運搬橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
稼働概念

運搬橋(うんぱんきょう, Transporter bridge)は、の形式の1つである。を跨ぐ背の高い構造物からゴンドラが吊り下げられており、歩行者や自動車はゴンドラに乗って対岸まで移動する。の航行を妨げないように工夫された形式である。

概要[編集]

スペインのビスカヤ橋
ニューポート運搬橋のゴンドラ

初めて建設された運搬橋は1893年ビスカヤ橋スペイン)である。船を通すために橋を高くするとそこにたどり着くまでの傾斜路がとても長く巨大になってしまう。当時の自動車、あるいは馬車は非力だったので急勾配を登ることができなかったのである。その後あちこちで運搬橋が建設されたが、ゴンドラに乗れる量が限られていることと自動車の性能が良くなったことからすぐに廃れてしまった。そのため建設された数は少なく、現存するのは8本と、昇開橋に改造された1本のみである。

運搬橋が最も多く建設されたのはフランスで、5本が建設され、1本が途中まで建設された。また運搬橋が最も多く現存するのはイギリスで、4本(うち1本は使われていない)が残っている。

ニューポート運搬橋1906年ウスク川に架けられた。理由は堤が低いことと、干潮時には渡し船が航行できないことである。ミドルスブラ運搬橋も同じような例である。

アメリカ合衆国には2本の運搬橋が建設された。1905年に完成したミネソタ州ダルースエアリアル橋1933年シカゴ万国博覧会のスカイライドである。アエリアル橋は1930年に昇開橋に改造された。またスカイライドはこの当時最長の運搬橋だったがすぐに解体された。 ドイツにも2本の運搬橋がある。レンツブルクオステンである。レンツブルクの運搬橋は上部に鉄道が通っていることが特徴である。 旧ソ連ヴォルゴグラード(旧スターリングラード)に最長の運搬橋を建設した。

運搬橋の一覧[編集]

橋名 所在地 完成 スパン 備考
ミドルスブラ運搬橋 イギリス ミドルスブラ 1911年 177m 現在も使用中
ニューポート運搬橋 イギリス ニューポート 1906年 181m 現在も使用中
オステン運搬橋 ドイツ オステン 1909年 80m 現在も使用中
ビスカヤ橋 スペイン ポルトゥガレテゲチョ 1893年 164m 現在も使用中。世界遺産
レンツブルク鉄道橋 ドイツ レンツブルク 1913年 140m 鉄道橋との複合構造。現在も使用中
ロシュフォール-マルトゥル運搬橋 フランス ロシュフォール 1900年 140m 現在も使用中
エアリアル橋 アメリカ合衆国 ダルース 1905年 120m 1929年昇開橋に改造され現在も使用中
ロイヤルヴィクトリアドック橋 イギリス ロンドン 1998年 128m 現在も使われているが運搬橋ではない
プエンテ橋 アルゼンチン ブエノスアイレス 1914年 ? 現在は使われていない
ウォリントン運搬橋 イギリス ウォリントン 1916年 57m 現在は使われていない
ビゼルト/ブレスト運搬橋 チュニジア ビゼルト 1898年 109m 1909年にフランスのブレストに移されたが1944年に損傷、1947年に解体された
ボルドー運搬橋 フランス ボルドー 400m(全長) 完成せず1942年に解体
キール運搬橋 ドイツ キール 1910年 128m 1923年に解体
マルセイユ運搬橋 フランス マルセイユ 1905年 165m 1944年に破壊
ナント運搬橋 フランス ナント 1903年 141m 1958年に解体
リオデジャネイロ運搬橋 ブラジル リオデジャネイロ 1915年 171m 1935年に解体
ルーアン運搬橋 フランス ルーアン 1898年 142m 1940年に破壊
スカイライド アメリカ合衆国 シカゴ 1933年 564m 1934年に解体
スターリングラード運搬橋 ロシア ヴォルゴグラード 1955年 874m 解体された
ウィドゥネス-ランコーン運搬橋 イギリス ウィドゥネスランコーン 1905年 304m 1961年に解体

関連項目[編集]