ビルバオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bilbao / Bilbo

Bilbao.svg   Escudo heráldico de Bilbao.svg

Bilbao-collage.jpg
バスク自治
Bizkaikobanderea.svg ビスカヤ県
面積 40.65[1] km²
標高 19m
人口 367,890[1] 人 (2013年)
人口密度 9,100[1] 人/km²
守護聖人 Santiago el Mayor
Bilbao / Bilboの位置
Bilbao / Bilbo
スペイン内のビルバオの位置
Bilbao / Bilboの位置
Bilbao / Bilbo
ビスカヤ県内のビルバオの位置

北緯43度15分25秒 西経2度55分25秒 / 北緯43.25694度 西経2.92361度 / 43.25694; -2.92361

ビルバオスペイン語Bilbao, /bɪlˈb/, /bɪlˈbɑːəʊ/;[2] スペイン語: [bilˈβao])は、スペインバスク自治州ビスカヤ県の自治体。ビスカヤ県の県都である。バスク語ではビルボBilbo, [bilβo])。

概要[編集]

2010年の人口は353,187人で[3]バスク自治州内では第1位、スペイン全体では第10位である。ビルバオ都市圏は約100万人の人口を持ち[4][5][6]、スペイン第5位の都市化地域であるとともに、スペイン北部でもっとも人口の多い都市圏のひとつを形成している。ビルバオ都市圏が内包しているグレーター・ビルバオ(コマルカ : 郡)の人口は875,552人であり[7]る。ビルバオはスペイン北部の中央部に位置しており、大西洋ビスケー湾からネルビオン川を19km遡った位置にある。市街地は平均標高400mの山地に囲まれている[8]

1300年にディエゴ・ロペス・デ・アロ5世英語版によって建設されて以降、権力を持ったアロ家によって、エスパーニャ・ベルデ(スペイン北部沿岸地域)の商業の中心地として繁栄した。ビルバオ港からはビスカヤ地方の採石場から採掘された鉄鉱石が国外に輸出された。19世紀と20世紀初頭には激しい工業化を経験し、ビルバオはバルセロナに次いでスペインで2番目に大きな工業地域の中心地となった[9][10]。短期間の人口増加によって、隣接する自治体が次々とビルバオに併合された。

今日のビルバオは第三次産業が卓越しており、都市の象徴としてビルバオ・グッゲンハイム美術館がある[9][11][12][13]ビルバオ空港メトロ・ビルバオビルバオ・トラムなどインフラ基盤への投資が継続されており、アバンド区やデウスト区ソロサウレ地区の再開発計画が進行中である[14]。世界各地の創造都市プロジェクトの中でもっとも成功した事例のひとつとされている[15]

名称[編集]

都市の正式名称はビルバオ(Bilbao)であり、世界中の多くの言語ではビルバオとして通用しているが、バスク地方ではビルボ(Bilbo)と呼ばれる。バスク語の公式統制機関であるエウスカルツァインディアは、バスク地方にビルバオとビルボというふたつの名称が存在することを認めながら、バスク地方での歴史的な名称がビルボであるとし、公式に第一名称としてビルボを採用している[16]。ビルボという単語は古い史料には登場しないが、ウィリアム・シェークスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」ではビスカヤ産の鉄で製作された剣刀をビルボと呼んでおり、少なくとも16世紀にはビルボという単語が使用されていた可能性がある[17][18][19][20]

ビルバオという名称の由来については、専門家の間でも意見が一致していない。技師のエバリスト・チュルカは、「川と入り江」を意味するバスク語の「Bil-Ibaia-Bao」がビルバオに転じたのだと述べた[21]。一方、歴史学者のホセ・トゥッセル・ゴメスは、「美しい浅瀬」を意味する古スペイン語の「bello vado」という熟語が自然に進化したまでだと主張している[22]。また一方、作家のエステバン・カジェ・イトゥリノは、名称の由来は河口そのものでなく、かつてビルバオ河口の両岸に存在したふたつの集落にあると述べた。イトゥリノによれば、右岸(現在のカスコ・ビエホの位置)にはバスク語で「堆積物」を意味する「billa」と呼ばれる集落があり、左岸(現在のビルバオ・ラ・ビエハの位置)にはスペイン語で「霧」や「蒸気」を意味する「vaho」と呼ばれる集落があり、このふたつの集落の名称が組み合わさってビルバオという名称になったという[21]。自治体憲章とその写本で説明されているように、かつてはBilbaoではなくBilvaoやBiluaoと書かれた[23]

地理[編集]

ビルバオ市街地を流れるネルビオン川

ビルバオはイベリア半島の北端に位置しており、大西洋ビスケー湾から19km内陸にある[24]。自治体の総面積は40.65km2であり、その内訳は都市化地域が17.35km2、周辺地域が23.30km2である[25]。公式の標高は19mであり、市街地は標高6mから32mの範囲にある[26]。ビルバオはグレーター・ビルバオ(コマルカ : 郡)の核であり、周辺の自治体には、北にデリオ、エチェバリ、ガルダカオ、ロイウ、ソンディカ、サムディオが、西にアリゴリアガ、バサウリが、南にアロンソテギが、東にバラカルド、エランディオがある。ビルバオはカンタブリア山脈とピレネー山脈に挟まれており、バスク地方の玄関口に位置する[27]。自治体の最高標高地点は689mのガネタ山、次いで673mのパガサリ山であり、このふたつの山はアロンソテギとの境界に位置する[28]

水文[編集]

ネルビオン=イバイサバル水系のネルビオン川とイバイサバル川がバサウリで合流し、下流部でビルバオ河口を形成してビスケー湾に注ぐ[29]。ビルバオ河口は約15kmにわたっており、非常にゆっくりとした25m3/秒の流れとなる[30]。水系の主要な支流であるカダグア川はメナ谷に源流があり、642km2の流域面積を持つ。カダグア川は主に隣接するブルゴス県を流れ[31]、ビルバオとバラカルドの自然境界を形成している。

ネルビオン川は何度も人間活動の介入を受け、川底の浚渫などが行われた。河口部での船舶の操舵を容易にするため、1950年から1968年にはデウスト地区に側設運河としてデウスト運河が建設された[32]。建設計画は最後の400mを残して停止されたが、建設途中の運河はドックとして残すことが決定された[33]。2007年、運河の建設を再開してソロサウレ島中州)を築く計画が承認された[34]。数十年にもわたって有害廃棄物が垂れ流されていたため、ネルビオン川の水質が悪化して無酸素状態を招き、ほぼすべての動植物が死滅した[30]。しかし、近年には自然再生運動などのおかげで状況が改善しており[35]、今日では藻類、ウシノシタカニ類、水鳥などを確認することができる[36]。夏季には海水浴客も見られる[37]ビルバオ河口はビルバオ市内の区の自然境界として機能している。

気候[編集]

ビスケー湾に近いことから西岸海洋性気候(Cfb)であり、夏季でも乾燥することなく年間を通じて降水がある。年間降水量はスペインの他地域に比べて多く、これは高い緯度と大気の変動からもたらされる。一年のうち45%が雨天日、40%が曇天日である[38]。もっとも降水が多い時期は10月から4月であり、11月が降水のピークである。冬季には周囲の山々に積もる雪が見られる一方、市街地では雪が頻繁に見られることはない。みぞれはより頻発し、主に冬の数か月の期間中に、年間平均で10日ほどである[39]

海の近さははっきりとした夏と冬をもたらし、春と秋は過ごしやすい。夏季の平均最高気温は摂氏25度と26度の間であり、冬季の平均最低気温は摂氏6度と7度の間である。過去最高気温は2003年8月13日の摂氏42.2度であり、過去最低気温は1963年2月3日の摂氏マイナス8.6度である。一日最大降水量は1983年8月26日の225.6mmであり、この日にはネルビオン川が氾濫して深刻な洪水被害をもたらした[40]

ビルバオの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 13.2
(55.8)
14.5
(58.1)
15.9
(60.6)
16.8
(62.2)
20.1
(68.2)
22.6
(72.7)
25.2
(77.4)
25.5
(77.9)
24.4
(75.9)
20.8
(69.4)
16.4
(61.5)
14.0
(57.2)
19.1
(66.4)
日平均気温 °C (°F) 9.0
(48.2)
9.8
(49.6)
10.8
(51.4)
11.9
(53.4)
15.1
(59.2)
17.6
(63.7)
20.0
(68)
20.3
(68.5)
18.8
(65.8)
15.8
(60.4)
12.0
(53.6)
10.0
(50)
14.3
(57.7)
平均最低気温 °C (°F) 4.7
(40.5)
5.1
(41.2)
5.7
(42.3)
7.1
(44.8)
10.1
(50.2)
12.6
(54.7)
14.8
(58.6)
15.2
(59.4)
13.2
(55.8)
10.8
(51.4)
7.6
(45.7)
6.0
(42.8)
9.4
(48.9)
降水量 mm (inch) 126
(4.96)
97
(3.82)
94
(3.7)
124
(4.88)
90
(3.54)
64
(2.52)
62
(2.44)
82
(3.23)
74
(2.91)
121
(4.76)
141
(5.55)
116
(4.57)
1,195
(47.05)
平均降水日数 13 11 11 13 12 8 7 8 9 11 12 12 128
平均月間日照時間 86 97 128 128 160 173 188 179 157 123 93 78 1,584
出典: Agencia Estatal de Meteorología,[41] Aena[42]

歴史[編集]

1554年に彫られた版画

アブリル山やアルチャンダ山では6,000年前の埋葬場が発見されており、マルマシン山の頂上付近では紀元前3世紀から紀元前2世紀頃とされる古代の集落跡が発見されている[43][44]。ビルバオの旧集落をローマ帝国の学者プリニウスが言及した「アマヌン・ポルトゥス」、プトレマイオスが言及した「フラビオブリガ」であると主張する専門家もいる[44]

サン・アントン教会の真下からは、11世紀頃とされる古代の城壁が発見されている[44]。1300年、ビスカヤ領主だったディエゴ・ロペス・デ・アロ5世英語版によってビルバオが建設された。町としての法的な地位を得たのは1300年6月15日(バリャドリッドにて)のことだが、カスティーリャ王フェルナンド4世に認められたのは1301年1月4日(ブルゴスにて)である。700周年の節目の年である2000年には、毎年6月15日が市制施行記念日に指定された。ディエゴ・ロペスはネルビオン川右岸、現在のベゴニャの位置にビルバオを建設し、権利の編纂や後の開発の基礎を証明する特権(ログローニョの特権)を与えた[45]

ビルバオは現在のスペイン地域に築かれた最初の町のひとつである。14世紀にはビスカヤ地方の約70%の町が開発されており、ポルトゥガレテは1323年に、オンダロアは1327年に、レケイティオは1335年に、ムンヒアとララベツは1376年に建設された[46]。ビルバオはサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の途上にあったため、それにちなんでサンティアゴ教会(聖ヤコブの教会)が建設された。15世紀には町をめぐって貴族間の争いが起き、ネルビオン川が氾濫して3度の洪水被害に遭ったが、再建されると市街地は市壁を越えて成長を続けた。

1511年6月21日、カスティーリャ女王フアナはビルバオに領事館の建設を命じた。領事館はこの後何世紀にもわたり、町でもっとも影響力のある機関であり、ネルビオン川河口の管轄やインフラ改善に力を発揮した。領事館の管理下で、ビルバオ港はスペインでもっとも重要な港のひとつとなった[47]。16世紀にはメリノ種の羊毛をヨーロッパ北部へ輸出する港となり、スペイン黄金時代には北スペインでの商業・金融の中心地となった。1577年には初めてビルバオに印刷機がもたらされ、1596年にはベトラサ博士によってバスク地方初の書籍である「Doctrina Christiana en Romance y Bascuence」(ロマンス語とバスク語によるキリスト教の教義)が出版された[48]。ビスカヤ地方の政庁所在地はかつてベルメオにあったが、1602年にはビルバオが政庁所在地となった[49]。つづく数世紀には、周囲の山々において鉄鉱石資源が発見され、イギリスやオランダに鉄鉱石が輸出された。17世紀末にはスペイン黄金世紀の終焉によりスペイン全体が経済的な危機に襲われたが、ビルバオは蓄積した富で経済危機を克服した。ビルバオは18世紀にも成長を続け、都市は過密状態となった。

ルチャナの戦い

19世紀、バスク地方はカルリスタ戦争の重要な戦闘地のひとつとなり、カルリスタたちは自由主義経済都市を征服することを求めた[50]。ビルバオは1835年から1874年までの間に3度も包囲されたが、いずれも陥落には至らなかった。1836年のルチャナの戦いは重要な戦いのひとつであり、自由主義派のバルドメロ・エスパルテロ将軍がカルリスタに勝利して町を解放したF[51]。19世紀から20世紀にかけてのビルバオは戦時中でも繁栄し、バスク地方の経済の中心に浮上した。この時期にはビルバオ初の鉄道が建設(1857年)され、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)の前身であるビルバオ銀行が設立され、ビルバオ証券取引所が設立された。特にアバンド区の成長が目覚ましく、新しい通りや歩道、市庁舎、バスルト病院、アリアガ劇場などの近代的な建物が建てられた[52]。人口は劇的に増加し、1880年の11,000人から1900年には80,000人となった。この時期には社会運動が起こり、特にサビノ・アラナによってバスク民族主義運動が台頭した[53]

共和国軍によって鎮圧された小規模な反乱がビルバオで起こったことでスペイン内戦が始まった。1936年8月31日には初の爆撃を受け、翌月にはフランコ軍と提携したドイツ軍による爆撃を受けた[54]。ビルバオは防衛のために要塞化されたが、1937年5月にはフランシスコ・フランコの国民党軍によって包囲され、6月19日に陥落した。プッツ将校はネルビオン川に架かるすべての橋の破壊を命じ、第5旅団の部隊が町を略奪した[55]。内戦中にはバスク自治政府が設立され、ホセ・アントニオ・アギーレが初代レンダカリ(政府首班)となった。

1950年代のビルバオ

スペイン内戦が終結すると、ビルバオは再び産業的な発展期に戻り、人口は着実に増加した。1940年代には都市が再建され、何本かの橋が建設された。1948年にはビルバオ空港に初の民間商業機が着陸した[56]。1950年代には鉄鋼業界が復活し、住宅の需要が供給を上回ると、労働者は丘の上にスラム街を構築した[57]。この混沌とした環境で、1959年7月31日にはバスク民族主義党(PNV)の分派としてバスク祖国と自由(ETA)がビルバオに設立された[57]。フランコ独裁政権の終焉と立憲君主制への移行後、スペインの変化の過程でビルバオは民主的な選挙が復活し、バスク民族主義の影響力が増した[58]。ビルバオはビトリアよりも経済的にたくましく、バスク地方の事実上の首都だったが、1979年にはビトリアに州議会や州政府が置かれた。なお、バスク自治州には公式の州都は存在しない。1980年代にはテロリズムや国外からの安価な労働力の到来など、いくつかの要因が重なって壊滅的な産業の危機につながった[57]

産業空洞化の過程を経て、1990年代半ば以降のビルバオはインフラや都市活性化への投資を行うことで、サービス都市へと変貌を遂げた。ビルバオ・グッゲンハイム美術館の開館から変化が始まり(いわゆるグッゲンハイム効果)[13]エウスカルドゥナ国際会議場・コンサートホールの開館、サンティアゴ・カラトラバによるスビスリ橋の開通、ノーマン・フォスターによるメトロ・ビルバオの開業、ビルバオ・トラムの開業、イベルドローラ・タワーの竣工、ソロサウレの開発計画などがグッゲンハイム美術館の開館に続いた。これらの計画が適切に行われているかどうか監督するため、スペイン政府や関連自治体が共同出資したビルバオ・メトロポリ=30やビルバオ・リア2000などの団体が設置された[59][60]

政治[編集]

ビルバオの人口の変遷
年度 人口   ±%  
1900 83,306 —    
1910 93,536 +12.3%
1920 112,819 +20.6%
1930 161,987 +43.6%
1940 195,186 +20.5%
1950 229,334 +17.5%
1960 297,272 +29.6%
1970 410,490 +38.1%
1980 433,030 +5.5%
1990 372,054 −14.1%
2000 354,271 −4.8%
2010 352,700 −0.4%
2013 351,629 −0.3%

ビルバオは二元代表制の自治体である。行政府は市長、理事会、市議会で構成され[61]、市長と市議会議員(定数29)の任期は4年間である。市議会議員は政党を代表しており、配分はバスク民族主義党が15議席に加えて市長、国民党が6議席、ビルドゥが4議席、スペイン社会労働党が4議席である[62]

1999年の市長選挙ではバスク民族主義党(PNV)のイニャキ・アスクナが当選し、2003年、2007年、2011年に再選された[63]。ビルバオは2008年と2010年にトランスペアレンシー・インターナショナルの自治体賞(スペイン部門)を受賞した。2009年の同賞ではサン・クガ・デル・バリェスに次いでスペイン第2位となった[64]。2012年には市長のアスクナが世界市長賞を受賞した[65][66]が、アスクナは任期中の2014年3月20日に前立腺がんで死去した。後任の市長にはバスク民族主義党のイボン・アレソが就任した。

人口[編集]

ビルバオの人口における信頼できる統計が初めて発表されたのは1550年以降である[67]。1530年のビスカヤ地方には約65,000人が住んでいたが、1517年、1530年、1564年から1568年、1597年から1601年に疫病が都市を襲い、16世紀末の最後の流行は特に壊滅的なものだった[67]。疫病の流行は19世紀まで断続的に続いたが、その後のビルバオは工業化のおかげで飛躍的な人口増加を経験した。ピークの1982年には433,115人に達したが、チョリエリ谷の自治体がビルバオから分離独立し、ビルバオの人口は減少に転じた[68]

2009年のビルバオの人口は355,731人だが、市内で生まれたのは114,220人(32.1%)のみである。114,908人はビスカヤ県の他地域で生まれ、9,545人はバスク自治州の他地域で生まれ、85,789人はスペインの他地域で生まれ、33,537人は国外で生まれた[69]。スペインの他地域ではカスティーリャ・イ・レオン州ガリシア州の出身者が多い。ビルバオには127の異なる国籍の市民がおり、そのうち60カ国は10人以上である[70]。最大の人口を持つ外国籍コミュニティはボリビア(4,879人)とコロンビア(3,730人)である。1,000人以上の人口を持つ国籍は、ルーマニア(2,248人)、モロッコ(2,058人)、エクアドル(1,832人)、中国(1,390人)、ブラジル(1,273人)、日本(1,237人)、パラグアイ(1,204人)である[69]

地区[編集]

ビルバオは8区に分けられており、さらに35地区に分けられている。

No. 区名 地区名 面積
(km2)
人口
(2009)[71]
地図
1 デウスト アランゴイティ、イバレコランダ、サン・イグナシオ=エロリエタ、サン・ペドロ・デウスト=ラ・リベラ 4.95 51,656
デウスト
ウリバリ
オチャルコアガ=チュルディナガ
ベゴニャ
イバイオンド
アバンド
レカルデ
バスルト=ソロサ
2 ウリバリ カスタニョス、マティコ=シウダ・ハルディン、ウリバリ、スルバラン=アラベジャ 4.19 38,335
3 オチャルコアガ=チュルディナガ オチャルコアガ=チュルディナガ 3.90 28,518
4 ベゴニャ ベゴニャ、ボルエタ、サントゥチュ 1.77 43,030
5 イバイオンド アチュリ、ビルバオ・ラ・ビエホ、カスコ・ビエホ、イトゥラルデ、ラ・ペニャ、ミリビジャ、サン・アドリアン、サン・フランシスコ、ソロコエチェ、サバラ 9.65 61,029
6 アバンド アバンド、インダウチュ 2.14 51,718
7 レカルデ アメソラ、イララバリ、イトゥリゴリ=ペニャスカル、エレカルデベリ=ララスキトゥ、ウレタメンディ 6.96 47,787
8 バスルト=ソロサ アルタミラ、バスルト、オラベアガ、マスステギ=モンテ・カラメロ、ソロツァ 7.09 33,658

経済[編集]

金融業[編集]

ビルバオは古代ローマ時代からバスク地方の経済的な中心地であり、主にカスティーリャ地方で生産された産物をビルバオ港から輸出する貿易活動を行っていた。19世紀には主に鉄鉱石の採掘によって大きな発展を経験し、海運業や造船業などが促進された[72]。1857年にはビルバオ銀行が、1901年にはビスカヤ銀行がそれぞれビルバオに設立されると、1988年には両銀行が合併してビルバオ・ビスカヤ銀行となり、1999年にはアルヘンタリア銀行とも合併して今日のビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)となった。1907年には貯蓄銀行としてビルバオ市立貯蓄銀行が、1921年にはビスカヤ地方貯蓄銀行が設立されると、1990年には両銀行が合併してビルバオ・ビスカヤ・クチャ(BBK)となった[73]

1890年7月21日に設置されたビルバオ証券取引所はスペインに4か所ある証券取引所のひとつであり[74]、ビルバオの他にはバルセロナ、マドリード、バレンシアに存在する。ビルバオ証券取引所はボルサス・イ・メルカドス・エスパニョーレスが所有する流通市場である。1890年には商工会議所も設置されている[74]

サービス業[編集]

1980年代の劇的な工業危機後、ビルバオは経済基盤の再考を余儀なくされ、サービス部門で成功した都市に生まれ変わった[75]。ビルバオは多くの企業の本社があり、フォーブス誌による「世界の巨大企業150社」のうち2社、40位のビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)と122位のイベルドローラ(エネルギー関連企業)が本社を置いている[76]。2005年におけるビルバオの1人あたり国内総生産(GDP)は26,225ユーロであり、全国平均の22,152ユーロを上回っている。公式の経済年鑑によれば、もっとも強力な部門は建設業、商業、観光業である[77][78]。2009年の失業率は14.4%であり、全国平均の18.0%を下回ったが[79]、過去10年間でもっとも高い数字だった[80]

観光業[編集]

1872年、ビルバオとゲチョのラス・アレナス地区の浜辺の間に鉄道が開通した。観光都市としての兆候が生まれ、ビルバオはささやかなビーチスポットとなった[81]。それ以降は大きな変化がなく、1995年の観光客数はわずか25,000人だったが[82]、1997年にビルバオ・グッゲンハイム美術館が開館したことで観光客数が増加し、2009年には615,000人以上に達している。

ビルバオはバスク自治州全体の観光客数の31%を集めており、サン・セバスティアンを上回って自治州内でもっとも観光客の多い都市となった[82]。多くの観光客はスペイン国内から、特にマドリードカタルーニャ州から訪れる。国外からの観光客は近隣のフランスだけでなく、イギリス、ドイツ、イタリアなどからも訪れる[82]。観光産業はビスカヤ県のGDPを3億ユーロ押し上げている[82]エウスカルドゥナ国際会議場・コンサートホールやビルバオ展示場(バラカルド)などのおかげで、ビルバオはビジネス観光の魅力的な目的地でもある[83]

ビルバオ港[編集]

20世紀終盤まで使用されていたビルバオの旧来の港は、旧市街(カスコ・ビエホ)からすぐの場所に位置していた。1902年にネルビオン川河口部のサントゥルツィに外港が建設されると、1970年代には巨大港に拡張され、河岸にあったドックは現在も稼働中のソロツァにあるドックを除いて外港に移転した[84][85]。2010年時点で、ビルバオ港はスペインで5本の指に入る第一級の商業港である[86]。200以上の定期航路が世界中にある500港とビルバオを結んでいる。2009年には3,160万トンの貨物がロシア、イギリス、オランダ、北欧諸国などに運搬された[87]。2008年の第1セメスターには2,770隻の船で67,000人が移動した[88]。この流動はバスク自治州のGDPを4億1,900万ユーロ上げている[89]

鉱業・製鉄業[編集]

1526年に抽出が法的に保護されて以来、鉄鉱石はビスカヤ県でもっとも豊富な天然資源である。鉱業と製鉄業はビルバオの主要な第一次産業であり、高品質の鉄がヨーロッパ中に輸出された[90]。19世紀後半まで製鉄業は発展し続け、資源はビルバオに富をもたらした。20世紀には、ビスカヤの鉄の約90%がスペインとヨーロッパ双方の中心地に輸出された[90]第一次世界大戦時のビルバオは製鉄業の中心地だったが、それ以後には重要性が低下した。

都市景観[編集]

都市計画[編集]

旧市街を平行に走る7本の通りを映した18世紀の絵

現在はロンダ通りとなっている旧市街(カスコ・ビエホ)の旧城壁内には、ソメラ通り、アルテカジェ通り、テンデリア通りの3本の通りしかなかった。この城壁の中にはサンティアゴ・デ・コンポステラに向かう巡礼者が訪れた小規模な修道院があった。15世紀にはさらに4本の通りが建設され、サスピカレアク(7本の通り)という名で呼ばれた[91]。何度かの洪水と1569年の大火事を経験し、1571年には街の拡張を可能にするために城壁が取り壊された[92]

1861年、技師のアマド・ラサロは衛生面を考えた広い通りを含む都市改造計画を立案した。この計画はイルデフォンソ・セルダによるバルセロナの拡張計画を基にしていた[93]。ラサロの計画は質の高いものだったが、高額の費用がかかることもあり、市議会によって「非現実的で極端な計画である」として却下された。ラサロは過去300年間の統計を基にした都市人口の増加をも計算していたが、結局計画は実現しなかった[93][94]

次の大きな変化は、1876年にアバンド周辺の自治体を併合した際に起こった。建築家のセベリノ・デ・アチュカロ、技師のパブロ・デ・アルソラ(同年にビルバオ市長就任)、エルネスト・デ・ホフマイヤーらによって都市の拡大計画が策定された。ラサロの計画とは異なってアチュカロらの計画は小規模なもので、現状の1.58km2の面積を2.54km2に拡大するものだった[93]。緩やかな格子状の街区、居住地区と工業地区を分離するための公園の存在を特徴としており、中心部のグラン・ビア・デ・ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ通り沿いにはビスカヤ県庁舎、BBVAタワーなどの重要な建物が配置された。1890年代末までに都市の拡大は半分ほど完成し、拡大した地域はすでに都市化していたため、フェデリコ・ウガルテによってさらなる拡張が計画された[93]

1925年までにデウスト、ベゴニャ、エランディオの一部がビルバオと合併し、1940年にはエランディオの残りの部分も合併した。直近の合併は1966年であり、ロイウ、ソンディカ、デリオ、サムディオがビルバオと合併した。これらの合併によりビルバオの面積が拡大し、107km2となったが、デウストとベゴニャを除く自治体は1983年1月1日にビルバオから分離して独立した自治体となった[95]

2010年5月18日の世界都市サミット2010で、ビルバオは都市計画におけるプリツカー賞とされる[96]リー・クアンユー世界都市賞を受賞した[97]

建築物[編集]

ビルバオにはゴシック様式から現代様式まで様々な様式の建築物が存在する。旧市街のカスコ・ビエホには市でもっとも古いビルバオ大聖堂英語版サン・アントン教会などの建築物がある。旧市街の大部分は日中のみ歩行者専用道路となる。近隣にはビスカヤ県でもっとも重要な宗教建築物のひとつであるベゴニャ教会があり、聖母の守護聖人ベゴニャに捧げられている。

ビルバオ市内にはネルビオン川に17の橋が架けられている。もっとも有名な橋はスビスリ橋(バスク語で白い橋)であり、サンティアゴ・カラトラバがデザインした歩行者専用橋として1997年に開通した。1972年に開通した吊り橋サルベ橋(スペイン皇太子橋)は、2007年にフランス人芸術家のダニエル・ビュランによって再デザインされた[98]。1936年に開通したデウスト橋は、シカゴのミシガン・アベニュー橋をモデルとした跳開橋である[99]。1890年から1893年には、ネルビオン川の最下流部にあるポルトゥガレテゲチョの間にビスカヤ橋が架けられた。ビスカヤ橋はアルベルト・パラシオ(建築家・技師)とシルベストレ・パラシオの兄弟によって建設された世界最古の運搬橋であり、2006年には世界文化遺産に登録された。1318年以前にはサン・アントン橋が建設され、長らくネルビオン川に架けられた唯一の橋だった。幾度もの改修を経て、1870年代には完全に新しいサン・アントン橋が建設され、現在の橋は1937年に改修されたものである。

1990年代に産業の空洞化が進むと、かつての工業地区の多くはモダンな公共施設や私有施設に転換し、世界的に有名な建築家や芸術家が手掛けた建築物が建てられている。代表的な例がアバンドイバラ地区に建設されたビルバオ・グッゲンハイム美術館であり、かつてドックや木造倉庫があった土地に建てられた。アメリカの建築家フランク・ゲーリーによって設計され、1997年10月に竣工した。美術館はゲーリーの最高傑作であり[100]、世界的に見ても過去30年間でもっとも重要な建築物のひとつとされている[101]。館内にはソロモン・R・グッゲンハイム財団の現代美術コレクションが展示されている。グッゲンハイム美術館以外の例としては、1909年に建設されたアルオンディガ・ビルバオ(ワイン貯蔵庫)は、2000年代にフランス人デザイナーのフィリップ・スタルクによって完全に再デザインされて複合施設(シネマコンプレックス、フィットネスジム、図書館、多目的ホールなどを内包)となった[102][103]

グッゲンハイム美術館のみならず、日本の建築家磯崎新によるイソザキ・アテア(磯崎ゲート)、エウスカルドゥナ国際会議場・コンサートホール、アルゼンチンの建築家シーザー・ペリによるイベルドローラ・タワーイベルドローラ本社、全高165mでバスク自治州でもっとも高い建築物)、メキシコの建築家リカルド・レゴレッタによるメリア・ビルバオ(ホテル)などがある[104]。次に再開発されるのはソロサウレ地区であり、2007年にはイラク人建築家のザハ・ハディドによって基本計画が策定された。現在の地区は半島のような形をしているが、50万m2の島(中州)に変えられ、居住用・商業用ビル、ビルバオ・ビスカヤ・クチャが建設される予定である[105]

公園[編集]

独特の煙突を持つエチェバリア公園

2010年時点でビルバオ市域には18の公共公園があり、計200ヘクタールの緑地がある。また、グリーンベルトは計1,025ヘクタールに及び、そのうち119ヘクタールが都市化されている[106]。ビルバオ最大の公園はコベタス山(18.5ヘクタール)であり、次いでラレアガブル(12ヘクタール)で、両公園は郊外に位置している[107]

1907年、市中心部のアバンド区に8.5ヘクタールのドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園が開園した。リカルド・バウティダによって設計されたイギリス式庭園であり、公園の名称は土地を寄贈した地元在住女性に由来している。蔓が張った東屋の近くに噴水があり、アヒル、ガチョウ、白鳥など多くの種が生息している池があることから、地元ではアヒル公園(Parque de los Patos)という別称で知られており、近年に拡張されてアバンドイバラ地区と結ばれた。[108]。1980年には、イバイオンド区の製鉄所跡地にエチェバリア公園が建設された。製鉄所時代の煙突が産業に過去に対するオマージュとして維持されている。エチェバリア公園は18.9ヘクタールであり、旧市街を見渡せる傾斜地にある[109]。他の公共空間には、ヨーロッパ公園、ミリビジャ公園、左岸のメモリアル・ウォークウェイなどがあり、街路灯が灯された3kmにわたる遊歩道であるメモリアル・ウォークウェイは、ビルバオ市街地の主要な観光スポットとなっている[110]。グッゲンハイム美術館にも近いアバンド区にはモジュア広場があり、この広場を中心にして放射状に通りが伸びている。

市街地北方のアルチャンダ山には、市街地中心部からアルチャンダ・ケーブルカーで容易にアクセスすることができる。山頂付近にはレクリエーションエリア、レストラン、スポーツ施設、ビルバオ市街地を一望できるバルコニーなどがある。市街地南方のパガサリ山は1870年代以来ハイキングの目的地であり、2007年以降は公式に環境保護が行われている[111]

交通[編集]

以前は交通機関ごとに異なる切符を購入しなければならなかったが、1995年のメトロ・ビルバオ開業と同時にクレディトランスというトラベルカードが導入された。メトロ・ビルバオ、ビルバオ・トラムビルボバスビスカイバスバスク鉄道スペイン狭軌鉄道アルチャンダ・ケーブルカービスカヤ橋などがクレディトランスに加盟しており、1枚の乗車カードで各交通機関を利用することができる。

航空[編集]

ビルバオ空港のターミナル

ビルバオ北部にあるビルバオ空港はバスク自治州とスペイン北部でもっとも旅客数の多い空港であり、2010年の年間旅客数は約390万人だった[112][113]。ビルバオ空港はビルバオ市街地の北12kmに位置し、自治体としてはロイウとソンディカにまたがっている[114]。約15の航空会社が就航し、主要な航空会社にはイベリア航空ルフトハンザドイツ航空TAPポルトガル航空ブエリング航空エア・ヨーロッパイージージェットなどがある。旅客数の多い就航地は、マドリード=バラハス空港バルセロナ=エル・プラット空港フランクフルト空港ミュンヘン空港パリ=シャルル・ド・ゴール空港マラガ空港パルマ・デ・マリョルカ空港セビリア空港ロンドン=スタンステッド空港ランサローテ空港などである[113]。2000年にはサンティアゴ・カラトラバのデザインによる新ターミナルがオープンした。2009年にはターミナルの最大受入人数を倍増させる計画が承認され、当初は2014年完成予定だったが、世界的な経済危機によって旅客数の減少が見込まれ、完成は少なくとも2019年まで延期される予定である[115]

陸上交通[編集]

有料高速道路のAP-8号線で欧州道路網と結ばれており、同じくAP-8号線でサン・セバスティアンなどスペイン北部の他都市と、AP-68号線でログローニョサラゴサなどスペイン各地と結ばれている。

ビルボバスは43路線を運行しており、そのうち28路線は通常のバスだが、通常のバスが通行できない区間を通る7路線にはミニバスが使用される。8路線は夜間運行のバスである。近年にはその効率性とサービスの質が評価され、ビルボバスは欧州連合の賞を受賞した。ビスカイバスは100以上の路線を運行しており、ビルバオとビスカヤ県全域、さらにアラバ県の一部の地域を結んでいる。ビルバオ最大のバスターミナルはテルミバスと呼ばれ、エスタディオ・サン・マメス・バリアの近くに存在する。ビルボバスは赤色の車体と白色の文字が、ビスカイバスは黄色の車体が特徴である。

鉄道[編集]

1995年にはメトロ・ビルバオ(地下区間を有する都市鉄道)が開業し、乗客数は年間8,500万人以上である。メトロ・ビルバオはビルバオ都市圏で2路線が運行中であり、さらに数路線が建設中もしくは検討中である。メトロの2013年時点の総延長距離は43.31kmであり、地下に25駅、地上に16駅の計41駅を持つ。スペインで4番目に建設されたメトロであり、乗客数ではスペインで3番目である。建築家のノーマン・フォスターによる現代的なデザインが特徴である。

2002年にはビルバオ・トラムが開業した。メトロやセルカニアスの駅がない地区を走り、ビルバオ・グッゲンハイム美術館エスタディオ・サン・マメス・バリアなどの文化施設への足となっている。現在のビルバオ・トラムは1路線であり、アチュリ停留所とバスルトを結んでいる。路線網の拡大計画が進行中である。

ビルバオ都市圏では、セルカニアス・ビルバオバスク鉄道スペイン狭軌鉄道(FEVE)の3社が通勤鉄道を運行している。セルカニアス・ビルバオはC-1、C-2、C-3の3路線からなり、すべての路線がビルバオ市中心部にあるビルバオ=アバンド駅を起点としている。バスク鉄道はビスカヤ県ギプスコア県で計8路線を運行しており、ビルバオとギプスコア県サン・セバスティアンを結ぶ路線、ビルバオとエルムアを結ぶ路線、ビルバオとベルメオを結ぶ路線などがある。ビルバオのターミナル駅はビルバオ=アチュリ駅である。スペイン狭軌鉄道は主にスペイン北部で狭軌線を運行しており、ビルバオとカンタブリア州サンタンデールアストゥリアス州ヒホンを結ぶ路線、ビルバオとカスティーリャ・イ・レオン州レオンを結ぶ路線などがある。2017年には、バスク自治州3県の県都を結ぶ高速鉄道ネットワークであるバスクYが運行開始される予定である。バスクYは3都市を「Y」字状に結んでおり、所要時間が大幅に短縮されるとともに、将来的にはパリとマドリードを結ぶ高速鉄道線の一部となる予定である[15]

市街地にほど近いアルチャンダ山と繁華街との間に、1915年に開業したアルチャンダ・ケーブルカーが運行されている。麓駅はネルビオン川にかかるスビスリ橋のすぐ北側にあり、終日15分おきに運行されている。2005年の年間乗客数は453,000人だった。

海上交通[編集]

ビルバオ中心部からネルビオン川を下ると、約15kmの位置にビルバオ港がある。ブリタニー・フェリーはサントゥルツィとイギリスのポーツマスを結ぶフェリーを運航している。MVカップ・フィニステレもビルバオ港を出航してポーツマスに向かう便を持っている。2006年から2007年まではアクシオナ・トラスメディテラネアもポーツマス行きのフェリーを運航していた。P&Oフェリーも2010年までポーツマス行きのフェリーを運航しており、プライド・オブ・ビルバオという名称のフェリーが使用されていた。

ネルビオン川では観光クルーズ船が運航されている。ビルバオ市庁舎対岸にあるピオ・バロハ広場を起点とし、河岸のビルバオ・グッゲンハイム美術館エウスカルドゥナ国際会議場・コンサートホールスビスリ橋などを眺めながら川を下ることができる。

教育[編集]

デウスト大学

初等・中等教育[編集]

バスク地方では二言語の教育システムがあり、生徒は授業中の話し言葉と書き言葉として、バスク語スペイン語の支配率が異なるモデルA、B、C、D、Xの中から選択する可能性を持つ[116]。ビルバオの小学校はモデルD(バスク語が主でスペイン語が副)で教えられるが、中学校の生徒はモデルB(数教科はバスク語、その他はスペイン語)を好む。最終的にはバカロレア[要曖昧さ回避]の67%がモデルA(スペイン語が主、バスク語が副)を選択する[117]。英語はもっとも普及している外国語であり、大学入学前の学生の97%がオプションとしている[116]

高等教育[編集]

ビルバオには2つの大学がある。1886年にはイエズス会によってデウスト大学が設立された。現在のデウストはビルバオ市内の一地区だが、1925年以前は独立した自治体だった。1968年にはビルバオ大学が設立され、1980年にはバスク大学(UPV)と名を変えた。バスク大学はバスク自治州の3県にキャンパスを構える公立大学であり、ビスカヤ県のメインキャンパスはレイオアに所在するが、ビルバオにも工学部や経済学部などがある[118]

文化[編集]

ビルバオ美術館

ビルバオにはいくつかの劇場、コンサートホール(アリアガ劇場エウスカルドゥナ・コンサートホールなど)、映画館があり、ビルバオオペラ愛好者協会(ABAO)が定期的にオペラを主催している。1922年にはビルバオ交響楽団が設立され、2008年からはオーストリア出身のギュンター・ノイホルトが指揮者を務めている。バスク地方では合唱音楽が人気であり、定期的にコンサートが開催される。ビルバオ合唱団は1886年に設立されている。

ビルバオには美術館が2館ある。ビルバオ・グッゲンハイム美術館現代美術で知られており、ジョアン・ミロアンディー・ウォーホルルイーズ・ブルジョワなどの作品がある。ビルバオ美術館の評価も高く、エル・グレコバルトロメ・エステバン・ムリーリョフランシスコ・デ・ゴヤなど12世紀から現代のスペイン絵画や、アンソニー・ヴァン・ダイク歌川国貞ポール・ゴーギャンポール・セザンヌフランシス・ベーコンの作品などを展示している。また、旧市街のカスコ・ビエホには神学校を改装して開館したバスク博物館がある。

スペインの他都市同様に、ナイトライフも活気に満ちており、いくつかのクラブやライブハウス(カフェ・アンツォキアやビルボロックなど)などがある。1999年に公開された映画「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」では冒頭でビルバオが登場している。2006年からはビルバオ・ライブ・フェスティバルが開催されており、徐々に人気を増している[119]

フェスティバル[編集]

ビルバオでもっとも重要なフェスティバルはセマナ・グランデ(スペイン語: Semana Grande)もしくはアステ・ナグシア(バスク語 : Aste Nagusia)(英語ではビッグ・ウィークの意味)と呼ばれ、国内外から10万人以上の観客を集める。1978年に初めて開催され、毎年8月第3週の土曜日から9日間開催されている。セマナ・グランデ期間中には力比べ、無料の演奏パフォーマンス、路上パフォーマンス、闘牛、花火大会などが行われる。毎年異なる企画が催されている。

スポーツ[編集]

スペインやバスク地方の他都市と同様に、ビルバオでもっとも人気のあるスポーツはサッカーであり、次いでバスケットボールである。サッカーやバスケットボールの他には、ビルバオ近郊の山々でのハイキングロッククライミングが人気であり、ウォータースポーツではソペラナやムンダカの海岸でサーフィンが行われている。

主要なサッカークラブはアスレティック・クラブ(アスレティック・ビルバオ)である。2013年に開場したエスタディオ・サン・マメス・バリアをホームスタジアムとしている[120]。アスレティックは1928年のリーガ・エスパニョーラ創設時のメンバーであり、それ以降プリメーラ・ディビシオンからセグンダ・ディビシオンに降格したことがない[121]。リーグでは8度、コパ・デル・レイでは24度優勝している。チームカラーの赤色と白色の旗は市内の至る所で見られる。

主要なバスケットボールクラブは2000年に発足したCBビルバオ・ベリーである。ビルバオ・ベリーはACBに所属し、2010年に開場したビルバオ・アレナをホームアリーナとしている。2003-04シーズン後にACBに昇格し、2010-11シーズンにはレギュラーシーズンで2位、ポストシーズンで準優勝した。2012-13シーズンにはULEBユーロカップで準優勝した。チームカラーは黒色と銀色である。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2012年2月2日閲覧。
  2. ^ Define Bilbao”. reference.com. 2010年10月19日閲覧。
  3. ^ List of place names”. スペイン国立統計機関. 2010年10月19日閲覧。
  4. ^ Urban zones in Spain. World Gazetteer.
  5. ^ Functional area. Bilbao Metropolitan Area.
  6. ^ Proyecto Audes
  7. ^ Population by province and sex”. Basque Statistics Office (2008年12月31日). 2010年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月19日閲覧。
  8. ^ Quiroga 2001: 17
  9. ^ a b De La Puerta Rueda 1998: 73
  10. ^ Gómez Piñeiro 1979: 169
  11. ^ Mission Statement”. ビルバオ・グッゲンハイム美術館. 2010年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月7日閲覧。
  12. ^ Iglesias, Lucía (September 1998). “Bilbao: The Guggenheim effect”. The UNESCO Courier (UNESCO): 41. ISSN 0041-5278. http://unesdoc.unesco.org/images/0011/001133/113355e.pdf#113376. 
  13. ^ a b Europe needs to multiply 'Guggenheim effect' to stay attractive, Hübner tells World Investment Conference in La Baule”. Europa.eu (2008年6月5日). 2010年10月19日閲覧。
  14. ^ Proyectos de Bilbao”. El Correo. 2010年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月20日閲覧。
  15. ^ a b ビルバオ市における都市再生のチャレンジ 吉本光宏、国際交流基金「文化による都市の再生~欧州の事例から」報告書
  16. ^ Euskal Onomastikaren Datutegia” (Basque). Euskaltzaindia. 2010年10月7日閲覧。
  17. ^ Dueñas Beraiz, Germán (2001年). “La producción de armas blancas en Bilbao durante el Siglo XVI”. Gladius XXI. 2008年7月19日閲覧。
  18. ^ Shakespeare's military language. Books.google.co.uk. (2004). ISBN 9780826477774. http://books.google.com/?id=yT2YBt-iHgcC&pg=PA51&dq=bilbo+shakespeare+merry+bilbao#v=onepage&q=bilbao&f=false 2011年4月10日閲覧。. 
  19. ^ Beascoechea 1999: 138
  20. ^ Bilbo”. ブリタニカ百科事典第11版 (1911年). 2008年10月12日閲覧。
  21. ^ a b Quiroga 2001: 41
  22. ^ Tusell 2004: 22.
  23. ^ Adeliño Ortega, Charo. “Carta Puebla”. Bilbao 700. p. 6. 2008年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月18日閲覧。
  24. ^ Montero 1998: 37.
  25. ^ Superficie, población y densidad por distritos. 2007”. ビルバオ市議会 Council (2007年). 2008年7月19日閲覧。
  26. ^ Gómez Piñeiro 1979: 35
  27. ^ Gómez Piñeiro 1979: 38
  28. ^ Plano callejero de Bilbao”. ビルバオ市議会. 2010年10月7日閲覧。
  29. ^ Orive, Emma and Rallo, Ana (2002年10月). “Ríos de Bizkaia”. Diputación Foral de Bizkaia. 2008年7月24日閲覧。
  30. ^ a b Saiz Salinas, José I.. “Bioindicadores de recuperación en la Ría de Bilbao”. Eusko News. 2008年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月25日閲覧。
  31. ^ Gómez Piñeiro 1979: 77
  32. ^ Uriarte, Iñaki (2006年3月). “La ría y el canal de Deustu”. Periódico Bilbao. 2008年7月25日閲覧。
  33. ^ Santos Sabrás 1998: 60
  34. ^ Las obras de urbanización de Zorrozaurre, en Bilbao, que tendrán un coste de 291 millones de euros, comenzarán en 2010”. Deia (2007年10月5日). 2007年10月31日閲覧。 [リンク切れ]
  35. ^ Vuelve la vida a la Ría de Bilbao”. Bajo Elagua (2006年2月7日). 2008年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月25日閲覧。
  36. ^ La regeneración natural de la ría de Bilbao evita acometer su limpieza”. El País (2006年1月22日). 2008年7月25日閲覧。
  37. ^ La ría recupera los bañistas”. El Correo (2010年7月2日). 2010年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月7日閲覧。
  38. ^ Gómez Piñeiro 1979: 65
  39. ^ Gómez Piñeiro 1979: 70
  40. ^ City Council climate information”. ビルバオ市議会. 2010年10月7日閲覧。
  41. ^ Valores Climatológicos Normales. Bilbao/Aeropuerto”. AEMET. 2010年10月20日閲覧。
  42. ^ Monthly Weather Averages for Bilbao Airport”. Aena. 2010年10月20日閲覧。
  43. ^ Asociación de Periodistas de Vizcaya. “Crónica de siete siglos”. Bilbao 700. p. 24. 2008年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月17日閲覧。
  44. ^ a b c Sánchez-Beascoetxea 2006: 28
  45. ^ Tussel Gómez 2004: 19
  46. ^ Gómez Piñeiro 1979: 96
  47. ^ Tussel Gómez 2004: 26
  48. ^ Beascoechea 1999: 104
  49. ^ Un día perfecto en Bermeo y Gernika”. Bilbaoport.es. 2008年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月17日閲覧。
  50. ^ Quiroga 2001: 68
  51. ^ Sánchez-Beaskoetxea 2006: 42
  52. ^ Sánchez-Beaskoetxea 2006: 44
  53. ^ Montero, Manuel. “Crónica de siete siglos”. Bilbao 700. p. 48. 2008年10月15日閲覧。
  54. ^ Quiroga 2001: 84
  55. ^ Sánchez-Beaskoetxea 2006: 48
  56. ^ Tussel 2004: 187
  57. ^ a b c Quiroga 2001: 96
  58. ^ Tussel 2004: 194
  59. ^ Agentes del proceso de revitalización”. BM30. 2008年10月16日閲覧。
  60. ^ BILBAO Ría 2000 – ¿Qué es?”. Bilbao Ría 2000. 2008年10月15日閲覧。
  61. ^ Nature, Attributions and Organisation”. Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。[リンク切れ]
  62. ^ 2011 Election Results”. El Pais. 2012年4月4日閲覧。
  63. ^ The Mayor: Iñaki Azukuna – Biography”. Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。[リンク切れ]
  64. ^ Reconocimientos y premios 2000–2010”. Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。[リンク切れ]
  65. ^ Galarraga, Naiara (2003年1月19日). “Una legislatura de gobierno nacionalista en minoría” (Spanish). El País (Edicíones El País). http://www.elpais.com/articulo/espana/legislatura/gobierno/nacionalista/minoria/elpepiesp/20030119elpepinac_2/Tes/ 2010年8月9日閲覧。 
  66. ^ “Tensión del PNV con EA por dejarle sin las alcaldías de Azpeitia y Zumaia” (Spanish). El Diario Vasco (Sociedad Vascongada de Publicaciones, S.A.). (17 June 2007 last=Surio). http://www.diariovasco.com/prensa/20070617/politica/tension-dejarle-alcaldias-azpeitia_20070617.html 2010年8月9日閲覧。 
  67. ^ a b Gómez Piñeiro 1979: 96
  68. ^ Evolución de la Población de Bilbao 1900 – 2007”. ビルバオ市議会 (2007年). 2008年9月17日閲覧。
  69. ^ a b Población según lugar de nacimiento, sexo y edad”. ビルバオ市議会 (2009年). 2010年10月31日閲覧。
  70. ^ Inmigración extranjera en Bilbao”. ビルバオ市議会 (2007年1月1日). 2010年10月31日閲覧。
  71. ^ Territorio y climatología”. Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。
  72. ^ Bilbao.net
  73. ^ bbk 100 años”. Portal.bbk.es. 2011年4月10日閲覧。
  74. ^ a b Bilbao 700 – Capítulo VI (PDF)”. 2011年4月10日閲覧。
  75. ^ Historia de Bilbao”. Ayuntamiento de Bilbao. 2008年10月16日閲覧。[リンク切れ]
  76. ^ Del Moral, José (2008年8月22日). “BBVA, Iberdrola y Gamesa son las mayores empresas vascas, según Forbes”. cybereuskadi.com. 2008年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月16日閲覧。
  77. ^ Anuario Socioeconómico de Bilbao 2006”. Lan Ekintza. 2010年10月20日閲覧。
  78. ^ El PIB de Bilbao supuso en 2006 la mitad del valor total de Euskadi”. Deia (2007年12月18日). 2008年10月16日閲覧。 [リンク切れ]
  79. ^ 4.2 Tasas de paro por sexo y grupo de edad”. INE. 2010年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月9日閲覧。
  80. ^ Empleo”. Bilbao City Council (2009年). 2010年10月20日閲覧。
  81. ^ Montero, Manuel (2005). p. 97.
  82. ^ a b c d El Correo: “Bilbao ya no es sólo una ciudad de paso” (2010年10月1日). 2010年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月18日閲覧。
  83. ^ Etxebarria, Elvira. “En posición privilegiada”. Bilbao 700. p. 236. 2008年10月16日閲覧。
  84. ^ Corres Abásolo, José Ángel. “El Puerto: Desde San Antón al Abra”. Bilbao 700. p. 212. 2008年10月16日閲覧。
  85. ^ El Puerto abandonó ayer el Canal de Deusto tras 38 años de actividad comercial”. Deia (2006年2月8日). 2007年10月31日閲覧。 [リンク切れ]
  86. ^ Preguntas frecuentes”. Puerto de Bilbao. 2008年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月16日閲覧。
  87. ^ Port of Bilbao throughput stood at 31.6 million tonnes in 2009”. Puerto de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。
  88. ^ Estadísticas generales”. Puerto de Bilbao. 2008年10月16日閲覧。
  89. ^ Economical impact”. Puerto de Bilbao. 2008年10月16日閲覧。
  90. ^ a b Diez Alday, José Antonio. “Bessemer cambió la historia”. Bilbao 700. 2008年10月16日閲覧。
  91. ^ Tusell 2004: 19
  92. ^ Arizaga Balumburu, Beatriz and Martínez Martínez, Sergio. “El espacio público de la villa de Bilbao”. euskomedia.org. 2008年9月17日閲覧。
  93. ^ a b c d Bilbao (Urbanismo, siglos XIX y XX)”. euskomedia.org. 2010年10月8日閲覧。
  94. ^ Montero 2000: 45
  95. ^ BOE del País Vasco”. バスク自治州政府. 2014年4月17日閲覧。
  96. ^ Medalla de oro, certificado y 176.000 euros de premio”. El Correo. 2010年12月9日閲覧。
  97. ^ Bilbao City Hall tops 78 nominations to clinch the inaugural Lee Kuan Yew World City Prize”. Lee Kuan Yew World City Prize. 2010年12月9日閲覧。
  98. ^ Red Arches”. Guggenheim Bilbao (2006年10月20日). 2010年11月10日閲覧。
  99. ^ “El puente de Deusto afronta su primera reforma integral tras 70 años de servicio”. Deia. (2008年4月23日). http://www2.deia.com/es/impresa/2008/04/23/bizkaia/herrialdeak/461574.php 2010年11月10日閲覧。 
  100. ^ Parr, Linda (2007年). “Perfect Space”. Artists & Illustrators. http://www.lynnparr.co.uk/articles/Guggenheim.pdf 2010年11月10日閲覧。 
  101. ^ Tyrnauer, Matt (2010年6月30日). “Architecture in the Age of Gehry”. Vanity Fair. オリジナル2010年11月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101128123314/http://www.vanityfair.com/culture/features/2010/08/architecture-survey-201008?currentPage=all 2010年11月10日閲覧。 
  102. ^ The Alhóndiga, Culture”. Alhóndiga Bilbao. 2010年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月20日閲覧。
  103. ^ La nueva Alhóndiga”. El Correo. 2010年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月20日閲覧。
  104. ^ Presentation”. Torre Iberdrola. 2010年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。[リンク切れ]
  105. ^ Seguirá quedando claro el estilo de Zaha Hadid”. El Correo. 2010年11月10日閲覧。
  106. ^ Ibilbide Luzea – Gran Recorrido”. Bilbao City Council. 2010年11月11日閲覧。
  107. ^ Parques urbanos”. Bilbao City Council. 2010年11月11日閲覧。[リンク切れ]
  108. ^ Doña Casilda Park”. Bilbao City Council. 2010年11月12日閲覧。
  109. ^ Etxebarria Park”. Bilbao City Council. 2010年11月12日閲覧。
  110. ^ Memorial Walkway”. Bilbao City Council. 2010年11月12日閲覧。
  111. ^ Pagasarri: Our closest mountain”. Bilbao City Council (2007年). 2010年11月12日閲覧。
  112. ^ Tráfico de pasajeros, operaciones y carga en los aeropuertos españoles”. Aena (2009年). 2011年1月23日閲覧。
  113. ^ a b El tráfico de pasajeros del aeropuerto de Loiu creció un 6,4% en 2010”. Deia (2011年1月13日). 2011年1月23日閲覧。
  114. ^ Aena: “Cómo llegar”. 2008年10月22日閲覧。
  115. ^ La ampliación del aeropuerto de Bilbao se retrasa al menos 5 años”. El Correo (2010年11月19日). 2011年1月23日閲覧。
  116. ^ a b Cenoz, Jasone; Jessner, Ulrike (2000). English in Europe: the acquisition of a third language. Multilingual Matters. pp. 180–181. ISBN 9781853594793. http://books.google.com/?id=iaEGdFnQDJcC&lpg=PA179&dq=basque%20linguistic%20model&pg=PA180#v=onepage&q=basque%20linguistic%20model&f=false. 
  117. ^ Hezkuntza”. Bilbao City Hall (2009年). 2010年12月5日閲覧。
  118. ^ Centros”. バスク大学. 2010年12月5日閲覧。
  119. ^ Bilbao Turismo”. .bilbao.net. 2009年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月7日閲覧。
  120. ^ Gunther Lades. “Football stadiums of the world – Stadiums in Spain”. Fussballtempel.net. 2011年4月10日閲覧。
  121. ^ Spanish Primera División Table - ESPN Soccernet”. ESPN Soccernet (2009年6月11日). 2009年7月7日閲覧。
  122. ^ Bordeaux - Rayonnement européen et mondial” (French). Mairie de Bordeaux. 2013年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月29日閲覧。
  123. ^ Bordeaux-Atlas français de la coopération décentralisée et des autres actions extérieures” (French). Délégation pour l’Action Extérieure des Collectivités Territoriales. 2013年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公式
観光