熊谷基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熊谷基地(くまがやきち、JASDF Kumagaya Airbase)は、埼玉県熊谷市拾六間839に所在し、航空自衛隊第4術科学校等が配置されている航空自衛隊基地である。飛行場施設はヘリポートがあるだけで、滑走路は有していない。

旧陸軍の熊谷飛行学校の跡地にありその歴史は古い。昭和13年に昭和天皇行幸した事もあり、基地内にはそれを記念した記念碑が建っている。

基地司令は、航空自衛隊第4術科学校長が兼務。開庁行事は「さくら祭」の名称で4月上旬に開催しておりブルーインパルスの飛行も行っている。

教育隊が配置されており、二士・曹候補生として空自に入隊した者はここか、山口県防府南基地で四ヶ月の基礎訓練を受けることになる。防府には男性・女性両方の教育隊があるが、熊谷の教育隊は男性のみである。

配置部隊・機関[編集]

沿革[編集]

  • 1935年(昭和10年) 熊谷陸軍飛行学校として建設
  • 1938年(昭和13年) 昭和天皇行幸
  • 1945年(昭和20年) 米陸軍第43師団進駐
  • 1958年(昭和33年) 航空自衛隊熊谷基地発足、第2航空教育隊新編
  • 1959年(昭和34年) 第2術科学校分校移駐
  • 1961年(昭和36年) 第2術科学校分校を第4術科学校に改編
  • 2003年(平成15年) 上級空曹課程開始
  • 2008年(平成20年) 基地創立50周年
  • 2011年(平成23年)3月19日 航空自衛隊生徒の教育終了に伴う部隊整理(生徒隊を廃止)

外部リンク[編集]