曳光弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曳光弾の内部構造、赤い部分が発火体

曳光弾(えいこうだん、: Tracer ammunition)は、射撃後、飛んでいく間に発光することで軌跡がわかるようになっている弾丸のことである。軌跡を知ることで射撃中に方向を修正することができるため対空射撃などに、または航空機からの射撃で各種の合図のために使用される。欠点は発射元の位置も推測されてしまうこと、そして弾道が普通弾と異なることである。

概要[編集]

曳光弾は、発光体を内蔵した特殊な弾丸である。発射の際に発火し、射手に弾道を示すので、トレーサーとも言う。白燐マグネシウムなどの発火性物質を内蔵しており、弾丸の速さにより光が線を描くように見えるため、射手はこれを目印に射撃を行うことができる。白燐弾とは明確に異なる。

領空侵犯対応の要撃機では相手機への信号に用いられる(緑→赤の順で発射すると「貴殿は迎撃された、当方指揮下に入れ、さもなくば安全は保証しない」の意思表示になる)。

運用[編集]

自動小銃から発射される曳光弾

第一次世界大戦1914年-1918年)から使われたとされており、各国陸軍機関銃で通常弾4発に対して曳光弾1発の割合で混ぜられた。航空機用の機関銃では2-3発に1発の割合となる。

曳光弾の発光体は、花火照明弾に使われるものに近い。通常弾の末尾方向から大きくくり抜き、そこへ発光体を詰め込む形となる。アメリカ陸軍NATO軍の標準規格では、ストロンチウム塩類と金属燃料(マグネシウム過塩素酸塩の混合物)であり、これは明るい赤となる。ロシア中華人民共和国の曳光弾はバリウム塩を使用しており、緑の光となる。

通常弾と曳光弾の重さと弾道(空気力学上の運動)の違いから、曳光弾は通常弾よりも集弾密度が広く、弾道も上側を飛翔する。特に長距離射撃においては、通常弾と曳光弾の運動は決定的に異なる。曳光弾は飛翔時間の経過によって、重心位置が変化するため、弾道低落が終末部分で極端に降下する。着弾した場合の飛散状況も、質量の軽い曳光弾は、広範囲に飛散する傾向にある。曳光弾が内蔵している発光体が燃焼して気化するため、時間と共に質量が減少する。設計の改良により、幾分かは解消されたものの、現在製造されている曳光弾にもこの問題は未だに存在する。

発光体を内蔵しているため、すべての曳光弾は一種の焼夷弾となる。ただし、黄リンの割合を高くした曳光焼夷弾が特殊弾として別に存在し、その用途には効果的である。

曳光弾は射手に弾道を示す主用途の他に、弾倉の交換タイミングを教える用途(特に、ボルトがロックされないAK-47のような小火器)に使用されることがある。また、第二次世界大戦時には、ソ連空軍が航空機の機関銃にこの方式を用いた。ただしこれらの方策は、しばしば敵軍に「弾切れが近い」ということを教えてしまう危険性がある。

同じく第二次大戦時の日本軍では、航空機搭乗員の判断で、7.7mm旋回機銃に曳光弾だけを装填した事例があった。高速度の空中戦では、小口径の機銃では敵機を撃ち落とすことが難しい。そのため多数の曳光弾を撃ち出して敵機を威嚇し、追い払うことを意図したものである。

種類[編集]

曳光弾が飛び交う冬戦争時のフィンランドとソ連の国境線

明るさにより、3種類の曳光弾がある。明るい曳光弾(bright tracer)、抑制された明るさの曳光弾(subdued tracer)、薄暗い曳光弾(dim tracer)「明るい曳光弾」はもっとも一般的に使われるもので、銃口から出た直後から発光する。このため、敵に射手の位置を知らせることとなる。古い軍のことわざに「曳光弾は双方のために働く tracers work both ways」というものがある。明るい曳光弾は、大量に発射した時に暗視装置を飽和させることができる。「抑制された明るさの曳光弾」は、約30mかそれ以上から発光を始め、射手の位置を分かりにくくする。「薄暗い曳光弾」は非常にほのかに発光するが、暗視装置によってはっきりと見える。

7.62x51mm弾(NATO弾)・7.62x54mmR弾ソ連ロシア)曳光弾はおよそ800m、5.56x45mm弾(新NATO弾)・5.45x39mm弾(ソ連・ロシア)曳光弾はおよそ300m以下で燃え尽きる。

曳光弾は、一般的に通常弾4-6発に1発の割合に制限される。これは、曳光弾の発光体が銃身の中や銃口の直後で発熱を起こすことにより武器の性能を落とし、最終的には損傷を与えることを防ぐためである。

射手が正面位置から位置を察知されることを回避するため、米国特許出願(20040099173)では発火性物質の代わりにLEDとコンデンサを使用するものが考案されている。この方式の最良の特徴は、重量が変化しないため、一定の弾道を保つということである。それでも通常弾とは重さが異なるため、この方式の曳光弾とは弾道は異なることが予想される。また、LEDとコンデンサの組み合わせは、おそらく通常の曳光弾よりも長く発光すると予想される。

考え得るもう一つの解決策として、交通信号機によく見られるような格子を弾丸の後ろに付けるというものがある。これは敵の監視角度から曳光弾の光を見えなくすることができる。その代わり、弾丸の真後ろに長く細い格子を付けた場合、味方からの監視可能角度まで下げてしまう。

アメリカ軍の曳光弾[編集]

M856曳光弾弾頭63.7グレイン=4.12g)は、M16A2/3/4M4シリーズM249軽機関銃、およびその他の5.56x45mm NATO弾使用小火器で使用できる曳光弾で、約800mまで発光するように設計されている。弾頭は赤に塗られているが、M249のベルトリンクに4発に1発の割合で混入される場合にはオレンジに塗られる。

M16A1では、緊急時かつ90m以下の射程でしか使うことができない。これは、M16A1のライフリングが曳光弾を安定させるのに十分でないためである。

M16A2以降のライフリングは7インチ(約178mm)で1回転の割合になっており、M856曳光弾を安定させるのに十分である(M856曳光弾はM196曳光弾より少しだけ長い)。

M196曳光弾(弾頭55グレイン=3.56g)は、5.56mm NATO弾のもう一つの曳光弾で、訓練用に作られたものである。発光距離は約450m強。

自衛隊の曳光弾[編集]

自衛隊では89式5.56mm小銃ほか、主に口径35mm以下の火器に曳光弾がある。射撃可能な弾薬のすべてが発光剤を内蔵している火器の場合は、実質は曳光弾でありながらも、普通弾と呼ばれることがある。

陸上自衛隊が一般公開の実弾演習を行う場合、通常は曳光弾が用いられる。これは、弾丸の飛翔速度があまりにも速く視認できないため、弾道観測と演出を兼ねたものである。曳光弾を使用した実弾射撃は、陸上自衛隊と航空自衛隊による富士総合火力演習の夜間演習が最大規模である。この様子は民間業者が映像作品として市販している。

また、不審船事件の際の海上保安庁による射撃の様子も、ニュース映像として公開された。

民間の曳光弾[編集]

散弾銃の装弾に発光体を同梱するものが存在した。移動標的に対する飛跡が視認できるため、クレー射撃の技術習得に有効との見方により装弾メーカーの市場供給もあったが、火災などの危険を伴い、日本国内では法規制により使用が禁止されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]