サイパン国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイパン国際空港
Francisco C. Ada Airport
Saipan International Airport
Saipan International Airport Terminal Building1.JPG
IATA: SPNICAO: PGSNFAA: GSN
概要
空港種別 公共
所有者 Commonwealth Ports Authority
所在地 サイパン島
標高 215 ft / 66 m
座標 北緯15度07分08秒 東経145度43分46秒 / 北緯15.11889度 東経145.72944度 / 15.11889; 145.72944
ウェブサイト 公式ウェブサイト
地図
SPNの位置
SPN
空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
07/25 8,700 2,652×61 舗装
統計 (2005年)
発着数 39,542
Based aircraft 22
出典:連邦航空局[1]

サイパン国際空港(サイパンこくさいくうこう、英語: Saipan International Airport)は、北マリアナ諸島サイパン島にある国際空港である。

概要[編集]

サイパン国際空港は、734エーカー(297ヘクタール)の面積があり、8,700ft(フィート)×200ft(2,652m×61m)の滑走路がある[1]。深夜便が多いので、事実上24時間運用の空港となっている。

北マリアナ諸島の表玄関となる空港であり、国際線ターミナルと国内線ターミナルの2つのターミナルがある。国内線ターミナルからテニアンロタへの便に乗り換えることができる。国際線ターミナルには、6基のボーディングブリッジが等間隔で並んでおり、大部分がボーイング747クラスの大型機も使用可能である。

国際線ターミナルには、到着ロビーに観光案内所・ATM・軽食店・インターネットサービス・レンタカーの受付など、出国制限エリアにレストラン空港ラウンジDFSによる免税店や土産物店・両替所などの各施設が充実している。

ラウンジ[編集]

国際線ターミナルの制限エリアには、共用ラウンジの「ハファダイガーデン」が設置されている。ハファダイガーデンには、新聞(日本語新聞は日本から空輸されるため、配達されるのは当日の午後になる)やソフトドリンク、アルコール類が準備されており、おつまみや軽食も準備されている。ソファ席とテーブル席が80席用意されているほか、ビジネスコーナーがある。利用時間は、0:00~8:00/13:00~21:15。

歴史[編集]

イズリー飛行場(1945年撮影)。右上にコブラー飛行場も見える。
ターミナル通路
コンコース

第一農場の暫定滑走路[編集]

元々この地には、南洋興発株式会社の第一農場(アスリート農場)が置かれており、辺り一面サトウキビプランテーションであった。また、約600人の日本人が居住していた街もあり、学校や駐在所、商店もあった。

ところが、1933年(昭和8年)に日本海軍が特別大演習を実施することになり、訓練機の離着陸のために農場の一区画約30万を潰して即席の飛行場を作ることになった。東西800m、南北600mのL字型滑走路が建設された。「マカダム舗装」という簡易舗装であったため、演習中にひびが入るほど舗装が脆く、大演習終了後は特に利用することもなかったため、瞬く間に雑草がアスファルト舗装を突き破り、元のサトウキビ畑へと転用されていった。

「共同網干し場」の建設[編集]

1937年(昭和12年)になり、日本海軍は南洋群島域内に軍事施設を建設する方針を固め、特別大演習の滑走路と同じ場所に海軍飛行場を建設することになった。もっとも、南洋群島には軍事施設の構築が禁止されていたため、「共同網干し場」の名目で建設された。

1941年(昭和16年)の日米開戦後に、地名の「アスリート(As Lito)」から「アスリート飛行場」と命名された。

サイパン戦[編集]

1944年(昭和19年)のサイパン島陥落により、アスリート飛行場はアメリカ軍に占領され、名称も「コンロイ飛行場」(コンロイフィールド)、続いて「イズリー飛行場」(アイズリーフィールド)に改称した。

その後、大幅な拡張・改修工事がなされ、B-29の離着陸が可能となった。これにより、イズリー飛行場は日本本土空襲の前線基地となった。

戦後[編集]

アメリカ軍はイズリー飛行場の西側にも「コブラー飛行場」を新設しており、戦後は専らコブラー飛行場の方を使用していた。

1970年代に入り、日本人観光客が多く訪れるようになると、コブラー飛行場は手狭になり、旧イズリー飛行場を大型旅客機の離着陸が可能な国際空港に整備することになった。

1975年12月15日に整備が完了し、現在の名称に改称した。

就航路線[編集]

定期便[編集]

航空会社 目的地
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 (DL) 成田国際空港(東京)
[季節運航] 金海国際空港(釜山)
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・エキスプレス
運航はアメリカ合衆国の旗 ケープエアー (9K)
[季節運航] グアム国際空港(グアム)、ロタ国際空港(ロタ)
フランスの旗エールフランス(AF) 成田国際空港(東京)(DL297・DL298とコードシェア)
オランダの旗KLMオランダ航空(KL) 成田国際空港(東京)(DL287・DL298とコードシェア)
韓国の旗 アシアナ航空 (OZ) 仁川国際空港(ソウル)(OZ120便・OZ119便は大阪/関空経由)、金海国際空港(釜山)
[季節運航] 成田国際空港(東京)、関西国際空港(大阪)
日本の旗 全日本空輸 (NH) 関西国際空港(大阪)(アシアナ航空とコードシェア)
中華人民共和国の旗 中国東方航空 (MU) 上海浦東国際空港(上海)
中華人民共和国の旗 中国南方航空 (CZ) 広州白雲国際空港(広州)
中華人民共和国の旗 上海航空 (FM) [季節運航] 上海浦東国際空港(上海)
中華人民共和国の旗 四川航空 (3U) 成都双流国際空港(成都)、上海浦東国際空港(上海)、広州白雲国際空港(広州)
グアムの旗 フライ・ミクロネシア
運航はアメリカ合衆国の旗 スカイキング英語版 (5K)
グアム国際空港(グアム)、香港国際空港(香港)
グアムの旗 フリーダムエアー (FP) グアム国際空港(グアム)、ロタ国際空港(ロタ)、テニアン国際空港(テニアン)

ANAホールディングス傘下のバニラ・エア(旧エアアジア・ジャパン)が東京/成田線の就航を計画している[2]

チャーター便[編集]

航空会社 目的地
日本の旗 日本航空 (JL) 東京国際空港(東京)、成田国際空港(東京)
台湾の旗 エバー航空 (BR) 桃園国際空港(台北)

※ 以前は、日本航空JALウェイズの機材・乗務員による運航)の東京/成田行直行便が毎日運航していたが、2005年10月1日を最後に運休となった。その結果、日本とサイパンを結ぶ日本航空の定期便はなくなり、現在は、東京/羽田行きチャーター便が年に数回不定期で運航中。

その他[編集]

空港周辺には、日本軍爆薬庫跡やトーチカ、破損した戦車などが残されている。これは放置されたままになっているのではなく、北マリアナ諸島の法律で、戦跡は歴史的遺物として保存され移動することができないためであり、意図的に「片付けない」野外展示場となっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b FAA Airport Master Record for GSN (Form 5010 PDF), retrieved 2007-03-15
  2. ^ 「グアムやサイパンなどミクロネシアへの就航も計画している」(石井社長) - 東洋経済オンライン2013年10月1日
  3. ^ 中山京子「慰霊碑、小瓶、『赤い靴』」/ 中山京子編著『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』明石書店 2012年 141ページ

参考文献[編集]

  • 中島洋『サイパン・グアム 光と影の博物誌』現代書館、2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]