アンドルーズ空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Andrews Field
空軍ワシントン地区隊 (AFDW)の一部
メリーランド州プリンスジョージズ郡キャンプスプリングスの近郊
And-vc25-af1-89aw.jpg
Boeing VC-25, widely known as Air Force One when the President is on board, of the 89th Airlift Wing
座標 北緯38度48分39秒 西経076度52分01秒 / 北緯38.81083度 西経76.86694度 / 38.81083; -76.86694 (Andrews Field)座標: 北緯38度48分39秒 西経076度52分01秒 / 北緯38.81083度 西経76.86694度 / 38.81083; -76.86694 (Andrews Field)
建設 1945
使用期間 1945 – present
管理者  アメリカ空軍
駐屯部隊 11th Wing.png 第11航空団
基地情報
IATA: ADWICAO: KADWFAA: ADW
概要
標高 280 ft / 85 m
ウェブサイト www.andrews.af.mil
滑走路
方向 全長 表面
ft m
01L/19R 9,300 2,835 Concrete
01R/19L 9,755 2,973 舗装/舗装
Sources: official site[1] and FAA[2]

アンドルーズ空軍基地Andrews Air Force Base)は、アメリカ合衆国メリーランド州にあるアメリカ空軍の基地。ワシントンD.C.に最も近い空軍基地であり、第89空輸航空団エアフォースワンが本拠地としているなど、大統領関連の特別機の基地である。コロンビア特別区空軍州兵も駐屯している。

概要[編集]

アメリカ陸軍航空軍基地であったものが、1945年に陸軍航空軍に寄与した軍人、フランク・マクスウェル・アンドルーズにちなんで改名された。現在では、輸送・兵站支援部隊が中心の基地であるが、コロンビア特別区空軍州兵第113航空団はF-16を装備し、防空任務にも備えている。また、ワシントンD.C.の最寄りの基地の為、アメリカ大統領専用機であるVC-25エアフォースワン)を運用する第89空輸航空団もこの基地を拠点としている。基地の運用は空軍ワシントン地区隊第316航空団の管轄である。なお、日本国政府専用機747-400)をはじめとする他国要人の専用機もこの基地を利用する。

要人利用[編集]

主要所在部隊[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Andrews Air Force Base, official site
  2. ^ FAA Airport Master Record for ADW (Form 5010 PDF), effective 2007-10-25

関連項目[編集]

外部リンク[編集]