空港コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ICAO空港コードから転送)
移動: 案内検索

空港コード(くうこうコード)は、空港ひとつひとつに付けられるコード

定める機関によって、アルファベット3文字または4文字からなる2種類がある。3文字からなるものを3レターコード(IATAコード)、4文字のものを4レターコード(ICAOコード)、などという。

IATA空港コード(3レターコード)[編集]

3レターコードは国際航空運送協会 (IATA) により定められており、世界に1万以上ある空港にコードが割り振られている。早くに開港した空港にはなるべくその名称(都市コード)にのっとった文字が割り当てられている。例として、羽田=HND、伊丹=ITMなど。主に旅客系で使われる。 また、旅行会社や航空貨物代理店などでも使われる。国際線航空券に印字されている場合もある。

欧州では、航空路線の代替交通機関として高速列車が航空会社のコードシェアを行う例があり、ブリュッセル南駅(ZYR)や、ケルン中央駅(QKL)などは、鉄道駅にも空港コードが振られている。詳細は、IATAコードを持つ鉄道駅一覧英語版を参照。

ストラスブール(XER)など、バスターミナルに空港コードが振られている例もある。

ユーロエアポート・バーゼル=ミュールーズ空港(MLH, BSL, EAP)のように、複数のコードが振られている例外もある。

IATAが定義しているコードとしてはこの他に、IATA航空会社コード(エアラインコード、2レターコードまたは3レター)、都市コード(3レター)がある。

一覧[編集]

IATA空港コードの一覧: A - B - C - D - E - F - G - H - I - J - K - L - M - N - O - P - Q - R - S - T - U - V - W - X - Y - Z

FAA空港コード(3レターコード)[編集]

アメリカ連邦航空局(FAA)が定めた3レターコード。

多くはIATA空港コードと一致しているが、ICAO空港コードの定めのないような小さな空港についてはFAA、IATA双方が独自に定めており、同じコードを使いながらも両者で違う空港(または都市)を示していることがほとんどである。その違いを認識せず混同して使用されることも多いため、注意が必要である。

FAA空港コードとIATA空港コードが異なる空港である一例。

AAA (FAA) :ローガン郡空港 – アメリカ合衆国イリノイ州リンカーン
AAA (IATA) :アナア空港 - フランス領ポリネシア

ICAO空港コード(4レターコード)[編集]

4レターコードは国際民間航空機関 (ICAO) の割り当て規則に従って国が定めるコードで、ICAOドキュメント7910に掲載される。世界の空港飛行場、管制機関等につけられており、主に航空管制などの運航系で使われる。IATAの定める3レターコードとは違い、ICAO空港コードには規則がある。4レターコードの1文字目は航空固定業務のルーティングエリア、2文字目は「国または領域」、3文字目は接続する航空固定業務中継局を表す。ただし例外も多い。

日本の空港・飛行場はRJまたはROではじまるコードが割り当てられており、沖縄県と鹿児島県与論空港はRO、それ以外はRJで始まるコードとなっている。 一般の空港・飛行場以外に自衛隊や在日米軍の飛行場にも4レターコードが割り当てられている(横田飛行場=RJTY、厚木飛行場=RJTAなど)。主要空港は下二文字が同じアルファベットになっていることが多いほか、同じ地方にある空港は3文字目が共通している(例 主要空港:羽田=RJTT、伊丹=RJOO。主要空港と同地方の空港:調布飛行場=RJTF、八尾空港=RJOY)。

一覧[編集]

ICAO空港コードの一覧: A - B - C - D - E - F - G - H - I - J - K - L - M - N - O - P - Q - R - S - T - U - V - W - X - Y - Z

関連項目[編集]

外部リンク[編集]