インターナショナル・エアラインズ・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
International Consolidated Airlines Group, S.A.
企業形態 Sociedad Anónima
取引所 LSEIAG
BMADIAG
設立 2011年01月 (2011-01)[1]
創業者 ブリティッシュ・エアウェイズイベリア航空
本拠所在地 イギリス ロンドン(Head office)
スペイン マドリード(Registered office)
事業地域 Worldwide
代表者等 Antonio Vázquez (Chairman)
Willie Walsh(CEO)[2]
サービス Passenger air transport services
Air freight services
売上高 15.372 billion (2012)[3]
営業利益 €(23) million (2012)[3]
純利益 €(923) million (2012)[3]
従業員数 58,476 (2011 average)
子会社 ブリティッシュ・エアウェイズ
イベリア航空
ブエリング航空
IAG Cargo
ブリティッシュ・ミッドランド航空
ウェブサイト www.iairgroup.com

インターナショナル・エアラインズ・グループInternational Airlines Group)は、イギリスブリティッシュ・エアウェイズスペインイベリア航空で共同経営する航空会社。2011年1月から正式にグループが発足することとなった。

概要[編集]

IAGを構成するイベリア航空とブリティッシュ・エアウェイズ

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とイベリア航空は共に航空連合ワンワールドに加盟しているが、スターアライアンスの中心メンバーでヨーロッパ最大の航空会社であるルフトハンザドイツ航空スカイチームエールフランス‐KLMに対抗する為、統合交渉を進め2009年11月12日に基本合意[4]。グループの名称は「インターナショナル・エアラインズ・グループ」とされ、2010年4月8日に経営統合が正式決定した。統合後もBAとイベリアはそれぞれ、従来のブランドを維持する予定。

グループの登記上本社はイベリアの本社所在地であるマドリードに置かれるが、本社機能の大半はBAの本社所在地であるロンドンに置かれる予定である。また、新会社の出資比率はBAが55%、イベリアが45%とされている[5]

グループ全体で旅客機420機を保有、全世界の205都市に就航、売上高は約150億ユーロとなり、売上高は世界第3位となる[6]

グループでは統合完了から5年後の時点で年間約4億ユーロの統合効果を見込んでいるが、統合完了に際しては両社の株主及び欧州委員会の承認とBA側の年金プランについてイベリア側が同意することが条件とされている[4]

2011年1月24日にロンドン市場で株式取引が開始され、時価総額でエールフランス‐KLMを抜きルフトハンザ・ドイツ航空に迫ることとなった。[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]