東北地方太平洋沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震の位置(日本内)
東北地方太平洋沖地震
東京
東京
仙台
仙台
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2011年3月11日
発生時刻 14時46分18.1秒[1](JST)
5時46分18.1秒 (UTC)
震央 日本の旗 日本 三陸沖仙台市の東方70km)
気象庁発表
北緯38度6分12秒
東経142度51分36秒
[2]座標: 北緯38度6分12秒 東経142度51分36秒[2]
米国地質調査所発表
北緯38度19分19秒
東経142度22分8秒
[3]
震源の深さ 24[4]km
規模    モーメントマグニチュード (Mw)[5]9.0
最大震度    震度7:宮城県栗原市
津波 9.3m以上: 相馬港[6][注 1]
最大遡上 40.1m: 綾里湾[7]
浸水面積 561km²以上(地盤沈下によるものも含む)[8]
地震の種類 海溝型地震逆断層[5][9]
余震
回数 震度1以上: 11,106回注1
震度4以上: 328回注1
M5以上: 819回注1
最大余震 2011年3月11日15時15分34.4秒、茨城県沖、M7.6、最大震度6強[1][10]
被害
死傷者数 日本国内注2
死者 15,889人
行方不明者 2,601人
負傷者 6,152人
日本国外注3
死者 2人
行方不明者 5人
被害総額 震災被害のみで16 - 25兆円注4
被害地域 岩手宮城福島太平洋岸を中心とした東日本など
注1:全て2014年9月7日現在、気象庁の統計[11]
注2: 2014年9月10日現在、警察庁発表[12]
注3: 詳細は#日本国外の節参照。
注4: 2011年3月23日発表の日本政府による試算。原発事故によるものは含まない[13]
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)は、2011年平成23年)3月11日)14時46分18.1秒[1]日本太平洋三陸沖を震源として発生した地震東日本大震災[14][15][16]を引き起こし、東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらした。

概要[編集]

この地震は、2011年3月11日14時46分18.1秒[1]牡鹿半島の東南東約130km付近の太平洋(三陸沖)の海底、深さ約24km[4]を震源として発生した。太平洋プレート北アメリカプレートの境界域(日本海溝付近)における海溝型地震[17]、震源域は岩手県沖から茨城県沖にかけての幅約200km、長さ約500km、およそ10万平方キロの広範囲にわたった。地震の規模を示すマグニチュードはMw9.0[5]で、大正関東地震1923年)の7.9や昭和三陸地震1933年)の8.4をはるかに上回る日本観測史上最大[18]であるとともに、世界でもスマトラ島沖地震2004年)以来の規模で、1900年以降でも4番目に大きな超巨大地震であった[19][20]

地震によって大規模な津波が発生した。最大で海岸から6km内陸まで浸水[21]岩手県三陸南部、宮城県福島県浜通り北部では津波の高さが8m-9m[22]に達し、明治三陸地震1896年)の津波を上回る最大溯上高40.1m(岩手県大船渡市)を記録する[7]など、震源域に近い東北地方の太平洋岸では、高い津波が甚大な被害をもたらした。津波は関東地方の太平洋岸でも被害をもたらしたほか、環太平洋地域を中心に世界の海岸に達した。また、宮城県北部で最大震度7、岩手県から千葉県にかけて震度6弱以上を観測するなど広範囲で強い揺れとなり、関東地方の埋立地で大規模な液状化現象が発生した。一方東北太平洋岸では、地盤沈下により浸水被害が長期的に続いている。余震も過去例に無いペースで発生したうえ、通常の余震域外でも地震活動が活発化している[23][24]

津波、液状化、建造物倒壊など、東北の岩手県、宮城県、福島県の3県、関東の茨城県、千葉県の2県を中心とした被害は大きく、この地震による死者・行方不明者計約1万8,500人の大半は東北の3県が占めた。また、発電施設被害による大規模停電や一連の震災により、日本全国および世界経済的な二次被害がもたらされた。

一方、地震と津波により福島第一原子力発電所事故が発生し、10万人を超える被災者が屋内退避警戒区域外への避難を余儀なくされた。警戒区域外でも、放射性物質漏れによる汚染が起きているほか、日本の原子力発電所の再稼働問題、電力危機なども発生している。

本地震の特徴として、いくつかが挙げられる。

  • 海溝型地震であったこと : 北アメリカプレートと、その下に沈み込む太平洋プレートの境界部、日本海溝と呼ばれる地域で発生した海溝型地震であった。
  • 連動型地震であったこと : 数十年 - 百数十年間隔で発生する海溝型のM8前後の大地震ではなく、それらが複数同時に発生する連動型地震であった。日本では19世紀終盤の近代観測開始以来初めて明瞭に連動型地震と断定されるものであった(スーパーサイクル参照)。
  • 東北太平洋沖でこのような連動型地震が発生する事態は「想定外」であった : 地質調査や文献調査では、南海トラフ沿いにおいて20世紀中盤から、関東地域において20世紀終盤から広く認識されていた一方、東北太平洋沖、北海道や千島列島の太平洋沖、九州や南西諸島の太平洋沖ではそれぞれ21世紀に入ってから(特に2004年のスマトラ島沖地震以降)その可能性を示す知見が得られつつあった程度で、地震学界でも強く認識されていなかった。そのため、被害想定でもM8前後の海溝型地震までしか想定されていなかった。本地震後、新たな知見の集約や地震想定を見直す動きが活発化している(#教訓参照)。
  • 超巨大地震であったこと : Mw9.0は「超巨大地震」に分類され、19世紀終盤からの世界観測史上数回しか発生していない未曾有の規模であり、日本国内では観測史上最大の規模であった。
  • 広範囲で強い揺れを感じたこと : 規模が大きく震源域が南北に長かったため平行する本州・東日本の広範囲で強く揺れた。また、減衰しにくい長周期地震動によって名古屋、大阪など遠方でも揺れを観測した。
  • 揺れが長時間続いたこと : 本震の地震動は東日本全域で6分間以上継続し、長い揺れとして体感された。長周期地震動は10分間以上、地球を自由振動させる超長周期地震動に至っては数十時間にわたって観測された。断層が滑る過程で、強い地震波を放出する破壊が数回に分けて断続的に発生したことが原因だとする説が発表されている。
  • 短周期の揺れが主体であったこと : 地震の規模に比して長周期の揺れは小さく、短周期の揺れが主体であったため、地震による直接の家屋被害は比較的起きにくかったといえる[25]。ただし、家屋被害は宮城県と福島県を中心に広範囲に渡って発生している。
  • 高い津波が発生したこと : 東北・関東・北海道などの太平洋岸に数m以上の津波が到達、内陸の浸水が広範囲に及んだ。津波地震でみられるような海溝寄りにおけるゆっくりとした断層の滑りや、津波が高さを増すような複数回にわたる滑りが生じていたことなどが原因だとする説が発表されている[26][27][28][29]
  • 大きな地殻変動が生じたこと : 東日本全域にわたる東方向への地殻変動や東北太平洋岸の地盤沈下などが、本震により急激に発生、その後も速度を緩めながらゆっくりと進行している。
  • 液状化現象が多発したこと : 関東地方の津波の影響を受けなかった埋立地を筆頭に液状化が顕著に現れた。
  • 前震とみられる地震があったこと : 本震発生2日前の3月9日、三陸沖でM7.3、最大震度5弱の地震が発生した[30][31]。震度1以上の余震は3月11日午前まで発生した[注 2]
  • 余震や誘発地震が多発していること : その規模の大きさに比例して余震の回数・規模ともに大きく、地震学で通常「余震域」とされる地域の外で「誘発地震」が発生した。研究者・行政双方から、東日本では地殻変動の影響で被害をもたらすような地震の発生が促されているとの発表がなされ、警戒が強められている。

名称[編集]

地震が発生した3月11日、気象庁はこの地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名した[32]

英文による名称として

などがある。

地震発生後、しばらくの間は各メディアや組織・団体において震災としての名称は統一されておらず、「東日本大震災」や「東北関東大震災」などの呼称が用いられていたが、日本政府は2011年4月1日の持ち回り閣議で、この地震による震災の名称を「東日本大震災」とすることを了解、発表し[15]、それ以降は各メディアでの呼称も「東日本大震災」に統一された。

その後、略称として月日より取られた「3.11」という記述もメディアではしばしば見られる。なお、「3.11」は2011年新語・流行語大賞トップテンに選出された。

余震の報道の際には「とうほくちほうたいへいようおきじしん」ではあまりに長いので、「2011年の超巨大地震」と通称される。

本震[編集]

3月11日14時46分に発生したM9.0の本震のCMT解(下半球等積投影法、気象庁による速報)[17]

気象庁や防災科学技術研究所などによると、この地震の要素は以下の通り。なお、発生時刻や震源は既知の地下構造モデルによって算出された理論上の精密値であり、実際の要素と多少のずれが生じている可能性がある。

この地震により震度6弱以上を観測した地域は以下の通り[40](震度5弱以上を観測した地域の一覧は東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録#本震を参照)。3月30日と6月23日に一部の震度データが修正されている[41][42]。この地震では発生から約3分後(14時49分)の震度速報で震度7が発表された[43]。速報の段階で震度7が発表されたのはこの地震が初めてである[注 4]。ちなみにこの地震における計測震度6.67は観測史上最大のものである。

本震における日本各地・地域ごとの震度分布図
本震における主要地点の震度分布図
震度 都道府県 市区町村
7 宮城県 栗原市
6強 宮城県 涌谷町 登米市 美里町 大崎市 名取市 蔵王町 川崎町 山元町 仙台市宮城野区石巻市 塩竈市 東松島市 大衡村
福島県 白河市 須賀川市 国見町 鏡石町 天栄村 楢葉町 富岡町 大熊町 双葉町 浪江町 新地町
茨城県 鉾田市 日立市 高萩市 小美玉市 那珂市 笠間市 筑西市 常陸大宮市
栃木県 大田原市 宇都宮市 真岡市 市貝町 高根沢町
6弱 岩手県 大船渡市 釜石市 滝沢村 矢巾町 花巻市 一関市 藤沢町 奥州市
宮城県 気仙沼市 南三陸町 白石市 角田市 岩沼市 大河原町 亘理町 仙台市青葉区若林区泉区松島町 利府町 大和町 大郷町 富谷町
福島県 福島市 郡山市 二本松市 桑折町 川俣町 西郷村 中島村 矢吹町 棚倉町 玉川村 浅川町 小野町 田村市 伊達市 本宮市 いわき市[注 5] 相馬市 広野町 川内村 飯舘村 南相馬市 猪苗代町
茨城県 水戸市 北茨城市 ひたちなか市 茨城町 東海村 常陸太田市 土浦市 石岡市 取手市 つくば市 鹿嶋市 潮来市 美浦村 坂東市 稲敷市 かすみがうら市 行方市 桜川市 常総市 つくばみらい市 城里町
栃木県 那須町 那須塩原市 芳賀町[注 6] 那須烏山市 那珂川町
群馬県 桐生市
埼玉県 宮代町
千葉県 成田市 印西市

宮城県栗原市で最大震度7を観測し、激しい揺れは2分間続いた[44][45][46]。震度7を観測したのは、2004年新潟県中越地震以来7年ぶり、観測史上3回目[18]仙台では震度6強を観測した[44][注 7]。このほかにも宮城県、福島県、茨城県、栃木県の一部で震度6強を観測するなど、震源域が広かったことから強震が広範囲にわたった。また、気象庁の震度推計分布図[47]によると、福島県いわき市で局地的に震度7相当の揺れがあったほか、防災科学技術研究所強震観測網[48]によると、栃木県芳賀町にある観測点で震度7相当の揺れ(計測震度6.51[39])を観測していたことも分かっている[49]。ただし前者は震度計による観測ではないため、後者は気象庁の震度発表対象の震度計ではないため、いずれも観測点の震度には反映されていない。

このほかに東北・関東の一部では震度5強と震度5弱、北海道・東北・関東・東海・甲信越では震度4、北海道・東北・関東・東海・甲信越・近畿では震度3を観測した[44]。遠く鹿児島市でも震度1を観測しており、震源から1300km以上離れていることから、地震波はS波だけでも5分以上かけて到達している。東京大学地震研究所の解析によると、本震の揺れは東日本全体で約6分間続いた[50]。 日本で体に感じる揺れがなかったのは中国地方四国地方、九州地方のそれぞれ一部と南西諸島のみ。長野市松代町の気象庁精密地震観測室は、地震発生から2時間半おきに、この地震によると見られる5回の表面波を確認。地震波は時速14000km(大気中のマッハ11相当)で地球上を5周したと見られる[51]

メカニズム[編集]

規模[編集]

日本付近のプレートの分布および、本震震源域・余震域の分布とメカニズム

日本観測史上最大の規模[編集]

気象庁は当初マグニチュードを、気象庁マグニチュードで7.9と速報値を発表したが[44]、後に8.4という暫定値を発表した[52]。その後、新たに[53]モーメントマグニチュードで8.8と発表[54]し、1900年以降で最大だった1933年昭和三陸地震のMw8.4[55]や1963年択捉島沖地震のMw8.5を上回って、日本の近代地震観測史上最大となった。さらに、3月13日には外国の安定した遠地波形データも用いて9.0と発表した[5][注 8][注 9]。通常、日本の地震で使用されるマグニチュードは「気象庁マグニチュード (Mj)」と呼ばれるもので、発表されたM7.9、8.4は気象庁マグニチュードの値であったが、M8.8、9.0は「モーメントマグニチュード (Mw)」の値であった[5][注 10]。M9.0は、大正関東地震1923年)の約45倍、兵庫県南部地震1995年)の約1450倍のエネルギーに当たる[56]

気象庁は、地震発生3分後にMj7.9と推定した時点ではマグニチュードの「頭打ち」が起こっているとは認識できず、想定されていた宮城県沖地震が発生したものと判断した[57]。しかし実際には地震があまりに巨大だったため、地震発生から約1時間14分後(16時)に発表された暫定値の気象庁マグニチュード8.4でも正確な規模の把握はできなかった。通常15分程度で算出できるモーメントマグニチュードも、国内の広帯域地震計がほぼ振り切れたため対応できず、国外の地震波形データを用いMw8.8と算出したのは約54分後(15時40分)と時間が掛かった(報道発表は精査後の17時30分、地震発生から約2時間44分後)[58][59]。しかし、長野県長野市松代にある気象庁精密地震観測室では、アメリカ地質調査所 (USGS) が運営するライブ・インターネット地震サーバー (LISS:Live Internet Seismic Server) などのデータを解析[60]し地震から約10分後にはM9を算出していたがこの計算結果は警報に使用されなかった[61]。また、アメリカ地質調査所は当初、モーメントマグニチュードを8.8と発表[62]、地震発生から約34分後に8.9、約6時間後に9.0と速報値、同15日に確定値を発表し[19][59]、1900年以降に世界で発生した地震の中で4番目の規模と発表した[20]

海溝型地震・広い震源域[編集]

気象庁や東京大学地震研究所などによると、この地震は、断層面が水平に対して10度と傾きが浅く、西北西-東南東方向(ほぼ東西方向に近い)に圧縮される、低角逆断層(衝上断層)型のずれであった。水平方向の変位量が大きく、東北地方の太平洋沖地域に特徴的なタイプの海溝型地震である[5][9]。断層の破壊が始まった震源地は三陸沖だが、最終的に断層が破壊した震源域日本海溝下のプレート境界面に沿って南北に長く、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200km、深さ約5km - 40kmの範囲で、合計約10万km²の広範囲に及ぶ[5][63]。一方、スマトラ島沖地震 (2004年)では破壊域が長さ1000kmを越えたが、東北地方太平洋沖地震ではわずか500kmの破壊域でM9を発生させていて、これは宮城県沖の震央付近での変位量が極めて大きかったことを意味している[64]

連動型地震[編集]

気象庁は地震発生後、この地震は単一ではなく、3つの地震が連動したもの(連動型地震)と解析した[5][17]。会見で同庁地震予知情報課の課長は、「5分前後かけて連続して発生するという、複雑な起こり方をしている。極めてまれで、気象庁の観測で初めての経験」と述べた[65]文部科学省地震調査委員会は13日に臨時会を開き、破壊断層は南北に400km、東西に200kmの広範囲で、少なくとも4つの震源領域で3つの地震が連動発生したと述べた[66]。東京大学地震研究所は、「大きな断層破壊が、1.宮城県沖、2.宮城県のさらに沖合、3.茨城県北部沖の陸に近い部分、の順に起こった」と説明している[67]。このうち第2の断層破壊で非常に大きな地殻変動が起きており、最大滑り量は30m超あるいは60mと推定されている[68][69]。この最大滑り量は2004年スマトラ島沖地震など世界の他の超巨大地震よりも大きく世界最大のものである。震源域の中で強い地震波を放出した点(破壊が大きいところ、セントロイド)は大きく震源の東側付近と茨城県沖の2つに分かれており[70][71][63]、連動型地震特有の長く複雑な破壊過程を経た。震源域が広いため広範囲で揺れを観測し、プレート境界深部が破壊したため震源域近部では強震となった。また、プレート境界浅部が2度にわたって破壊したことで2つのピークを持つ大津波を生じた。

地震波の解析により、プレート境界の海溝側の浅い部分と陸地側の深い部分で往復する形で破壊が進行したことが判明し、2011年5月20日付けのサイエンスに発表された[27]。海溝側の浅い部分の破壊は津波地震の特徴でもあり、これにより津波が巨大化した可能性も指摘されている[28]

  1. 発生から3秒間は浅い(約25km)海溝側で、3月9日に発生したM 7.3の前震よりも小さい、緩やかな初期破壊。
  2. 40秒かけて深部(約40kmまで)に破壊が伝播し、短周期の地震波により陸上の激しい揺れをもたらす。
  3. 続いて発生60-75秒後にかけて浅い海溝付近でダイナミックオーバーシュート(dynamic overshoot、動的過剰滑り)により長周期の地震波と大規模な津波を発生。
  4. その後、再び深部へ破壊が伝播し、発生90秒後にかけて短周期の地震波により再度陸上の激しい揺れをもたらす。大きな破壊は100秒後までに止む。

この蓄積された歪を超える滑りであるダイナミックオーバーシュートによる強大な津波の発生メカニズムが明らかとなり、1896年の明治三陸地震津波は海溝側の浅部の滑りにより強大な津波が発生したものと理解される[72]

また、海底活断層や約100万年前に日本海溝から北米プレート下に沈み込んだ海山が関与している可能性も指摘されている[73][74]。この地域のプレート境界は元来摩擦が少なく固着しにくいとされ、M9規模の超巨大地震が発生した原因はこれまで不明となっていたが、この海山が留め金として働いていた可能性があるという[注 11]

小山 (2013) らは、本地震が従来連動型地震の起こりにくいとされてきた比較的高角の沈み込み帯である日本海溝で発生したこと、三陸沖中部から茨城県沖の陸側の震源域の連動に加えて海溝寄りまで震源域となり2重の地震セグメント帯 (Double Segmentation) であったことなどから、Single Segmentationと推定される1707年宝永地震や1960年チリ地震などとは異なる発生過程をたどったと考えた。従来低角でチリ型の沈み込み帯に分類されていた南海トラフやチリ海溝南部は地震前には明確な地震空白域を形成しているが、本地震の発生した日本海溝では明確な空白域は見られない、あるいはDouble Segmentationと推定される本地震や1964年アラスカ地震などでは狭い範囲に超大すべり域が存在するなどの特徴が見られ、超巨大地震にも多様性があることが示された[75]

地震波・揺れの特徴[編集]

本地震の本震による揺れの特徴として、広範囲で強い揺れに見舞われたこと、揺れの継続時間が長かったこと、長周期地震動が広範囲で長時間発生したこと、短周期の揺れが主体で家屋被害は比較的起きにくかったことが挙げられる。

本震では、地震動の発生源である断層の破壊が複雑な過程で約100秒間も続いた[27]。この中には、1.宮城県沖、2.宮城県のさらに沖合、3.茨城県北部近海での計3回の大きな断層破壊が含まれており、各地の地震波形にそれが表れている。地震波は秒速3-7kmという限りある速度で伝播するため、異なる場所で発生した地震波が時間差で到達し、破壊継続時間以上の長さで強震が継続した[76]

青森県から神奈川県にかけての各地で、震度4以上の揺れの継続時間が軒並み2分(120秒)を超え、特に崩壊範囲の中間に位置する福島県いわき市で3分10秒(190秒)に達するなどした[77]。また、地震動を感じ始めてから最大の震動を記録するまでの時間が長く、宮城県仙台市では約30秒後、茨城県日立市では約70秒経過後であった[78]。仙台市や塩竈市でも3分程度揺れが継続し、数十秒間だった1995年兵庫県南部地震や1978年宮城県沖地震と比べて非常に長かった[79]

また日本全国で長周期主体の地震動を観測した。変位応答スペクトル波形では周期7秒付近に変位40 - 50cmのピークがあり、7秒前後の固有振動周期をもつ建物の揺れが大きかったと分析されている。また高層建築物の高層階で片振幅最大30 - 60cm程度の変位が観測された[80][81]。それでも、M9という地震の規模の割には長周期の揺れは小さかった[82]

岩手・宮城・福島・茨城・栃木の各県で観測された本震の地震波の波形を速度応答スペクトル解析した結果によると、極短周期地震動・短周期地震動に当たる周期0.1 - 1秒の範囲で最も大きな揺れが見られる地点が多く、それより長い周期では相対的に揺れは小さかった[80]。宮城県栗原市築館(震度7)、塩竈市、茨城県日立市では、「キラーパルス」(一般的な木造住宅への破壊力が最も生じやすい揺れの周期)に当たる周期1 - 2秒では100カイン (cm/s) であり、木造家屋の倒壊被害が目立った1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)における200 - 300カインに比べて小さく、家屋被害は起きにくい揺れだったと考えられる[83][82]。震度7を観測した栗原市においても全半壊した建物は47棟で、死者は0人だった[84]。一方で家屋被害は宮城県と福島県を中心に、茨城県にまで及んだ。震源域の中間に位置する福島県では、震源に近い浜通りだけではなく、内陸の中通り地方でも土砂の崩壊や家屋損壊が目立ち、矢吹町(震度6弱)では30%の家屋が全半壊し、郡山市(震度6弱)でも2万棟の家屋が全半壊するなど、他県の内陸市町村に比べて特に被害が集中した。

過去の地震・想定地震との比較[編集]

地震調査委員会の想定[編集]

この地震の震源となった三陸沖は、フォッサマグナより東側の日本(東北日本孤)を乗せている北アメリカプレートオホーツクプレート)に対して、太平洋の広範囲を乗せている太平洋プレートが年間約8cmの速さで東南東から押し寄せ、青森県から千葉県にかけての沖合にある日本海溝を境にして東北地方関東地方の下に沈み込んでいる[85]。太平洋プレートが沈み込んでいるこの付近には、M7を超えるような海溝型地震の震源域が多数存在しており、本地震発生前の段階で地震調査委員会ではこの地域を以下の8つの領域に区切ってその発生間隔や確率を評価していた[86][87]

三陸沖〜房総沖の海溝型地震想定震源域
日本海溝の海溝型地震の発生評価[88]
(2011年1月1日、地震調査委員会)
東北地方太平洋沖地震による破壊の程度
(4月11日発表)[89]
発生評価 [90]
(2012年1月1日)
領域
(上掲の想定震源域画像参照)
M 30年以内の
発生確率
M 30年以内の
発生確率
三陸沖北部 固有地震 M8.0前後 0.5 - 10%  - M8.0前後、
Mt8.2前後
0.7 - 10%
固有地震以外 M7.1 - 7.6 90%程度 M7.1 - 7.6 90%程度
三陸沖中部  -  - 震源域にも含まれる  -  -
 
宮城県沖
固有地震 M7.4前後 99% 震源域にも含まれる M7.4前後 不明
固有地震以外 M7.0 - 7.3 60%程度
  (宮城県沖と三陸沖南部海溝寄りの連動) M8.0前後  -  -
  すべり量が大きい
※本震の震源域
三陸沖南部
海溝寄り
固有地震 M7.7前後 80 - 90% M7.9程度 ほぼ0%
固有地震以外 M7.2 - 7.6 50%程度
福島県沖 M7.4前後が
複数回連続
7%程度以下 震源域にも含まれる M7.4前後が
複数回連続
10%程度
茨城県沖 固有地震 M6.7 - 7.2 90%程度以上 震源域にも含まれる
※M7.6の最大余震の震源域
M6.9 - 7.6 70%程度
固有地震以外 M6.7 - 7.2 90%程度か
それ以上
房総沖[注 12]  -  -  -  -  -
三陸沖北部から房総沖の海溝寄り 津波地震 M8.2前後 20%程度 一部すべり量が大きい Mt8.6 - 9.0 30%程度
正断層型 M8.2前後 4 - 7% M8.2前後、
Mt8.3前後
4 - 7%
東北地方太平洋沖型の地震  -  - Mw8.4 - 9.0 ほぼ0%

このうち「宮城県沖地震」の領域は30年以内にM7.4前後の地震が99%で発生するという評価がなされていた上、平成17年の地震によってそのアスペリティの一部(3つのうち1つ)が破壊された、つまり宮城県沖地震は平成17年(2005年)に部分的に再来したと考えられ、残りの2つのアスペリティは近いうちに破壊されて地震を起こすと考えられていた[91][注 13]

断層の破壊が最初に始まった(震源)「三陸沖南部海溝寄り」やその海溝側にあたる「三陸沖から房総沖の海溝寄り」の中部で20mを超える非常に大きな断層運動が発生したのをはじめ、この地震の南北500km・東西200kmにおよぶ震源域は、「三陸沖中部」、「宮城県沖」、「福島県沖」、「茨城県沖」の計6つの領域に及んでいた。破壊は牡鹿半島沖の震源から南北へ連鎖的に進んでいったが、北米プレートの下に沈み込んだフィリピン海プレートの北東端が地殻破壊の南下を食い止め、「房総沖」の北隣の「茨城県沖」で止まった[92]。また、北側では1994年三陸はるか沖地震あるいは1968年十勝沖地震(「三陸沖北部」に該当する)の震源域南端付近で止まっている[93]。このような広い震源域を持つM9の巨大地震は、従来想定されていなかった。

想定に入れられなかった過去の巨大地震[編集]

この地震の震源域は、869年貞観11年)に宮城から福島にかけての太平洋沖で発生したM8.4(産業技術総合研究所による)の貞観地震の推定震源域と類似しており、地震発生直後よりこの再来である可能性が指摘された[94][95]。貞観地震は以前より文献記録によって知られていたものの、2000年代になって津波堆積物の調査によって石巻東松島で海岸から3km内陸まで遡上、仙台で同2km、名取岩沼で同4km、亘理山元で同2kmと大規模な津波を伴う巨大地震であったことが明らかになった。堆積物の広域調査から同様の巨大地震は紀元前390年頃允恭天皇年間(430年頃)、貞観11年(869年)、明応年間(1500年頃)と過去4回発生しており、再来間隔は450 - 800年程度と推定する報告があった[96]。また、東北学院大学地質調査により、約2千年前の弥生時代にも津波が発生しており、本地震で発生した津波浸水域と同程度の浸水域が仙台平野では発生していた可能性があることが地震後報道された[97]。これらのことから、東北地方太平洋沖地震発生後に海溝型地震の長期評価見直しを進めた政府の地震調査委員会は2011年11月24日、津波堆積物の調査結果を反映して、紀元前4-3世紀頃、4-5世紀頃、869年の貞観地震、15世紀頃[注 14]、今回の地震、合わせて都合5回、三陸から房総にかけて約600年周期で海溝型地震が発生していると認定し、次回の地震規模はM8.3-9.0としている[90][98]。なお、869年貞観地震は日本海溝深部、1896年明治三陸地震は日本海溝浅部の、お互い隣接する細長い震源領域の地震と考えられており、本地震は「貞観地震と明治三陸地震が同時発生した」と見る研究者もいる[23]

2011年4月13日東北大学の当地震の緊急報告会[99]で、東北アジア研究センター教授の平川新は、江戸時代に整備された宿場町が、今回の地震で津波被害を受けていないことを指摘。「慶長16年(1611年)に発生した慶長三陸地震では、当地震と同等規模の津波浸水域が発生したとされ、その経験を基に宿場・街道などが整備された」、「明治時代以降の土地利用で津波経験の記憶を喪失した」との報告を行った[100]。また、同報告会では、貞観地震で発生した津波よりも本地震で発生した津波の方が大規模だったとの報告も行われている[101]

石橋克彦は「日本三代実録」の記録を基に、今回の地震が貞観地震より大規模なもので震源域が南に延びていたかもしれないと推定している。理由は、貞観地震では京都(今回震度3)や関東(今回震度4-5)の地震記事がない[102]というものである[103]

岩手県大槌町では岩手県や大槌町の調査により、本地震による津波の浸水範囲は、明治三陸地震による津波の浸水範囲とほぼ同程度だったことが判明している[104]。同年5月15日にこれが発表されるまで町側は津波の規模や被害を想定外としていたが、実際には本地震から過去115年前にも同規模の津波が襲来したことが明らかになり、改めて三陸沿岸一帯が「津波常襲地帯」であることが浮き彫りになった[104]

予知および前兆現象[編集]

東北地方太平洋沖地震では地震予知は成功せず[105][106]、巨大地震の発生前に起こるとされているプレスリップ(前兆すべり)も観測されなかった[107]。 地震学界で確立されていると考えられていた地震の規模・発生域と発生間隔を予測する確率論的な「長期予知」においても、今回のように東北地方太平洋沖の広範囲が破壊してMw9.0に達するような巨大地震は予見されておらず、前項の地震調査委員会の発生評価にもなかったことから、「想定外」の事態であった。

ただ、今回のような地震を予見しうる手掛かりはいくつかあった。比較沈み込み学の「日本海溝は沈み込む太平洋プレートが古いため超巨大地震は発生しない」という定説に対して、古い海洋プレートが沈み込んでいる地域で起きた2004年スマトラ島沖地震によって疑問が提起されていた。また2000年代に日本の地震学界での支持が広がっていた「アスペリティモデル」に対しても矛盾が指摘されていて、地震の活動度に地域差がある東北沖では地震の少ない地域では「非地震性のすべり」がひずみを解消しているという説を見直す動きもあった。また2000年代後半以降、地質調査により仙台平野内陸などでほとんど知られていなかった巨大地震の津波の痕跡が次々と明らかになっていてこれらの知見を確率論的地震予知に反映しようとする動きが始まっていた。しかし、2011年3月11日時点では、超巨大地震発生の想定にはまだ至っていなかった(東北地方太平洋沖地震及び津波のメカニズムも参照)。

こうした経緯から、地震後は従来の説を見直す動きや様々な方法で地震予知をしようとする動きが活発化している。また、地震の発生想定の拡充を求める意見や、「確率が低いから地震は来ない」といった楽観論を生みやすい確率論的な地震予知に対する批判・反省を行う向きがあり、予知よりも減災防災に力を入れるべきとする見解を表明する地震学者もいる[108][109]

事後の検証において、1976年から2011年までの期間に本震震源域で発生した Mw 5.0 以上の地震と潮汐力の関係を調査したところ、1976年からの約25年間は相関関係がなかった。しかし、2000年頃から次第に相関関係が現れ、本震の発生直前では明瞭な傾向が出現し、断層に掛かる力が最大になる時間帯に地震が多く発生していた。特に、前震とされる3月9日11時45分(三陸沖)M 7.3 の震源と本震の破壊開始点の間の領域付近には強い相関が現れていたが、本震以降は潮汐力との関係は見られなくなった[110]

静穏化[編集]

1995年2月に行われた地震予知連絡会会報の第53巻では、1926年から1960年までのM6.5以上のデータを解析したところ、本震のきっかけとなったとされている2011年3月9日11時45分頃 (JST) に三陸沖を震源として発生したM7.3の地震の震源と本震の震源周辺に生じていた地震空白域が気象庁より報告されている[111]。また、2007年頃より東北地方全体の M5 以上の地震回数が減少し『静穏化』現象が発生していた[112][113]。また、2011年2月中旬ころより東北地方(陸域)全体の地震活動も低下していた[114]。この静穏化の後、後述の前震活動が始まった。

前震活動[編集]

3月9日)11時45分(本震の約51時間前)に、本震震源の約50km北東に当たる北緯38度19.7分、東経143度16.7分の深さ8kmを震源とするMw7.3、宮城県栗原市・登米市・美里町で最大震度5弱を観測する地震が発生し、青森県から福島県にかけての太平洋沿岸に津波注意報が発表され、大船渡市で0.6mの津波を観測した[115][116][117]。また、翌3月10日6時23分にはその近くでM6.8・最大震度4の当時最大余震と考えられていた地震が発生するなど[118][119]、3月11日の巨大地震当日にかけて震度1以上を観測する余震が発生していた。気象庁はこれが「前震だった可能性がある」としている[120]。また、2011年2月13日から、3月9日の地震とほぼ同じ場所でM5.5を最大とするM5クラスの地震がまとまって発生していた[121]

これより約1カ月前の2月中旬以降、2度のスロースリップイベント(ゆっくりすべり)が発生し、3月11日の本震の破壊開始点に向かう微小地震の震源移動が続いていた。1度目は、2月中旬から2月末にかけて、2度目は3月9日のM7.3の地震の発生後で、これらのスロースリップにより、モーメントマグニチュード(Mw) 7.1に相当する地震エネルギーが解放されたと考えられる。このスロースリップが、巨大地震の発生を促進した可能性が指摘されている[122]

地震学において前震では、地震の規模と回数の関係式(グーテンベルグ・リヒター則)における系数b値が通常の1よりも小さな値となり、「地震の規模に比して小さな余震が少ない」ことが知られている。この3月9日の地震ではb値が約0.47と、通常の日本海溝付近における0.8に比べて顕著に小さく、前震の可能性が高い有力な根拠の一つとされているほか、日本海溝地域で1960年代から2011年までb値が減少し続けていたことが明らかとなった[123]

ただし、3月11日の本震と震源域が重複せず隣接していることから、前震ではなく9日の地震により11日の地震が誘発された可能性を指摘する研究者もいる[124][125]

電離層全電子数[編集]

北海道大学教授の日置幸介によるGEONET(GPSの連続観測網)の公開データを用いた調査では、地上局とGPS局を結ぶ経路がちょうど震源域上空の電離層における最大電子密度高度約300kmと交差する局において電離層全電子数 (TEC) の変化を推定した結果、電子密度の増大が地震発生の約40分前から発生しており、これを地図面に投影すると20分前から地域の特定ができることが分かり、1994年北海道東方沖地震や2010年チリ地震でも確認されたことから「巨大地震の直前予知には有望な手法」だとしている[126]。また、電気通信大学名誉教授の早川正士は、アメリカ・ワシントン州ジム・クリークの超長波局NLK[注 15]が250キロワットで送出している24.8kHzビーコンの、東京調布での夜間継続観測において、地震発生約5日前の3月5日と3月6日電離層に振幅が小さくなる異常があったとしている[127][128]

すべり欠損[編集]

プレートの相対的平均速度から期待される相対変位量から実際の相対変位量を引いた値が、すべり欠損と呼ばれるが、宮城県沖ではこのすべり欠損が蓄積し続けていたと考えられる。つまり、歪みの蓄積量に対し地震による放出量が不足し、放出されない歪みが蓄積され続けていた。実際の観測データで見ると2003年と2005年に相次いで宮城県沖地震が発生したが2003年と2005年の放出量は1978年より少なく、一部の研究者は注視していた[129]

余震・誘発地震活動[編集]

余震[編集]

余震の多発[編集]

余震活動は極めて活発で[130]、本震から1時間足らずの間にM7以上の強い地震が立て続けに発生した[131]。一連の余震は、岩手県沖から茨城県沖までの幅約200km、長さ約500kmの範囲を震源としている[5]。本震の直後、東北大学地震・噴火予知研究観測センターが設置していた地震計の3割が破壊されたり、通信回線が途絶したりするなどしてセンターは余震の観測データを受け取れなくなり、気象庁が発表する地震情報や緊急地震速報の発令に支障が生じる事態となった[132]

まず30分後の15時15分には茨城県沖を震源とするM7.6の最大余震が発生し、茨城県鉾田市当間で震度6強を観測した[10] [120][133][注 16]。M5以上の余震は3月中に466回あった。2014年9月7日までに観測されたものでは、M5以上が819回、M6以上が113回、M7以上が9回、最大震度4以上のものは328回、最大震度1以上のものは11,106回あった[11]。M5以上の余震の回数は日本観測史上最大であった1994年北海道東方沖地震の4 - 5倍であり、記録的なペースで推移している[23]。特に福島県浜通りから茨城県北部にかけては、4月11日の地震を最大として活発な地震活動がみられ、M3以上の地震は2012年8月までに1600回を超えた[134]

また発生数もさることながら、単独で被害をもたらすような大きな余震が時間を経て度々発生するのも本地震の特徴である。本震から1ヶ月近く経過した4月7日には、宮城県沖を震源とするM7.2、最大震度6強の余震(震源の深さ66km、スラブ内地震)が発生、4人の死者が出た[10][135][136]。また、4月11日には福島県浜通りを震源とするM7.0、最大震度6弱[注 17]の余震(福島県浜通り地震内陸地殻内地震。)が発生、4人の死者が出た[137][136]。さらに、本震から4ヶ月後の7月10日には三陸沖を震源とするM7.3、最大震度4の余震が発生し、小規模な津波が観測された。2012年3月14日には千葉県東方沖を震源とするM6.1、最大震度5強の余震が発生し1人の死者が出た[138]。同日には三陸沖の北部でもM6.9の地震があり、津波を観測したが、気象庁は余震に該当するかどうかは不明としている。本震から一年経過後も、活発な余震活動が継続しており、本震から21ヶ月後の2012年12月7日にも三陸沖を震源とするM7.3、最大震度5弱の余震が発生、最大98cmの津波を観測した[139]

気象庁は3月13日から4月21日にかけて、M7.0以上の地震が3日以内に発生する「余震の発生確率」を発表、当初は70%と高かったが次第に低下していった[5][140]余震の発生確率を参照のこと)。その後4月28日には、減少がみられることから発生確率の発表を行わなくなり「今後もまれに大きな余震が起こることもある」とした[141]。一方同年4月時点で、東京大学の井出哲准教授は「M7レベルの地震は10回以上は起きる」、東京大学地震研究所の大木聖子助教は「最大余震が1年後に発生することもありうる」、との指摘をしている[142]。また、同年11月18日に気象庁は地震予知連絡会で、同月15日から12月14日までの1か月間に本震域や周辺においては15%の確率でM7以上の余震が発生するとの分析結果を報告した。これは発生したM5以上の余震の傾向から得たもの。また余震は減少傾向にはあるものの3月11日以前の7倍の確率であり、大きな余震への警戒を要するとしている[143]

余震の広域性[編集]

一連の余震は、本震の震源域に当たる岩手県沖から茨城県沖までの幅約200km・長さ約500kmの範囲と、そこに隣接する海溝軸の東側(海溝外縁隆起帯=アウターライズ)を震源としている[5][144]。多くは本震と同種の「海溝型地震」(プレート境界地震)であるが、震源域西側の地殻の浅い所では「内陸地殻内地震」(内陸直下型地震:大陸プレート内地震)、震源域西側の地殻の深い所では「スラブ内地震」(深発地震:海洋プレート内地震の一種)、海溝軸東側では「アウターライズ地震」(海洋プレート内地震の一種)も発生している。特に日本海溝東側の海溝外縁隆起帯(アウターライズ)では本震による地殻変動の影響で、余震が発生した場合に後述のようにより規模が大きくなる可能性が高まったことも指摘されている。このほか、次節で述べるように震源域から数百kmも離れた所でM6以上の比較的大きな地震が多数発生しており、巨大地震による地殻変動の影響が考えられることも今回の地震で特徴的とされる。

誘発地震[編集]

今回の地震では震源域から離れたところでも被害地震(遠隔誘発地震)が発生している。これらも大きな視点では、今回の一連の地震活動の中に含まれると考えられており、震源域で発生する余震と区別して「誘発地震」や「広義の余震」[145]と呼ばれている。 複数の専門家が、本地震によって東日本を中心に地殻変動や応力の変化が生じ、地震の発生が促進された地域があるとの見解を発表している[146][147]

表面波による動的誘発[編集]

神奈川県箱根町の箱根火山地下浅部では、本震の揺れが継続中であった14時49分から50分にかけてM3.8-4.2の地震が4回立て続けに発生し、本震の地震動と重なって局地的に最大で震度6弱の揺れを観測したことが、神奈川県温泉地学研究所が独自に設置した地震計の地震波解析で判明した。震源は駒ケ岳大涌谷の深さ2-6km地点、M4規模であったため強い揺れは0.5秒程であった。箱根の断層が本震の影響を受けやすい向きであったために、本震による長周期の地震動(表面波)に誘発されたものとみられている。この地震は箱根に本震の表面波が到達した頃から発生しており、本震の地震波に伴う地盤の動的応力変化によって発生した動的な誘発地震と考えられている[148][149][150]

また、京都大学防災研究所の宮沢理稔が行った、気象庁や研究機関など日本各地約1500箇所の地震計のデータから本震や余震による直接の地震波を取り除く手法による解析では、本震後約15分間に関東から伊豆諸島、四国、九州までの広い範囲で約80-100回以上、M5未満の誘発地震が発生していたことが判明した。以前より活動が活発な飛騨や北伊豆で顕著に増加した。さらに誘発地震は本震の震源域から南西方向に秒速3.1-3.3kmで広がっており、これは表面波の伝達速度と一致する。本震のLg波 Rg波などの表面波により起励され、「火山近傍」「プレート境界付近」「近年の規模の大きな地震が発生した余震域」[151]などの地震が起きやすい地域で誘発されたとみられていて、動的誘発作用(ダイナミックトリガリング)によるものと推察されている。動的誘発作用が広がっていく過程が確認されたのは初めてとされる[152][153][154]

本震後の北アメリカプレート内部での誘発地震[編集]

3月12日未明には長野県北部地震 (M6.7) が、15日夜には静岡県東部地震 (M6.4) がそれぞれ発生した(いずれも最大で震度6強を観測)。これらの地震は内陸の活断層における地震であり、気象庁は3月12日に「太平洋沖での地震と直接関係はないが、地殻変動などにより誘発された可能性は否定できない」と述べ[155]、今後も震度6弱の余震が連続して起こる可能性があると注意を呼びかけた[5]

この他には、秋田県内陸北部、福島県浜通り、茨城県南部、長野県中部でも震度5強以上の地震が発生している[144][156]。気象庁精密地震観測室(長野県長野市松代)では、6月30日に長野県中部の地震 (M5.4) が発生した震源域付近において、本地震後から震度1以上の有感地震の増加を観測しており、本地震による地殻変動が影響した可能性があるとの見解を示している。震源域の付近に位置し本震後に発生確率が上がったとされた牛伏寺断層との関連については、「震源の状況から別の断層によるものとみられる」との見解を示している[156]。また、福島県会津地方から山形県置賜地方にかけては本震以降に群発地震が発生し、2011年5月7日のM4.6を最大として2011年12月末までに体に感じない微小地震を含め、16000回を越える地震を観測している。

本震後には東日本全体で地殻変動が観測されていることから、これらの地震は東日本内陸部の地殻に加わっていた応力が大きく変化した事が引き金になって発生したものと考えられている[157]。このような地震は特殊な例ではなく、過去の海溝型の大地震後にも余震域周辺および震源域とは離れた場所で、数年間に渡って誘発地震が発生したケースがある[158]

本震後のプレート境界での誘発地震[編集]

関東地方南方沖では北アメリカプレートと太平洋プレートに加えてその下にフィリピン海プレートが沈み込んでいて、沈みこんだプレートが地下50-100km程度に位置する茨城県南部は以前より地震が多発している地帯だが、今回の本震後も誘発地震が多数発生した。3月24日 (M4.8) と4月2日 (M5.0) の地震は沈み込んだフィリピン海プレートと上盤側の北アメリカプレートとの境界付近で発生しているが[159]、4月16日 (M5.9) と7月15日 (M5.4) の地震はフィリピン海プレートの下にさらに沈み込んでいる太平洋プレートとのプレート境界付近で発生しており[160][161]、震源となるプレート境界が異なっている。いずれも震源地としては内陸部であるが、プレート境界で発生する海溝型地震に分類されている(詳細は「東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録」を参照)。

その他の地域では本震における未破壊領域となっている、南北に長い日本海溝にある今回の震源域の南端(房総沖および千葉県東方沖)や北端(三陸沖北部、1994年の三陸はるか沖地震の震源域)での波及地震の発生が懸念されている[注 18]。さらに、この他にも同海溝の北隣にある千島海溝十勝沖及び根室半島沖)、北アメリカプレート内の他の境界部(糸魚川静岡構造線および日本海東縁変動帯)での波及地震に注意する必要があるという指摘がある[162]

加えて、産業技術総合研究所の石川有三招聘研究員は関東南部におけるフィリピン海プレートの境界部でも地震活動が活発化していると指摘している[163]南関東直下地震の確率が上昇したとの報道が2011年9月以降にされているほか、調査により関東地方地下のフィリピン海プレートの深さが従来の想定よりも浅い所にあることが判明したことを受けて2012年3月には同地震の見直した震度推定が公表される[164]など、関東地方でも被害地震の発生が懸念されている。

東北太平洋沖で早ければ2011年4 - 5月中にも再びM8級の巨大地震が発生する可能性が高いと見る専門家もおり、これが4月に報道されていた[165]。京都大学防災研究所の遠田晋次准教授は、M8級の誘発地震が発生した場合、仙台市に10mの津波が襲来すると計算している[165]。文部科学省の地震調査委員会(地震調査研究推進本部)は、「三陸沖から房総沖の海溝寄り」の領域で発生すると予測されていた津波地震の想定Mt(津波マグニチュード)を従来の8.2前後から8.6-9.0前後に更新し、誘発される可能性があると発表した[166][167]。また、同じくM9規模の超巨大地震である2004年のスマトラ島沖地震のように、数年かけて周辺で大地震が続発する可能性があるという指摘[168]もなされている。

スロースリップ現象の誘発[編集]

千葉県房総半島沖では、明瞭な振動を伴わないスロースリップが誘発され、従来は平均6年間隔で発生していたが前回の発生から4年目で発生した[169](「千葉県東方沖地震 (1987年)#千葉県東方沖のスロースリップ現象」も参照)。この活動の総放出エネルギー量は、モーメントマグニチュードMw6.5と推定されている[170]

地殻変動[編集]

地震活動の変化[編集]

本震のすべり量が大きい日本海溝の海溝軸付近では、プレート境界より深いところの海洋プレート内部では余震が多発しているものの、プレート境界の逆断層型の余震は少ない。原因として、本震時にすべり量が大きかった場所ではひずみが十分に開放された一方、その周囲では本震や余効変動によってひずみが蓄積しているため余震が多発しているのではないかという考えがあるほか、この地域では通常プレート間の固着が非常に強固であることから、本震後すぐに強固な固着が復活してしまった可能性が指摘されている[171][172]

また、震源域に近い海域での大規模な誘発地震の発生が注目されている。宮城県・福島県遠方沖、日本海溝東側の海溝外縁隆起帯にあたる太平洋プレート上に設置した海底地震計等により4月から2ヶ月間行われた、海洋研究開発機構 (JAMSTEC) による海洋プレート内地震の調査では、深さ約20キロの浅い領域は本震発生以前の正断層型のまま変化はないが、約40キロの深い領域では本震発生以前の逆断層型から正断層型の地震に変化していた。本震の影響によりプレート内部の応力の方向が変化している可能性などが考えられ、これまでと異なり深い部分まで応力の方向が揃ったため、プレート内部の地震がM8級の巨大地震に及ぶ可能性も指摘されている[173][174]。日本海溝東側のように沈み込む手前の海洋プレート内で発生する地震はアウターライズ地震と呼ばれており、大きな津波が発生しても震源が陸地から遠いため揺れが小さくなるといった「津波地震」と類似した特徴があるため、避難行動が遅れて被害が拡大する恐れがある。本震40分後の15時25分に発生したM7.5の余震が該当し、過去には1933年昭和三陸地震もこのタイプで甚大な津波被害を出した。

地殻変動・沈降(地盤沈下)[編集]

本震および、余震を含む余効変動により、大きな地殻変動が発生した。東日本全域が東方向に10cm以上移動するなどその範囲は広い。東北から関東、甲信越までの東北日本の地殻は普段より太平洋プレートの沈み込みによる西方向への圧縮力を受けていたが、東北地方太平洋沖地震とその後の余効変動では逆に東方向への引っ張り力を受けており、地震活動の変化が懸念されている。また陸側の太平洋プレート上の震源域付近では隆起、震源域の西側では沈降が発生したため、東北から関東にかけての太平洋岸では軒並み地盤沈下が起きて二次被害をもたらしている。震源に近いところではさらに大きな地殻変動が起きていて、研究によっては震源に近い海底で東に推定50m以上という、世界の地震観測史上類を見ない急激な移動が生じた。

  • 国土地理院の計測による上下方向の最大移動は、宮城県石巻市鮎川浜の電子基準点付属標「牡鹿」で1.14m沈降である。
  • 国土地理院の計測による水平方向の最大移動は、宮城県女川町江島の二等三角点「江ノ島」での東南東方向5.85mである[175]。また、岩手県陸前高田市で4.473m、東京都足立区で0.41m動いた。遠い所では新潟県村上市1.41m、石川県輪島市0.58m、福井県勝山市0.26m、岐阜県飛騨市で0.33m移動している。なお3月12日の長野県北部地震 (M6.7) は、水平移動0.92m[注 19]の場所で起こっている。
  • 国土地理院の計測によると、すべての日本の地図経緯度)の基準となる東京都港区麻布台(狸穴)にある日本経緯度原点が、27.67cmだけ真東へ移動した。また、国会前庭にある日本水準原点が、24mmだけ沈下した[注 20]
  • 陸域観測技術衛星 (ALOS)「だいち」のレーダーからも、広範囲で地殻変動があったことが解析された[176][177]
  • 同上の地球観測研究センターでは被災地の地球観測衛星写真を公開している[178]。また、GoogleGoogle EarthおよびGoogle マップで被災前後の地球観測衛星写真を公開している[179]
  • 海底基準点(海底に設置された電子基準点)のデータでは、震源域のほぼ真上に位置する「宮城沖1」が東南東に約24m移動し、約3m隆起したものが最大であった。他の地点でも、「宮城沖2」が東南東に約15m移動し約60cm沈下、「福島沖」が東南東に約5m移動するなどのデータが観測された。「宮城沖1」は本震だけで約20m以上移動したと見られ、これらの観測結果により、震源付近の海底の移動距離は陸上の約4倍以上となることが確認された。(本震前と約3週間後の3月28日 - 29日の比較、GPS観測、海上保安庁4月6日発表[180]
  • 海洋研究開発機構の調査によると、震源近くから海溝付近では、南東〜東南東に約50m、上方に約7mから10mの地殻変動があった[181]

本地震による津波が陸地をさかのぼったことに加えて、広範囲で地盤沈下が発生したことで、東北地方太平洋側の海岸が一部沈没した。津波によるものと地盤沈下によるものを合わせた浸水面積は、青森県から千葉県までで合計561km²に達した。海岸線の一部沈没により一部自治体の面積が減少し、将来的に地図の書き換えが必要になると考えられるが、国土地理院は被災地に配慮し、地図の書き換えは当面行わないとした。自然災害による面積の変更は例が無いという[182][注 21][183]国土地理院は平成23年(2011年)4月5日から10日にかけて3県13市町28か所の水準点三角点電子基準点標高計測し、以下の通り地盤沈下の変動量を発表した[184][185][186]

岩手県 宮城県 福島県
市町村 地盤沈下の変動量 市町村 地盤沈下の変動量 市町村 地盤沈下の変動量
宮古市 0.50m 気仙沼市 0.74m 相馬市 0.29m
山田町 0.53m 南三陸町 0.69m
大槌町 0.35m[185] 牡鹿半島 1.2m[185][187]
釜石市 0.66m 石巻市 0.78m
大船渡市 0.73m 東松島市 0.43m
陸前高田市 0.84m 岩沼市 0.47m

地震後は余効変動が継続し、GEONETによる観測結果から地震時に沈降した茨城県沿岸から宮城県沿岸にかけては地震2年後の調査時点で余効変動により隆起に転じ部分的に回復したが、三陸海岸北部では依然沈降が続いていることが判明した[188]。また、この余効変動は本震より深部のプレート境界滑りによるものと考えられるが、その回復的隆起は小さい。東北地方太平洋岸は10万年スケールの地質学的なデータでは年間約0.5ミリメートル隆起していると推定されるのに対し、100年スケールの測地学的な観測データは沈降を示しており、さらに今回の超巨大地震で大きく沈降し余効変動でも相殺できるとは考えにくく矛盾があるとされた[189]

自転への影響[編集]

この地震によって地球の自転がわずかに速くなり、一日の長さ(平均太陽日)が1.8µs(マイクロ秒)だけ短くなった[190]

副振動[編集]

この地震の本震発生時から終息後数分間、副振動(セイシュ)とみられる、閉鎖性水域の水面のゆっくりとした大きな変動が観測された。日本では少なくとも2か所、西湖で1 - 2分周期・1m程度の水位変化が観測されたほか、芦ノ湖でもゆっくりとした1m程度の水位変化が観測された。長周期地震動と地殻変動が原因と推定されている[191]。また、ソグネ・フィヨルドの中域に位置するノルウェーのライカンゲルでも観測されているほか、カナダのニューファンドランド島では井戸の水位変動が観測された[192]

火山活動[編集]

東北地方、関東地方、中部地方、伊豆諸島を中心に日本各地の火山において、地震後火山性地震の活発化が観測されたが、噴火の前兆とされるような活動は見られず次第に沈静化した。しかし、871年鳥海山噴火や1707年富士山噴火(宝永大噴火)、1991年ピナトゥボ山噴火、2006年ムラピ山噴火などの例から、噴火が誘発される可能性は否定できないとする報告がある[23]

液状化[編集]

この地震により、東日本の広範囲で地盤の液状化現象が観測された。規模が大きかった千葉県浦安市では、埋め立て地が大半を占める土地柄の影響で中町・新町地区を中心に市面積の85%が液状化する大きな影響を受けたのをはじめ[193]、同じ東京湾岸の、千葉市船橋市習志野市、東京都江東区新木場江戸川区港区中央区大田区、神奈川県横浜市金沢区川崎市のほか、河川周辺の造成地でも香取市我孫子市、茨城県ひたちなか市神栖市潮来市稲敷市、埼玉県久喜市南栗橋、宮城県大崎市などで被害が発生した[194][195][196][197][198][199][200][201]

今回の地震による関東地方の揺れは、加速度(揺れの大きさ)自体はそれほど大きくないものの、規模に比例する形で長周期地震動が大きく、それが長時間続いたこと、大きな余震が多発したことによって、液状化の被害が拡大したとの見方がある[79]

各地の総面積は少なくとも42km²に上り、直前に起こったカンタベリー地震の34km²を上回る最悪の被害面積となった[202]

津波[編集]

日本国内[編集]

津波警報[編集]

仙台市周辺の海岸線の変化 緑色の線が沈降前の部分
(上)浸水後
(下)浸水前
国土地理院の調査に基づく仙台市・名取市付近の津波浸水範囲。仙台平野の広範囲で海岸から4 - 6 km内陸まで浸水した。
各地の検潮所・験潮所・験潮場で観測された津波の高さ。
岩手県宮城県福島県茨城県にかけての太平洋岸と、北海道の一部で3mを超える大津波が観測された。また、太平洋岸の広い範囲で1m以上の津波が観測されている。
調査により推定された各地の津波の浸水高・遡上高の緯度方向における分布、東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ、2012年3月1日発表による。

この地震で気象庁は、気象庁マグニチュード7.9という推定に基づき[57]、まだ揺れの続いている中の14時49分、岩手県宮城県福島県の沿岸に津波警報(大津波)[注 22]、その他の全国の太平洋沿岸などに津波警報・津波注意報を発表し、予想される津波の高さについて、宮城県で6m、岩手県と福島県で3mと発表した。しかし、実際の津波の高さはこれを大きく上回った。通常は地震発生15分後に算出されるモーメントマグニチュードがこの地震では算出できず、津波警報の続報に生かせなかった[57]。また15時には岩手県沖の海底水圧計で5mの津波が観測されていたが、津波の予測に水圧計を使うことは気象庁のマニュアルになかった。その後、水圧計よりも陸側に設置されたGPS波浪計や沿岸の検潮所などで高い津波が観測されたため、津波警報・注意報は15時14分、15時30分に更新・拡大された。岩手県釜石沖のGPS波浪計では15時12分に6.7mを観測し、これはマニュアルによれば沿岸では10m以上の高さになるとされる値だったが、15時14分の警報更新では10m以上の予想は宮城県のみで、岩手県と福島県では6mの予想だった[203]。15時30分には岩手県から千葉県九十九里外房までの予想高さが10m以上になった[204][205]が、すでにその時間帯には三陸沿岸に津波が襲来していた[206]

3月12日3時20分までに太平洋沿岸の北海道から小笠原諸島四国までと青森県日本海沿岸には津波警報(大津波)が、北海道日本海沿岸南部や東京湾内湾、伊勢湾瀬戸内海の一部、九州南西諸島などには津波警報が、日本海や瀬戸内海の沿岸などには津波注意報が発表され、日本の沿岸の全てで津波警報(大津波)、津波警報、津波注意報のいずれかが発表されたこととなった[207][208]仙台市宮城野区太白区若林区・青森県太平洋側沿岸をはじめとして全国各地に避難指示が発令された[209][210]。気象庁が津波警報・注意報を全て解除したのは、丸二日以上経過した3月13日17時58分だった[211]。なお、気象庁が津波警報(大津波)を発表したのは1年ぶり(そのうち、青森・岩手・宮城では1年ぶり、北海道では約18年ぶり)である。

観測された津波[編集]

地震によって、観測史上最大級の非常に大規模な津波が発生し、北海道[212]から千葉県[213]にかけて大津波が押し寄せた。特に岩手県宮城県福島県の3県では、海岸沿いの集落が軒並み水没したのをはじめ、仙台平野などの平野部では海岸線から数km内陸にわたる広範囲が水没、遡上した津波により河川沿岸ではかなり内陸まで水没した。陸に押し寄せた高い津波は、各地で防潮堤堤防を乗り越え、建築物構造物を破壊し、それらが瓦礫となって車などと一緒にさらに内陸まで侵入した後、引き波となって瓦礫を海まで引きずり出した後、後続の波によって再び内陸へという形で繰り返し沿岸を襲い、甚大な被害を出した[212][214][215][216][217]。また、震源から見て日本列島の裏側に当たる日本海側沿岸や瀬戸内海沿岸、東京湾内でも津波を観測している[218]。航空写真などを基に国土地理院が分析したところによると、津波により浸水した範囲は、青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉の6県62市町村で561km²に及んだ[219]

計器観測された津波高[編集]

津波の第一波は、震源に近い観測所では地震発生とほぼ同時刻に数十cm程度の海面変動が観測され、陸に近い分岐断層のずれによる津波が早い段階で到達した可能性も考えられていた[220]。しかし、気象庁は後日の精査により、釜石大船渡石巻相馬の4地点については、津波によるものと海震などによるものとの区別が難しいことから速報値を取り消し、「11日午後2時台」として何分かは「不明」と発表し「今後も第1波到達時刻の特定は難しい」との見解を示した[221][220]宮古港では15時1分に1m24cmの引き波を観測し、第一波の到達時刻と特定された[221]

検潮所の測定による津波の高さは、岩手県の宮古で8.5m(15時26分)以上[注 23][222]、釜石で4.2m(15時21分)以上、大船渡で8.0m(15時18分)以上[222]、宮城県の石巻市鮎川で8.6m(15時26分)以上[223]、福島県の相馬で9.3m(15時51分)以上[6]などだった。ただ、東北地方のこれらの検潮所は津波によって途中から観測データを送信できなくなったため、それ以降については記録が残っていない[224]。このうち相馬の記録のみ、引き波の後の最初の押し波が全て記録されているが、気象庁はこの記録について、これ以降の津波の記録が他の検潮所と同様に計測できておらず、後続の波がこれよりも高くなった可能性を考慮して「9.3m以上」と表現している。このほか、青森県の八戸で4.2m(16時57分)以上(一時的に欠測の部分あり)[225]、茨城県の大洗で4.0m(16時52分)を記録している[226]。福島県のいわき市小名浜では3.3m(15時39分)だった[227]。距離が近い東北地方だけでなく、北海道の太平洋岸で1-3.5m程度、千葉〜九州の太平洋沿岸で1-3m程度、日本海側でも1m未満の津波が観測された。

沖合に設置されたGPS波浪計は、岩手県北部沖〜福島県沖において15時12分から15時19分の間に最大波を観測し、このうち最大のものは岩手県南部沖(釜石沖)の6.7mだった(沿岸ではさらに高くなる)。岩手県南部沖では少なくとも7回の津波を観測した。また、岩手県北部沖〜宮城県北部沖にでは、潮位は最大波の数分前に小さく上昇し、その直後に高く鋭い波形が現れた[228][229][230]。釜石沖に敷設された海底ケーブル式水圧計による海面変動の記録(TM1, TM2)でも、最初に海面が徐々に2m程度上昇したのち、約11分後にパルス的な3m程度の急上昇が見られた。プレート境界の比較的深い部分の断層破壊によってもたらされたのが最初の長く緩やかな海面上昇で、それに続く急激な高い津波は、海溝近くでの大規模な断層破壊によるものと考えられている。

一方で、この二つの異なる波長の津波は異なる波源から生じたものとする推定があり、海底電位磁力計による観測結果から長波長の緩やかな海面上昇は宮城県沖の広範囲の断層滑りが原因であるのに対し、短波長のパルス波は震源から約100km北東の海溝付近が波源と考えられ、この位置は明治三陸津波の波源域に近く何らかの関連が示唆されるとしている[231]。この、短波長の津波は震源から約150km北東の日本海溝付近で発生した海底地滑りの可能性があり、これが津波を巨大化させた一因である可能性があるという[232]

また、波源域から発せられた直接波だけでなく、太平洋の対岸にあたる南米で反射した長周期(30分から60分)の津波を約50時間後に津波コーダとして海底水圧計は観測していた[233]

推定された津波高[編集]

日本気象協会は、岩手県宮古市から福島県相馬市までの沿岸の津波高(海上での津波の高さ)は約8-9mあったと推定した[22]。一方、陸上の比較的海岸に近い地点での浸水高は、浸水した痕跡などから、岩手県から宮城県牡鹿半島までの三陸海岸で10-15m前後、仙台湾岸の高いところで8-9m前後としている[22]陸前高田市南三陸町宮古市などでは建物の4、5階まで浸水した[234]。津波の溯上高(斜面を駆け上がった高さ)は、三陸海岸では30m以上のところがあった[235]。全国津波合同調査チームの調査によると、津波の遡上高は岩手県大船渡市の綾里湾において40.1mにまで達したものが最大と見られており、この記録は明治三陸地震の最大記録38.2m(同市綾里地区)を上回り、明和の大津波(発生当時は琉球)を除けば日本で記録された最大の遡上高となった[7][236][237]。また東京大学地震研究所の都司嘉宣准教授によると、宮城県女川町の笠貝島では溯上高が43mに達していた可能性がある[238]。他に、宮古市田老地区の小堀内漁港近くで37.9m、岩手県野田村で37.8m、宮城県女川町で34.7m、大船渡市三陸町綾里で30.1mの遡上高が確認されている[236][237][239][240]。福島県の警戒区域内での津波は、佐藤愼司東京大学大学院教授(海岸工学)らと福島県の共同で2012年2月に初めて調査が行われ、最大で21.1m(富岡町小浜)に達していたことが分かった[241]

各地で被害を出した津波[編集]

宮城県女川町では、鉄筋コンクリート製のビルが基礎部分ごと地面から抜けて横倒しになった。このような例は世界的にも稀で、町はビルを被害資料として保存する方針である[242][243]

東北大学教授の今村文彦は、NHKが仙台市若林区で撮影した津波の映像を分析し、津波の速さは沿岸から1km内陸の地点では秒速約6m・時速20km以上であったと明らかにした[244]。名取川では津波が陸地の倍の速さで逆流し、堤防からあふれ出して流れ落ちる過程でさらに加速したことで内陸6kmまで浸水したり、川沿いの集落も被害を受けた[245][21][246]

仙台平野では名取川鳴瀬川阿武隈川七北田川などで数km以上津波が遡上した。北上川では、津波が河口から約50km上流の地点まで遡上したことが河川水位の記録データから判明した[247]十勝川においても、河口から約13km上流の地点まで遡上した[248]。関東地方では利根川で河口から約40km上流まで、荒川で河口から約28km上流まで遡上していることが確認された。

岩手県の宮古市田老地区では、チリ地震津波から集落を守ったとされる高さ10m、総延長2433mの防潮堤を津波が乗り越え、防潮堤は580mにわたって粉砕された[249][250]。岩手県釜石市では、ギネス世界記録に「世界最深の防波堤」と認定されている全長2km、深さ63mの防波堤釜石港湾口防波堤が平成21年(2009年)に完成しており、津波によって防波堤自体は全体の7割が倒壊したものの、釜石市街地への浸水を約6分遅らせることができたとの分析結果が報告されている[251]。これに対し、岩手県普代村では、高さ15.5m、全長155mの防潮堤、普代水門により村の海岸地域が守られ、村全体で死者0名、行方不明者1名の人的被害に留まっている[252]。一方、釜石市唐丹町小白浜での破壊の状態から、防潮堤は向かってくる津波に対しての耐波力は有していたが、越流した引き波を想定した設計が不十分であったため防潮扉が破壊され、後続波に対しては無防備となったと考えられている[253]

その後の余震によっても、たびたび津波警報や津波注意報が出された[205]。7月10日9時57分ごろに発生した三陸沖を震源とするM7.3、最大震度4の余震では、本震以降で初めて津波を観測した(岩手県の大船渡と福島県の相馬でともに10cm)[254]

津波による被害(宮城県)

(左)気仙沼市JR気仙沼線最知駅上空から北向きに川原漁港周辺を空撮(2011年3月13日)
(中)仙台市宮城野区沿岸上空から北向きに仙台港周辺を空撮(2011年3月12日)
(右)名取市日和山から北向きに閖上地区を撮影(2011年4月6日)。数台の重機が瓦礫の撤去作業をしている。

日本国外[編集]

太平洋津波警報センターが、アメリカ合衆国ハワイ州現地時間3月10日21時31分(地震発生から1時間45分後)に、同州に対し津波警報を発令[256]。太平洋津波警報センターはその他、ロシアやニュージーランド、南米のチリなども含む約50の太平洋沿岸の国・地域に津波警報を発令した[257]

日本から太平洋を隔てて遠く離れた中南米沿岸にも津波が押し寄せる恐れがあるとして、各国は市民に注意を呼び掛けた。沿岸地域や島嶼部では、津波を警戒して避難命令が出された[258]

南極スルツバーガー棚氷: Sulzberger Ice Shelf)付近(南緯77度西経148度)の海上に長さ9.5km幅6.5km厚さ80m氷山が漂流していることが欧州宇宙機関の人工衛星Envisatによる観測で確認され、地震に伴う津波(高さ0.3m)が繰り返し到達し、棚氷の一部を破壊し巨大な氷山を造ったとNASA2011年8月9日明らかにした[259][260][261]

(左)津波によるエネルギー伝播の試算
(中)津波の太平洋沿岸各地への到達時間の試算
(右)津波によるエネルギー伝播のシミュレーション映像
(データは共にNOAAによる)
国・地域 避難 津波警報 津波の高さ 犠牲者 出典
台湾 0.1 m 0 [262]
ニュージーランド 0.4 m 0 [263]
アメリカグアム 0.4 m 0 [264][265][266]
アメリカ、北マリアナ諸島 0.4 m 0 [264][265]
アメリカ、ハワイ州(ほとんどの地域) 2.1 m 0 [267][268]
アメリカ、ミッドウェー島 1.5 m 0 [269]
アメリカ、ハワイ、マウイ島 2.1 m 0 [269][270]
アメリカ、アラスカ州シェミア島 1.5 m 0 [269]
アメリカ、アラスカ州アリューシャン列島 1.5 m 0 [269]
アメリカ、ハワイ、ハワイ島コナ 3.7 m 0 [269]
アメリカ、ウェーク島 1.8 m 0 [266][269]
アメリカ、カリフォルニア州 2 m 1 [271][272]
フィリピン(ほとんどの地域) 1 m 0 [273][274]
パラオ(一部地域) 0.11 m 0 [266][273][275][276][277][278]
ツバルナヌメア環礁 0.0/小さな波2回 0 [279]
インドネシアモルッカ諸島北スラウェシ州 0.1 m 0 [262][273][274][280]
インドネシアパプア州 1.5 m 1(行方不明5) [281]
ロシアオホーツク海沿岸 不明 不明 3.3 m 0 [282]
千島列島北方領土を含む) 3.3 m 0 [282][283]
メキシコ太平洋沿岸 不明 0.7 m 0 [284]
カナダブリティッシュコロンビア州 0.5 m 0 [285]
フランス領ポリネシアタヒチ島 0.4 m 0 [286][287]
フランス領ポリネシア、マルキーズ諸島 3.0 m 0 [288]
ペルーカヤオ 1.66 m 0 [289]
チリイースター島 0.3 m 0 [290]
チリアリカ 0.91 m 0 [289]

太平洋を往復した津波[編集]

津波は太平洋を越え、チリのタルマワノ観測所では2mの津波を観測した (NOAA)。その津波の反射波が日本に戻ってきて47-48時間後に30-60cmの津波が、小名浜、尾鷲、串本の各検潮所で観測されたと見られる[291][292]

緊急地震速報[編集]

気象庁:2011年3月11日14時46分に発生した地震の緊急地震速報
第報 発表時刻 経過時間(秒) 北緯 東経 深さ Mj 備考
1 14時46分45.6秒 5.4 38.2 142.7 10km 4.3 最大震度 1程度以上と推定
2 14時46分46.7秒 6.5 38.2 142.7 10km 5.9 最大震度 3程度以上と推定
3 14時46分47.7秒 7.5 38.2 142.7 10km 6.8
4 14時46分48.8秒 8.6 38.2 142.7 10km 7.2
5 14時46分49.8秒 9.6 38.2 142.7 10km 6.3
6 14時46分50.9秒 10.7 38.2 142.7 10km 6.6
7 14時46分51.2秒 11.0 38.2 142.7 10km 6.6
8 14時46分56.1秒 15.9 38.1 142.9 10km 7.2
9 14時47分02.4秒 22.2 38.1 142.9 10km 7.6
10 14時47分10.2秒 30.0 38.1 142.9 10km 7.7
11 14時47分25.2秒 45.0 38.1 142.9 10km 7.7
12 14時47分45.3秒 65.1 38.1 142.9 10km 7.9
13 14時48分05.2秒 85.0 38.1 142.9 10km 8.0
14 14時48分25.2秒 105.0 38.1 142.9 10km 8.1
15 14時48分37.0秒 116.8 38.1 142.9 10km 8.1

本震に対し、気象庁は初期微動(P波)検知(14時46分40.2秒)の5.4秒後に予報第一報を発表し、8.6秒後に一般向け緊急地震速報(警報)を宮城岩手秋田山形福島の各県に発表した。震度7を観測した宮城県栗原市ではS波到達まで15秒の猶予があった[293]。しかし、この地震発生の際に発表された緊急地震速報では、予測震度と実測震度が大きく乖離している地点があり[294]、震度5弱以上の強い揺れを観測した青森関東甲信越地方には一般向け緊急地震速報は発表されず、青森・関東・甲信越を放送エリアとする民放のテレビ・ラジオ番組、該当地域にない携帯電話のエリアメール機能などで注意喚起がされなかった。また、地震検知5.4秒後に発表された予報第1報でのマグニチュードは4.3・最大震度1程度以上と過小評価され、一般向けの警報を発表したのはM7.2と推定した地震検知8.6秒後の第4報だった。

気象庁気象研究所は原因としてそれぞれ、最大振幅から推定するマグニチュードの上限に達してしまったこと・震源域の広がりを十分に考慮できなかったこと、地震の最初の振幅がきわめて小さかったこと[注 24]を挙げている[295]。なお速報の第14報において茨城県北部でも震度5弱以上が予想されたが警報の更新条件である60秒以内に満たなかったため発表されなかった。

また本震後に、緊急地震速報が過大に予測されたり、強い地震でも発表されないなど、適切に発表できなくなる問題が発生した。気象庁は原因として、異なる場所でほぼ同時に発生した複数の地震を1つの地震として処理してしまうため、また停電や通信回線の途絶によりデータ処理に使用できる地震計の数が減少したためとしている[296]。この問題に対し気象庁は、ほぼ同時に起きた地震のうち緊急地震速報(警報)の発表対象としていない小規模の地震を計算の対象から外すことにより、2つの地震を誤って結び付ける頻度を減らすシステム改修を行った[297]

被害・影響[編集]

東日本大震災」と命名された本地震による日本国内の被害は、地震そのものによる被害に加えて津波火災液状化現象福島第一原子力発電所事故大規模停電など多岐に渡り、1都9県が災害救助法の適用を受けた[298]警察庁発表による死者および届出があった行方不明者の数は合わせて約1万8,500人で、津波被害を受けた東北地方太平洋沿岸を中心に関東地方北海道でも死傷者が出る事態となっている[12]。この死者・行方不明者数は、明治以降の地震被害としては関東大震災の10万5,385人、明治三陸地震の2万1,959人に次ぐもので[299]阪神・淡路大震災の6,437人を大きく上回る第二次世界大戦後最悪の巨大自然災害となった[300]

津波と原発事故の影響を連続して受けた福島県浜通りなどを中心に複合災害の状況を呈し、避難区域においては救助・捜索活動が中止される事態も発生した。

対応・支援と復興[編集]

東日本大震災被災地で活動する川口市消防局救助部隊
自衛隊によって設営された臨時浴場

津波警報の発表があった沿岸地域では、消防・消防団・警察・自主防災組織・自治体担当者などによる避難誘導が行われたが、中には津波により負傷・殉職した者もいた。発生当日より国内各地から消防の緊急消防援助隊・警察の広域緊急援助隊が派遣され、(原発避難地域も含めて)被災地の救助・捜索・警備などに当たった。最大約6,100人・総数約28,600人(のべ派遣人数は10万人)の消防隊員が派遣された[301]。また最大約4,900人・6月末時点で4,000人以上の警察官[302]が派遣されたほか、海上保安庁も救助・捜索・港湾復旧などを行った。また自衛隊も最大で10万7,000人、7月21日時点でも2万3,000人規模で救助・捜索・避難所支援や復興支援活動を行い[303]、7月下旬に岩手県・宮城県[304][305]、12月下旬に福島県(原発事故対応を含む)[306]での活動を終えた。

国内の多数の企業・団体も震災後に物資提供や金銭などの支援を表明している。また通信・報道企業が災害用伝言板・安否情報提供の運用や情報インフラ支援などを行ったのをはじめ、震災の影響に応じた様々な支援やサービスを提供しているところがある。(震災に対する支援活動参照)

地震直後より、国際連合を始めとした国際機関アメリカ合衆国ロシア連邦を始めとした世界各国が日本に対して支援の用意があると表明、様々な対応や支援を行っている。特にアメリカは、洋上基地として原子力空母ロナルド・レーガンを派遣するなどの「トモダチ作戦」を展開した。

諸外国政府による公式な対応、支援以外にも、日本国内外を問わず様々な組織・団体または有志が、この地震に対しての支援を表明・実行している。

この地震に対する救援・支援の輪が広がったことから、日本漢字能力検定協会が公募選定する2011年の『今年の漢字』には『』が選ばれ、その理由の筆頭に東日本大震災が挙げられた。

復興方針の骨格を決める東日本大震災復興基本法6月20日可決、6月24日施行)、国の復興業務を一本化した復興庁2012年2月10日設置)を軸として政府の復興事業は進められている。しかし、当初より原発事故や計画停電に関する件を中心として政府や東京電力などに対して「対応が遅い」などの批判が相次いだ。津波被災地の多くで仮設住宅の建設や基幹産業である水産業の中枢である港湾の復旧が重点的に進められているほか、国の予算配分や有志による義援金の配分に基づいて復興計画が進められている。

教訓[編集]

長期評価の見直し[編集]

この地震では、政府が東北地方沖で従来想定していたものとはかけ離れた規模の地震が発生した。政府の地震調査委員会は、東海東南海南海地震などの海溝型地震の長期評価を見直すことを決めた[307]。2011年11月に、三陸沖から房総沖までの長期評価を見直したものを発表し、今回のような地震 (Mw8.4-9.0) が平均600年間隔で発生していると認定した。また、三陸沖から房総沖までの海溝寄りで、津波マグニチュード (Mt) 8.6-9.0(明治三陸地震並み[注 25])の津波地震が30年以内に発生する確率が約30%あるとした[308][309]。ただし、この発表は従来の予測手法によっており、今後さらに検討される[310]

津波想定の見直し[編集]

国の中央防災会議の専門調査会は、この地震を教訓とした津波対策について検討した。そのうえで、これまでは過去の文献などから確実に地震の全体像が分かった切迫性のある地震だけを考慮して想定を行ってきたが、これからは確度の低いものでも考えうる最大のものを想定することを求めた。また、この地震による津波が防潮堤を超えて甚大な被害をもたらしたことから、津波のレベルとして、住民の避難を柱にした総合的な対策を取るべき最大規模の津波と、防潮堤などで浸水を防げる比較的頻度の高い津波の、2つを想定する必要があるとした[311][312]

津波警報の見直し[編集]

この地震では最初に発表された津波警報の予想高さが過小評価となって避難の遅れに繋がった面があった。これは、地震発生直後に算出できる気象庁マグニチュードが、モーメントマグニチュード8を超える巨大地震では過小評価となってしまうからである。そのため気象庁は津波警報の改善を検討し、マグニチュード8を超える可能性がある場合には、その海域で想定される最大マグニチュードに基づいて津波警報の第一報を出す方針を決めた。津波警報の発表には、3分程度で算出できる気象庁マグニチュードを通常は基にする。しかし、強い揺れの範囲が明らかに広い場合や津波地震であると推定できる場合など、気象庁マグニチュードが過小評価である可能性がある場合には、事前に想定された最大のマグニチュードか、あるいは観測から得られる別の適正なマグニチュードを用いて第一報を発表する。このような場合には規模の推定が困難で、また最大限の危機感を伝えるため、第一報では予想高さを発表せず「巨大」などの表現とする。そして時間の経過とともに精度の高い津波警報に切り替えていく。また東北地方太平洋沖地震では第一波として「0.2m」のような低いものが発表されたため、第一波の発表の仕方も工夫するとした[313][314]

情報[編集]

情報開示・広報[編集]

また、原発事故に関連する事故状況や拡散予測の開示、計画停電の発表などに関して、政府や東京電力などが公表が遅い、公表をすべきとの批判を浴びるような例が多数見られた。これに対してIncident Command Postと呼ばれる専門の情報官が指示や広報を担うアメリカのシステムを参考にし、クライシスコミュニケーション英語)の観点から災害時の情報提供・広報活動を見直すべきとする識者もいる[315]

災害時のメディア[編集]

地震発生後の停電地域や津波の被災地を中心に、情報不足が発生した。従来の報道機関は特別の体制をとって震災に関する報道を行った。他方、従来見られなかったようなソーシャルメディアを介した簡易性・双方向を特徴とする情報発信・入手が広く用いられた。その一方でサイバー犯罪が行われたり、デマ情報チェーンメールが誤った情報を流布させるといった問題も発生した。福島第一原子力発電所事故関係でも、風評被害健康への影響や各種基準を巡る情報の錯綜、被曝に関する楽観論と危険論双方の主張の対立、日本の原子力政策を巡る議論など、様々な方面に波紋を呼んでいる。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 観測範囲内での最大。相馬を含め計8地点で観測機器の破損し、後続のより大きな津波が到達した可能性がある。
  2. ^ 震度1以上を観測し公表された余震は翌10日午前中にいったん収束(2011年3月9日の震央分布図 - 日本気象協会)、同日夕方から震度を弱めて再び引き続いたが(2011年3月10日の震央分布図 - 日本気象協会)、11日午前7時44分頃を最後に再度収束した(2011年3月11日の震央分布図 - 日本気象協会)
  3. ^ なお、震源域の深さは上端5km、下端40kmとされている。 (国土地理院 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 震源断層モデルの概念図
  4. ^ この地震より前に震度7を観測した地震には兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)と新潟県中越地震がある。兵庫県南部地震では発生直後は最大震度が6とされ、震度7が発表されたのは発生から21日後だった(当時は現在と異なり、震度6までは地震計で計測し、震度7は被害状況を見て判断することになっていた)。新潟県中越地震では発生直後は最大震度が6強とされ、震度7が発表されたのは発生から7日後だった(このときは機械と通信回線の故障から地震計の記録が直ちに送られず、震度7の記録は後から回収された地震計の記録から求められた)。
  5. ^ いわき市については、気象庁の震度推計分布図によると局地的に震度7相当の揺れがあったとみられている。
  6. ^ 芳賀町については、防災科学技術研究所の設ける観測点で震度7相当の揺れ(計測震度6.51)を観測している。
  7. ^ 仙台管区気象台(河岸段丘)の震度:6弱、最大加速度(ガル):南北成分410、東西成分312、上下成分144、ベクトル合成535。K-NET仙台(沖積層)の震度:6強、最大加速度(ガル):南北成分1517、東西成分982、上下成分290、ベクトル合成1830。
  8. ^ M9.0という規模は連続して発生した3つの断層破壊(地震)を総合評価して計算されたものであるが、気象庁は最初に三陸沖で発生した断層破壊を単体でみてもM8.8という巨大地震(2つ目の断層破壊が発生したのは最初の断層破壊の約2分30秒後であるため、最初のものについては単独評価が可能)であるとしている。
  9. ^ こうした速報値、暫定値で数値が変わることを報道などで「修正」や「訂正」という表現がなされるが、速報性を重視して多少精度を犠牲にしたもので暫定的な値であることは織り込み済みのものである。通常のルーチン作業を経て決定された値で、何らかのミスなどで値が変更になったわけではないので誤解を招く表現である。震源要素(速報値、暫定値、確定値)の違いについて - 平成15年7月 地震・火山月報(防災編)
  10. ^ 巨大地震ではマグニチュードの増加に比例して長周期の地震動は大きくなるが、短周期の地震動は増加率が小さいため、地震波の大きさを重視した一般的なマグニチュードでは「頭打ち」が起こる。この影響を取り除くため、断層の動いた範囲(断層面積)・量(変位量)・ずれやすさ(剛性率)の積で表される地震モーメントMOを重視したのがモーメントマグニチュードである。地震動による被害のみを見る場合はMjの方が実態に近い一方、モーメントマグニチュードは津波の高さとの相関性が高い。明治三陸地震のような短周期成分が少ない、いわゆる津波地震の場合、Mjでは地震の規模を過小評価してしまう。(『地震の大きさをはかる -さまざまなマグニチュード-』 (PDF) 『なゐふる』55号 p.4、日本地震学会、2006年5月 参照)
  11. ^ 海山と推定される地下の構造が宮城県沖の海底約150km下に存在することについては、本地震の6年前にすでに報告されている。また、1994年に発生したインドネシアの地震は海山が原因とされており、本地震とも地殻変動が類似している。
  12. ^ 「房総沖」については、
    • 相模トラフ全体を震源域とする北米プレートとフィリピン海プレートの境界での地震は「元禄型関東地震」として別に評価。
    • 南関東陸域を震源域とする北米プレートとフィリピン海プレート、あるいはフィリピン海プレートと太平洋プレートの境界での地震は「南関東直下地震」として別に評価。
    • 房総半島南東沖を震源域とするフィリピン海プレートと太平洋プレートの境界での地震は、記録に乏しく推定不可能なため評価対象外。
  13. ^ 宮城県沖地震は1930年代のように数年かけて3つのアスペリティが順に破壊し数回に分けて地震を起こすタイプと、昭和53年(1978年)のように一気にすべて破壊し1回の地震を起こすタイプがあるとされる
  14. ^ 1420年の常陸国の津波記録(都司嘉宣 『千年震災』 ダイヤモンド社、2011年 参照)、あるいは1454年の享徳地震が15世紀の津波堆積物に符合する(保立道久の研究雑記参照)との見方がある。
  15. ^ Continental Electronicsによる運営[1]
  16. ^ 2011年4月21日に気象庁は、同所の地震計は「震度が周辺に比べ過大に観測されている」として、地域代表性という観点から以後の観測情報の活用を停止しているが、設置状況に問題はなく観測は正常に行われていたとしている。(「震度観測点の地震情報への活用停止等について」 気象庁発表)
  17. ^ いわき市の一部で推定震度7。気象庁の震度推計分布図参照。
  18. ^ 2012年3月14日には三陸沖北部の地震 (M6.9) と千葉県東方沖の地震 (M6.1) が同じ日に続けて発生したが、前者の地震はアウターライズ地震(海洋プレート内地震)で本地震との関連性は不明、後者の地震は大陸プレート内地震で本地震の余震とされており、共にプレート境界における海溝型地震ではない。(参考:週間地震概況(平成24年3月9日-3月15日) (PDF) 気象庁)
  19. ^ 東北地方太平洋沖地震だけによる変動は約70cmと推定されている。
  20. ^ つくば市にあるVLBIによる観測と、GPSによる観測を照合して決定された。
  21. ^ 国土地理院によれば。また浸水地域に近い陸地では、潮汐(満潮)や波浪による浸水被害が発生していて、防潮堤が被害を受けて機能していない後背低地などで被害が長期化している。
  22. ^ なお、この地震で発表された「津波警報(大津波)」は津波警報の一区分として当時用いられていたもので一般には「大津波警報」と呼称されていたが、「大津波警報」が正式名称となるのは東北地方太平洋沖地震後の改善によって制度改正される2013年3月からである。(「大津波警報」に名称統一 気象庁が改善案”. 日本経済新聞 (2012年1月31日). 2013年1月9日閲覧。)(平成25年3月から津波警報が変わります、気象庁)
  23. ^ 「以上」とは、観測機器の故障・破壊、計器の限界によりその数値以上は観測不能を意味する。
  24. ^ 発生後3秒間の破壊はゆっくり進み、3月9日のM 7.3の前震より震動が小さかった[72]
  25. ^ 東北地方太平洋沖地震の津波マグニチュードは9.1-9.4とされている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成23年3月 地震・火山月報(防災編)気象庁 (PDF)
  2. ^ 地震情報(顕著な地震の震源要素更新のお知らせ)平成23年3月13日12時59分気象庁発表”. 気象庁 (2011年3月13日). 2011年3月17日閲覧。
  3. ^ Magnitude 9.0 - NEAR THE EAST COAST OF HONSHU, JAPAN”. [[アメリカ地質調査所 |U.S. Geological Survey]] (2011年3月16日). 2011年3月17日閲覧。
  4. ^ a b “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第14報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月13日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/13a/201103130900.html 2011年3月17日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第15報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月13日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/13b/201103131255.html 2011年3月17日閲覧。 
  6. ^ a b 「相馬」の津波観測点の観測値について
  7. ^ a b c 現地調査結果”. 東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ (2012年1月14日). 2012年2月9日閲覧。
  8. ^ 津波による浸水範囲の面積(概略値)について(第5報) 国土地理院、2011年4月18日。
  9. ^ a b 2011年3月 東北地方太平洋沖地震 東京大学地震研究所、2011年3月14日閲覧。
  10. ^ a b c “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第63報)、PDFファイル含む” (プレスリリース), 気象庁, (2012年3月8日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1203/08b/201203081600.html 2012年3月8日閲覧。 
  11. ^ a b 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震、PDFファイル含む (随時更新)”. 気象庁. 2014年9月10日閲覧。
  12. ^ a b “東日本大震災について 被害状況と警察措置” (プレスリリース), 警察庁, (2014年9月10日), http://www.npa.go.jp/archive/keibi/biki/index.htm 2014年9月10日閲覧。 
  13. ^ 【東日本大震災】被害総額16兆~25兆円、政府試算 原発事故被害は含まず msn産経ニュース、2011年3月23日。
  14. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第9報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月12日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/12g/201103121100.html 2011年3月13日閲覧。 
  15. ^ a b 震災の呼称、閣議で「東日本大震災」に - 読売新聞2011年4月1日付
  16. ^ a b 首相官邸ホームページ英語版、Prime Minister of Japan and His Cabinet "Countermeasures for 2011 Tohoku - Pacific Ocean Earthquake"より。2011年4月1日閲覧。
  17. ^ a b c “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の地震の規模について(第3報)” (プレスリリース), 気象庁地震予知情報課, (2011年3月11日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/11d/201103111730.pdf 2011年3月12日閲覧。 
  18. ^ a b “国内最大M8.8、震度7で宮城壊滅…東日本大地震”. スポーツ報知. (2011年3月12日). オリジナル2011年3月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110315082321/hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/topics/news/20110312-OHO1T00125.htm 2011年3月13日閲覧。 
  19. ^ a b Magnitude 8 and Greater Earthquakes Since 1900” (英語). U.S. Geological Survey. 2011年3月14日閲覧。
  20. ^ a b c USGS Updates Magnitude of Japan’s 2011 Tohoku Earthquake to 9.0” (英語). U.S. Geological Survey. 2011年3月15日閲覧。
  21. ^ a b 仙台空港付近は6km以上津波浸水、パスコが解析”. 日経bpネット (2011年3月14日). 2011年5月15日閲覧。
  22. ^ a b c 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震津波の概要(第3報) (PDF)”. 日本気象協会 (2011年4月22日). 2011年5月21日閲覧。
  23. ^ a b c d 2011年東北地方太平洋沖地震の概要 岡田義光、防災科学技術研究所
  24. ^ 東日本大震災 ~東北地方太平洋沖地震~ 関連ポータルサイト 気象庁、2012年2月11日閲覧。
  25. ^ 2011 年東北地方太平洋沖地震の宮城県における 強震観測点周辺の状況と発生した地震動との対応性 日本地震工学会論文集 Vol.13 (2013) No.5 p.5_62-5_101
  26. ^ 建築研究所国際地震工学センター 藤井雄士郎、東京大学地震研究所 佐竹健治
  27. ^ a b c Science 19 May 2011 Satoshi Ide, Annemarie Baltay, Gregory C. Beroza.(19 May 2011): Shallow Dynamic Overshoot and Energetic Deep Rupture in the 2011 Mw 9.0 Tohoku-Oki Earthquake Science (Express).
  28. ^ a b 東日本大震災6カ月 巨大地震の謎は解明できたのか(産経新聞/MSN産経ニュース 2011年9月11日)
  29. ^ 東北地方太平洋沖地震における巨大地震・津波発生メカニズムの解明(京都大学 2013年12月6日)
  30. ^ 平成23年3月9日11時45分頃の三陸沖の地震について(気象庁)
  31. ^ 地震予知連絡会会報第86巻 3-20 東北地方太平洋沖地震の前震活動と広域的静穏化について (PDF)
  32. ^ a b “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第2報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月11日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/11c/201103111620.html 2011年3月13日閲覧。 
  33. ^ 外務省ホームページの英語版、Ministry of Foreign Affairs of Japan "Tohoku - Pacific Ocean Earthquake"より。平成23年(2011年)4月1日閲覧。
  34. ^ USGS dubs Japan earthquake 'Tohoku'
  35. ^ INTO THE NEXT STAGE: Sendai Quake, Tsunami Test Japan’s Spirit(By GEORGE TOSHIO JOHNSTON、First published in The Rafu Shimpo on March 17, 2011.)
  36. ^ Widespread destruction from Japan earthquake, tsunamis(March 11, 2011|By the CNN Wire Staff)
  37. ^ Japan Quake Epicenter Was in Unexpected Location(By Devin Powell, Science News Email Author March 17, 2011)
  38. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第28報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月25日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/25b/kaisetsu201103251730.pdf 2011年4月18日閲覧。 
  39. ^ a b 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(M9.0)の強震動について 株式会社エイト日本技術開発、2011年3月17日。
  40. ^ 震度データベース検索(気象庁)
  41. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」により各地で観測された震度について” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月30日), http://www.jma.go.jp.cache.yimg.jp/jma/press/1103/30d/kaisetsu201103301800.pdf 2011年3月30日閲覧。 
  42. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」により各地で観測された震度等について(第3報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年6月23日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1106/23b/201106231400.pdf 2011年6月23日閲覧。 
  43. ^ 災害時自然現象報告書 2011年第1号 気象庁、2011年8月17日発行。
  44. ^ a b c d 地震情報(各地の震度に関する情報・15時01分発表)平成23年3月11日14時46分頃地震がありました。マグニチュード7.9”. 気象庁 (2011年3月11日). 2011年3月17日閲覧。
  45. ^ “東北を中心に震度7の地震 宮城県で4・2メートルの津波 建物も流される”. MSN産経ニュース. http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110311/dst11031114530002-n1.htm 2011年3月11日閲覧。 
  46. ^ “宮城県栗原市で2933ガル=強い揺れ2分強続く-気象庁”. 時事ドットコム. (2011年3月11日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031101193 2011年3月12日閲覧。 
  47. ^ 気象庁 推計震度分布図
  48. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による強震動の概要(暫定版)”. 独立行政法人防災科学技術研究所 (2011年3月11日). 2011年4月3日閲覧。
  49. ^ 2011 年東北地方太平洋沖地震の余震観測と微動アレイ観測によるKiK-net 芳賀観測点周辺での地盤震動特性の評価 日本地震工学会論文集 Vol.12 (2012) No.4 特集号「2011年東日本大震災」その1 p.4_143-4_159
  50. ^ “震災の揺れは6分間 キラーパルス少なく 東大地震研”. 朝日新聞. (2011年3月17日). http://www.asahi.com/science/update/0317/TKY201103170129.html 2011年3月18日閲覧。 
  51. ^ “東日本大震災の地震波、地球を5周 気象庁観測”. 朝日新聞. (2011年3月24日). http://www.asahi.com/science/update/0323/TKY201103230178.html 
  52. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第1報)” (日本語) (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月11日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/11b/201103111600.html 2011年3月11日閲覧。 
  53. ^ 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第28報)
  54. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第5報)” (日本語) (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月11日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/11g/201103112200.html 2011年3月11日閲覧。 
  55. ^ 気象庁 地震について 「日本で一番大きな地震は何ですか?」参照、2011年6月12日閲覧。
  56. ^ 東日本大震災はM9.0 M7級の余震、発生確率70%
  57. ^ a b c 東北地方太平洋沖地震による津波被害を踏まえた津波警報の改善の方向性について(中間とりまとめ) (PDF)”. 気象庁 (2011年8月8日). 2011年8月11日閲覧。
  58. ^ 津波警報改善への課題について 気象庁
  59. ^ a b “巨大地震判定、米に2時間遅れ 気象庁は針振り切れ…”. 朝日新聞. (2011年5月24日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105230464.html 2011年6月23日閲覧。 
  60. ^ LISSデータ等を用いた監視システム 気象庁精密地震観測室
  61. ^ 震災10分後にM9算出 長野の観測室、警報に使われず asahi.com 記事:2011年9月10日 閲覧:2012年10月1日
  62. ^ 日本の地震、マグニチュード8.8=米地質調査所
  63. ^ a b 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 震源断層モデルの概念図(国土地理院)
  64. ^ 遠田晋次:地震の長期予測と東北地方太平洋沖地震 混相流 Vol.26 (2012) No.1 p.4-10
  65. ^ “地震規模相次ぐ修正 M9.0は速報値の45倍”. 産経新聞. (2011年3月13日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110313/dst11031317290073-n1.htm 2011年3月13日閲覧。 
  66. ^ “4領域で、3地震が連動発生=M9、阪神・淡路の360倍-東日本大震災”. 時事通信. (2011年3月13日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031300272 2011年3月13日閲覧。 
  67. ^ 東北地方太平洋沖地震 地震動分布から直接見る震源断層の破壊過程” (日本語). 東京大学地震研究所 (2011年3月28日). 2011年4月15日閲覧。
  68. ^ 研究報告:2011年東北地方太平洋沖地震 第3回 震源過程・海の地殻変動・陸の地殻変動”. 日本地震学会 (2011年11月10日). 2012年6月18日閲覧。
  69. ^ 九州大学准教授の辻健らの研究グループは陸側のプレートで断層が生じ、プレートが伸びて海底が大きく動いたことが原因だとしている(「複数の断層、津波を増幅」日本経済新聞2013年2月23日朝刊42面)(Extension of continental crust by anelastic deformation during the 2011 Tohoku-oki earthquake: The role of extensional faulting in the generation of a great tsunamiEarth and Planetary Science Letters,Volume 364, 15 February 2013, Pages 44–58)
  70. ^ 平成23年(2011 年)東北地方太平洋沖地震- 遠地実体波による震源過程解析(暫定)- 気象庁、2012年1月7日閲覧。
  71. ^ 2011年3月 東北地方太平洋沖地震>震源過程インバージョン>地震動分布から直接見る震源断層の破壊過程・石巻と陸前高田での地動加速度と地動変位・震源過程インバージョン Poiata・三宅・纐纈, 東京大学地震研究所
  72. ^ a b 井出哲(2011):東北沖地震の二面性 -浅部のすべり過ぎと深部の高周波震動- 東京大学 大学院理学系研究科
  73. ^ 海底活断層が起こした可能性も 東日本大震災(佐賀新聞 2011年09月23日)
  74. ^ 壊れた「留め金」…海底の山の破壊が大震災誘発か(産経新聞 2011年10月8日)
  75. ^ 小山順二, 都筑基博, 蓬田清, 吉澤和範(2013): 2011年東北沖超巨大地震が明らかにした超巨大地震の多様性], 北海道大学地球物理学研究報告, 76, 129-146.
  76. ^ 地震動分布から直接見る震源断層の破壊過程 野口・古村、東京大学地震研究所、2011年12月25日閲覧。
  77. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震時に震度計で観測した各地の揺れの状況について 平成23年(2011年)3月25日、気象庁
  78. ^ 2011年03月11日 東北地方太平洋沖地震による強震動 防災科学技術研究所
  79. ^ a b 東北地方太平洋沖地震 報告書 清水建設技術研究所、2011年4月18日
  80. ^ a b 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)調査研究(速報) 第4章 地震および地震動、津波 国土技術政策総合研究所、建築研究所、2011年5月
  81. ^ 資料6(東北地方太平洋沖地震での長周期地震動の影響および室内被害についてのメモ) 翠川三郎、中央防災会議 東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会(第8回)、2011年8月25日
  82. ^ a b 震災の揺れは6分間 キラーパルス少なく 東大地震研 川原千夏子、朝日新聞 2011年3月17日。
  83. ^ 速度波形と応答スペクトル 古村による、東京大学地震研究所、2011年4月29日閲覧
  84. ^ 焦点/最大震度・栗原/震度7、犠牲者ゼロ 河北新報ニュース 2011年6月9日、2011年6月30日閲覧
  85. ^ 4 東北地方の地震活動の特徴 地震調査研究推進本部、日本の地震活動
  86. ^ 三陸沖から房総沖にかけての主な地震と主な震源域 地震調査委員会、1999年。
  87. ^ 三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価 地震調査委員会、2009年。
  88. ^ 東北地方の地震活動の特徴」「関東地方の地震活動の特徴」地震調査委員会、2011年4月閲覧
  89. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の評価 地震調査委員会、2011年4月11日。
  90. ^ a b 三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価(第二版)について」地震調査委員会、2011年11月25日付(2012年2月9日変更)、2013年3月1日閲覧
  91. ^ 2005年8月16日の地震は想定「宮城県沖地震」か? 『なゐふる』第53号、2005年1月、日本地震学会。
  92. ^ “地殻の破壊、茨城県沖で止まった…その理由は?”. 読売新聞社. (2011年3月24日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110324-OYT1T00611.htm 2011年4月12日閲覧。 
  93. ^ NGY地震学ノート No.36改訂版 2011年4月3日。
  94. ^ 地震:「阪神」の180倍規模…専門家「1千年に1度」 毎日新聞、2011年3月12日。[リンク切れ]
  95. ^ NGY地震学ノート No.36 山中佳子、名古屋大学地震火山・防災研究センター
  96. ^ 平安の人々が見た巨大津波を再現する―西暦869年貞観津波― 産総研 活断層・地震研究センターニュース、2010年8月。
  97. ^ 弥生時代にも今回並みの津波 仙台平野、東北学院大調査 - asahi.com(朝日新聞) 2011年5月18日
  98. ^ 読売新聞2011年11月24日夕刊3版1面・2面・東日本巨大地震600年周期…千年に一度見直し
  99. ^ トラストシティ カンファレンス・仙台5Fにて,【東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会】を行いました. - 東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター 2011年4月13日
  100. ^ 16.平川 新,3.11大震災と歴史遺産の被害 - 東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター 2011年4月13日
  101. ^ 今回の津波、貞観地震超える より内陸まで到達 東北大 - asahi.com(朝日新聞) 2011年4月13日
  102. ^ 876年の関東地震では、京都の有感記事がある。
  103. ^ 石橋克彦「首都圏直下地震、東海・東南海・南海巨大地震の促進も否定できない」中央公論2011年5月号p100
  104. ^ a b 大槌の浸水範囲、明治三陸津波と同程度 県・町が調査 - asahi.com(朝日新聞)2011年5月16日
  105. ^ 島村英紀『日本人が知りたい巨大地震の疑問50 東北地方太平洋沖地震の原因から首都圏大地震の予測まで』サイエンス・アイ新書。2011年
  106. ^ 島村英紀『巨大地震はなぜ起きる これだけは知っておこう』2011年 花伝社。
  107. ^ 東日本大震災の前兆すべり観測できず 問われる予知体制
  108. ^ 【地震学はどう変わったか(3-3)】予知困難 等身大の説明大切 msn産経ニュース、2012年3月8日。
  109. ^ 2011年3月 東北地方太平洋沖地震 東京大学地震研究所広報アウトリーチ室、2012年1月24日の版。
  110. ^ PDF版なゐふる91号 (PDF) 日本地震学会
  111. ^ {{三陸沖の地震空白域について(気象庁)}}地震予知連絡会会報 第53巻
  112. ^ 東北地方の地震活動の静穏化地震調査会
  113. ^ 東北地方太平洋沖地震の前震活動と広域的静穏化について統計数理研究所
  114. ^ 気象庁一元化 震源リスト防災科学研究所
  115. ^ “過去の発表(2011年3月9日 11時45分発生)”. tenki.jp. (2011年3月9日). http://tenki.jp/earthquake/detail-3568.html 2011年4月12日閲覧。 
  116. ^ 平成23年3月9日11時45分頃の三陸沖の地震について 気象庁、2011年3月9日。
  117. ^ CMT解 2011年03月09日11時45分 三陸沖 M 7.3 気象庁
  118. ^ 2011年03月10日06時23分 三陸沖 M 6.8
  119. ^ 平成23年3月10日06時24分頃の三陸沖の地震について
  120. ^ a b “10メートルの津波「100年に1回クラス」”. 産経新聞. (2011年3月11日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110311/dst11031120100165-n2.htm 2011年3月12日閲覧。 
  121. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震発生以前の地震活動について 気象庁
  122. ^ 東北地方太平洋沖地震発生前に見られたゆっくりすべりの伝播東大地震研究所:加藤愛太郎、小原一成、五十嵐俊博、鶴岡弘、中川茂樹、平田直
  123. ^ 平田直、佐竹健治、目黒公郎、2011、『巨大地震・巨大津波、東日本大震災の検証』、朝倉書店 ISBN 9784254102529, pp.13-17
  124. ^ 2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震Department of Earth & Planetary Sciences Harvard University
  125. ^ “2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震”. http://www.seismology.harvard.edu/index_jpn.html 2011年4月17日閲覧。 
  126. ^ 2011年東北地方太平洋沖地震に先行した電離圏全電子数の正の異常について 日置幸介, 北海道大学。
  127. ^ “電離層の変化、東日本大震災でも…予知に有望?”. 読売新聞社. (2011年7月15日). オリジナル2011年7月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110718171920/www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20110715-OYT8T00241.htm 
  128. ^ 2011年3月11日地震に対する前兆VLF/LF伝播異常現象 日本地球惑星科学連合 2011年東北地方太平洋沖地震ポスターセッション要旨 MIS036-P01
  129. ^ 飯尾能久、松澤暢:東北地方太平洋沖地震の発生過程:なぜM 9が発生したのか?地質学雑誌 Vol. 118 (2012) No. 5 p. 248-277
  130. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第17報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月14日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/14a/201103141510.html 2011年3月14日閲覧。 
  131. ^ 余震の発生状況”. 地震調査研究推進本部 (2011年3月12日). 2011年3月12日閲覧。
  132. ^ 地震観測網3割ダウン 苦闘続く東北大センター”. MSN産経ニュース (2011年3月19日). 2011年3月20日閲覧。
  133. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」及び同地震以降の地震により各地で観測された震度等について(第2報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年4月25日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1104/25a/201104251500.html 2011年4月25日閲覧。 
  134. ^ 福島県浜通りから茨城県北部の地震活動地震調査研究推進本部、2012年9月11日。
  135. ^ 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第34報) (PDF)”. 気象庁 (2011年4月8日). 2011年4月13日閲覧。
  136. ^ a b 消防庁発表。
  137. ^ 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第35報) - 気象庁 平成23年4月11日
  138. ^ 週間地震概況(平成24年3月9日-3月15日) (PDF) 気象庁、2012年3月16日閲覧。
  139. ^ 東北地方の主な地震活動気象庁、2013年1月11日閲覧。
  140. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第40報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年4月21日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1104/21b/201104211600.html 2011年4月21日閲覧。 
  141. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第41報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年4月28日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1104/28a/201104281700.html 2011年4月30日閲覧。 
  142. ^ “M7級なお警戒、専門家が指摘 余震「1年後も」 宮城で震度6強”. 日本経済新聞. (2011年4月8日). http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819595E2E5E2E3838DE2E5E2E6E0E2E3E39C9CEAE2E2E2;at=DGXZZO0195579008122009000000 2011年4月13日閲覧。 
  143. ^ 読売新聞2011年11月19日13S版37面
  144. ^ a b 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第46報) 気象庁、2011年6月5日閲覧。
  145. ^ 『大地震のあと、余震はどうなるか -確率をもちいた予測とその活用のために-』3-2 余震とは? 地震調査委員会
  146. ^ 東北地方太平洋沖地震にともなう静的応力変化 京都大学防災研究所 地震予知研究センター
  147. ^ 2011年東北地方太平洋沖地震による�首都圏の微小地震活動の変化 石辺・島崎・佐竹・鶴岡、東京大学地震研究所 地震・火山情報。
  148. ^ 東日本大震災:本震直後に箱根で誘発地震4回、揺れ増幅し強羅は震度6弱、温地研が地震波解析/神奈川
  149. ^ 東北地方太平洋沖地震により誘発された箱根火山の地震活動 行竹洋平,本多亮,原田昌武,明田川保,伊東博,吉田明夫, 神奈川県温泉地学研究所, 日本地球惑星科学連合 2011年度連合大会 ポスター MIS036-P100, 2011年5月26日。
  150. ^ 東日本大震災:本震直後に箱根で誘発地震4回、揺れ増幅し強羅は震度6弱、温地研が地震波解析/神奈川神奈川新聞2011年7月18日
  151. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に誘発された地震の震源分布 清本真司・森脇健・菅沼一成・溜渕功史・長岡優 験震時報第77巻 pp.323-327 (PDF)
  152. ^ 大震災後の誘発地震、15分で100回(読売新聞 2012年2月18日)
  153. ^ 震災直後の15分間、80個の地震誘発 京大研究所解析(朝日新聞 2012年2月18日)
  154. ^ 東北地方太平洋沖地震に関連する研究 宮澤理稔, 京都大学防災研究所
  155. ^ “長野北部の地震「震度7程度の揺れも」 気象庁会見”. 日本経済新聞. (2011年3月12日). http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E0E2E2958DE3E0E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2 2011年3月12日閲覧。 
  156. ^ a b 松本の地震、震源域は長さ5キロ領域に 信大など解析 信濃毎日新聞、2011年7月2日。
  157. ^ 平成23年東北地方太平洋沖地震速報 -関連する内陸地震の研究- (独)産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター
  158. ^ 2011年 東北地方太平洋沖地震 過去に起きた大きな地震の余震と誘発地震 東京大学地震研究所 広報アウトリーチ室
  159. ^ 3月24日、4月2日 茨城県南部の地震 地震調査委員会
  160. ^ 茨城震度5強「余震とみていない」気象庁 震源は茨城南部と訂正産経新聞2011年4月16日
  161. ^ 平成23年7月15日21時01分頃の茨城県南部の地震(7月15日22時58分 気象庁発表)
  162. ^ 東北地方太平洋沖M9.0地震:2011年3月11日 石川有三、2011年4月9日閲覧。
  163. ^ 首都直下地震「明日起きてもおかしくない」(産経新聞 2011年6月11日)
  164. ^ 首都直下地震防災・減災特別プロジェクトにおける震度分布図の公表について 文部科学省、2012年3月30日。
  165. ^ a b “津波伴うM8級、1か月内にも再来…専門家 科学 YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. 読売新聞. (2011年4月14日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110414-OYT1T00112.htm 2011年4月14日閲覧。 
  166. ^ 今までに公表した活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧 平成23年1月1日現在
  167. ^ 今までに公表した活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧 平成23年6月9日現在
  168. ^ 東日本沖で起きた巨大地震について 小山真人、2011年4月9日閲覧。
  169. ^ 房総半島沖で「スロー地震」再来防災科学技術研究所 (PDF)
  170. ^ 房総半島沖スロースリップイベント(2011年10月-11月) (PDF) 地震予知連会報 第87巻
  171. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 前震・余震のセントロイド・モーメントテンソル(CMT)解析結果 防災科学技術研究所
  172. ^ 日野亮太、鈴木健介、伊藤善宏、金田義行、2011、「東北地方太平洋沖地震の前震、本震、余震の分布」、『科学』(Vol.81, No.10)、岩波書店 pp.1040-1043
  173. ^ JAMSTEC、宮城・福島県東方沖太平洋プレート内部の応力場の変化を確認(マイナビニュース 2012年2月1日)
  174. ^ 東日本大震災:太平洋プレート、内部で力の向き変化 大地震発生しやすく 海洋機構観測(毎日新聞 2012年1月31日)[リンク切れ]
  175. ^ 県別の水平方向及び上下方向の最大変動量:国土地理院:2011年10月28日
  176. ^ 2010年10月28日と本震4日後の2011年3月15日の比較、陸域観測技術衛星 (ALOS)「だいち」のLバンド合成開口レーダー観測、JAXA地球観測研究センター3月16日発表
  177. ^ 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による東北地方太平洋沖地震の緊急観測結果(6)”. 宇宙航空研究開発機構地球観測研究センター. 2011年3月16日閲覧。
  178. ^ 画像ギャラリー”. 宇宙航空研究開発機構地球観測研究センター. 2011年3月16日閲覧。
  179. ^ 【東日本大地震】Google、被災地の衛星写真を公開 椿山和雄、レスポンス,(msnニュース配信)、2011年3月13日
  180. ^ 東日本大震災:宮城県沖海底24メートル移動 海保が観測 - 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日新聞. 2011年4月14日閲覧。[リンク切れ]
  181. ^ 東北地方太平洋沖地震震源域近傍の海底地形変動~海溝軸まで達した断層破壊~”. 独立行政法人海洋研究開発機構 (2011年12月2日). 2012年1月14日閲覧。
  182. ^ asahi.com(朝日新聞社):地震で日本狭くなる? 地盤沈降で水没、地図書き換えも - 社会
  183. ^ 雨降らないのに冠水 石巻市中心部地盤沈下深刻 旧北上川の水逆流 三陸河北新報、2011年7月22日。
  184. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地盤沈下調査”. 国土地理院 (2011年4月14日). 2011年4月16日閲覧。
  185. ^ a b c 気象庁発表と読売新聞2011年4月15日13S版33面
  186. ^ “陸前高田84センチ沈下 国土地理院調査”. 河北新報. (2011年4月15日). オリジナル2011年4月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110416093654/www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110415t33007.htm 
  187. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動について 〜データ回収により、新たに牡鹿半島での変動が明らかに〜発表日時:平成23年3月19日(土)15時30分(PDF含む)、国土地理院。
  188. ^ 国土地理院: 特集・平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震から2年
  189. ^ 東大地震研 広報アウトリーチ室 なぜ沈降 (PDF) 地震研究所ニュースレター
  190. ^ 大地震で一日が短縮、軸の振動も変化”. ナショナルジオグラフィック (2011年3月17日). 2011年3月19日閲覧。
  191. ^ 2011年東北地方太平洋沖地震で発生した西湖のサイスミック・セイシュ 鈴木猛康、第31回土木学会地震工学研究発表会講演論文集、2012年1月24日閲覧。
  192. ^ Magnitude 9.0 - NEAR THE EAST COAST OF HONSHU, JAPAN 2011 March 11 05:46:24 UTC Earthquake Summary#Felt Reports USGS、2012年1月24日閲覧。
  193. ^ http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110408-OYT1T00091.htm
  194. ^ “液状化範囲は過去最大 「危険低い」と自治体認定の我孫子でも”. 産経新聞. (2011年4月6日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110406/dst11040620440053-n1.htm 2011年6月12日閲覧。 
  195. ^ 傾く家・使えぬトイレ 首都圏の水辺、液状化のつめ跡 朝日新聞(2011年3月18日)2011年3月22日閲覧。
  196. ^ “東日本大震災:液状化で関東一の米どころも打撃/千葉”. 毎日新聞. (2011年3月28日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110328k0000m040137000c.html 2011年3月28日閲覧。 [リンク切れ]
  197. ^ “「水もガスもトイレも使えない」 東京湾岸「液状化」の惨状”. J-CASTニュース. (2011年3月15日). http://www.j-cast.com/2011/03/15090571.html 2011年3月18日閲覧。 
  198. ^ asahi.com(朝日新聞社):傾く家・使えぬトイレ 首都圏の水辺、液状化のつめ跡 - 東日本大震災
  199. ^ 液状化、東京・千葉・神奈川で1100棟損壊 読売新聞、2011年4月8日。
  200. ^ 東北地方太平洋沖地震による渡良瀬遊水地および埼玉県南栗橋地区における液状化現象 瀬戸真之・田村俊和・町田尚久、日本地理学会災害対応本部被害報告、2011年4月7日。
  201. ^ 東北地方太平洋沖地震による茨城県稲敷市西代地区および千葉県香取市佐原地区における液状化現象の発生と被害状況 小山拓志・青山雅史、日本地理学会災害対応本部被害報告、2011年4月16日。
  202. ^ “東日本大震災:東京湾岸、液状化42平方キロ お台場-千葉市、世界最大に” (プレスリリース), 毎日新聞, (2011年4月17日), http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110417ddm001040086000c.html 2011年4月17日閲覧。 
  203. ^ 朝日新聞朝刊2012年5月15日付(「プロメテウスの罠」)
  204. ^ 東北地方太平洋沖地震の概要(東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会資料) (PDF)”. 気象庁 (2011年5月28日). 2011年8月6日閲覧。
  205. ^ a b 過去の情報:津波情報”. 読売新聞. 2011年5月21日閲覧。
  206. ^ 山田理#エピソード参照
  207. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第7報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月12日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/12b/201103120501.html 2011年5月21日閲覧。 
  208. ^ “日本の沿岸すべてに津波警報か注意報”. 毎日新聞. (2011年3月12日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110312k0000m040208000c.html 2011年3月12日閲覧。 
  209. ^ “東北各県で避難指示や勧告”. NHKニュース. (2011年3月11日 16時57分). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110311/t10014602691000.html 2011年3月15日閲覧。 
  210. ^ “【東北・太平洋沿岸地震】近畿でも避難指示”. 産経新聞. (2011年3月12日 07時48分). http://www.sankei-kansai.com/2011/03/12/20110312-050709.php 2011年3月15日閲覧。 
  211. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第16報)” (日本語) (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月13日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/13c/201103131830.html 2011年3月13日閲覧。 
  212. ^ a b えりも町庶野で最大津波3. 5m観測”. 北海道新聞 (2011年3月11日). 2011年3月13日閲覧。
  213. ^ 【地震】津波で60代夫婦ら9人死亡 千葉・旭市”. テレビ朝日 (2011年3月13日). 2011年3月14日閲覧。
  214. ^ 「数キロ内陸まで津波」東大地震研・佐竹教授 - asahi.com(朝日新聞) 2011年3月12日
  215. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 災害情報集約マップ 宮城2-8 1:25,000 (PDF)”. 国土交通省国土地理院 (2011年3月13日). 2011年3月13日閲覧。 - /仙台市荒浜地区の津波到達域
  216. ^ 「巨大津波、住宅や車のみ込む 仙台空港は水没」日本経済新聞 2011年3月11日 19時20分
  217. ^ 沿岸部、集落ごと水没 各地で工場火災や大規模停電も”. 日本経済新聞 (2011年3月12日). 2011年3月13日閲覧。
  218. ^ a b 平成23年3月 地震・火山月報(防災編)-津波- 気象庁 (PDF)
  219. ^ 津波による浸水範囲の面積(概略値)について(第5報) (PDF)”. 国土地理院 (2011年4月18日). 2011年5月21日閲覧。
  220. ^ a b 警報3分前に第1波…大津波は30-40分後 - SANSPO 2011年3月13日
  221. ^ a b 釜石・大船渡・石巻・相馬で 津波第1波時刻「不明」に - 河北新報 2011年5月16日
  222. ^ a b 「宮古」、「大船渡」の津波観測点の観測値について
  223. ^ 「石巻市鮎川」の津波観測点の観測値について(続報)
  224. ^ 東北太平洋沿岸の津波観測点、ほぼ壊滅 復旧めど立たず”. 朝日新聞 (2011年3月13日). 2011年3月20日閲覧。
  225. ^ 「八戸」の津波観測点の観測値について
  226. ^ 総務省消防庁平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)
  227. ^ 気象庁「いわき市小名浜」の津波観測点の観測値について2011年3月14日。
  228. ^ GPS波浪計全地点における津波の観測結果について (PDF)”. 港湾空港技術研究所 (2011年5月16日). 2011年8月6日閲覧。
  229. ^ 久慈、宮古、小名浜の沖合のGPS波浪計による津波の観測結果について (PDF)”. 港湾空港技術研究所 (2011年4月15日). 2011年8月6日閲覧。
  230. ^ 津波は三陸沿岸では7波襲来 -釜石沖GPS波浪計のデータ回収・分析結果-”. 国土交通省 (2011年3月28日). 2011年8月6日閲覧。
  231. ^ 海洋研究開発機構 東日本大震災で発生した津波が巨大化した原因となった場所を特定
  232. ^ 東日本大震災「海底地滑り」で津波巨大化 岩手県沖に未知の発生源か 2013年11月26日(火)09:05(産経新聞)
  233. ^ 齊藤竜彦、稲津大祐:東北地方太平洋沖地震の津波コーダ (PDF)
  234. ^ 現地調査結果/岩手県現地調査結果/宮城県東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ、2011年7月24日閲覧。
  235. ^ 津波調査結果”. 東京大学地震研究所. 2011年5月21日閲覧。
  236. ^ a b 大震災の津波、宮古で38・9m…明治三陸上回る - YOMIURI ONLINE(読売新聞)2011年4月15日
  237. ^ a b “宮古の津波遡上38.9メートル 明治三陸超える”. 岩手日報. (2011年4月16日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110416_3 2011年4月17日閲覧。 
  238. ^ “震災津波、最大43mあった可能性…女川の島に”. 読売新聞. (2012年3月17日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120316-OYT1T01004.htm 2012年3月20日閲覧。 
  239. ^ 津波の高さ40.5mに達する 国内最高|日テレNEWS242011年5月30日報道、6月22日閲覧。
  240. ^ “March 11th tsunami a record 40-meters high”. NHK. (2011年6月13日). http://www3.nhk.or.jp/daily/english/13_04.html 2011年6月29日閲覧。 
  241. ^ “東日本大震災:警戒区域、津波最大21メートル 16地点で10メートル超え--東大など調査”. 毎日新聞社. (2012年3月19日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120319ddm002040164000c.html 2012年3月21日閲覧。 
  242. ^ “女川の鉄筋ビル、基礎ごと倒れる 津波17メートル超か”. 朝日新聞. (2011年3月27日). http://www.asahi.com/national/update/0327/TKY201103270118.html 2011年7月24日閲覧。 
  243. ^ “横倒しになったビル保存、津波被害資料に 宮城・女川町”. 朝日新聞. (2011年7月17日). http://www.asahi.com/national/update/0717/TKY201107170308.html 2011年7月24日閲覧。 
  244. ^ 仙台平野の津波 時速20km - NHKニュース 2011年5月25日
  245. ^ 襲いかかる巨大津波「怖い、死にたくない」 - MSN産経ニュース 2011年3月12日
  246. ^ 東日本大震災:仙台平野の川 陸地の倍の速さで津波逆流 - 毎日jp(毎日新聞) 2011年5月22日
  247. ^ 大津波、北上川を50キロさかのぼる 東北大分析”. 朝日新聞 (2011年3月24日). 2011年4月2日閲覧。
  248. ^ 平成23年東北地方太平洋沖地震により、津波が河川を遡上した痕跡について (PDF)”. 北海道開発局 (2011年3月22日). 2011年4月13日閲覧。
  249. ^ “信じていた強固な防潮堤粉々に 津波防災の岩手・宮古市”. 産経新聞. (2011年3月18日 08時52分). http://sankei.jp.msn.com/region/news/110318/iwt11031810490000-n1.htm 2011年3月19日閲覧。 
  250. ^ “宮古市の津波 38mと判明”. NHK. (2011年4月3日 18時48分). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110403/t10015076811000.html 2011年4月4日閲覧。 
  251. ^ “世界最深・釜石の防波堤、津波浸水6分遅らせる”. 読売新聞. (2011年4月3日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110402-OYT1T00753.htm 2011年4月4日閲覧。 
  252. ^ “明治の教訓、15m堤防・水門が村守る…岩手”. 読売新聞. (2011年4月3日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110403-OYT1T00599.htm 2011年4月4日閲覧。 
  253. ^ 川崎浩司:津波の基本特性と東北地方太平洋沖地震による津波災害 混相流 Vol.26 (2012-2013) No.1 p.11-18
  254. ^ “岩手・宮城・福島の津波注意報解除 三陸沖震源の地震”. 朝日新聞. (2011年7月10日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201107100080.html 2011年7月21日閲覧。 
  255. ^ 「平成23年版防災白書 §1-1-1-1 表1-1-3 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震を原因とする津波」内閣府、2011年7月
  256. ^ Warning Statement(英文)Pacific Tsunami Warning Center 2011年3月11日閲覧
  257. ^ 「太平洋一帯に津波到達 50の国・地域に警報観測」 共同通信、2011年3月12日01時42分、最終閲覧 2011年3月12日。
  258. ^ “【中南米各国でも津波注意報=大地震】”. 時事通信. (2011年3月12日). http://www.jiji.com/jc/p?id=20110312112627-0579353 2011年3月12日閲覧。 
  259. ^ “Japan tsunami caused icebergs to break off in Antarctica [南極で日本から来た津波が氷山を造った]” (英語). 欧州宇宙機関. http://www.esa.int/export/esaCP/SEMV87JTPQG_index_0.html 2011年8月10日閲覧。 
  260. ^ “東日本大震災で南極棚氷割れて新たな氷山 NASA観測”. CNN. (2011年8月10日). http://www.cnn.co.jp/fringe/30003638.html 2011年8月10日閲覧。 
  261. ^ 時事ドットコム:震災の津波、巨大氷山生む=南極で棚氷破壊-欧州宇宙機関 2011年8月10日6時54分、同日閲覧。
  262. ^ a b Tsunami passes over Taiwan, Indonesia braces for impact • TheJournal”. Thejournal.ie (2010年9月23日). 2011年3月11日閲覧。
  263. ^ Tsunami Warning for New Zealand.”. 2011年3月12日閲覧。
  264. ^ a b Sample, Ian (2011年3月11日). “Japan earthquake and tsunami: what happened and why”. The Guardian. 2011年3月11日閲覧。
  265. ^ a b “Guam, Marinas lifts tsunami warning”. Associated Press. (2011年3月11日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/03/11/AR2011031102233.html 2011年3月11日閲覧。 
  266. ^ a b c WOSU: Some Pacific tsunami alerts lifted after Japan quake (2011-03-11)”. Publicbroadcasting.net. 2011年3月11日閲覧。
  267. ^ Tsunami waves sweep Hawaii, no major damage yet | Detroit Free Press”. freep.com (2010年2月27日). 2011年3月11日閲覧。
  268. ^ Roig, Suzanne. “Hawaii orders evacuations in Pacific tsunami threat”. Reuters. 2011年3月11日閲覧。
  269. ^ a b c d e f www.msnbc.msn.com [2]. Retrieved on March 11, 2010.
  270. ^ “Tsunami waves hit U.S. mainland coast”. Chicago Sun-Times. (2010年2月27日). http://www.suntimes.com/news/nation/4260099-418/tsunami-waves-hit-oregon-coast.html 2011年3月11日閲覧。 
  271. ^ Johnson, C. (2011年3月11日). “Waves sweep 4 out to sea in Crescent City as tsunami surges reach west coast”. KXTV. http://www.news10.net/news/story.aspx?storyid=127779&catid=2 2011年3月11日閲覧。 
  272. ^ Mike Anton and Shan Li (2011年3月11日). “Crescent City, Santa Cruz hit hard by tsunami from Japan quake”. Los Angeles Times. 2011年3月11日閲覧。
  273. ^ a b c Tsunami spares Philippines, Indonesia: News24: World: News”. News24 (2011年2月5日). 2011年3月11日閲覧。
  274. ^ a b AFP Fri, Mar 11, 2011. “Small tsunami waves hit Philippines”. News.asiaone.com. 2011年3月11日閲覧。
  275. ^ Easy 2 Use File Hosting”. File2Store.info. 2011年3月11日閲覧。
  276. ^ Damage after Tsunami in Palau?”. ScubaBoard. 2011年3月11日閲覧。
  277. ^ Post a Comment. “UPDATE 7-Some Pacific tsunami alerts lifted after Japan quake”. Scientific American. 2011年3月11日閲覧。
  278. ^ Some Pacific tsunami alerts lifted after Japan quake - Yahoo!Xtra News”. Nz.news.yahoo.com. 2011年3月11日閲覧。
  279. ^ Waiting for the tsunami | Klima-Tuvalu”. Klima-tuvalu.no. 2011年3月11日閲覧。
  280. ^ March 11th, 2011 AFP. “Indonesia says tsunami hit without damage | Deccan Chronicle | 2011-03-11”. Deccan Chronicle. 2011年3月11日閲覧。
  281. ^ “東日本大震災:インドネシアで津波被害、海外で初の死者” (日本語). 毎日新聞. フランス通信社 (東京都千代田区: 毎日新聞社). (2011年3月14日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110314ddm007040102000c.html 2011年3月17日閲覧。 
  282. ^ a b 19:13 11/03/2011-6°C. “Japan earthquake sparks Russian tsunami fears | RUSSIA”. The Moscow News. 2011年3月11日閲覧。
  283. ^ WalesOnline (2009年8月11日). “Tsunami: Russia moves 11,000 - UK News - News”. WalesOnline. 2011年3月11日閲覧。
  284. ^ Associated Press (2011年3月11日). “Mexico detects first, moderate tsunami sea rise”. The Washington Post. 2011年3月11日閲覧。
  285. ^ Associated Press (2011年3月11日). “First waves from Japan disaster have little effect on B.C.”. CBC. 2011年3月11日閲覧。
  286. ^ News Content (2011年3月11日). “Tsunami reaches French Polynesia”. Radio New Zealand International. 2011年3月11日閲覧。
  287. ^ Tahiti Infos (2011年3月11日). “Alerte Tsunami en Polynésie française”. Tahiti Infos (in french). 2011年3月11日閲覧。
  288. ^ Tsunami : fin de l'alerte en Nouvelle-Calédonie, levée partielle en Polynésie” (2011年3月11日). 2011年4月1日閲覧。
  289. ^ a b 地震情報:ウェザーニュース” (2011年3月16日). 2011年5月21日閲覧。
  290. ^ Suzanne Goldenberg (2011年3月11日). “Tsunami alert sparks evacuations from Hawaii to Easter Island”. The Guardian. 2011年3月11日閲覧。
  291. ^ 「津波 太平洋を往復」日本経済新聞2014年5月2日朝刊
  292. ^ 5月1日日本地球惑星科学連合大会。岡田正実気象研究所客員研究員
  293. ^ “緊急地震速報の提供状況” (プレスリリース), 気象庁, (2011年4月8日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1104/08a/1103eew.pdf 2011年8月10日閲覧。 
  294. ^ 平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震の緊急地震速報について 平成23年3月23日ANET
  295. ^ 緊急地震速報と観測された震度の特徴 気象庁気象研究所 (PDF) 日本地球惑星連合 2011年予稿集
  296. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震以降の緊急地震速報(警報)の発表状況について 気象庁
  297. ^ “緊急地震速報の改善について” (プレスリリース), 気象庁, (2011年8月10日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1108/10a/eew_kaizen.html 2011年8月10日閲覧。 
  298. ^ “平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況及び対応について(第13報)” (プレスリリース), 厚生労働省, (2011年3月14日), http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014swz.html 2011年3月15日閲覧。 
  299. ^ 被害地震資料”. 気象庁. 2011年11月10日閲覧。
  300. ^ 東日本大震災の死者6911人 「阪神」超え戦後最大 - 47NEWS 2011年3月19日
  301. ^ 緊急消防援助隊の活動終了(平成23年6月6日) 消防庁、2011年7月24日閲覧。
  302. ^ 東日本大震災に伴う警察措置 警察庁、2011年7月24日閲覧。
  303. ^ “派遣人員 延べ868万人に”. 朝雲新聞. (2011年6月16日). http://www.asagumo-news.com/news/201106/110616/11061602.html 2011年6月30日閲覧。 
  304. ^ “岩手県下災派終わる、9師団が撤収”. 朝雲新聞. (2011年7月28日). http://www.asagumo-news.com/news/201107/110728/11072802.html 2011年8月2日閲覧。 
  305. ^ 読売online(2011年8月1日、2011年8月2日閲覧)
  306. ^ 東日本大震災の災害派遣終了について防衛省報道資料・2011年12月28日閲覧
  307. ^ “東海・南海など海溝型地震、長期評価見直しへ”. 読売新聞. (2011年5月11日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110512-OYT1T00118.htm 2011年8月11日閲覧。 
  308. ^ “三陸沖~房総沖で「M9」30年以内に30% 地震調査委”. 産経新聞. (2011年11月26日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111126/dst11112608520000-n1.htm 2011年11月26日閲覧。 
  309. ^ 三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価(第二版)について”. 地震調査委員会 (2011年11月25日). 2011年11月26日閲覧。
  310. ^ 朝日新聞(大阪)2011年11月25日朝刊1面・3面。
  311. ^ “津波、最大想定に対処…防災会議・中間報告骨子”. 読売新聞. (2011年6月20日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110619-OYT1T00584.htm 2011年8月11日閲覧。 
  312. ^ 東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会中間とりまとめ (PDF)”. 中央防災会議 「東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会」 (2011年6月26日). 2011年8月11日閲覧。
  313. ^ “最大津波想定し警報第一報 M8超規模なら 気象庁”. 朝日新聞. (2011年7月27日). http://www.asahi.com/national/update/0727/TKY201107270709.html 2011年8月11日閲覧。 
  314. ^ 東北地方太平洋沖地震による津波被害を踏まえた津波警報の改善の方向性について(最終とりまとめ) (PDF)”. 気象庁 (2011年9月12日). 2011年9月14日閲覧。
  315. ^ 壊滅的複合災害における危機管理の課題 多田浩之、みずほ情報総研、2011年8月4日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

災害情報・ライフライン・伝言・復興支援・ボランティア・法律問題等へのリンクは、東日本大震災に対する支援活動の各項目を参照。