
  • 502展示室
  • 503教養室(定員20名)
  • 504教養室(定員20名)
4階
  • 401中会議室(定員100名)
  • 402リハーサル
  • 403和室(定員20名)
  • 404和室(定員20名)


利用実績[編集]

  • 上段:利用者数
  • 下段:利用率
2003年度 2004年度 2005年度 2006年度
大ホール 286,530 人 268,779 人 251,805 人 248,077 人
86.8 % 89.9 % 77.8 % 71.0 %
会議室 319,658 人 298,229 人 317,987 人 276,954 人
58.8 % 55.6 % 54.3 % 53.3 %

アクセス[編集]

住所:宮城県仙台市青葉区国分町3丁目3番7号

Map of Jozenji-dori Avenue.svg

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 公益財団法人宮城県文化振興財団、株式会社東北共立、陽光ビルサービス株式会社の3者で構成。
  2. ^ 出演は、第1部が陸上自衛隊音楽隊、第2部がスタニスラフ・ブーニン宮城三女OG合唱団。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]