ブエリング航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブエリング・エアラインズ
Logo Vueling.svg
IATA
VY
ICAO
VLG
コールサイン
Vueling
設立 2004年
ハブ空港 バルセロナ・エル・プラット国際空港
焦点空港 マドリード・バラハス国際空港, シャルル・ド・ゴール空港パリ
マイレージサービス Punto
保有機材数 24機
親会社 イベリア航空(45.85%)[1]
本拠地 バルセロナ
代表者 Carlos Muñoz (CEO)

ブエリング航空Vueling Airlines)はバルセロナを拠点とするスペインの格安航空会社で、2004年設立。

概要[編集]

スペイン国内資本としてははじめての格安航空会社である。現在のところスペイン国内線の他、フランスイタリア方面などの路線を持っている。また、シャルル・ド・ゴール空港も準ハブとしており、同空港からはスペイン方面のみならずイタリア方面への路線も充実している。

この航空会社の特徴は、これまで格安航空会社が料金を下げるために多くとっていた「発着料金が安く混雑しにくい、郊外のアクセスが不便な空港」を発着するスタイルではなく、大手航空会社が使うような中心に近い空港(たとえばパリシャルル・ド・ゴール空港アムステルダムスキポール空港など)を使用することにある。

マイレージプログラムとして「プント」を運営している。

このブエリングの誕生により、危機感を抱いたスペインのフラッグキャリアであるイベリア航空は、同社のバルセロナ発着路線の多く(そのほとんどはブエリングと同じ路線)を子会社の格安航空会社、クリックエアーとして運航していたが、ブエリングは2009年7月9日にそのクリックエアーと合併、イベリア航空の関連会社となった[2](ただし、イベリア航空が加盟しているワンワールドのサービスは受けられない)。

保有機材[編集]

2007年12月現在[1]

VuelingのエアバスA320

就航先[編集]

事故[編集]

  • 2009年8月5日、パリ・オルリー空港からスペインのアリカンテに向かう便(エアバスA320)が、オルリー空港の誘導路を走行中、右エンジンから出火、緊急脱出の際に8人が負傷をした[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ホームページ

[編集]