ブリティッシュ・カレドニアン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリティッシュ・カレドニアン航空
British Caledonian Airways
IATA
BR
ICAO
BCC
コールサイン
CALEDONIAN
設立 1970年
ハブ空港 ロンドン・ガトウィック空港プレストウィック空港
焦点空港 グラスゴーマンチェスターニューヨーク
マイレージサービス なし
航空連合 未加盟
本拠地 イギリスの旗 イギリス ロンドン

ブリティッシュ・カレドニアン航空(British Caledonian Airways、略称:BCal)は、1988年まで存在したイギリス航空会社

概要[編集]

設立[編集]

カレドニアン航空のマクドネル・ダグラスDC-7C型機

1970年に、イギリスの中規模の航空会社で国内線や近距離国際線などを運航していたブリティッシュ・ユナイテッド航空と、同じく中規模の航空会社で、国際線チャーターなどを運航していたカレドニアン航空が合併して設立された。ロンドンガトウィック空港とプレストウィック空港を拠点としていた。

拡張[編集]

BAC 1-11で国内線やヨーロッパ域内路線を中心に運航していたが、1970年代から1980年代にかけてボーイング707を導入し世界中に路線を増やし、東京ロサンゼルスリオデジャネイロリスボンなどにボーイング747マクドネル・ダグラスDC-10などのワイドボディ機も就航させ、イギリス第2の航空会社の地位を確保した。

吸収合併[編集]

1988年4月に最大のライバルであったブリティッシュ・エアウェイズに吸収合併された。その後同社の名前と垂直尾翼のマークは、ブリティッシュ・エアウェイズのチャーター便を運航する子会社の「カレドニアン航空」としてしばらくの間存在した。

2レターコードのBRは、現在は台湾のエバー航空1989年設立)が使用している。

主な機材[編集]

ブリティッシュ・カレドニアン航空のボーイング707-320型機
ブリティッシュ・カレドニアン航空のボーイング747-200型機
ブリティッシュ・カレドニアン航空のマクドネル・ダグラスDC-10型機

主な就航地[編集]

関連項目[編集]