南千歳駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南千歳駅
北東から見た駅(2004年5月)
北東から見た駅(2004年5月)
みなみちとせ - Minami-Chitose
所在地 北海道千歳市柏台南一丁目
駅番号 H14
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道
電報略号 ミセ
駅構造 橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,481人/日(降車客含まず)
-2011年度-
開業年月日 1980年昭和55年)10月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 千歳線
キロ程 18.4km(沼ノ端起点)
H15 美々 (4.5km)
(3.0km) 千歳 H13
所属路線 千歳線(支線)
キロ程 0.0km(南千歳起点)
(2.6km) 新千歳空港 AP15►
所属路線 石勝線
キロ程 0.0km(南千歳起点)
(17.6km) 追分 K15►
備考 1992年、千歳空港駅から改称
社員配置駅
みどりの窓口

南千歳駅(みなみちとせえき)は、北海道千歳市平和1388-2にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)のである。駅番号H14電報略号ミセ

概要[編集]

1980年昭和55年)に日本国有鉄道(国鉄)初の空港連絡駅である千歳空港駅として開業した。当駅の開業は、従来、青函連絡船に接続する函館駅基点であった北海道内の鉄道輸送体系を、千歳空港連絡と札幌駅を基点とする体系に大転換させる契機となった。

1992年平成4年)に新千歳空港新旅客ターミナルが開業したことによる旧旅客ターミナルの廃止に伴い、現駅名に改称された。空港連絡の使命は、このときに開業した新千歳空港駅に譲ったものの、千歳線の本線と空港支線、石勝線の三線の結節点として道南道東方面への特急列車が全列車停車する主要駅であり、札幌都市圏南部における鉄道交通の結節点としての役割を担っている。駅北口にはバス発着設備とタクシープール、アルカディアプラザ、千歳アウトレットモール・レラがある。

歴史[編集]

利用可能な鉄道路線[編集]

  • 北海道旅客鉄道(JR北海道)

利用可能な優等列車[編集]

※この他、快速エアポート」の旭川行全便が札幌駅よりエル特急「スーパーカムイ」に変わる。

駅構造[編集]

出入口の様子
ホーム構造
  • 橋上駅舎と島式2面4線ホームを擁する地上駅で、全ての旅客列車が停車する。快速「エアポート」は早朝と深夜を除いて基本的に2・3番線へ右側通行で進入する。このため、駅進入と発車直後に大きな速度制限のポイント通過を伴うため大きく揺れる。なお、これによって、新千歳空港と苫小牧室蘭函館方面(室蘭本線)およびトマム帯広釧路方面(石勝線)相互間の利用客が同一ホーム上で対面乗り換えをすることが可能となっており、ホームには乗換客向けにガラス張りの待合室が設置されている。
    • 乗換列車への待ち時間が長い場合は、2階の待合室を利用するよう案内される場合もある。
  • 駅施設は2階に位置し、みどりの窓口(営業時間5時10分 - 0時10分)、自動券売機自動改札機キヨスクが設置されている。また1・2番ホームには駅弁売場がある。
  • 千歳空港駅だった頃は、線路に並走する国道36号を跨いて千歳空港旅客ターミナルに直結する長い連絡通路があった。新旅客ターミナル開業後、旧ターミナルビルは「NEWS」という商業施設に改装されたが、営業不振により閉鎖された。現在は旧連絡通路・旧ターミナルビルとも取り壊され、国道36号の空港敷地側に駅出入口が残るのみとなっている。
  • レンタカー各社の空港営業所は今でも当駅近傍にあり、現空港からは送迎車での移動になっている。

のりば

1 千歳線 (上り) 苫小牧東室蘭室蘭函館青森上野大阪方面
千歳線 (上り) 新千歳空港行(一部列車)
石勝線   追分夕張帯広釧路方面
2 千歳線 (下り) 千歳札幌手稲小樽旭川方面
千歳線 (上り) 新千歳空港行(一部列車)
石勝線   追分方面(一部列車)
3 千歳線 (上り) 新千歳空港行
千歳線 (下り) 千歳・札幌・手稲・小樽方面(一部列車)
4 千歳線 (下り) 千歳・札幌・手稲・小樽方面
  • 当駅を発車した新千歳空港行の列車は、駅南方にある坑口から単線トンネルに入り、勾配を下って新千歳空港駅へ向かう。通常、地下へ向かうトンネルは勾配を下り、地表下の坑口からトンネル本体に入る構造であるが、豪雪地帯の北海道でそのような構造を取ると冬季間に積雪でトンネル坑口が埋まってしまうため、下り勾配が始まる地点に坑口を設け、スノーシェルターの機能を兼ねている。
  • 前述のとおり、当初は「千歳空港駅」として開業し、旧千歳空港への空港アクセス駅であった。このため、札幌方面からの列車には特急・快速・普通とも当駅止まりが多数設定されていたほか、一部では4番線(現1番線)に到着の後、一駅沼ノ端側の美々駅まで回送の上、1番線(現4番線)に着発する扱いが行われていた。
  • 苫小牧方面行きの列車では、新千歳空港に行く乗客の誤乗防止のため、車内放送で「この列車は新千歳空港へは参りません」とアナウンスされることがある。
  • Kitacaは千歳線のみで利用可能であり、石勝線では(追分駅から室蘭本線を経由して岩見沢駅沼ノ端駅・苫小牧駅へ向かう場合を含めて)利用できない。

利用状況[編集]

北海道旅客鉄道によると、2011年度の1日平均乗車人員は1,481人である。ただし、当駅での乗換客は含めていない。

駅弁[編集]

特鮮丼

主な駅弁は下記の通り[4]

  • えぞ寿司
  • サーモン寿司
  • かにちらし
  • うに弁当
  • 噴火湾ホタテ弁当
  • 特鮮丼
  • ほっきめし
  • 北の駅弁
  • 厳選いくら弁当
  • うにいくら弁当

駅周辺[編集]

最寄駅となる主な施設[編集]

駅周辺ではないが、この駅が最寄駅となる施設。

バス[編集]

南口(国道36号沿い)

北口

  • 帯運観光・北都交通
    • 高速バス「とかちミルキーライナー」 帯広駅・十勝川温泉

隣の駅[編集]

※特急・急行列車の停車駅は各列車記事を参照のこと。

北海道旅客鉄道
千歳線
快速「エアポート」
(新千歳空港駅 (AP15) -) 南千歳駅 (H14) - 千歳駅 (H13)
普通
美々駅 (H15) - 南千歳駅 (H14) - 千歳駅 (H13)
千歳線(支線)
快速「エアポート」・普通
(千歳駅 (H13) -) 南千歳駅 (H14) - 新千歳空港駅 (AP15)
石勝線
南千歳駅 (H14) - (駒里信号場) - (西早来信号場) - 追分駅 (K15)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “千歳空港駅開業から1週間”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1980年10月8日)
  2. ^ “石勝線きょう開業”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1981年10月1日)
  3. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  4. ^ JR時刻表2010年9月号(交通新聞社刊)688ページより。