アイスランド航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスランド航空
Icelandair ehf.
IATA
FI
ICAO
ICE[1]
コールサイン
ICEAIR[1]
設立 1937年6月3日 (1937-06-03)
ハブ空港 ケプラヴィーク国際空港
マイレージサービス Saga Club
会員ラウンジ Saga Lounge
保有機材数 21機
就航地 24都市
親会社 アイスランド航空グループ
本拠地 アイスランド レイキャヴィーク
代表者 Birkir Hólm Guðnason
外部リンク http://www.icelandair.net/
ウィングレットを装着したボーイング757-200

アイスランド航空(Icelandair)はアイスランド航空会社。アイスランドの首都であるレイキャヴィーク近郊のケプラヴィーク国際空港を拠点としている。アイスランドへの乗客需要はあまり多くないが、同国がヨーロッパ北米の中間地点に位置していることから、乗り継ぎ客を重視した路線編成を行っている。日本へはチャーター便として羽田空港などへの飛来実績がある。

歴史[編集]

アイスランド航空の前身となった航空会社の一社、Flugfélag Akureyrarは、1937年、アイスランド北部の都市アークレイリを拠点として設立された。同社は後に本拠地をレイキャヴィークに移し、Flugfélag Íslandsに改名した。1945年には国際線の運航を開始、国外では当初Iceland Airwaysの名称を、後にIcelandairの名称を使用した[2]

また1944年にはLoftleiðirという別の航空会社が設立され、当初はレイキャヴィーク空港から国内線を、1947年には国際線の運航を開始した。同社は国外ではIcelandic Airlinesを名乗った。

1973年、この2社は合併してFlugleiðirとなったが、その後も運航はそれぞれの名称で行われていた。しかし1979年には運航も統一されることになり、"F"をデザインしたロゴもこのとき採用された。

1997年には子会社としてエア・アイスランド(Flugfélag Íslands)が設立され、国内線と短距離路線は同社の運航となっている。

就航路線[編集]

ヨーロッパ[編集]

北アメリカ[編集]

保有機材[編集]

かつて使用されていたボーイング727-100
かつて使用されていたDC-8-63

アイスランド航空の機材は以下の航空機で構成される(2007年2月現在):

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Designators for Aircraft Operating Agencies, Aeronautical Authorities and Services / Indicatifs des exploitants d’aéronefs et des administrations et services aéronautiques / Designadores de empresas explotadoras de aeronaves, de entidades oficiales y de servicios aeronáuticos / Условные обозначения летно-эксплуатационных агентств, авиационных полномочных органов и служб, Edition No. 156, Montréal: International Civil Aviation Organization, April 2011, p. 1-53.
  2. ^ Flugfélag Íslands tekur upp enska nafnið Icelandair”, Þjóðviljinn, 14. árgangur 22. tölublað(18 janúar 1957).

外部リンク[編集]