ロンドン・ガトウィック空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガトウィック空港
Gatwick South Terminal.jpg
Gatwick Airport Station 02.JPG
IATA:LGW-ICAO:EGKK
概要
国・地域 イギリスの旗 イギリス
設置場所 ロンドン
空港種別 公共
運営者 Gatwick Airport Limited
標高 62 m・202 ft
位置 北緯51度08分53.00秒
西経00度11分25.00秒
座標: 北緯51度08分53.00秒 西経00度11分25.00秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
08R/26L YES 3,159×45 舗装
08L/26R NO 2,565×45 舗装
リスト
空港の一覧

ガトウィック空港(ガトウィックくうこう、 London Gatwick Airport, IATA空港コードLGW/ICAO空港コードEGKK)はロンドン空港である。

概要[編集]

ヒースロー空港に次ぐイギリスで2番目に大きな空港である。ロンドンからおおよそ南46 km, 南海岸のリゾート都市ブライトンからはおおよそ北40 kmの、ウェスト・サセックス州クローリーに位置する。

ガトウィック空港は、滑走路が1本しかない空港としては旅客数が多く、世界中の200以上の都市から訪れる旅客、年間3,100万人以上が利用する。国際線チャーター便は基本的にヒースロー空港を利用することができないため、多くの便が当空港から発着し、混雑に拍車をかけている。また、アメリカイギリスを結ぶ路線の多くが、ヒースロー空港の発着枠割り当ての制限から当空港を利用している。

これを解消するために2本目の滑走路を建設することが提案されたが、騒音などの公害、それに移動に関する多くの問題から地元の強い反対があり、地元の議会と2019年まで2本目の滑走路を建設しないことが合意されている。なお、メインの滑走路08R/26Lに並行して存在する08L/26Rは、08R/26Lが使えないときなどのための緊急用滑走路であり、2本目の滑走路にあたるものではない。

かつてはブリティッシュ・カレドニアン航空ヴァージン・アトランティック航空レイカー航空のハブ空港とされていたほか、1990年代にロンドンに初就航を果たした全日空は、ヒースロー空港の割り当ての制限から当空港を利用していた。

歴史[編集]

ガトウィックの名は19世紀までこの地にあった荘園の名前に由来するもので、1241年までその歴史を遡ることができる。1890年に荘園は競馬場に作り変えられ、第一次世界大戦中にはグランドナショナルを数回実施したこともある。

1930年にサリー・アエロ・クラブ (Surrey Aero Club) がガトウィックで発足し、競馬場の敷地の一部を利用して離着陸が行われていた。1933年に外部の投資家が競馬場を購入し、必要な設備を全て備えた完全な空港に作り変えた。航空相によりガトウィック空港からの商業飛行が認可され、1936年ごろにはヨーロッパ大陸との定期便が運航されている。「蜂の巣」という愛称がつけられたターミナルビルが建設され、ガトウィック空港駅まで地下道が延長された。これによりヴィクトリア駅から飛行機まで天気を気にせず屋内を通って行くことができるようになった。

第二次世界大戦後にヒースロー空港とともにロンドンへの玄関口として整備され、1956年から1958年にかけて空港を一時閉鎖し、780万ポンドを投じて近代化が図られた。世界で初めて空港に直通する鉄道が整備され、待合室からボーディング・ブリッジを通って直接飛行機に乗り込めるようにターミナルビルが再設計された。

1969年1月5日、フランクフルト国際空港からガトウィック空港に着陸しようとしたアリアナ・アフガン航空701便のボーイング727が操縦ミスにより滑走路端から約2.5 kmの住宅街に墜落する事故があった。この事故で乗客乗員62名のうち48名が死亡し、さらに地上の住民2名が犠牲になった。

1986年、ガトウィック空港を保有・運営していたイギリス空港公団が民営化し、BAAとなる。

2009年3月、英国の独占禁止行政当局が、英国内の主要空港間の公正な競争を促進させるため空港の売却をBAAに命じた。これに応じ空港は12月に米投資グループのグローバル・インフラストラクチャー・パートナーズ (GIP) に15億1,000万ポンドで売却された。なお、GIPはロンドン・シティ空港も運営している。

2010年2月、GIPは一部の株をアブダビ投資庁と韓国年金基金とにそれぞれ売却した。ただし、運営権はGIPが持ち続けている。

ターミナル[編集]

管制塔を望む空港の夕焼け

この空港には北と南の2つのターミナルがあり、自動運転のモノレールで接続されている。

北ターミナル[編集]

北ターミナルの建設は1983年に開始され、1980年代の建物でロンドンの南における最大の建設プロジェクトであった。このターミナルは1988年エリザベス2世によって開業し、1991年に拡張された。さらに2005年の改修でアイランドターミナル方式のピア6がオープンした。ピア6はメイン北ターミナルと誘導路をまたぐ陸橋によって結ばれており、この陸橋から空港を一望できる。

南ターミナル[編集]

南ターミナルの主要な連絡橋は1956年から1958年にかけて建設された。1962年に連絡橋が2つ追加され、1983年にはイギリスで最初の自動運転のピープルムーバー・システムにより、メイン・ターミナルとつながった円形のサテライト・ターミナルが開業した。最初の連絡橋は1985年に広範囲にわたり改築され、ターミナル全体としては現在2回目の改築中である。

外部リンク[編集]