マイアミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイアミ
City of Miami
Miami collage 20110330.jpg
マイアミの市旗 マイアミの市章
市旗 市章
愛称 : The Magic City
位置
の位置図
座標 : 北緯25度47分16秒 西経80度13分27秒 / 北緯25.78778度 西経80.22417度 / 25.78778; -80.22417
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  フロリダ州
  マイアミ・デイド郡
 市 マイアミ
市長 TOMAS P REGALDO
(REPUBLIC)
地理
面積  
  市域 143.15 km2 (55.27 mi2)
    陸上   92.42 km2 (35.68 mi2)
    水面   50.73 km2 (19.59 mi2)
  都市圏 1万5896 km2 (6137 mi2)
標高 2 m (6 ft)
人口
人口 (2007年現在)
  市域 40万9719人
    人口密度   4433人/km2(1万1483人/mi2
  都市圏 5,413,212人
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
市外局番 305, 786
公式ウェブサイト : http://www.ci.miami.fl.us/
マイアミのダウンタウン
マイアミ・ビーチのアール・デコ地区
サウス・ビーチのナイトクラブ

マイアミ: Miami)は、アメリカ合衆国フロリダ州の主要都市で、州の南端に位置する。

概要[編集]

マイアミとその都市圏はマイアミ川英語版ビスケーン湾エバーグレーズ大西洋に囲まれた地域に位置している。同市はフロリダ州最大の人口を持つ郡であるマイアミ・デイド郡郡庁所在地、かつ最大都市。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材文化政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第29位の都市と評価されており[1]、アメリカの都市では第7位である。

一口に「マイアミ」と言ってもその範囲は広く、またその性格も多様性に富んでいる。マイアミビーチ市は世界的に有名な観光都市・保養都市であるが、マイアミ市は大規模なダウンタウンが展開する商工業都市であり、重要な港湾都市でもある。また、キューバに近いという地理的条件から、南郊のホームステッド英語版市に大規模な空軍基地を抱えるなど、軍事都市としても重要である。また、南西郊のコーラルゲーブルス英語版市は名門マイアミ大学を抱え、富裕層やリタイア層の多い高級住宅地である。一方、北西郊のハイアリア市はヒスパニック系の住民比率が全米で最も高い、貧しい地域である。

マイアミ市のみの人口は36万2470人(2000年国勢調査)にすぎないが、マイアミ・デイド郡ブロワード郡パームビーチ郡の3郡に及ぶ南フロリダ都市圏英語版の人口は5,007,988人(2000年国勢調査)で、全米でも6位の人口を抱える大都市圏である。

2012年、経済誌フォーブスは、マイアミを深刻な住宅危機や国内有数の高い犯罪率、長い通勤時間などの理由により、全米で最も惨めな都市に選んだ[2]

歴史[編集]

1896年にフロリダ東海岸鉄道の延長によって発達。古くは漁場として知られ、後に食品工業やグレープフルーツを始めとした果物類の集散地として発展したが、今日では豊富な労働力を活用したIC、コンピュータ、電子部品産業が発達して、俗にシリコンコーストとも呼ばれる最先端工業地域を形成。また、花卉類などの園芸作物、野菜栽培も盛んで、その集散地、貿易港にもなっている。

マイアミにはキューバ革命後に国外脱出したキューバ人が多く住んでおり、彼らがマイアミにもたらした変化は大きい。キューバ人以外にもマイアミは南米出身者の人口が多く、彼らが人口の5割近くを占めている。スペイン語共通語で、なかには英語を話せない人も多くいる。

郊外には冬季の寒冷な気候を避けて他の州から引っ越してきた年配者やユダヤ教徒などが多く住んでいる。

サウス・ビーチのナイトクラブは世界的に有名でセレブリティなどが近くに住んでいる。

地理[編集]

マイアミは、北緯25度47分16秒西経80度13分27秒に位置している。気候は夏は非常に暑く雨が多い。冬でも海で泳げるほど温暖で、平均気温は摂氏18度を超え、日中の最高気温は摂氏25度を上回る。ケッペンの気候区分では熱帯モンスーン気候に属する。この気候にひかれ、冬季の寒冷な気候を避けて他州から移り住む年配者も少なくない。 だが、マイアミにも寒波はやってくることがまれにあり、その時の最低気温は氷点下になることもある。

またマイアミ一帯はハリケーンが頻繁に上陸することでも知られる。特に1992年に南郊のホームステッド市にカテゴリー5のハリケーンとして上陸したハリケーン・アンドリューは、市を壊滅状態にまで追い込んだ。

マイアミ国際空港(1981−2010年、極値1895年- )の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 31
(88)
32
(89)
34
(93)
36
(96)
36
(96)
37
(98)
38
(100)
37
(98)
36
(97)
35
(95)
33
(91)
32
(89)
38
(100)
平均最高気温 °C (°F) 24.7
(76.4)
25.6
(78.1)
26.8
(80.3)
28.4
(83.2)
30.6
(87.0)
31.9
(89.5)
32.7
(90.9)
32.8
(91.0)
31.8
(89.3)
30.1
(86.2)
27.6
(81.7)
25.5
(77.9)
29.1
(84.3)
日平均気温 °C (°F) 20.1
(68.2)
21.2
(70.2)
22.6
(72.6)
24.3
(75.8)
26.6
(79.9)
28.2
(82.7)
28.9
(84.1)
29
(84.2)
28.3
(82.9)
26.6
(79.9)
23.8
(74.9)
21.4
(70.5)
25.08
(77.16)
平均最低気温 °C (°F) 15.5
(59.9)
16.8
(62.3)
18.3
(64.9)
20.2
(68.3)
22.7
(72.9)
24.4
(76.0)
25.2
(77.3)
25.2
(77.4)
24.7
(76.5)
23.1
(73.5)
20.1
(68.1)
17.2
(63.0)
21.1
(70.0)
最低気温記録 °C (°F) −2
(28)
−3
(27)
0
(32)
4
(39)
10
(50)
16
(60)
19
(66)
19
(67)
17
(62)
7
(45)
2
(36)
−1
(30)
−3
(27)
雨量 mm (inch) 41.1
(1.62)
57.2
(2.25)
76.2
(3.00)
79.8
(3.14)
135.6
(5.34)
245.6
(9.67)
165.1
(6.50)
225.6
(8.88)
250.4
(9.86)
160.8
(6.33)
83.1
(3.27)
51.8
(2.04)
1,572.3
(61.9)
平均降雨日数 (≥ 0.01 in) 6.9 6.5 7.0 6.4 10.0 16.4 16.9 18.9 17.9 12.7 8.4 7.2 135.2
 % 湿度 72.7 70.9 69.5 67.3 71.6 76.2 74.8 76.2 77.8 74.9 73.8 72.5 73.2
平均月間日照時間 219.8 216.9 277.2 293.8 301.3 288.7 308.7 288.3 262.2 260.2 220.8 216.1 3,154
日照率 66 69 75 77 72 70 73 71 71 73 68 66 71
出典: NOAA (relative humidity and sun 1961–1990),[3][4][5] The Weather Channel[6]

住民及び文化[編集]

人口動静[編集]

2000年現在の国勢調査で、この都市は人口362,470人、134,198世帯、及び83,336家族が暮らしている。人口密度は3,923.5/km²(10,160.9人/mi²) である。1,606.2/km²(4,159.7人/mi²) の平均的な密度に148,388軒の住宅が建っている。この都市の人種的な構成は白人66.62%、アフリカン・アメリカン22.31%、インディアン0.22%、アジア0.66%、太平洋諸島系0.04%、その他の人種5.42%、及び混血4.74%である。ここの人口の65.76%はヒスパニックまたはラテン系である。この都市の民族的な構成はキューバ系34.1%、アフリカン・アメリカン22.3%、ニカラグア系5.6%、ハイチ系5.0%、及びホンジュラス系3.3%である。

この都市内の住民は21.7%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が8.8%、25歳以上44歳以下が30.3%、45歳以上64歳以下が22.1%、及び65歳以上が17.0%にわたっている。中央値年齢は38歳である。女性100人ごとに対して男性は98.9人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は97.3人である。

この都市の世帯ごとの平均的な収入は23,483米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は27,225米ドルである。男性は24,090米ドルに対して女性は20,115米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入[7]は15,128米ドルである。人口の28.5%及び家族の23.5% は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の38.2%及び65歳以上の29.3%は貧困線以下の生活を送っている。

マイアミ市
危険度順位[8]
順位
1996年 7位
1997年 9位
1998年 9位
1999年 9位
2000年 14位
2001年 17位
2002年 21位
2003年 23位
2004年 19位
2005年 圏外

治安[編集]

明るい南国の保養地のイメージとは裏腹に、マイアミ・デイド郡一帯は全米でも最も犯罪発生率が高い地域のひとつである。2005年のモーガン・クイットノー社の調査では、マイアミ・デイド郡は全米で5番目に危険な都市圏である、と報告された。

この地域の犯罪率の高さの原因としては、中南米系の貧民・難民が移民として大量に流入したことによる政情不安、さらには中南米産の麻薬密輸入の拠点となっていたことなどが挙げられる。

マイアミ市自体も、かつては全米有数の犯罪都市のひとつであった。しかし、主要な交差点に「太陽マーク」と呼ばれる標識を設置し、安全なエリアに誘導するなどといった市当局の工夫もあって治安は徐々に回復、2005年には前述モーガン・クイットノー社の調査でワースト25圏外に脱出するまでになった。しかし、ダウンタウンの北に隣接するリバティ・シティやリトル・ハイチ、北西郊のハイアリア市周辺にはヒスパニック系の貧民が多く、未だに予断を許さない状況である。

観光名所[編集]

メディア[編集]

マイアミはマイアミ・ヘラルド英語版及びサウス・フロリダ・サン・センチネル英語版の二つの英語版新聞、並びにスペイン語版エル・ヌエボ・ヘラルド英語版によってサービスされている。マイアミ・ヘラルドはマイアミ及びマイアミ・デイド郡一帯に影響を与える100万以上購読されるマイアミの第一の新聞である。しかし、ここはブロワード郡モンロー郡、及び ナッソーに支局を開設している。に加え日刊マイアミ・デイド版、日刊モンロー郡版、日刊ナッソー版、及び日刊国際版が発行されている。同社はフォートローダーデール版のヘラルドも発行している。

マイアミはアメリカ合衆国内で12番目に最大なラジオ放送マーケット及び17番目のテレビジョン放送マーケットである。マイアミ地域をサービスしているテレビジョン放送局はWBFS、WBZL、WFOR、WLTV、WPLG、WPXM、WSCV、WSVN、及びWTVJが含まれる。

スポーツチーム[編集]

チーム スポーツ種別 リーグ 競技場 所在地
マイアミ・ドルフィンズ フットボール NFL サンライフ・スタジアム マイアミガーデンズ
フロリダ・パンサーズ ホッケー NHL バンクアトランティック・センター サンライズ
マイアミ・ヒート バスケットボール NBA アメリカン・エアラインズ・アリーナ マイアミ
マイアミ・マーリンズ 野球 MLB; NL マーリンズ・パーク マイアミ

カレッジフットボールボウル・チャンピオンシップ・シリーズのひとつ「オレンジボウル」はサンライフ・スタジアムで行われる。同スタジアムはスーパーボウルを5度開催している。マイアミ大学ハリケーンズも同スタジアムを本拠地としている。

マイアミを本拠地としていた現存しないチームとしては、マイアミ・フェデラルズ[25]フロリディアンズ 、マイアミ・スクリーミング・イーグルス[26]、マイアミ・シーホークス[27]マイアミ・ソル (WNBA)、マイアミ・トロス[28]、マイアミ・トライブ[29]、マイアミ・トロピックスなどがある。また、かつてメジャーリーグサッカーに所属していたマイアミ・フュージョンはブロワード郡近郊のロックハート・スタジアム英語版で試合を行っていた。

街並[編集]

マイアミの夕景
マイアミの街並

社会基盤[編集]

教育[編集]

マイアミはマイアミ・デイド郡公立学区に属する。

大学[編集]

交通機関[編集]

マイアミ国際空港アメリカン航空のハブであり、年間利用客数3500万人に達する大規模な空港である。同空港は外国人利用客数においてはニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港ロサンゼルス国際空港に次いでアメリカ合衆国第3を誇っている。同空港は国際観光都市マイアミの玄関口としてのみならず、ヨーロッパ各国・アメリカ合衆国と南米各国とを結ぶ中継地的な役割をも果たしている。

マイアミ港は全米でも重要な港のひとつである。軍港・貿易港・漁港としての役割のほか、世界最大のクルーズ観光港としての役割も果たしている。

また、マイアミ市北西部にあるアムトラックの駅には、ワシントンD.C.ニューヨークとの間を結ぶ長距離列車(シルバースター号・シルバーメテオ号)が発着する。グレイハウンドのバスターミナルは空港近くとダウンタウンの2ヶ所にあり、前者からはオーランドタンパなど州内主要都市、後者からはキー・ウェストに通ずるバスの便がそれぞれ発着している。

南フロリダ大都市圏内のフォートローダーデールウェストパームビーチへは、トライレール英語版という近郊電車がマイアミ国際空港を基点として通じている。また、マイアミ市内はメトロレール[39]という通勤電車が走っている。ダウンタウンには運賃無料の環状線鉄道であるメトロムーバー[40]も走っている。このほか、メトロバス[41]と呼ばれる路線バスがマイアミ・デイド郡一帯を縦横に走っている。メトロレール・メトロムーバー・メトロバスはいずれもマイアミ・デイド郡交通局によって運営されている。

舞台にした作品[編集]

ランキング[編集]

  • 全米で最もクリーンな街 —フォーブス誌による調査でマイアミが全米で最もクリーンな街に選ばれた。[42]
  • 全米で最も魅力的な人たちの住む街 —トラベル・アンド・レジャーマガジン誌による調査でマイアミが全米で最も魅力的な人たちが住む街に選ばれた。 [43]
  • 全米1位の肥満都市 —メンズ・フィットネス・マガジン誌による全米における肥満人口の2009年の調査で、マイアミは、全米1位の肥満都市にランクインした。[44]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook (2014年4月公表)
  2. ^ “米国で「最も惨めな」都市はマイアミ=フォーブス”. Reuters. (2012年2月6日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE81K29J20120206 2014年8月30日閲覧。 
  3. ^ NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月14日閲覧。
  4. ^ Station Name: FL MIAMI INTL AP”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2014年5月26日閲覧。
  5. ^ WMO Climate Normals for Miami, FL 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年10月31日閲覧。
  6. ^ Monthly Averages for Miami International Airport”. The Weather Channel. 2013年10月12日閲覧。
  7. ^ : per capita income
  8. ^ モーガン・クイットノー社発表
  9. ^ : Art Museum of the Louis & Florence Baloff Foundation
  10. ^ : Coconut Grove
  11. ^ http://www.nps.gov/ever/
  12. ^ : Hibiscus Island
  13. ^ : Palm Island
  14. ^ : Historical Museum of South Florida
  15. ^ : Lowe Art Museum
  16. ^ : Miami Metro Zoo
  17. ^ : Miami Art Museum
  18. ^ : Miami Seaquarium
  19. ^ : Monkey Jungle
  20. ^ : Museum of Contemporary Art/MoCa
  21. ^ : Parrot Jungle Island
  22. ^ : University of Miami
  23. ^ : Vizcaya-Miami Art Museum
  24. ^ : Vizcaya Museum &Gardens
  25. ^ : Miami Federals
  26. ^ : Miami Screaming Eagles
  27. ^ : Miami Seahawks
  28. ^ : Miami Toros
  29. ^ : Miami Tribe
  30. ^ http://www.nova.edu/
  31. ^ http://www.barry.edu/
  32. ^ : Johnson and Wales University
  33. ^ http://www.ifac.edu/
  34. ^ http://www.miami.edu/
  35. ^ : Miami-Dade College
  36. ^ : The Art Institute of Miami
  37. ^ : International Fine Arts College
  38. ^ http://mir.devry.edu/
  39. ^ : Metrorail
  40. ^ : Metromover
  41. ^ : Metrobus
  42. ^ City of Miami(英語)
  43. ^ Miami residents are most attractive in U.S(英語)
  44. ^ 2009 Fittest/Fattest Cities(英語)