仙台空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仙台空港
Sendai Airport
SendaiAirportBuilding-DomesticTerminal.JPG
IATA:SDJ-ICAO:RJSS
SDJ/RJSSの位置(日本内)
SDJ/RJSS
SDJ/RJSS

仙台空港の位置

概要
国・地域 日本の旗 日本
設置場所 宮城県名取市岩沼市
空港種別 商業
運営者 国土交通大臣
運営時間 7:30 - 21:30
標高 5 m・16.4 ft
位置 北緯38度08分13秒
東経140度55分21秒
座標: 北緯38度08分13秒 東経140度55分21秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
12/30 - 1,200×45 舗装
09/27 I 3,000×45 舗装
リスト
空港の一覧
仙台空港俯瞰

仙台空港(せんだいくうこう)は、宮城県名取市岩沼市に跨って位置する、東北地方唯一の国管理空港(旧第二種(A)空港)である。空港ターミナルビルが名取市にあり、滑走路が岩沼市に及ぶ。

概要[編集]

宮城県中南部の海岸にほど近い、仙台市JR仙台駅から南南東14kmほどのところに位置し、仙台空港アクセス線空港連絡鉄道)で結ばれている。離着陸の際には、広大な太平洋仙台湾沿いに続く砂浜や防砂林の松林、南北に流れる貞山運河、そして奥羽山脈に抱かれた仙台平野と市街地のビル群が一望の下になる。

滑走路は、開設時からある1,200mのA滑走路と新設された3,000mのB滑走路の2本あり、「y」の字型に交わる。基本的に、A滑走路はセスナ機などの小型機、B滑走路は旅客機などの中型機や大型機が使用するが、航空大学校などの小型機も訓練のために、計器着陸装置(ILS)が使用できるB滑走路を使用する。多くの県では、空港で公共用ヘリコプターも見られるが、宮城県警察ヘリは仙台市若林区霞目にある陸上自衛隊霞目飛行場を使用しているため、仙台空港で見ることは出来ない。

現在のターミナルビルは1997年(平成9年)7月から全館供用開始されたものであるが、建設にあたりハートビル法に定めるバリアフリー基準を満たし、1995年(平成7年)12月に空港施設として日本で初めて同法認定の特定建築物となった[1]。完成後に制定された交通バリアフリー法にも合致するように整備がなされた[1][2]

また、出発ロビーや待合室の壁面を全面ガラス張りして照明の使用を減らす省資源化が施されている点[2]や、屋根が3つの波型になっている点、出発ロビーや到着ロビー、搭乗待合室などの行先案内表示機が反転フラップ式案内表示機(パタパタ)である点などの特徴もある。展望デッキは、屋上の「スマイルテラス」(大人は有料)と屋内3階(無料)とがある。ターミナルビル中央部分のエスカレータが集まる吹き抜けは「プラザ」と呼ばれ、中央の噴水の水を抜くと照明機能付きのステージに変わり、イベントが行えるようになっている。3階にはエアポートミュージアム「とぶっちゃ」があり、旅客機のコクピットやビジネスクラスのシート等が展示されている。

歴史[編集]

かつて仙台市で飛行機の離着陸に使われた場所として、現在の宮城野原公園総合運動場川内追廻などがあった。1933年(昭和8年)になると、仙台市街地の南東に日本陸軍飛行学校の練習用飛行場として「仙台飛行場」(現霞目駐屯地)が設置された。しかし、日中戦争開戦に伴って飛行部隊が拡充されたため「仙台飛行場」は手狭となり、現在の「仙台空港」のもととなる「名取飛行場」が1940年(昭和15年)に設置された。

年表[編集]

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg 仙台飛行場
Searchtool.svg 滑走路拡張の歩み
1984年度(昭和59年度)撮影の国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
写真上がB滑走路、同下がA滑走路。
当時はB滑走路が2,000mで、駐機場はAおよびB滑走路を繋ぐ位置にあった。
現在はB滑走路が西方向に3,000mに延伸され、駐機場と旅客ターミナルもかつての東側に移転・拡張された。

東日本大震災[編集]

2011年(平成23年)3月11日14時46分、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生。滑走路は直ちに閉鎖され、ターミナルビルには旅客・周辺住民・従業員ら約1400人が避難した。15時56分、地震によって発生した津波が到達し空港および関連施設は冠水し使用不能となった。ターミナルビル1階の津波の高さは3.02mであった。運航中の旅客機は居なかったが、海上保安庁や民間の小型機・ヘリコプターなど計67機[9]が津波によって被害を受けた。この内、海上保安庁のDHC-8-315「みずなぎ」のみ修理されたが、他の機体は修理を断念している。3月12日午後に救急車やマイクロバスなどが到着、避難者の退避が開始され、3月16日までに空港職員を除く全員が空港を後にした。

3月16日、福島第一原子力発電所事故の影響を考慮して、アメリカ合衆国政府が在日米軍を含む自国民に対し、同原発から50マイル(80km)圏外に退避するよう勧告したが、同原発から80kmの同心円上に位置する当空港に嘉手納飛行場に駐留するアメリカ空軍第320特殊戦術飛行中隊が航空自衛隊松島基地を経由して移動、空港の復旧活動を行った[10]。アメリカ空軍及び空港の保守作業を担当している前田道路[11]が残骸を除去し、部分的な滑走路の確保後、アメリカ空軍特殊作戦コマンド用輸送機MC-130Pが、強行着陸で復旧用の機材や車両を輸送。空軍戦闘航空管制官がバックパックラジオ(可搬型無線機)で臨時の航空管制を確立し、空港機能を復活させた。以降、米軍はこの空港を使って200万トン以上の食料、水、毛布を被災地に輸送するなど、4月7日までアメリカ空軍・同海兵隊・自衛隊による日米合同救援活動「トモダチ作戦」の拠点として使用された。

4月3日、仙台空港近くの海岸に流木を用いて作られた「ARIGATO」の文字が仙台空港復旧作業の司令官であったロバート・トス空軍大佐に発見され、後の手記で仙台空港の復旧に力添えできたことを光栄に思う、と言及した[12][13]

4月13日に運用を再開して以降、全日本空輸日本航空AIRDOIBEXエアラインズによる臨時便を運航。7月25日に全日本空輸・AIRDO・IBEXエアラインズ[14]9月1日に日本航空の定期便が再開[15]。国際線も、9月25日のターミナルビル完全復旧と共にソウル/仁川線(アシアナ航空)の定期便が再開。その後順次運航が再開され、2012年(平成24年)7月30日の長春線(中国南方航空)再開をもって全路線が復旧した。

仙台空港鉄道は、空港敷地内のトンネルが水没するなどの被害を受け、4月2日以降バスによる代行運転を行った。10月1日仙台空港駅の営業を再開し、同日仙台空港線は全線復旧した[16]

空港民営化[編集]

施設[編集]

駐機場
3F 展望デッキ
2F 国内線搭乗案内板
2F 国際線出発ロビー
2F 国内線搭乗待合室

ターミナルビル[編集]

概要[編集]

  • 開業
    • 国際線旅客ターミナル - 1998年3月
    • 国内線旅客ターミナル - 1999年7月
  • 運営 - 仙台空港ビル
  • 延床面積 - 44,170.59m2 [17]
  • ゲート数 - 50バース
    • ジェット機用ゲート : 12バース(国際線用 3バース、国内線用 8バース、際内共用 1バース)
      • 大型ジェット機 : 4バース
      • 中型ジェット機 : 4バース
      • 小型ジェット機 : 4バース
    • 小型機用ゲート : 38バース

フロア構成[編集]

一般区域 制限区域
国内線 国際線 国内線 国際線
R階 S.mile Terrace(屋上展望デッキ)
3階 屋内展望デッキ
とぶっちゃ(エアポートミュージアム)
EAST SIDE(ビジネスラウンジ)
有料待合室
レストラン
2階 国内線出発ロビー
国内線カウンター
国際線出発ロビー
国際線カウンター
保安検査場
搭乗待合室
ANAラウンジ
サクララウンジ
売店
保安検査場
出国審査場
出国待合室
免税店・カフェ
仙台空港駅改札口・駐車場方面 連絡通路
カフェ・ショッピングゾーン
M2階 到着コンコース 到着コンコース
検疫検査場
入国審査場
1階 国内線到着ロビー 国際線到着ロビー
案内カウンター
バゲージクレーム
(手荷物受取所)
バゲージクレーム
(手荷物受取所)
税関検査場
バス・タクシーのりば
総合案内所
サービスカウンター
(レンタカー・宅配サービス・団体旅行受付・海外旅行保険)
WEST SIDE(ビジネスラウンジ)
有料待合室
プラザ(イベントスペース)
レストラン
コンビニ
七十七銀行 出張所
銀行ATMイオンゆうちょ
岩沼警察署 警備派出所
B1階

貨物ターミナル[編集]

空港ターミナルビルの西に位置し、管制塔に隣接する。

管制施設[編集]

拠点機関等[編集]

旅客利用状況[編集]

年度 利用者数(人)
国内線 国際線 合計
1980年 1,405,083 17,595 1,422,678
1990年 1,528,234 89,033 1,617,267
1995年 2,407,132 407,907 2,815,039
2000年 2,774,526 471,699 3,246,225
2005年 2,955,977 288,515 3,244,492
2006年 3,047,955 339,508 3,387,463
2007年 2,973,505 349,621 3,323,126
2008年 2,686,360 260,705 2,947,065
2009年 2,552,515 246,385 2,798,900
2010年 2,363,415 258,872 2,622,287
2011年 1,776,717 69,246 1,845,963
2012年 2,513,227 186,421 2,699,648
2013年 2,989,413 175,202 3,164,615

1999年(平成11年)度の年間338.5万人を境に一時減少したが、2003年(平成15年)度以降は再び増加傾向を見せ、2006年度(平成18年度)には年間338.7万人と1999年度のピークを越えた[18][19]。しかしその後徐々に減少。2010年(平成22年)度は、年度末の2011年(平成23年)3月に発生した東日本大震災の影響もあり262.2万人、翌2011年度は184.6万人にとどまった[20]。その後国内線の好調が利用者数の増加に大きく寄与し、2013年(平成26年)度には6年振りに利用者数が300万人を超えた[21]

仙台空港を目的地側とする旅客の当日目的地は、1位が仙台市となっており全体の約半分(49.8%)、2位は日本三景松島がある松島町(7.2%)、3位は隣県の山形市(4.5%)となっており、約3割が宮城県外を当日目的地とする。業務の場合は、仙台市を当日目的地とする者が72.4%で圧倒的に多いのに対し、観光の場合は仙台市(24.8%)、松島町(15.4%)、鳴子町(現・大崎市の一部)となっており、それ以外の目的地は、秋田県田沢湖町(現仙北市の一部)や青森県十和田市、あるいは山形市や盛岡市福島市などの隣接県の県庁所在地となっており、東北地方各地にも広がりを見せる[22]

国内線[編集]

国内線旅客数は1999年(平成11年)度に296.5万人でピークとなり、2000年(平成12年)度に277.5万人まで減少。その後は徐々に増加し、2006年(平成18年)度には304.8万人となり、初めて300万人の大台に乗った。しかしその後再び減少。2011年(平成23年)度は、東日本大震災の影響により18年振りに200万人を割り込んだ(177.7万人)[20]。2013年(平成25年)度、ピーチLCC)・スカイマークの就航や既存路線の増便等もあり、298.9万人と2006年度に次ぐ水準にまで回復した[21]

仙台空港の国内線における東北地方居住者の利用客比率は、宮城県70%、岩手県9.2%、山形県8.2%、福島県7.7%、その他4.9%となっており、宮城県の隣接県に広がっている[23]。特に、山形市を中心とした村山地方や、福島県中通り北部および浜通り北部の地域では、仙台空港が第一選択の空港になっている。

国内線旅客においては、他の地方から入って来る旅客の方が多い(国内線来訪者比率56.6%。参考:名古屋23.4%、広島52.3%)。これは、関西や北海道、九州からのビジネス客が多いためで、仙台が支店経済都市であることを反映している。

国際線[編集]

国際線旅客数は2000年(平成12年)度の47.2万人をピークに景気低迷やアメリカ同時多発テロ事件の影響で減少。2003年(平成15年)度にSARSが発生して25.1万人にまで減少した。その後は回復基調となり、2007年(平成19年)度には35.0万人となった。その後は25万人前後で推移したものの、2011年(平成23年)度は東日本大震災の影響により6.9万人と大幅に減少[20]、前年度比の26.5%に留まった[24]。2012年(平成24年)度は近隣諸国との関係悪化によって低調に推移。運休も相次ぎ、V字回復するには至らなかった[25]。2013年(平成26年)度は、ハワイタイへの定期便が就航したものの、近距離国際線の運休・減便が拡大。利用者数も微減となった[21]

日本人旅客[編集]

仙台空港の国際線における東北地方居住者の利用客比率は、宮城県内居住者が40.0%、残りの6割は周辺各県からの利用者となっている(山形県19.7%、岩手県14.3%、福島県10.6%、その他15.4%)[23]。特に、山形県民の日本国外渡航における仙台空港利用率は50%を超えており、仙台空港が第一選択となっている[26]

1999年(平成11年)度における東北地方居住の日本人出国者の利用空港内訳は、成田54.1%、仙台30.1%、関西6.1%、青森2.7%、福島2.0%、羽田1.9%、新潟1.2%、その他1.9%となっていた[27]

外国人旅客[編集]

仙台空港の外国人利用者数は国際旅客全体の30%程度である[28]。仙台空港を利用する外国人旅客の主な渡航目的は、韓国人はゴルフスキー、台湾人は温泉などである(仙台空港の外国人居住地別利用者比率 : 韓国50.0%、台湾及び中国大陸23.1%、ヨーロッパ11.5%)。

就航路線一覧[編集]

国内線[編集]

航空会社が2社以上の場合、上の段に掲載されている航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便(コードシェア便)

航空会社 就航地
日本航空 (JAL) [注 1] 新千歳空港大阪国際空港福岡空港
全日本空輸 (ANA) [注 2] 新千歳空港、成田国際空港中部国際空港、大阪国際空港、福岡空港、那覇空港
スカイマーク (SKY) 新千歳空港、神戸空港、福岡空港
IBEXエアラインズ (IBX)
・ 全日本空輸 (ANA)
新千歳空港、小松空港、中部国際空港、大阪国際空港、広島空港、福岡空港
AIRDO (ADO)
・ 全日本空輸 (ANA)
新千歳空港
Peach Aviation (APJ) 関西国際空港
(仙台空港発着)平成25年度 就航路線別旅客数/順位[29]
路線 旅客数 順位
大阪国際空港 約96万人 24位
新千歳空港 約73万人 37位

国際線乗継便[編集]

仙台空港と成田国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港を結ぶ便には、共同運航便(コードシェア便)として外国航空会社便名が付与される便がある。外国航空会社便名での利用は国際線乗継旅客に限られ、国内区間のみの利用は運航する航空会社の便名となる。

目的地 運航する航空会社 コードシェアする航空会社
成田国際空港 日本の旗 全日本空輸 (NH) イギリスの旗 ヴァージン・アトランティック航空 (VS) ・ アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 (EY) ・ 中華民国の旗 エバー航空 (BR) ・ オーストリアの旗 オーストリア航空 (OS) ・インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 (GA) ・ スウェーデンの旗 スカンジナビア航空 (SK) ・ トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ (TK) ・ タイ王国の旗 タイ国際航空 (TG) ・ ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 (NZ) ・ マカオの旗 マカオ航空 (NX) ・ アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 (UA) ・ ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 (LH)
中部国際空港 日本の旗 全日本空輸 (NH) アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 (EY) ・ シンガポールの旗 シンガポール航空 (SQ) ・ タイ王国の旗 タイ国際航空 (TG) ・ フィリピンの旗 フィリピン航空 (PR) ・ ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 (LH)
新千歳空港 日本の旗 全日本空輸 (NH) 韓国の旗 アシアナ航空 (OZ) ・ タイ王国の旗 タイ国際航空 (TG)
福岡空港 日本の旗 全日本空輸 (NH) フィリピンの旗 フィリピン航空 (PR)

国際線[編集]

航空会社が2社の場合、上の段に記載されている航空会社の機材・乗務員による共同運航便(コードシェア便)。

航空会社 就航地
アシアナ航空 (OZ)
全日本空輸 (NH)
韓国の旗 韓国仁川国際空港(ソウル)
エバー航空 (BR)
・ 全日本空輸 (NH)
台湾の旗 中華民国台湾桃園国際空港(台北)
中国国際航空 (CA)
・ 全日本空輸 (NH)
中華人民共和国の旗 中国上海浦東国際空港(上海)、北京首都国際空港(北京)[注 3]
ユナイテッド航空 (UA)
・ 全日本空輸 (NH)
グアムの旗 グアムグアム国際空港(グアム)
ハワイアン航空 (HA) アメリカ合衆国の旗 アメリカホノルル国際空港(ホノルル)[注 4]

チャーター便[編集]

2004年(平成16年)度は185便が運航された。主な目的地はハワイ香港、台湾である。毎年数回、ヨーロッパへの直行便が運航される。

遊覧飛行[編集]

仙台空港では、4社がセスナ機やヘリコプターで遊覧飛行を実施している。昼間の運航では、仙台市街地や松島、蔵王連峰栗駒山などの上空を遊覧するコースがある。季節的にナイトフライトも催行され、夏には、宮城県内各地で催される花火を上空から見るナイトフライトや、年末のSENDAI光のページェント期間中において、定禅寺通りなど仙台市上空を回るナイトフライトも催行される。

かつての定期就航路線[編集]

国内線

国際線

交通[編集]

仙台空港鉄道 仙台空港駅
岩沼市民バス 空港線

本数・所要時間・運賃・料金等の詳細は、該当項目や公式サイトで最新情報を確認されたい。

鉄道[編集]

バス[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

自動車[編集]

駐車場については、空港内の公営駐車場(1,195台収容)のほか、周辺の民間駐車場は10社で約2,400台の収容台数がある[30]

タクシー[編集]

仙台駅前から当空港までの所要時間は約30分、運賃は5,600円である。また、運賃とは別に高速道路料金(500円)が加算される[30]

アクセス鉄道開業に伴うバス路線の淘汰[編集]

廃止されたエアポート・リムジン

2003年(平成15年)の調査によると、日本人の当空港へのアクセス方法はリムジンバス等が51.6%で最も多く、次いで団体バスが14.3%、自家用車送迎が13.3%であった[31]仙台空港鉄道仙台空港アクセス線)開業を受けた2007年(平成19年)12月の調査によると、当空港へのアクセス方法は鉄道が44%、自家用車(送迎含む)が39%、リムジンバスの割合は3%と大幅に減少した[32]

2007年(平成19年)3月17日、翌日の仙台空港アクセス線開業に伴い、仙台市都心部と仙台空港間の旅客輸送の中心であった仙台市交通局エアポート・リムジンバスが廃止。翌3月18日より、愛子観光バスがエアポートリムジンを、東日本急行がエアポートライナーを開設。民間のバス会社2社は同区間に従前のリムジンバスの乗車料金より割安な運賃で参入したが、愛子観光バスは2008年(平成20年)2月29日、東日本急行は2009年(平成21年)1月31日をもって撤退。宮城交通山交バスが運行していた仙台空港と山形市を結ぶ高速バスも2008年6月30日をもって廃止。2010年3月31日には、ミヤコーバスによる仙台空港と館腰駅を結ぶ路線バスも廃止された。これにより、バス路線は岩沼市民バスによる岩沼駅方面への便を残すのみとなった。

周辺[編集]

空港の東側には、江戸時代伊達政宗の命により作られた貞山運河(貞山堀)が南北に流れており、それを越えてさらに東へ1kmほどいけば太平洋である。

仙台陸軍飛行学校内には1939年(昭和14年)創祀の航空神社があったが、占領期の1945年(昭和20年)に進駐軍に同校が接収されたため、神体は現在の空港ターミナルビルの東300mほどの名取市下増田にある下増田神社に遷された[33]。また、空港から南に5kmほどの岩沼市二の倉には、航空安全の神が祀られる二の倉神明社がある[34][35]

滑走路の南西側の岩沼市内に仙台空港臨空公園が設置されている。仙台空港臨空公園は、中坪臨空公園として2011年(平成23年)4月に供用開始予定であったが、東日本大震災の影響を受けて1年遅れの2012年(平成24年)4月29日に供用開始された[36]。供用開始前の3月17日には、名取・岩沼両市および兵庫県伊丹市の市長・市議会議長や、トモダチ作戦で仙台空港の復旧活動をしたアメリカ合衆国の駐札幌総領事らが出席して、米国・ワシントンD.C.に100年前に日本から送られたの子孫樹を植樹した[37]

なお、空港周辺にあるホテルは、ビジネスホテル杜せきのした駅近くにあるホテルルートイン名取のみ。シティホテルは仙台市内が最寄となる。

事件・事故・重大インシデント[編集]

  • 1963年(昭和38年)5月10日
    千歳三沢経由の全日本空輸802便が着陸復行の失敗により飛行不能となった。詳細は全日空機仙台空港着陸失敗事故を参照。
  • 1985年(昭和60年)12月3日
    連続離着陸訓練中のパイパーPA-23-250(JA5259)が、接地後の滑走中に前脚が引っ込んだため、そのまま400メートル滑走した後停止した。機体は中破した。原因は、機長が前脚のロックを確認せずに着陸したためとされた[38]
  • 2012年(平成24年)2月5日
    伊丹発の全日本空輸731便がタッチアンドゴーをする際に、機体後部が滑走路に接触[39]。けが人はなかったものの、機体に損傷等が見られたため運輸安全委員会の調査が入った。その後の調査で飛行機から管制塔への事故の一報は無く、それを理由に管制塔から消防署への連絡も無かった事が判明した。
不発弾処理を行う陸上自衛隊(2012年11月14日)
  • 2012年(平成24年)10月30日
    敷地内、ターミナルビルの西1.2km、B滑走路の平行誘導路から南40mの地点で、太平洋戦争中にアメリカ軍が投下した不発弾が発見され、国内線・国際線全92便が欠航となった[40][41]。同日、不発弾の周囲にコンクリート擁壁および盛り土による防護壁を構築し、応急措置を実施。不発弾処理が行われるまでの間、A滑走路の使用を停止。不発弾に近い誘導路を迂回する運用を行った[41]11月14日午前、空港を一時的に閉鎖した上で信管を取り除き、撤去した[42]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ジェイエアの機材・乗務員で運航
  2. ^ ANAウイングスの機材・乗務員で運航する便あり
  3. ^ 上海/浦東経由
  4. ^ 仙台発は札幌/新千歳経由。ホノルル発は仙台へ直行。
  5. ^ 冬季運行便

出典[編集]

  1. ^ a b 企業・団体・自治体等ユニバーサルデザイン取組状況調査結果 (PDF) [リンク切れ] 広島県
  2. ^ a b 27. 仙台空港旅客ターミナル (PDF) 国土交通省中国地方整備局「ユニバーサルデザイン先行事例」
  3. ^ 來翰綴(陸密)第1部昭和15年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01007784900 
  4. ^ a b 東日本大震災に伴う被災した民俗文化財調査 2011年度報告集(第2分冊) (PDF) 東北大学東北アジア研究センター 2012年。宮城県地域文化遺産復興プロジェクト。平成23年度文化庁「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」
  5. ^ 仙台空港の新管制塔が完成 18日から業務、耐震強度高める 日本経済新聞(2012年7月12日)
  6. ^ 吉林・仙台両空港、友好協力覚書を締結 中国人民網(2012年8月17日)
  7. ^ グアム国際空港、仙台空港と姉妹空港提携 11月19日に調印式[リンク切れ] 徳島新聞(2012年11月22日)
  8. ^ 「仙台空港 FREE Wi-Fi」及び「仙台空港 Wi-Fi ポータルサイト」の提供開始について NTT東日本宮城支店 ニュースリリース(2013年7月31日)
  9. ^ 津波で損傷、海保機が現場復帰 修理完了 共同通信(2012年3月29日)
  10. ^ Tech. Sgt. Aaron Cram / 353rd Special Operations Group (2011年3月16日). “SOG Airmen open two strategic runways for relief operations”. 2011年5月23日閲覧。
  11. ^ 東北地方太平洋沖地震等への対応について 前田道路株式会社
  12. ^ 米軍が名誉に思う「トモダチ作戦」と、たった一人の「ありがとう作戦」 rocketnews24(2011年4月20日)
  13. ^ Yokota AB > Library > Fact Sheets > COMMENTARY
  14. ^ 「仙台空港の定期便運航再開について」 全日本空輸
  15. ^ 「仙台空港ご利用のお客さまへ」 日本航空(2011年9月2日時点のアーカイブ
  16. ^ 第12期 事業報告書 (PDF) 仙台空港鉄道株式会社
  17. ^ 仙台空港 新旅客ターミナルビル 日建グループ
  18. ^ 空港関係資料 宮城県
  19. ^ 空港管理状況調書[リンク切れ] 国土交通省
  20. ^ a b c 平成23年空港管理状況調書 (PDF) 国土交通省航空局(2013年1月22日時点のアーカイブ
  21. ^ a b c 仙台空港利用者17.1%増 アクセス鉄道は過去最高 河北新報(2014年4月25日)
  22. ^ 平成15年 航空旅客動態調査 (PDF) 国土技術政策総合研究所 資料 No.374
  23. ^ a b 2001年 航空旅客動態調査 (PDF) 特定日の全数調査
  24. ^ 平成23年度の仙台空港旅客実績(速報値)について (PDF) 宮城県土木部空港臨空地域課
  25. ^ 管内空港の利用概況集計表(平成24年度速報値) (PDF) 国土交通省 東京航空局
  26. ^ 県広報誌「県民のあゆみ」平成17年9月号 (PDF) [リンク切れ] 山形県
  27. ^ 社会資本整備に係る東北地方の将来の姿(仮称) (PDF) 国土交通省
  28. ^ 国際観光振興機構 (PDF)
  29. ^ 平成25年度の航空輸送統計の概況について (PDF) 国土交通省
  30. ^ a b 空港アクセスの概況(2007年10月現在) (PDF) 国土交通省東北運輸局
  31. ^ 航空機を利用する観光旅客等の実態調査<仙台空港編> (PDF) アジア太平洋観光交流センター
  32. ^ 仙台空港アクセス鉄道開業後の状況報告書 (PDF) 国土交通省東北運輸局
  33. ^ 下増田神社 宮城県神社庁
  34. ^ 神明社 宮城県神社庁
  35. ^ 二の倉神社 岩沼市商工会
  36. ^ 仙台空港臨空公園供用開始 (PDF) 岩沼市
  37. ^ 日米友好の桜寄贈100周年 東日本震災復興祈念植樹 伊丹市
  38. ^ 運輸安全委員会 航空事故
  39. ^ 仙台空港でANA機が尻もち 乗員乗客166人にけが人なし [リンク切れ] msn産経ニュース(2012年2月15日)
  40. ^ 仙台空港に不発弾=全便欠航へ、陸自が処理 [リンク切れ] 時事通信(2012年10月30日)
  41. ^ a b 仙台空港に不発弾、終日滑走路閉鎖 きょう運航再開の方針 [リンク切れ] 河北新報(2012年10月31日)
  42. ^ 仙台空港、安全宣言 不発弾の撤去完了 [リンク切れ]河北新報(2012年11月14日)

外部リンク[編集]