カタール航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタール航空
الخطوط الجوية القطرية
IATA
QR
ICAO
QTR
コールサイン
Qatari
設立 1993年11月22日
ハブ空港 ハマド国際空港
マイレージサービス Qatar Airways Privilege Club (Qmiles)
会員ラウンジ Qatar Airways First and Business Lounges
子会社
  • カタール航空機配膳会社
  • カタール航空ホリデー
  • United Media Int
  • カタール免税会社
  • カタール航空サービス
  • カタール流通会社
  • カタール・エグゼクティブ
保有機材数 65機 (200機 発注中)
就航地 84都市
スローガン World's 5-star airline
本拠地 カタールドーハ
代表者 アクバル・アル=バーキルCEO

カタール航空(カタールこうくう、アラビア語: الخطوط الجوية القطرية‎; al-khuṭūṭ al-jawwīya al-qaṭarīya, 英語: Qatar Airways)は、カタールドーハを本拠地としている国営航空会社で、ナショナル・フラッグ・キャリアである。

スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。

コードシェアも含め150都市以上の国際的な目的地へ繋がっている。カタール航空はアラブ航空会社機構の一員である。

歴史[編集]

カタール航空のエアバスA330-200型機
カタール航空のエアバスA300-600R(貨物機)

1993年11月22日に設立され、1994年1月20日に運航を開始した。当社は元々王族の一族が所有者であったが、CEOのアクバル・アル=バーキル[注釈 1] (أكبر الباكر; ’akbar al-bāker, Akbar Al Baker) による新しい経営チームによって1997年4月に新しく設立された。資本はカタール政府(50%)及び民間投資家(50%)によって所有されている。ここ10年で、毎年35%の成長率でネットワークを広げている。

2007年に行われたドバイ航空ショーにおいて、カタール石油、シェル石油エアバスロールス・ロイス、カタール・サイエンス&テクノロジー・パークの5社と提携し、天然ガス由来の燃料を開発することを決定した[1]。これが実現すれば、カタール航空が世界で最初に天然ガス由来の燃料で飛行機を飛ばす航空会社になると示唆した。炭酸ガスの排出を大幅に削減し、地球温暖化の抑制を貢献できる利点があるとしている。

2007年、同社は80機のA350や30機のボーイング787など、160億ドルにも及ぶ機材を発注した。また、今後数年で、200機以上総額300億ドルに及ぶ機材発注を行う予定。2008年12月時点で、平均機体年齢が3.2年と、世界で最も新しい機材を使用している。

2012年10月8日、ワンワールドへ加盟するとの発表。2013年9月9日ワンワールド10月30日から加盟を正式発表[2]。これを記念して、ワンワールド特別塗装をまとったB777-300ER(機体番号:A7-BAA)のお披露目も行なわれた[3]

2014年5月27日の発着便から、ドーハの発着空港をドーハ国際空港からハマド国際空港に移転した[4][5][6]

サービス[編集]

機内サービス[編集]

機内サービスの評価は国際的にも非常に高い。イギリス、スカイトラックス社による「5つ星航空会社」に認定されている7社のうちの1つ。2007年にファーストクラス「世界第1位」の称号を受賞。中東地域におけるベストキャビンクルーの称号については6年連続獲得している(2008年現在)。また、保有機就航年数も平均約4年と世界の中で最も新しい飛行機を所有・運航しており、設立以来1度も重大事故を起こしていないことから、安全性も高いと言える。

機内食は豚肉を使わないムスリム食。日本路線においては、和食、ウエスタン、アラビア料理の3つのチョイスがある。事前予約が必要な特別食も充実している。また、エコノミークラスにおいてもビールワインウイスキーウォッカブランデーなど多様なスピリッツが無料で提供される。

客室乗務員は世界100カ国以上出身の多国籍で構成されており、日本路線には日本語話者も常時2~3人程度乗務している。また、日本就航以前から日本人客室乗務員を採用しており、日本路線のみならず就航している全路線に乗務している。

地上サービス[編集]

世界初となる、ファースト・ビジネスクラス専用「プレミアム・ターミナル」を2006年にドーハ国際空港に開設していた。スパ、サウナ、ジャグジ、マッサージ、仮眠室や、最先端の会議室、ビジネス施設、保育所、ビデオゲームルーム、レストラン、デューティーフリー・ショップなども設けられている。また、ドーハ国際空港にてヨーロッパ路線に乗り継ぐファーストクラス利用者には「プレミアムターミナル」から搭乗機まで新BMWシリーズ7での送迎をしていた[7]

ハマド国際空港の開業により、サービス内容は変更されている。

その他[編集]

垂直尾翼に描かれている同社のシンボルマークは、アラビアオリックスである。機内誌は『oryx』。 米フライトスタッツ社の調べによると、定時到着率は68%[8]で低い。

マイレージサービス[編集]

同社のマイレージサービス「プリヴィレッジクラブ」は、2013年10月30日に加盟したワンワールド加盟航空会社の日本航空やアメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズなどのほか、以下の会社とも相互協定を結んでいる。

受賞歴[編集]

  • 中東ベストキャビンクルー7年連続受賞(2009年時点)
  • ファーストクラス世界第1位(2007年)
  • 中東ベストエアライン(2009年)
  • ベストエコノミークラス(2009年)

その他、エアライン・オブ・ザ・イヤーにも毎年、上位にランクインしている。

就航都市[編集]

コードシェア[編集]

ワンワールド加盟航空会社[編集]

その他[編集]

保有機材[編集]

現在の旅客機材[編集]

カタール航空の機材は以下の航空機で構成される(2014年現在)。

航空機 保有数 座席数 注釈
エアバスA319-100型機 2機
エアバスA320-200型機 31機 C12Y132
エアバスA321-200型機 10機 C12/Y165
エアバスA330-200型機 16機 C24/Y248,C24Y236
エアバスA330-300型機 13機 C30Y275
エアバスA340-600型機 4機 F8/C42/Y216
エアバスA350 XWB型機 合計80機発注中
エアバスA380型機 10機発注中
ボーイング777-200LR型機 9機 C42Y217
ボーイング777-300ER 25機 C42/Y293
ボーイング787-8型機 13機 C22Y232 合計30機発注

他に貨物部門でエアバスA330-200Fを3機とボーイング777-200Fを6機運用している。

カタール航空は5機のエアバスA380型機を発注し2機のオプション契約を行った。ロンドン路線で2009年にA380型機を使いサービスを始める計画である[18]

久しぶりにボーイング社の飛行機を導入し、シアトル - ドーハ線に使用される予定である。うち60機発注しているボーイング787のうち5機を2012年度中に導入。機内仕様は2クラス254席で、ビジネスクラスは1-2-1配列の22席でフルフラットシートを採用、エコノミークラスは3-3-3配列の232席でクレードルタイプのシートをそれぞれ採用する[19]

同社が発注したボーイング社製の航空機の顧客番号(カスタマーコード)はDZで、航空機の形式名はB777-2DZLR、B777-3DZERなどとなる。

スポンサー[編集]

2012年11月、カタール航空はFCバルセロナのスポンサーになるとともに商業スポンサーとしては史上初のユニフォーム胸スポンサーとなった[20]。なお実際の掲示は2013-14シーズンから。

注釈[編集]

  1. ^ 日本のメディアでは「アクバル・アル・バクル」「アクバル・アル・ベイカー」などと表記される。

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.qatarairways.com/global/en/newsroom/archive/press-release-14Nov07_b.html
  2. ^ カタール航空、ワンワールド正式加盟へ Aviation Wire 2013年9月9日付
  3. ^ [1]
  4. ^ Airline to officially operate out of state-of-the-art facility commencing May 27 Qatar Airways 11 May 2014
  5. ^ Qatar Airways’ Passengers to Enjoy Five-Star Experience at New World-Class Airport All Qatar Airways Flights to Operate from HIA from 09:00 on 27 May 26 May 2014 Qatar Airways 27 May 2014
  6. ^ カタール航空、拠点空港の完全移転を実施…ドーハ路線はハマド国際空港発着に Response 2014年5月27日付
  7. ^ http://www.his-j.com/kix/aircpn/qatar-air/qatar-index2.html
  8. ^ http://www.flightstats.com/go/FlightRating/flightRatingByCarrier.do?airline=QR
  9. ^ カタール航空(QR)とのコードシェアおよびマイレージ提携の終了について ANAマイレージクラブ 2014年6月25日
  10. ^ カタール航空、就航を延期していたドーハ/成都線 9月に開設 FlyTeam 2013年8月6日付
  11. ^ カタール航空、ドーハ/成都線に就航 FlyTeam 2013年9月4日付
  12. ^ カタール航空、東京/羽田〜ドーハ線に就航へ! ボーイング787型機で Traicy 2014年3月6日付
  13. ^ カタール航空、深夜早朝枠で羽田/ドーハ線就航 787で運航 FlyTeam 2014年3月6日付
  14. ^ カタール航空 羽田‐ドーハ線の就航を発表 B787ドリームライナーにて2014年6月18日より運航開始 カタール航空 3月6日ベルリン発
  15. ^ [http://www.qatarairways.com/english_global/press-release.page?pr_id=pressrelease_060314-haneda-new-route TOKYO’S HANEDA AIRPORT NAMED QATAR AIRWAYS THIRD DESTINATION IN JAPAN Qatar Airways to Commence Daily flights from Doha hub 787 Dreamliner set for the Haneda route] 06 Mar 2014
  16. ^ カタール航空、9月以降の新規3路線を発表 マニラ・クラークにも就航
  17. ^ カタール航空(QR)とのコードシェアおよびマイレージ提携の終了について ANAマイレージクラブ 2014年6月25日
  18. ^ Airliner World (2005年3月号)
  19. ^ Qatar Airways Unveils New Boeing 787 Seats At ITB Berlin
  20. ^ Qatar Airways becomes Barcelona's shirt sponsors, albawaba.com, November 17th, 2012

外部リンク[編集]