旭川空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旭川空港
Asahikawa Airport
Asahikawa-airport.jpg
IATA:AKJ-ICAO:RJEC
AKJ/RJECの位置
AKJ/RJEC

旭川空港の位置

概要
国・地域 日本の旗 日本
設置場所 北海道上川郡
東神楽町
空港種別 商業
運営者 旭川市
運営時間 8:00 - 21:00(JST)
標高 210.5 m・692 ft
位置 北緯43度40分15秒
東経142度26分51秒
座標: 北緯43度40分15秒 東経142度26分51秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
16/34 I 2,500×60 舗装
リスト
空港の一覧
上空からの旭川空港。背後にそびえる山は十勝連峰

旭川空港(あさひかわくうこう、Asahikawa Airport)は北海道旭川市及び上川郡東神楽町にまたがる空港法第4条1項5号に該当する空港として政令で定める空港である。ターミナルは東神楽町側にある。

概要[編集]

北海道第2の都市旭川市中心部から南東約16km(バスで約35分)の田園地帯に囲まれた丘陵地帯に位置する。旭川を中心とした道北経済文化観光の拠点である。空港の東側には、日本最大の国立公園である大雪山連峰と、これに続く十勝岳連峰の山々がある。

1966年に1,200m×30mの滑走路を持つ第三種空港として供用を開始。同年7月1日より定期便(日本国内航空YS-11型機)が東京 - 札幌 - 旭川線に就航。1967年6月には、さらに女満別まで延長され、同年8月には東京 - 旭川間の直行便が就航した(冬期間休航)。1970年には航空灯火などの航法装置が整備され、通年運航も可能となる。

1980年、第二種空港に格上げ。1982年7月にジェット化されて東京便が1時間40分に短縮。以降、2度の滑走路延長を行い、現在の滑走路は2,500m×60mの長さとなっている。滑走路の方向は16/34であり、滑走路全体に渡り平行誘導路を有する。着陸帯の幅は300mであり、計器着陸に対応している。計器着陸装置(ILS)は、滑走路34にカテゴリIが設置されている。

2006年に初の定期国際線となる、韓国・ソウル便が就航。近年は台湾の北海道ブームにより、2005年と2006年には300便を超える国際チャーター便が運航され、以降もなお年間150便程度が運航されている。

空港ターミナルビルは滑走路東側に1棟あり、内部を国内線・国際線で分けて使用している。ターミナルビルはボーディングブリッジ4基を備える(うち1番スポットは内際切り替えに対応)。ターミナルビルに隣接するエプロンには大型ジェット機用3バース、小型ジェット機用2バースがあり、他に小型機用エプロン5バースも有する。

年間利用客数は、国内1,013,514人、国際40,356人(2012年度)[1]

空港周囲より美瑛町にかけては大規模な丘陵地帯である。空港の南東側は「就実の丘」と呼ばれる航空機撮影や丘陵風景の撮影ポイントである。ターミナルの横にある芝生の公園「グリーンポート」からは空港が一望でき、空港が開いているときは自由に立入りができる。

沿革[編集]

1977年に撮影された、旭川空港付近の空中写真。滑走路長1,200mの頃。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 1966年 - 滑走路1200m×30mで開港。
  • 1980年 - 第二種空港(B)に指定される。
  • 1981年 - 滑走路延長工事のため、空港を一時供用中止。
  • 1982年 - 滑走路1640m×45mで空港再開。ターミナルビル供用開始。滑走路を2000mに延長。
  • 1997年 - 滑走路を2500mに延長。
  • 1998年 - 平行誘導路完成。
  • 2000年 - 現ターミナルビル供用開始。
  • 2006年 - 定期国際線(韓国・ソウル便)就航。

施設[編集]

空港ターミナルは旭川空港ビル株式会社が運営している。地上3階建て。

  • 1階 - 航空会社カウンター、到着ロビー、総合案内
  • 2階 - 国内線出発ロビー、国際線出発ロビー、ホールディングルーム、ショッピングモール、ビジネスラウンジ「空」、有料待合室
  • 3階 - 展望デッキ(無料)、展望ロビー、レストラン
  • 有料駐車場 - 約1120台

就航路線[編集]

航空会社が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便(コードシェア便)

国内線[編集]

航空会社 目的地
日本航空 (JAL) 東京国際空港大阪国際空港 (8月のみ運航)
全日本空輸 (ANA) [2] 中部国際空港関西国際空港 (6月〜9月のみ運航)
AIRDO (ADO) ・ 全日本空輸 (ANA) 東京国際空港

かつての定期就航路線

(旭川空港発)就航路線別旅客数/順位[3]
就航空港 旅客数 国内線順位
東京国際空港 約71万人 上位34位

国際線[編集]

アクセス[編集]

旭川市中心部まで約15km、富良野市まで約40km。 旭川駅までバスで約35分。

旭川電気軌道
ふらのバス
快速ラベンダー号 旭川駅 - 旭川医大 - 旭川空港 - 美瑛駅 - 富良野駅前 - 新富良野プリンスホテル

その他[編集]

  • 東神楽町のアメダス設置地点でもある。
  • 陸上自衛隊旭川駐屯地内に「旭川飛行場」と呼称される800mの滑走路がある。旭川空港開港前は民間にも供されていた。「旭川飛行場」はこちらを指す。
  • 旭川市は北海道のスキー発祥地。スキーを伝えたレルヒ大佐の銅像が駐車場の横に建っている。
  • 旭川空港の空弁には「たこまき」と「ジンむす」がある。
  • ターミナルビル2階にはJALUX全日空商事などの土産物屋が並び、北海道の有名菓子や海産物がひと通り揃っている。免税店も設けられている。かつては丸井今井も出店していたが、現在は西武百貨店の経営に変わった。土産物屋は「ロテル・ド・北倶楽部」、「ひよこのお昼ねプリン」など地元・旭川の菓子店の商品が取り扱われている。じゃがポックル花畑牧場生キャラメルなどの商品もある。
  • 空の日を記念して毎年、旭川空港まつりが行われる。その際には駐車場が無料になる。
  • 管理者の旭川市による除雪体制が充実しており、新千歳空港のように大雪で閉鎖されることがほとんどない。冬でも就航率が高く、新千歳空港閉鎖時の代替空港としても利用されることがある[要出典]
  • 利用実績が需要予測を上回っている数少ない空港の一つである[要出典]
  • 旭川空港ビル株式会社は北海道の「関与団体」として指定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “管内空港の利用状況概況集計表(平成24年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省東京航空局, http://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/statistics/pdf/riyou_h24nendo.pdf 
  2. ^ ANAウイングスの機材・乗務員で運航する便あり
  3. ^ “平成24年度航空輸送統計速報” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省総合政策局, (2013年7月18日), http://www.mlit.go.jp/common/001005182.pdf 上位50位までを記載
  4. ^ 2008年10月までは週4便、以後は週2便の定期運航だったが、乗客数減少により2009年11月6日を最後に運休。その後チャーター便扱いで12月24日から2010年2月28日まで週2便、2010年7月1日から8月29日まで週2-4便が運航。その後、2012年11月15日より週2便で再運航。
  5. ^ 旭川=上海線定期便開設のご案内 中国東方航空 2014年6月12日付
  6. ^ 关于海南航空股份有限公司申请开通北京-旭川往返客运航线的公示 民航局运输司 2014年6月11日付

外部リンク[編集]