バルセロナ=エル・プラット空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルセロナ=エル・プラット空港
Aeroport de Barcelona
Aeropuerto de Barcelona
T1 Prat Aitor Agirregabiria.jpg
IATA: BCNICAO: LEBL
BCNの位置(スペイン内)
BCN
BCN
スペイン国内での空港位置
BCNの位置(カタルーニャ州内)
BCN
BCN
カタルーニャ州内での空港位置
概要
空港種別 公共
所有者 Aena
供給都市 バルセロナ
所在地 アル・プラ・ダ・リョブレガート
ハブ空港とする航空会社 ブエリング航空
標高 14 ft / 4 m
座標 北緯41度17分49秒 東経002度04分42秒 / 北緯41.29694度 東経2.07833度 / 41.29694; 2.07833座標: 北緯41度17分49秒 東経002度04分42秒 / 北緯41.29694度 東経2.07833度 / 41.29694; 2.07833
ウェブサイト [1]
滑走路
方向 全長 表面
m ft
07L/25R 3,552×45 10,997 舗装
07R/25L 2,660×60 8,727 舗装
02/20 2,540×45 8,335 舗装
統計 (2012)
Movements 290,004
利用者数 35,145,176
Sources: EUROCONTROL[1]
Statistics: Aena
空港内部

バルセロナ=エル・プラット空港スペイン語: Aeropuerto de Barcelona-El Prat[2][3])とは、スペインバルセロナおよびアル・プラ・ダ・リョブレガートにある国際空港である。

概要[編集]

カタルーニャ州への玄関口。ヨーロッパ圏内路線が大半を占め、大陸間路線の発着は少ない。スペインではマドリード・バラハス国際空港に次いで2番目に利用者が多い。かつてはスパンエアーが当空港を拠点としていた。ブエリング航空ライアンエアーなどの格安航空会社による積極的な乗り入れが行われており、近年利用者数は増加傾向にある。

かつては「プエンテ・アエレオ」(Puente Aéreo、「空の橋」を意味するスペイン語)と称されるマドリードとのシャトル便が頻繁運航されていたが、AVE北東回廊線の延伸開業以降は本数が減少している。

施設[編集]

ターミナルビルの設計はリカルド・ボフィルが担当している。

第1ターミナル[編集]

2009年6月より共用開始。イベリア航空系列会社(エア・ノストラム及びブエリング航空)の路線及び中長距離国際線が主に発着する。

第2ターミナル[編集]

旧ターミナルであり、A~Cの3つに分かれている。1992年のバルセロナオリンピック開催に合わせて改修されている。第1ターミナル開業後に使用料の値下げを行い、現在は主にLCCやチャーター便の発着に使われている。

空港へのアクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]