亘理町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わたりちょう
亘理町
Flag of Watari, Miyagi.svg
亘理町旗
Symbol of Watari Miyagi.svg
亘理町章
町旗・町章共に昭和46年(1971年)10月2日制定[1]
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
亘理郡
団体コード 04361-3
面積 73.21 km²
総人口 33,177
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 453人/km²
隣接自治体 岩沼市角田市
亘理郡山元町柴田郡柴田町
町の木 クロマツ
町の花 サザンカ
亘理町役場
所在地 989-2393
宮城県亘理郡亘理町字下小路7番地4
北緯38度2分16秒東経140度51分9.3秒
Watari Town Office.jpg
外部リンク わたりちょう

亘理町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

亘理町(わたりちょう)は、宮城県南部の太平洋沿岸、阿武隈川の河口に位置する町。

温暖な気候を利用しての果樹・花卉栽培が盛んであり、特にイチゴが名産である。郷土料理のはらこ飯は近年農山漁村の郷土料理百選に選出された。 隣接する山元町とは平成14年(2002年)11月から合併に向けて協議が行われたが決裂した。県から代替案として名取市岩沼市・亘理町・山元町を合併する案が示されたが[2]、人口規模のみを基準とする案であったため具体的な協議が行われることも無かった。

地理[編集]

太平洋上空から見た亘理町北部
  • 山:阿武隈高地の最北端に位置し、四方山(274m)→黒森山(255m)→愛宕山(185m)→三門山(みつもんやま、205m)→七峰山(ななうねさん、124m)と北上して阿武隈川に至る。
  • 河川:阿武隈川・鐙川・舟入川
  • 年間の平均気温は12.5℃、年間降水量は1,224mm。

歴史[編集]

『日本書紀』巻七「日本武尊の遠征」に葦の浦・玉の浦を経て日高見へ至るという記述があり、この葦の浦が亘理にあたるという(玉の浦は岩沼市玉浦仙台空港付近を、日高見は北上川流域を指す)。

行政[編集]

首長[編集]

  • 歴代町長
昭和の合併以前
氏名 就任 退任 備考
1 齋藤源吉 明治22年(1889年)4月28日 明治23年(1890年)3月18日
2 武田万治郎 明治23年(1890年)8月2日 明治31年(1898年)4月12日
3 武田吉平 明治31年(1898年)7月26日 明治33年(1900年)10月23日
4 鈴木賢精 明治33年(1900年)11月12日 明治34年(1901年)3月16日
5 中村彬 明治34年(1901年)4月2日 明治37年(1904年)3月12日
6 坂元長造 明治37年(1904年)4月14日 明治42年(1909年)5月30日
7 隈川誠治 明治42年(1909年)7月7日 大正2年(1913年)3月25日
8 武者省吾 大正2年(1913年)8月23日 大正10年(1921年)3月28日
9 山田周吉 大正10年(1921年)5月30日 大正15年(1926年)3月31日
10 永田万吉 大正15年(1926年)8月3日 昭和2年(1927年)9月9日
11 松浦隆造 昭和3年(1928年)10月7日 昭和4年(1929年)2月22日
12 門沢惣蔵 昭和4年(1929年)4月29日 昭和5年(1930年)4月8日
13 丸谷由三郎 昭和5年(1930年)4月14日 昭和9年(1934年)3月1日
14 齋藤譲一郎 昭和9年(1934年)3月2日 昭和11年(1936年)5月10日
15 山田周蔵 昭和11年(1936年)5月11日 昭和15年(1940年)5月14日
16 武田淑郎 昭和15年(1940年)5月20日 昭和19年(1944年)5月17日
17 山田周蔵 昭和19年(1944年)5月18日 昭和21年(1946年)12月31日 再任
18 丹野恒二郎 昭和22年(1947年)4月5日 昭和26年(1951年)4月4日
19 門沢惣蔵 昭和26年(1951年)4月22日 昭和30年(1955年)1月31日 再任
昭和の合併以後
氏名 就任 退任 備考
1 玉田清 昭和30年(1955年)3月13日 昭和31年(1956年)11月30日 元・逢隈村長
2 山田周蔵 昭和32年(1957年)1月13日 昭和40年(1965年)1月12日 合併前を含めて三任
3 武田伸郎 昭和40年(1965年)1月13日 昭和48年(1973年)1月12日
4 山形勝治 昭和48年(1973年)1月13日 昭和53年(1978年)4月20日
5 深田伊三郎 昭和53年(1978年)5月28日 昭和57年(1982年)5月27日
6 竹澤一雄 昭和57年(1982年)5月28日 平成2年(1990年)5月27日
7 伊藤敏雄 平成2年(1990年)5月28日 平成14年(2002年)5月27日
8 齋藤邦男 平成14年(2002年)5月28日 平成26年(2014年)5月27日
9 齋藤貞 平成26年(2014年)5月28日 現職

町議会[編集]

第四次総合計画[編集]

2006年度より10ヶ年計画での総合発展計画を策定した。基本理念は「暮らしやすさNO.1」である。

経済[編集]

産業[編集]

産業構造
生産高では第三次産業が主だが、土地利用面では農用地が47.5%を占める。イチゴの出荷量が東北地方第1位であり、またリンゴの出荷量も宮城県第1位である。工業は地場食品加工業と自動車関連企業が主である。
地場産物
笹かまぼこはらこ飯。いちごワイン・梅羊羹などの果樹(リンゴ・イチゴ・ブドウアセロラ)利用産品
産業分類別就業者数
第一次産業:2,036人(11.7%)
第二次産業:5,751人(33.1%)
第三次産業:9,593人(55.2%)
(平成17年(2005年)12月調べ)

郵便局[編集]

  • 亘理郵便局(集配局)
  • 荒浜郵便局
  • 浜吉田郵便局
  • 亘理逢隈郵便局

姉妹都市・提携都市[編集]

ふるさと姉妹都市

かつて関係のあった都市[編集]

親善友好都市
  • 日本の旗青森県南津軽郡尾上町(現:平川市) - 平成元年(1989年)10月26日~平成17年(2005年)12月31日
    • 昭和60年(1985年)のふるさと夏祭りに同町の津軽ねぷたを招待して以後、産業分野での交流が深まり提携に至る。平成18年(2006年)1月1日、尾上町が平成の大合併で廃止された際に、新自治体である平川市には関係が引き継がれないことになり、同年10月31日に調印式を行って提携廃止を確認した。ただし、平成23年(2011年)に発生した東日本大震災の際には、平川市は尾上町と亘理町との旧交に基づき、積極的な支援を行っている[1]

地域[編集]

人口[編集]

Demography04361.svg
亘理町と全国の年齢別人口分布(2005年) 亘理町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 亘理町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
亘理町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 25,141人
1975年 25,742人
1980年 27,822人
1985年 29,263人
1990年 30,301人
1995年 33,034人
2000年 34,770人
2005年 35,132人
2010年 34,846人
総務省統計局 国勢調査より

健康[編集]

安心して生涯を託せる「保健福祉のまちづくり」をめざす。

教育[編集]

生涯学習体制と学校教育の充実を指向。

小学校[編集]

町立小学校6校

中学校[編集]

町立中学校4校

高等学校[編集]

県立高校1校

文部科学省が推進する「学力向上フロンティア」指定校である。

他に幼稚園2園(私立)

交通[編集]

鉄道路線[編集]

東日本旅客鉄道

常磐線は東北本線仙台駅まで直通

バス[編集]

亘理町町民乗合自動車「さざんか号」

道路[編集]

高速道路

一般国道

県道

名所・旧跡・祭事・催事等[編集]

称名寺のシイノキ
2012年9月

出身有名人[編集]

郷土料理[編集]

はらこ飯
2012年9月
  • あさり飯(春)・しゃこ飯(夏)・はらこ飯(秋)・ほっき飯(冬)

町民憲章[編集]

「みどり豊かなすみよい田園都市をつくるため」に、以下の憲章を定めている。

一、汗して働き、ゆとりある豊かな町をつくりましょう。
一、自然を生かし、美しい町をつくりましょう。
一、きまりをまもり、助け合う明るい町をつくりましょう。
一、すすんでまなび、郷土を護る文化の町をつくりましょう。
一、希望にみちた、活力のある伸びゆく町をつくりましょう。

参考文献[編集]

  • 『亘理町史』現代編(宮城県亘理郡亘理町、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 『図典 日本の市町村章』p38、亘理町章及び亘理町旗制定について
  2. ^ 宮城県の市町村合併(宮城県)
  3. ^ 亘理町震災復興会議資料(2011.10.1付)による

関連項目[編集]

外部リンク[編集]