ウエストジェット航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウエストジェット航空
WestJet Airlines Ltd.
WestJet Logo.svg
IATA
WS
ICAO
WJA
コールサイン
WestJet
設立 1996年2月29日
ハブ空港 カルガリー国際空港
トロント・ピアソン国際空港
焦点空港 バンクーバー国際空港
エドモントン国際空港
ウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港
マイレージサービス WestJet Rewards
会員ラウンジ WestJet Lounge
保有機材数 124機(ウェストジェット・アンコール含む)
就航地 91都市
本拠地 アルバータ州 カルガリー
代表者 Gregg Saretsky(CEO

ウエストジェット航空(ウエストジェットこうくう、英:WestJet Airlines Ltd.TSXWJA)は、カナダアルバータ州カルガリーに本部を置くカナダ第2位の航空会社

概要[編集]

カナダを代表するLCCで、国内の主要都市ほとんどに就航しており、国外へもアメリカメキシコカリブ海諸国、アイルランドに運航している。

LCCではあるが、それに留まらないサービスの提供を理念に掲げ[1]、座席に液晶モニターを装備した機材では衛星放送ペイ・パー・ビューコンテンツが視聴できる。未装備機材ではタブレット端末の有料貸出を行っている[2]。また、飲物および軽食は、原則として有料で提供している。

歴史[編集]

創業期[編集]

サウスウエスト航空やモリス・エア(Morris Air)のようなLCCを目指して、クリーブ・ベドー(Clive Beddoe)とマーク・ヒル(Mark Hill)、ティム・モーガン(Tim Morgan)、ドナルド・ベル(Donald Bell)によって設立される。元々は西カナダに就航する航空会社として立ち上げられたが、世界でも特に成長の早い航空会社のひとつとなる。

1996年2月29日に、最初のフライト(ボーイング737)が飛び立つ。当初、3機のボーイング737-200と220人の従業員を抱え、カルガリー国際空港をハブとして、バンクーバーケロウナエドモントンウィニペグに就航を開始した。同年の年末にはレジャイナサスカトゥーンビクトリアへも就航するようになる。1997年にはアボッツフォードが加えられ、搭乗旅客数は100万人を突破する。

1999年にはサンダーベイグランドプレーリープリンスジョージも就航都市に加わる。2000年、東部カナダへと運航範囲を拡大し、ハミルトン国際空港を東部のハブとして、ハミルトンモンクトンオタワに就航を開始する。同年、立ち上げに参画したベドーら4人はカナダ航空業界への貢献度から「"Ernst & Young entrepreneur of the year award in Canada"」を受賞。

2000年代前半[編集]

2001年にはフォートマクマレーコモックスが加わり、その後、スーセントマリーサドバリートンプソンブランドンにも飛ぶようになる。

2002年、東部の都市であるロンドントロントが新しい就航都市としてさらに加わる。2003年4月、ウィンザーモントリオールハリファックスセントジョンズガンダーも加わえられる。

2002年の後半、エア・カナダの機密情報へ不正にアクセスしているとして、ライバルのエア・カナダより産業スパイとして告訴される。2006年5月29日、ウエストジェットはこの事実を認め、不正アクセスによる和解金500万カナダドルをエア・カナダに払い、かつエア・カナダとウェストジェットの名で1,000万カナダドルを様々な児童基金に寄付することで合意した。

2004年4月、東部のハブ空港をハミルトン国際空港からトロント・ピアソン国際空港へと移す。これによりハミルトンに飛んでいたフライトはトロントへ集約され、ドル箱路線のトロント、オタワ、モントリオール間の就航を強化した。同年、アメリカ線への就航を開始することが発表された。サンフランシスコロサンゼルスフェニックスタンパフォートローダーデールオーランドニューヨークラガーディア(LGA)がそれである。

2000年代後半[編集]

ETOPSを導入したことで、2005年9月20日、バンクーバーからハワイ諸島へ就航することを発表、同年12月にはホノルル(HNL)とマウイ島(OGG)への運航を開始した。<なお、ハワイ諸島からの復路便は深夜の夜行便となっている。また、これらの便ではハワイの各島を結んでいるgo!モクレレ航空とのコードシェア提携を行っていた。

2006年、バハマナッソーへ就航した事で、カナダとアメリカ国外へ飛ぶ国際線をスタートさせた。これは将来の国際市場参入を視野に入れた会社の重要な長期経営戦略に基づくものである。その後もカリブ海諸国への路線網は拡充されていった。

2010年代[編集]

2013年6月24日、サブブランドとしてウェストジェット・アンコール(英語版)をスタート、ボンバルディアQ400を用いたリージョナル路線に就航する。

2014年6月15日、トロントからアイルランドダブリンに就航、大西洋横断路線へ進出した[3][4]。さらに、2015年秋には同社初のワイドボディ機材となる[5]ボーイング767-300ERを導入することを発表している[6]

保有機材[編集]

ウエストジェット航空 737型機

ウエストジェットの保有している機材一覧。同社が発注したボーイング社製旅客機の顧客番号(カスタマーコード)はCTで、737-6CT、737-7CT、737-8CTと表記される。

機材 保有数 座席数 備考
ボーイング737-600 13 119
ボーイング737-700 68 136 すべての機材は座席の後ろにTVを備えている。
ボーイング737-800 29 166 すべての機材は座席の後ろにTVを備えている。
ボンバルディアダッシュ8・Q400ネクストジェン 14 78 ウエストジェット・アンコールで運航

過去の使用機材[編集]

2005年の始め、ウエストジェットはそれまで使用していたボーイング737-200をより燃費のよい新しい機材へと取り替えることを発表し、2005年7月12日には残るすべてのボーイング737-200を売却し終えたことを発表した。

就航都市[編集]

提携航空会社[編集]

2014年10月現在、以下の航空会社とコードシェア提携を結んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b JAL、ウェストジェット航空とのコードシェアを開始”. 日本航空 (2011年12月13日). 2014年10月24日閲覧。
  2. ^ ウェストジェット・アンコール便除く。
  3. ^ ウェストジェット、初の大西洋横断路線のトロント/ダブリン線に就航”. フライチーム (2014年6月17日). 2014年10月24日閲覧。
  4. ^ セントジョンズ国際空港テクニカルランディングを行っている。
  5. ^ カナダLCCのウェストジェット、自社運航のワイドボディ機を導入へ”. フライチーム (2014年7月8日). 2014年7月25日閲覧。
  6. ^ カナダLCCのウェストジェット、2015年に767-300ERを導入へ”. フライチーム (2014年8月25日). 2014年9月11日閲覧。
  7. ^ ウェストジェット、チャイナエアラインとコードシェア提携を開始”. フライチーム (2014年10月11日). 2014年10月11日閲覧。
  8. ^ カンタス航空、10月15日からウェストジェットとコードシェア提携開始”. フライチーム (2014年9月14日). 2014年10月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]