千歳基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千歳基地(Chitose Air Base)
Chitose Kichi
IATA: noneICAO: RJCJ
概要
空港種別 軍用
運営者 航空自衛隊
所在地 千歳市
標高 89 ft / 27 m
座標 北緯42度47分40秒 東経141度39分59秒 / 北緯42.79444度 東経141.66639度 / 42.79444; 141.66639 (Chitose Air Base)座標: 北緯42度47分40秒 東経141度39分59秒 / 北緯42.79444度 東経141.66639度 / 42.79444; 141.66639 (Chitose Air Base)
地図
RJCJの位置(日本内)
RJCJ
RJCJ
空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
m ft
18L/36R 3,000 9,843 舗装
18R/36L 2,700 8,858 舗装
Source: Japanese AIP at AIS Japan[1]

千歳基地ちとせきち、Chitose Airbase)は、北海道千歳市にある航空自衛隊の基地で、民間機も含めて航空管制は航空自衛隊が一元的に行なっている。日本の北端を担当する第2航空団が置かれており、航空自衛隊にとってはかつてのソビエト連邦、現在のロシアと対峙する最前線の基地である。地元市民からは2空団と呼ばれている。基地司令は第2航空団司令が兼務する。航空自衛隊基地としては、アメリカ軍から返還後1957年開庁。東側(18L/36R)滑走路の北側には、滑走路の移動に伴ってできた1000mもの着陸帯が取られており、物理的には実質4,000m級である(ただし、千歳市街地に隣接しているため通常は着陸帯を使用することはない)。

概要[編集]

千歳飛行場と新千歳空港の航空管制を一元的に担う千歳基地管制塔

北海道千歳市所在の共用飛行場1926年に当時の千歳村民の無償の労力提供により整地された着陸場が前身である。新千歳空港に隣接し、管理は航空自衛隊が行っている。新千歳空港と混同されやすいが、千歳飛行場と新千歳空港は別の施設地域である。しかし、東西にそれぞれの滑走路は航空自衛隊は18R,Lを、民間側は19R,Lで1500数十メートルの差で平行して民間側が南側に設置されていることから、実際、新千歳空港と誤り、千歳飛行場に着陸を試みるという事案が何度かあった。

旧千歳空港が千歳飛行場であり、当時から今に至るまで共用飛行場である。JR北海道千歳線千歳空港駅(現・南千歳駅)を最寄として民間用ターミナルビルが存在していた。なお現在は新千歳空港にはターミナルに隣接して千歳線の新千歳空港駅が新設され、民間施設側は利用客の利便が図られている。

民間航空機の発着回数が増えて手狭になったため、1988年に東側の隣接地に新たに純民間空港である新千歳空港が作られ、民間機はそちらに移った。当時は年間のスクランブル出動が200回にも及び、それが日本でもっとも過密な航空路線(千歳-羽田線)と共存すると言う綱渡りの状態であったが、皮肉にも新千歳空港開港後数年も経ない内にソ連は崩壊した。

千歳飛行場と新千歳空港とは誘導路でつながっており、管制業務は両空港を一体運用とし、航空自衛隊が行っている。

また、航空自衛隊が運用および管理する日本国政府専用機ハンガーがあることでも知られている。

基地内には、海上保安庁の千歳航空基地(ちとせこうくうきち)と呼ばれる施設が、滑走路北東側の一角にあり、専用のハンガーを保有している。

2004年時点での航空自衛隊基地隊員数は約2500名。

なお、千歳基地北東の陸上自衛隊東千歳駐屯地内には、キャンプ千歳の米軍が使用していた2,500m滑走路と1,200m滑走路の跡が現在でも残っており航空写真等で確認することができる。この滑走路跡は現在では駐屯地内の道路、各種訓練施設[2]、ヘリ等の発着訓練施設として使用されている。

歴史[編集]

1975年撮影の千歳空港(千歳基地)。
この画像の撮影当時には新千歳空港はまだ建設されていない。画像中央滑走路の右下(東南方向)に新千歳空港が建設された。1975年撮影の16枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

基地の概要・歴史(千歳市HP)、「航空自衛隊千歳基地-その運用と周辺対策-」(『調和 基地と住民』2004年3月)などを参考に記述。

  • 1926年(大正15年) - 千歳村民の労力奉仕により、約10haの着陸場を造成、この年の10月22日には小樽新聞社の飛行機「北海1号機」(酒井憲次郎が操縦)が初めて着陸する。
  • 1934年(昭和9年)10月 - 千歳村の村費、王子製紙伊藤組などの寄付によって、着陸場を約4万5千坪に拡張し、千歳飛行場開場式を実施。
  • 1937年(昭和12年)4月、海軍飛行場建設を前提とした調査のため大湊海軍航空隊から小福田中尉等が来訪。9月に海軍より正式決定の通知が千歳村に届く。これにより村有地130haを寄付。
  • 1939年(昭和14年)11月 - 海軍航空隊が開庁する(着陸場は海軍の飛行場となる)。滑走路を1200mに延長。
  • 1945年(昭和20年)10月 - 太平洋戦争終戦により米軍に接収される。
  • 1951年(昭和26年)10月 - 民間航空が再開され、千歳・東京間に民間航空機(日本航空)が就航する。
  • 1952年(昭和27年)6月 - 警察予備隊千歳臨時部隊が100ビル(航空廠病院)に設置される。
  • 1957年(昭和32年)8月 - 第2航空団が浜松より移駐。9月に千歳基地開設。
  • 1959年(昭和34年)7月 - 米軍から日本政府(防衛庁)に返還される。
  • 1961年(昭和36年)12月 - 東側滑走路が新設され、滑走路2本での運用を開始する。
  • 1963年(昭和38年) - 千歳空港ターミナルビルが完成し、供用を開始する。
  • 1967年(昭和42年)8月 - 千歳市より周辺住民の生活又事業活動への障害の防止と緩和を名目として基地周辺整備総合対策(各種防音工事、演習用道路築造等)を陳情。
  • 1969年(昭和44年) - 千歳空港が出入国港に指定される。
  • 1970年(昭和45年)12月 - 飛行場返還後も残置されていた米軍クマ基地(通信部隊)が閉鎖。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 翌年に配備予定だった当時の新鋭機F-4EJに関し、千歳市議会より騒音防止策などについて要望があり、滑走路を南方に2000m以上移動させることなどの条件が提示される。
  • 1975年(昭和50年)6月30日 - 米軍千歳基地が完全に閉鎖。
  • 1978年(昭和53年)12月 - 騒音軽減策として東側滑走路を南方の苫小牧市側に1000m移動。
  • 1981年(昭和56年) - 植物・動物検疫飛行場、税関空港、国際空港開港に指定され、国際定期航空便(千歳・ホノルル間)が就航する。
  • 1983年(昭和58年)4月 - F-15Jが配備される。
  • 1988年(昭和63年) - 新千歳空港(A滑走路)が開港する。民間機は新千歳空港に移行。
  • 1992年(平成4年)4月 - 政府専用機の管理運用を行う臨時特別航空輸送隊が編成される。
  • 1993年(平成5年)6月 - 臨時特別航空輸送隊が特別航空輸送隊として新編される。
  • 1996年(平成8年) - 新千歳空港にてB滑走路(3000 m×60 m)が供用開始。本飛行場と完全に官民分離される。
  • 2003年(平成15年) - 十勝沖地震の発生に伴い、出光興産北海道製油所(苫小牧市)の油槽タンクで大規模な火災が発生。航空自衛隊にも災害派遣要請が出され、入間基地浜松基地小牧基地春日基地板付地区等から、化学消火剤をC-1輸送機により24時間体制で緊急輸送を行う。

航空管制[編集]

種類 周波数 (VHF) 周波数 (UHF) 備考(運用時間はJST)
CLR 124.70 MHz 305.70 MHz
GND 121.70 MHz 275.80 MHz
TWR 118.20 MHz 126.20 MHz 236.80 MHz 304.50 MHz
APP 120.10 MHz 124.70 MHz 305.70 MHz 362.30 MHz
DEP 124.70 MHz 305.70 MHz
MET 344.60 MHz
TCA 127.70 MHz 256.10 MHz 月曜-金曜8:00-20:00
RESCUE 123.1x MHz 138.05 MHz 247.0x MHz
航空管制は、航空自衛隊千歳基地 千歳管制隊が担当
小文字のxは、周波数が変動することをあらわす

航空保安無線施設[編集]

局名 種類 CH.NO. 識別信号
CHITOSE TACAN 29(109.2) ZYT
保守は、航空自衛隊千歳基地 千歳管制隊が担当

配属部隊[編集]

航空自衛隊[編集]

空中の千歳基地F-15J

北部航空方面隊隷下

航空総隊直轄

  • 航空救難団
    • (飛行群)
      • 千歳救難隊 - 航空自衛隊や他の自衛隊機が墜落した際、U-125AUH-60Jで緊急発進して搭乗員の捜索救助活動(航空救難)を実施する。また、民間機の墜落事故に対する東京空港事務所長からの要請で捜索救難活動や、消防、海上保安庁等、他の救難組織が出動困難な悪天候時などには、災害派遣として山岳や海上の遭難者の捜索救出活動、離島・僻地の急患輸送などを行う。
  • 高射教導隊
    • 基地防空教導隊 - 航空自衛隊基地の防空に関する運用研究や指導を行う。

航空支援集団隷下

大臣直轄

  • 航空システム通信隊
    • (移動通信群)
      • 第3移動通信隊 - 有事や災害派遣時に通信機器を必要な場所へ移動して、通信を確保する。
  • 航空警務隊
    • 千歳地方警務隊 - 千歳基地内の治安維持を行う。

海上保安庁[編集]

周辺対策[編集]

本飛行場に関係する周辺対策事業は他の自衛隊・在日米軍施設同様「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」を根拠法とし(以下本節で同法と呼ぶ)、旧防衛施設庁の主導により下記が実施されてきた[3]

一般的に、周辺対策事業は下記のように区分され、その他にも名目をつけて予算措置がなされることがある。

  • 障害防止工事の助成
  • 住宅防音工事の助成
  • 移転措置による土地の買い入れ
  • 民生安定施設の助成
  • 調整交付金の交付

基地周辺対策の実施対象自治体は広域自治体としては北海道、基礎自治体としては千歳市、苫小牧市長沼町由仁町早来町など2市7町に及んでいる。

障害防止工事[編集]

障害防止対策事業(同法3条に基づく)の内一般障害防止については、本飛行場の滑走路、建物整備などに伴い飛行場内の植生の荒廃が進み、飛行場を流域とする河川の流域保水力の低下により洪水被害が生じたため、メムシ川改修工事などの助成があり、同川の場合1977年度から1987年度まで助成を実施している。

また、同飛行場を離着陸する航空機の頻繁な飛行により、周辺地域のテレビにフラッターが生じていることから、防止策として共同受信施設を1974年度から1996年度まで助成を実施した。

その他、1971年度から1979年度にかけて騒音用電話機設置事業に助成を実施した。

これら障害防止工事の補助実績は2002年度までで3件、約31億円となっている。

騒音防止工事[編集]

学校等の公共施設の騒音防止対策事業としては、航空機騒音の防止・軽減対策として1962年度より学校法人、保育園、法人関係の教育施設や医療施設などに防音工事を実施している。2000年代になると施策がほぼ行き渡り、機能復旧工事が増加している。

住宅防音工事[編集]

住宅防音工事については同法4条に基づいて指定した第一種区域(75WECPNL以上[4])に所在する住宅を対象として、1974年度より実施し、1990年度からは空気調和機器の機能復旧工事に着手した。1996年度からは特定住宅防音工事(ドーナツ現象[5])、1998年からは建替防音工事、2003年度からは太陽光発電システム設置工事(モニタリング)を実施している。2002年度時点で約20000世帯(新規、追加、特定防音の各工事の合計)に対して360億円が投じられている。

移転措置[編集]

同法第5条に基づく第二種区域(WECPNL90以上)からの移転補償については1964年度から実施しており、2002年度までの総計で建物1100戸(約97億円)、土地約111ha(約100億円)となっている。移転事業は開始より相当の年月を経過し、人口流出の進んだ地域では町内組織の衰退、防犯面での不安感などが増しており、自治体にはその面の対策も必要となって来ている旨を札幌防衛施設局は説明している。

第二種区域内の移転措置で購入した土地は「周辺財産」として防衛施設庁が管理していた。その面積は2002年度時点で約118haとなっており、植栽を実施した面積は内67ha(費用、7億5000万円)である。この他飛行場周辺には元々自然林があり、90%以上の土地が緑地帯となっている。また、周辺財産の一部を千歳市にアンカレッジパークその他として使用を許可している。

民生安定施設の助成[編集]

民生安定施設の助成は同法8条に基づき、一般助成と防音助成に分かれる。

一般助成事業としては、道路改修、学習等供用施設、無線放送施設、公共空地等について、1970年度より助成を開始し、2002年度時点で総計は約44億円となっている。1990年代末にゴミ処理施設におけるダイオキシン対策が問題となった際には、1998年度より千歳市が開始した施設整備にも助成を実施した。

防音助成事業としては、学習等供用施設、公民館、市町村庁舎等について、1967年度から助成を開始しているが、2000年代に入ると施策の行き渡りにより年毎の実施件数は減少している。

特定防衛施設周辺整備調整交付金[編集]

更に、同法9条に基づき、特定防衛施設周辺整備調整交付金を特定防衛施設関連市町村に指定されている千歳、苫小牧両市に対して交付している。用途としては交通施設、スポーツ施設の整備に充当されており、総計としては1974年度の開始から2002年度までで406件、約105億円となっている。

まちづくり計画事業の助成[編集]

周辺地域との調和を図るため、基地を前提としたまちづくりのための総合的な計画の策定事業として2002年度より千歳市に助成している。これにより、戦車などの重車両が通行する「C経路」と通称される公道の沿線環境を改善するような施設の整備が考えられている。

航空祭[編集]

毎年8月第1週の日曜日に実施しているが、2006年度は土曜日の開催であった。「ブルーインパルス」の展示飛行がある。

航空祭の際には正門まで2km弱の距離にあるJR千歳駅から徒歩30分程度で行くことが出来る。車での来場も可能だが、基地前の平和交差点を中心に周辺では毎年渋滞するため、飛行展示に間に合わないケースも続出している。

2009年10月15日、アメリカ空軍の曲技飛行チーム「サンダーバーズ」が展示飛行を行った。

脚注[編集]

  1. ^ AIS Japan
  2. ^ 東千歳駐屯地創立記念行事における観閲式は同滑走路を式典会場及び訓練展示施設として使用する
  3. ^ 周辺対策の主な出典は
    札幌防衛施設局「航空自衛隊千歳基地-その運用と周辺対策-」『調和 基地と住民』2004年3月
  4. ^ 防衛施設庁算出法によるWECPNL
  5. ^ 第一種区域はWECPNLの指定基準値により決定されるが、基準値は段階的に改正(85W→80W→75W)されていった。これは住宅防音工事の進捗状況を踏まえた措置であったが、建設時期が同一、ないしそれ以前のものであっても区域によっては対象とならない住宅が発生するという現象のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 周辺対策について詳細に記述した報告書を発行