VADS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
対空機関砲VADS-1改(M167の派生型)

VADS(Vulcan Air Defense System)は、アメリカ軍で開発された対空機関砲システムである。航空機関砲として有名なM61 バルカン・シリーズをもとにして開発された。

概要[編集]

VADSシリーズは、M61 バルカン対空砲バージョンであるM168 20mm機関砲を中核として、レーダーコンピュータなどによる射撃管制装置を組み合わせた、半自動システムである。自走式のM163と、牽引式のM167がある。M163の車体はM113装甲兵員輸送車をベースとしている。

M168は、アメリカ合衆国ゼネラル・エレクトリック社が開発したM61 バルカンの派生型である。M61は有名な航空機関砲であり、6,000または4,000発/分という発射速度を誇るが、VADSのM168では3,000または1,000発/分に低下させてある。測距レーダーと射弾計算機を組み合わせて適切なリード射撃(移動する標的までの距離を計算して未来位置に射撃し、命中させる射撃方法)が可能となっている。現在は、赤外線カメラを付加し、より正確な射撃が可能になった改良型への更新が進んでいる。

採用国[編集]

日本においては航空自衛隊が、航空基地の防空用にM167を導入し、使用している。これには新品とF-104の退役機から機関砲が再利用された中古再生品がある。有効射程1.2km。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]