ボーディング・ブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボーディング・ブリッジ (boarding bridge) とは、ターミナルビルから旅客機客船に乗客や乗員を乗降させるための設備である。パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ (PBB) 、搭乗橋(とうじょうきょう) などともいう。

空港のボーディング・ブリッジ[編集]

ボーディングブリッジ(ニュージーランドオークランド国際空港)。
広島空港の搭乗ゲート

ボーディング・ブリッジの一端はターミナルビルに取り付けられている。もう一端は車輪、もしくはレールによって移動し、各々の機種の乗降口の位置にあわせて伸縮・旋回・昇降できる構造になっている。機体に接する末端は蛇腹になっていて、機体の形状にあわせて密着する。一般に、通路部分は屋根と壁で周囲を覆われた箱型になっており、外気からは遮断されている。以前は窓が少ないものが多かったが、最近では大型ガラスを使用するなど、採光性・開放感のあるものが増えている。

通常、旅客の乗り降りはポートサイド(左舷)側前方からのみ行うため、ボーディングブリッジは航空機のポートサイド前側に1-3台配置されるが、かつてはジョン・F・ケネディ国際空港で後部ドアへのボーディングブリッジが使用されていた。この方式は、現在ではオランダ・アムステルダムにある同国最大のスキポール空港で採用されている。また、東京国際空港の第二ターミナルビルでは20時以降の到着機(ボーイング747ボーイング777ボーイング767に限る)で、60番~64番スポットに到着する一部の便において、ポートサイド側2台(B767は1台)・スターボードサイド(右舷)側に1台(通称:RPB,ライトパッセンジャーボーディングブリッジ)、最大で3台配置とされることがある。総2階建て客席を持つエアバスA380に対応し、2階部分に直接装着が可能なボーディング・ブリッジを設置している空港もある。日本では成田空港の第一ターミナル南ウイングの46番ゲート等がそれである。

港のボーディング・ブリッジ[編集]

神戸港中突堤のボーディング・ブリッジ。ふじ丸に接続中。

によっては、船舶への乗降用にボーディング・ブリッジが設置されていることがある。 基本的な仕組みや構造は空港のものと変わらないが、潮汐波浪による船体の動きに追従できる機能が付いている。

クルーズ客船や大型フェリーのような旅客船への乗降に使われているが、そのような船が頻繁に出入りする港はそう多くはない。そのため、設置数・率は空港に比べると遥かに低い。

主なボーディング・ブリッジ設置港[編集]

利点[編集]

  • 乗降時にいったん地上に降りる必要が無い。
  • 乗降に要する時間を短縮できる。
  • 屋外の天候(風雨や気温)に左右されず快適に通行できる。

バリアフリー[編集]

傾斜は生じるが、階段式のタラップに比べると段差は大幅に少なく、バリアフリーの観点からは優れているといえる。しかし、伸縮可能な構造であるため手すりが設置できない部分が生じる。傾斜や段差があるために、安全上車椅子はリフトを利用した乗降となることもある。

代替設備[編集]

タラップを使用する乗客
機体に内蔵されたタラップ (CRJ-700NG)

船体や機体の大きさや駐機位置によってはボーディング・ブリッジが使えないこともあり、その場合はタラップが使われる。また、設備が充実していない地方空港並びに格安航空会社に対応した「第2次空港(Secondary Airport)」や、大規模空港の格安航空会社専用ターミナルでは、ボーディング・ブリッジを備えていないことがある。 [1]

これは、ボーディングブリッジの設置コスト(エプロンに接した幅の広いターミナルビルと専用設備が必須)とそれを反映した利用コストがかかることに加え、出発時にプッシュバックが必要となり、運用コストも上昇するのが嫌われるためである。

また、ワシントンD.C.ダレス国際空港や、メキシコシティべニート・ファレス国際空港などでは、「モービル・ラウンジ」という、上下動が可能なバスを使いターミナルと飛行機の間を移動することもある。

事故[編集]

  • 2010年6月28日、台湾桃園国際空港のボーディング・ブリッジが突然倒壊した。原因は不明。幸いにも乗客等は周囲にいなかったため負傷者はいなかった[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]