シカゴ・ミッドウェー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シカゴ・ミッドウェー国際空港
Chicago Midway International Airport
KMDW Airport Map.png
連邦航空局・空港図
Midwayhigh.jpg
航空写真
IATA: MDWICAO: KMDWFAA: MDW
概要
空港種別 公共
運営者 シカゴ市航空局
供給都市 イリノイ州シカゴ
標高 620 ft / 189 m
座標 北緯41度47分10秒 西経087度45分09秒 / 北緯41.78611度 西経87.75250度 / 41.78611; -87.75250座標: 北緯41度47分10秒 西経087度45分09秒 / 北緯41.78611度 西経87.75250度 / 41.78611; -87.75250
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
04L/22R 5,507 1,679 舗装
04R/22L 6,446 1,965 舗装[1]
13C/31C 6,522 1,988 舗装
13L/31R 5,141 1,567 舗装
13R/31L 3,859 1,176 舗装
統計 (2008年)
離発着数 253,901
利用者数 17,340,497
貨物取扱量 14,254
出典:連邦航空局[2]と空港公式サイト[3]より

シカゴ・ミッドウェー国際空港: Chicago Midway International Airport)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにある国際空港である。同市内にあるシカゴ・オヘア国際空港よりは規模が小さいが、サウスウエスト航空ハブ空港になりつつある。ミッドウェー海戦の戦勝を祝って1949年に改名された。

歴史[編集]

就航路線[編集]

航空会社 就航地 ターミナル
エアトラン航空 アトランタ、フォートマイヤーズ [seasonal]、オーランド、サラソタ/ブラデントン A
デルタ航空 アトランタミネアポリス A & C
デルタ・コネクション
運航はAtlantic Southeast Airlines
アトランタ C
デルタ・コネクション
運航はコムエアー
デトロイト A
デルタ・コネクション
運航はCompass Airlines
ミネアポリス A
デルタ・コネクション
運航はPinnacle Airlines
アトランタデトロイト A
デルタ・コネクション
運航はシャトル・アメリカ
アトランタニューヨーク(ラガーディア) [6月13日運航終了] C
フロンティア航空 デンバー A
Porter Airlines トロント(シティ) A
サウスウエスト航空 オールバニー、アルバカーキ、オースティン、ボルチモア、バーミングハム (AL)、ボストン、バッファロー、クリーブランド、コロンバス (OH)、デンバーデトロイトフォートローダーデール、フォートマイヤーズ、ハートフォード/スプリングフィールド、ヒューストン(ホビー)、インディアナポリス、ジャクソンカンザスシティラスベガス、リトルロック、ロングアイランドロサンゼルスルイビルマンチェスターミネアポリス、ナッシュビル、ニューオーリンズ、ニューヨーク(ラガーディア)ノーフォーク、オークランド、オマハ、オンタリオ、オレンジ郡、オーランド、フィラデルフィア、フェニックスピッツバーグ、ポートランド (OR)、プロビデンス、ローリー/ダーハム、リノ/タホ、サクラメント、セントルイス、ソルトレイクシティ、サンアントニオ、サンディエゴ、サンフランシスコ、サンノゼ (CA)、シアトルタンパツーソンワシントン(ダレス) A & B

空港アクセス[編集]

  • 鉄道:シカゴ・L(CTA) のオレンジライン(Orange Line)で、シカゴダウンタウンまで約40分、2.25ドル。
  • バスシカゴ・オヘア国際空港行き連絡バスは片道16ドル(Coach USA、Omega Airport Shuttleなど)。
  • 乗合タクシー:Continental Airport Expressで、シカゴダウンタウンへ片道22ドル。
  • タクシー:シカゴダウンタウンまで、混雑していなければ20分程度、約25ドル。

脚注[編集]

  1. ^ コンクリートとアスファルトの混在舗装(World Aero Dataによる 空港情報 (KMDW)より)
  2. ^ FAA Airport Master Record for MDW (Form 5010 PDF). Retrieved March 15, 2007.
  3. ^ City of Chicago, Airport Activity Statistics, December 2008, published January 21, 2009.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]