ワシントン・ダレス国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシントン・ダレス国際空港
Washington Dulles International Airport
View of IAD from airplane a.jpg
IATA: IADICAO: KIADFAA: IAD
概要
空港種別 公共
所有者 ワシントン首都圏空港公団
供給都市 ワシントンD.C.
所在地 ヴァージニア州ダレス
拠点航空会社 ユナイテッド航空
標高 313 ft / 95 m
座標 北緯38度56分40秒 西経077度27分21秒 / 北緯38.94444度 西経77.45583度 / 38.94444; -77.45583座標: 北緯38度56分40秒 西経077度27分21秒 / 北緯38.94444度 西経77.45583度 / 38.94444; -77.45583
ウェブサイト www.mwaa.com/dulles/
地図
IADの位置(バージニア州内)
IAD
IAD
空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
1L/19R 9,400 2,865×46 舗装
1C/19C 11,500 3,505×46 舗装
1R/19L 11,500 3,505×46 舗装
12/30 10,500 3,200×46 舗装
12R/30L 10,500 3,200 計画中
Source: Federal Aviation Administration[1]

ワシントン・ダレス国際空港Washington Dulles International Airport)は、アメリカ合衆国バージニア州にある国際空港。アメリカの首都ワシントンD.C.の国際線の玄関口である。ドワイト・D・アイゼンハワー政権下で国務長官を務めたジョン・フォスター・ダレスに因んで命名された。

歴史[編集]

第二次大戦後、ワシントン首都圏の航空交通が増加したことを受け、1950年ワシントン空港法が制定され、連邦政府による首都圏第二空港の建設が認可された。ドワイト・D・アイゼンハワー大統領によって1958年に現在の土地が選定された。

1962年11月17日、ジョン・F・ケネディ大統領によって開港宣言された。当時の正式名称は「ダレス国際空港」(1984年に「ワシントン・ダレス国際空港」に改称)であった。メイン・ターミナルの設計はエーロ・サーリネンによる。

日本から初めて直行便が就航したのは、全日空が本格的な国際線進出をした1986年のことで、超長距離便としても初であることから同社の栄光の1・2便が付けられている[2]。続いて、日本航空も1991年に開始したが長くは続かず撤退。現在は全日空とユナイテッド航空がお互いコードシェア便で成田国際空港から乗り入れている。

2012年6月1日、ルフトハンザドイツ航空により世界で初めてボーイング747-8iが就航した(出発地はフランクフルト)。

ターミナル[編集]

メイン・ターミナル(外観)
メイン・ターミナル(内部)
飛行機とターミナル間を結ぶモバイル・ラウンジ

メイン・ターミナル[編集]

メイン・ターミナルは、出発階 (Departures Ticketing Level)、保安検査場階 (Security Checkpoint Level)、到着階 (Arrivals Baggage Claim Level)、地上交通階 (Ground Transportation Level) の4層からなり、すべての航空会社のチケットの発行、手荷物検査、手荷物の受け取りなどの機能を担っている。

また、メイン・ターミナルから続くZゲートには、USエアウェイズUSエアウェイズ・エキスプレスが発着する。

Zゲート[編集]

駐機場内ターミナル[編集]

2つの駐機場内ターミナルビルがあり、メイン・ターミナルに近い方はA及びBコンコースを、遠い方はC及びDコンコースを含む。1983年に完成したC及びDコンコースはユナイテッド航空のための一時的拠点として設計されたが、それらの建て直しはいまだに検討中である。Aコンコースはコミューター航空等の小型航空機用の地上レベルのゲートと、以前はBコンコースの一部として運用されていたゲートからなる。Bコンコースは、初めての恒久的な高架型の駐機場内コンコースである。メイン・ターミナルとこれらのコンコースの間は、モバイル・ラウンジで接続するほか、Bコンコースとの間には2004年に地下通路が開通している。また、2010年1月26日にはメイン・ターミナルとA、B、Cコンコースを結ぶエアロ・トレイン(AeroTrain)の一般向け運行が開始されている。

コンコースA[編集]

コンコースB[編集]

コンコースC[編集]

コンコース D[編集]

アクセス[編集]

地下鉄[編集]

ワシントンメトロシルバーラインSilver Line)が2014年7月26日に一部区間が開業し、空港最寄り駅としてウィール・レストン・イースト(Wiehle-Reston East)駅が出来た。シルバーラインはオレンジラインに乗り入れし、市内に直通する。駅と空港との間は11kmほど離れており、ワシントン・フライヤー・シルバーライン・エクスプレス(Washington Flyer Silver Line Express)のバスが約10分で結んでいる。24時間運行で、間隔は概ね15-20分毎。バス運賃は$5、地下鉄区間は行き先によって異なる[3]。2018年の空港への直結を目指して、引き続き工事が進められる[4]

路線バス[編集]

メトロバスのルート5Aが空港とワシントンD.C.市内を結んでおり、終着のワシントンメトロ・ランファン・プラザ(L'Enfant Plaza)駅までの間に、ワシントンメトロ・ロスリン(Rosslyn)駅等で停車する。運行間隔は30~40分で、運賃は$6。

自動車道[編集]

ワシントンD.Cの市街地方向にはバージニア州道267号線(Virginia State Route 267、ダラス・アクセス・ロード及びダラス・グリーンウェイ)が通じており、州間高速道路66号線(Interstate 66)に接続する。また、南北方向にはバージニア州道28号線(Virginia State Route 28)が延びる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FAA Airport Master Record for IAD (Form 5010 PDF)
  2. ^ 当初はボーイング747-200であったが、2012年9月現在はボーイング777-300ERにて運航されている。
  3. ^ [1] ワシントン・フライヤー・シルバーラインエクスプレスのホームページ
  4. ^ 米首都地下鉄に新線 時事通信 2014/7/27 16:57

関連項目[編集]

外部リンク[編集]