ダラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダラス市
City of Dallas
Dallas Downtown.jpg
ダラス市のダウンタウン
Flag of Dallas.svg Seal of Dallas.svg
市旗 市章
愛称 : Big D
位置
ダラス市の位置(テキサス州)の位置図
ダラス市の位置(テキサス州)
座標 : 北緯32度46分48秒 西経96度48分00秒 / 北緯32.78000度 西経96.80000度 / 32.78000; -96.80000
歴史
合併 1856年2月2日
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  テキサス州
  ダラス郡
コリン郡
デントン郡
ロックウォール郡
カウフマン郡
 市 ダラス市
市長 マイク・ローリングス
民主党
地理
面積  
  市域 997.1 km2 (385.0 mi2)
    陸上   887.2 km2 (342.5 mi2)
    水面   110.0 km2 (42.5 mi2)
      水面面積比率     11.03%
標高 131 m (430 ft)
人口
人口 2007年現在)
  市域 1,232,940人
    人口密度   1,391.9人/km2(3,605.08人/mi2
  都市圏 6,145,037人
その他
等時帯 中部標準時 (UTC-6)
夏時間 中部夏時間 (UTC-5)
公式ウェブサイト : www.dallascityhall.com

ダラス英語: Dallas)は、アメリカ合衆国テキサス州北部にある都市。アメリカ合衆国南部有数の世界都市であり、州内ではヒューストンサンアントニオに次いで人口が多い。しかし、2000年国勢調査でフォートワースアーリントンなどを含めたダラス・フォートワース都市圏の人口は5,161,520人で全米5位、広域都市圏(合同統計地域(CSA))では5,487,956人で全米8位で、都市圏人口としてはヒューストンを凌いで州内で最も多い。エルム川とウェスト川の両河川の合流地帯に位置し、古くから交通の拠点として発展し、今日でも金融および経済の中枢として機能している。

歴史[編集]

同市の名前は第11代副大統領ジョージ・ダラスに因んで命名された。テネシー州の政治家、ジョン・ニーリー・ブライアンが入植し、一帯で栽培される綿花の集散地として発展させた。その後、1872年には南北を結ぶMKT(ミズーリ・カンザス・テキサス)鉄道、翌年にはカリフォルニアパシフィック鉄道が開通したことにより、内陸の交通要衝として発展した。

20世紀になってテキサス東部で油田が発見され、市況は大いに潤った。また同年代に航空機産業誘致に成功し、とりわけ軍用機産業が発展、中南部最大の都市としてめざましい発展を遂げた。しかし、戦後の1963年11月22日にダラスで遊説中にケネディ大統領暗殺事件が発生すると、その汚名は世界中に知れ渡ることになり、「city of hate」のレッテルを貼られてしまう。これにより市のイメージが悪化し、多くのビジネスチャンスを失うこととなり、市況は停滞した。ところが1970年に国際的な原油価格の高騰の恩恵を受け、市経済は再び活況を取り戻した。更に1975年には近郊都市のフォートワースとの間にダラス・フォートワース国際空港を建設、アメリカン航空のハブ空港として大いに機能し、拠点性を更に高めた。1980年代はアメリカ全体の不況の煽りを受けて大幅に治安も悪化するものの、1990年代からTEXAS INSTRUMENTSなどの情報、ExxonMobil(ダラス近郊に本社を置く)などの石油産業、エレクトロニクス産業を軸に復興し、今日に至る。

地理[編集]

アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積997.1km²(385.0mi²)である。このうち887.2km²(342.5mi²)が陸地で110.0km²(42.5mi²)が水地域である。総面積の11.03%が水地域となっている。これらの統計はダラス市地域だけである。

気候[編集]

ケッペンの気候区分では温暖湿潤気候(Cfa)に属する[1]。内陸部に位置するため、年間を通して気温差が激しい。夏期は高温となるが、乾燥しているため比較的過ごしやすい。しかし竜巻、そして治水が遅れているため、洪水の被害を受けやすい。一方、冬期は寒気団の南下により、氷点下となることも珍しくなく、最低気温が-10°Cを下回ることさえある。最高気温極値は44°C、最低気温極値は-17°Cである。

ダラス(1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 35
(95)
35
(95)
37
(98)
37
(99)
39
(103)
44
(112)
44
(111)
46
(115)
43
(110)
38
(100)
33
(92)
32
(89)
46
(115)
平均最高気温 °C (°F) 13.8
(56.8)
16
(60.8)
20.4
(68.7)
24.8
(76.7)
29
(84.2)
33.1
(91.6)
35.6
(96.0)
35.8
(96.4)
31.5
(88.7)
25.8
(78.5)
19.5
(67.1)
14.2
(57.5)
24.9
(76.9)
平均最低気温 °C (°F) 2.9
(37.3)
5.1
(41.1)
9.2
(48.5)
13.4
(56.2)
18.6
(65.4)
22.7
(72.8)
24.8
(76.7)
24.9
(76.8)
20.6
(69.0)
14.6
(58.2)
8.7
(47.6)
3.6
(38.5)
14.1
(57.3)
最低気温記録 °C (°F) −17
(2)
−17
(2)
−11
(12)
−2
(29)
2
(36)
9
(48)
14
(57)
13
(55)
4
(40)
−3
(26)
−9
(15)
−17
(1)
−17
(1)
降水量 mm (inch) 52.3
(2.06)
65.8
(2.59)
88.6
(3.49)
78
(3.07)
125
(4.92)
104.4
(4.11)
56.1
(2.21)
47.5
(1.87)
72.1
(2.84)
121.7
(4.79)
73.2
(2.88)
69.6
(2.74)
954.3
(37.57)
降雪量 cm (inch) 1.3
(0.5)
1.5
(0.6)
0.3
(0.1)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0.8
(0.3)
3.8
(1.5)
平均降水日数 (≥ 0.01 in) 6.7 6.5 7.8 6.6 9.5 7.9 4.8 4.5 5.4 7.6 6.7 6.8 80.8
平均降雪日数 (≥ 0.1 in) 0.5 0.4 0.2 0 0 0 0 0 0 0 0.1 0.3 1.5
平均月間日照時間 182.9 180.8 226.3 237.0 257.3 297.0 331.7 303.8 246.0 229.4 183.0 173.6 2,848.8
出典 1: アメリカ海洋大気庁[2][3]
出典 2: Hong Kong Observatory (sun, 1961–1990) [4]

人口動勢[編集]

2000年現在の国勢調査[5]で、この都市は人口1,188,580人、451,833世帯および266,581家族が暮らしている。人口密度は1,339.7/km²(3,469.9/mi²)である。545.7/km²(1,413.3/mi²)の平均的な密度に484,117軒の住宅が建っている。この都市の人種的な構成は白人50.83%、アフリカン・アメリカン25.91%、ネイティブ・アメリカン0.54%、アジア2.70%、太平洋諸島系0.05%、その他の人種17.24%および混血2.72%である。人口の35.55%はヒスパニックまたはラテン系である。平均的な世帯人数は2.58人および平均的な家族数は3.37人である。

この都市内の住民は26.6%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が11.8%、25歳以上44歳以下が35.3%、45歳以上64歳以下が17.7%および65歳以上が8.6%にわたっている。中央値年齢は30歳である。女性100人ごとに対して男性は101.6人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は100.5人である。

この都市の世帯ごとの平均的な収入は37,628米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は40,921米ドルである。男性は31,149米ドルに対して女性は28,235米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入(per capita income)は22,183米ドルである。人口の17.8%および家族の14.9%は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の25.1%および65歳以上の13.1%は貧困線以下の生活を送っている。

産業[編集]

古くから綿花の集散地として発展し、今日でも綿花取引所がある。20世紀初頭から油田開発における石油化学工業、また軍事産業が発展する。近年は通信産業の規制緩和を生かした積極的な企業誘致が行われ、情報、エレクトロニクス産業が市経済を牽引している。

代表的な企業として、アメリカン航空テキサスインスツルメンツなどがある。また、金融の拠点でもあり、全米に12ある連邦準備銀行のうちの1つが置かれている。コンビニエンスストアセブンイレブンの発祥の地としても知られる。

文化・生活[編集]

  • 古くから交易の拠点であったことから、市民は常に新しい物を採り入れる姿勢を持っている。また、建築分野においても、常に時代の最先端を走る傾向があり、ダウンタウンを彩る高層ビルのデザインも洗練されている。
  • 市民の外食に費やす金額が他の都市よりも多く、比較的グルメな街としても知られ、人口に対するレストランの数がニューヨークの2倍ともいわれる。
  • 文化的に洗練された先進的大都市ではあるが、やはりアメリカ合衆国南部(南西部)やテキサス州という立地上、その特有の思想や文化面におけるアメリカ的保守性は保たれている。
  • 都市部の拡大や郊外化、人口の増加、不法移民の流入などを起因とする治安の悪化が深刻で、デトロイトなどと並び、度々“アメリカで最も危険な都市”にランキングされる。

交通機関[編集]

空港[編集]

アメリカン航空ハブ空港。全米屈指の巨大空港である。
サウスウエスト航空の本拠地である。

これらに加え、ダラス・エグゼクティブ空港(Dallas Executive Airport 旧名:Redbird Airport)はこの都市の区域内に位置する一般的飛行場であり、アディソン空港はアディソンの郊外で都市の区域外に位置する一般的飛行場である。

鉄道[編集]

ダラス高速運輸公社(DART)とトリニティ急行電車(TRE)が周辺都市との間で運行されている。

高速道路および有料道路[編集]

  • Texas 114.svg テキサス 114(state highways are known as SH 114, etc.)
  • Texas 121.svg テキサス 121
  • Texas 161.svg テキサス 161
  • Texas 183.svg テキサス 183
  • Texas 190.svg テキサス 190(ジョージ・ブッシュ大統領有料高速道路の無料側道)
  • Texas 360.svg テキサス 360
  • Texas Loop 12.svg テキサス Loop 12
  • テキサス Spur 97(有料)
  • テキサス Spur 280
  • Texas Spur 366.svg テキサス Spur 366(Woodall Rodgers 高速道路)
  • テキサス Spur 408
  • テキサス Spur 482
  • ダラス North Tollway(有料)
  • ジョージ・ブッシュ大統領有料高速道路(有料、この側道はテキサス 190と表示されている)

スポーツ[編集]

1930年代よりプロレスリング興行が行われ、1966年よりフリッツ・フォン・エリックがプロレスリング興行を開催する。たくさんの日本人プロレスラーも試合をした。 [6] [7]

主な超高層ビル[編集]

トリニティ川のリビーからのダラス市のスカイライン
構造上の高さ
  1. バンク・オブ・アメリカ・プラザ - 921フィート(281m)
  2. ルネサンス・タワー - 886フィート(270m)
  3. バンクワン・センター - 787フィート(240m)
  4. JPモルガン・チェース・タワー - 738フィート(225m)
  5. ファウンテン・プレイス - 720フィート(219m)
屋根の高さ
  1. バンク・オブ・アメリカ・プラザ - 921フィート(281m)
  2. バンクワン・センター - 787フィート(240m)
  3. JPモルガン・チェース・タワー - 738フィート(225m)
  4. ファウンテン・プレイス - 720フィート(219m)
  5. ルネサンス・タワー - 710フィート(216m)

(ソース:[2]

姉妹都市[編集]

ダラスはSister Cities International, Inc.(SCI)によって指定された7つの姉妹都市を有している。

他にダラスは ジャマイカの旗 オーチョ・リオスジャマイカ)や 日本の旗 仙台市日本)との間で国際友好都市として交流を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ TX Dallas Love FLD”. National Oceanic & Atmospheric Administration (2013年1月). 2013年4月10日閲覧。
  3. ^ NOWData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic & Atmospheric Administration. 2013年4月10日閲覧。
  4. ^ Climatological Normals of Dallas”. Hong Kong Observatory. 2010年5月12日閲覧。
  5. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  6. ^ http://www.wrestling-titles.com/jp/us/tx/e/
  7. ^ https://en.wikipedia.org/wiki/Dallas_Sportatorium

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
観光